商標登録insideNews: イチゴ品種開発競争激化、神奈川県も参入「かなこまち」| 日本経済新聞

かなこまち 神奈川苺新品種

イチゴの産地間競争が激化している。各県が独自品種のブランド化を目指す「イチゴ群雄割拠の時代」。イチゴは消費者からの人気が高く、価格も安定している。神奈川県も約30年ぶりに独自品種「かなこまち」を開発した。栽培面積や生産量のトップは「とちおとめ」などのブランドイチゴを持つ栃木県だが、販売単価のトップは福岡県の高級ブランド「あまおう」。福岡県農業総合試験場が開発して2001年に品種登録申請した。名

情報源: イチゴ品種開発競争激化、神奈川県も参入「かなこまち」: 日本経済新聞

神奈川県育成品種:イチゴ「かなこまち」の紹介

colorful Vol.9 かなこまち, 9:45

colorful Vol.9 かなこまち

【品種登録】
作物区分 野菜
農林水産植物の種類 Fragaria L.
(和名:イチゴ属)
出願品種の名称及びその読み かなこまち(よみ:カナコマチ)
出願者の氏名及び住所
神奈川県 (231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1番地)
出願番号 34922
出願年月日 2020/09/02

商標登録insideNews: 残り2週間切りました~新しいイチゴの名称募集 | 福島県ホームページ

福島県 新いちご名称募集

福島県は、平成25年に「とちおとめ」と「かおり野」を交配し、得られた種子5,400粒から、試験栽培と選抜を繰り返して、ようやく選び抜かれた1個体のイチゴを、品種化することに決めました。そしてこの冬、その新品種がデビューすることとなりました!その味わいは、甘みと香りが強くジューシー。自慢の美味しさです。あなたのアイディアで、イチゴのニューフェイスに、素敵な名称を付けてください!!

情報源: 残り2週間切りました~新しいイチゴの名称募集【応募の詳細】~ – 福島県ホームページ

募集期間 令和4年5月31日(火曜日)まで
イチゴ「福島 ST14号」の概要

「福島ST14号」が、ふくしまの冬に甘酸っぱいハッピーを届けます、11:48

「福島ST14号」が、ふくしまの冬に甘酸っぱいハッピーを届けます

新いちご名称募集

商標登録insideNews: 名称はミルキーベリー 白イチゴ「栃木iW1号」 栃木県知事が名称発表|下野新聞「SOON」ニュース

福田富一(ふくだとみかず)知事は28日、県産新品種の白イチゴ「栃木iW(アイ・ダブリュー)1号」の名称について、「ミルキーベリー」に決まったと発表した。

情報源: 名称はミルキーベリー 白イチゴ「栃木iW1号」 栃木県知事が名称発表|政治行政,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

商標登録insideNews: イチゴの新品種、名称候補6つ 栃木県が商標出願、投票で決定|下野新聞「SOON」ニュース

今年3月、普及品種に決まったイチゴ「栃木i37号」を含む本県イチゴ新品種の商品名候補として、16日時点で県が六つの名称を特許庁へ商標登録出願中であることが下野新聞社の調べで分かった。出願中の名称は、あきね、とちあかり、とちあいか、とちまる、えみか、とちれいわ。現時点では六つの名称の中から、栃木i37号の商品名が決まるとみられる。 栃木i37号は2012年からとちおとめの欠点改善を育種目標に、開発が開始された。酸味が少なく甘さが際立つ上、耐病性があり「とちおとめ」よりも収量が多い。

情報源: イチゴの新品種、名称候補6つ 栃木県が商標出願、投票で決定|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

情報源: 栃木県/いちご新品種「栃木i37号」について

新品種の概要

link to Jplatpat: あきねとちあかりとちあいかとちまるえみかとちれいわ

新品種「栃木i37号」発表(18-11-14), 1:43
https://youtu.be/DlRqUrsW6Bo

商標登録insideNews: 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種 – 毎日新聞

栃木県の福田富一知事は16日の定例記者会見で、県が開発した白イチゴの新品種「栃木iW1号」について、「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」の3種類の名前の商標登録を特許庁に出願したことを明らかにした。同庁が類似商標がないかを審査し、登録が認められたものの中から県がブランド名を決定する。

情報源: 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種 – 毎日新聞

今年1月、県産新品種として約6年ぶりに品種登録出願となった白イチゴ「栃木iW(アイ・ダブリュー)1号」。白イチゴは2009年度、山梨県の民間業者が品種登録した「初恋の香り」が国内では初とされ、本県でも12年度から本格的に開発が始まった。“いちご王国”のラインアップに加わった栃木iW1号の誕生までの道のりを探った。 「甘くておいしく、完熟キウイフルーツのよう。

情報源: 白イチゴ、6年かけ王国に“結実” 1500株から「栃木iW1号」絞り込み|県内主要,経済|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)