社会通念上同一と認められる商標

平成8年改正商標法における不使用取消審判の改善では、登録商標の使用と認める範囲を社会通念上同一と認められる商標まで広げています。どこまでが社会通念上同一という境界を探ることで、どの程度の幅を以て登録商標からの差異が容認されるのかを知ることができ、また不使用取消を請求する際に請求するか否かの判断の基準ともなります。

登録商標と使用商標の関係

社会通念上同一か否かは登録商標に係る指定商品 及び指定役務の属する産業分野における取引の実情を十分に考慮し、個々具体的 な事例に基づいて判断すべきとされています。審査基準には、次のような例が挙げれています。①書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、②平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであっ て同一の称呼及び観念を生ずる商標、③外観において同視される図形からなる 商標は社会通念上同一と認められるという原則が挙げられています。以下の表で、“使用”は社会通念上同一と認められるという判断になります。

登録商標使用商標説明使用/不使用
鳥獣の戯鳥獣の戯fontを変更使用
鳥獣の戯鳥獣の戯書体を変更使用
鳥獣の戯鳥獣の戯筆記体の使用使用
鳥獣の戯鳥獸の戲旧字体と新字体使用
CHYOJYU-NO-GIchyojyu-no-gi大文字と小文字使用
 ちょうじゅうのぎ チョウジュウノギ平仮名と片仮名使用
鳥獣の戯 ちょうじゅうのぎ漢字と仮名使用
バード or ばーどBird仮名と英字使用
2段書きの1段使用
 Bird2段書きの1段使用
縦書きと横書き使用
   背景が異なるが外観がほぼ同一使用
 鳥 Bird 同一概念不使用
 蛙  文字と図形

(同一概念)

不使用
図形が相違

(同一概念)

不使用
ロードROAD or LOAD多義語に対応不使用

不使用は社会通念上同一とは認められないという判断になります。

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites