商標登録insideNews: Taiwan Supreme Court remands IP Court criminal trademark infringement judgment for the first time – Lexology

February 2020 marked the first time that the Taiwan Supreme Court has remanded an IP Court decision in a trademark case. In Taiwan, trademark infringement is a criminal offence, for which the most severe sanction is up to three years’ imprisonment. Article 376-1 of the Criminal Procedure Act establishes, where the offence is imprisonment, detention or a fine, the case cannot be appealed to the third-instance court after a second-instance judgment has been issued. In the past, trademark infringement cases were tried at two instances only – the first by district court and the second by the IP Court, the judgment of which could not be appealed to the Supreme Court.

情報源: Taiwan Supreme Court remands IP Court criminal trademark infringement judgment for the first time – Lexology

金門高粱酒連續4年在三大國際烈酒大賽創佳績,今年更連奪18金,飄香國際,卻總被不肖份子盯上,金門縣警局今天表示,在上月底會同彰化縣警察局、財政處等單位共同查獲「祥○酒廠」公司涉嫌製銷各式侵權高粱酒等,總計查扣各式侵權酒品293箱(4365瓶)、侵權商標8萬8800餘張,全案經金酒公司提告、金門警局專案小組偵蒐後,移送台灣彰化地方檢察署偵辦

情報源: 以假亂真!金門警方跨海查獲4365瓶仿冒金門高粱酒 | 法律前線 | 社會 | 聯合新聞網

20200424 台灣記事簿 [ 金門高粱酒產業 ],37:56

商標登録insideNews: LINEそっくり? 商標法違反容疑、経営者逮捕 沼津署|静岡新聞アットエス

無料通信アプリ「LINE」の文字と似たデザインのロゴを使用したとして、沼津署は30日、商標法違反の疑いで沼津市大手町、飲食店経営の男(33)を逮捕した。同アプリ…

情報源: LINEそっくり? 商標法違反容疑、経営者逮捕 沼津署|静岡新聞アットエス

[コメント]商標権侵害は侵害罪となっていて確かに刑事罰を受けるように法律は構成されていて、警察が動くこと自体は間違いではないのですが、似たロゴの使用の場合、類似という概念が入ってきて何が類似なのかの判断を普段万引き、交通違反者などを追っている警察ができるのかと言うところが難しいところです。通常は専門家の侵害だという鑑定書が複数必要であったり、同一に近い類似の場合でないと動けないことになるかと思います。民事でも解決できるケースで刑事事件化する場合には、実は薬物や反社会組織などの他の要因が絡む場合もあります。一般的には、逮捕は見せしめ的な要素が高く、上述のような新聞のリンクも早めにリンク切れになる場合が多いところです。

商標法上の刑事罰規定

商標法違反とは 商標法には、民事上の救済規定だけではなく、いくつかの行為を反社会的な犯罪行為として刑事罰の対象とする規定が存在しています。刑法は罪を犯す意なき行為はこれを罰せずとしていますので、犯罪の成立には故意が必要( …