商標登録insideNews: 大阪のパロディーTシャツ摘発でわかった TPP参加後の日本 | 日刊ゲンダイDIGITAL

情報源: 大阪のパロディーTシャツ摘発でわかった TPP参加後の日本 | 日刊ゲンダイDIGITAL

上の記事では、TPP参加のためにパロディーTシャツを取り締るとのコメントが掲載されていますが、罪刑法定主義について理解しているとは思えず、商標法上の刑罰も自体もパロディーを刑罰対象にしているところはありません。もし警察が介入したとすれば、パロディーTシャツが対象ではなく、合わせて商標法違反のコピー商品などが売られていたと推測されます。パロディー自体を規制することは表現の自由に対する規制ともなり、故意を要件とする商標権侵害罪ではパロディーTシャツでは犯意が否定されるものとなり得ます。仮にパロディーや風刺に、商標法違反が適用されるとすれば、漫才やお笑いなどで笑いを取るために有名ブランドを似たよう表現で称呼することも刑事罰となるというようなことになってしまい、多くの漫才師は刑務所行きとなるということにもなりかねません。

情報源: 「パロディーTシャツ」販売で店長ら逮捕…弁護士「権力の介入、萎縮効果が大きい」 – 弁護士ドットコム

商標法上の刑事罰規定

商標法違反とは 商標法には、民事上の救済規定だけではなく、いくつかの行為を反社会的な犯罪行為として刑事罰の対象とする規定が存在しています。刑法は罪を犯す意なき行為はこれを罰せずとしていますので、犯罪の成立には故意が必要( …