商標登録insideNews: 知的財産の刑事罰規定範囲を明確化し濫用防止を:FACTA ONLINE

復号された後のキャプチャであってもキャプチャ妨害プログラムに反する動作をするプログラムは電子書籍に付された暗号の効果を妨げるに該当する――。耳を疑うような判決がなされたのは、2017年12月19日、大阪高裁である。

情報源: 知的財産の刑事罰規定範囲を明確化し濫用防止を:FACTA ONLINE

確かに商標権侵害としてブランド品の偽物防止の分野では刑事事件化もありでしょうが、類似が絡むような商標権侵害は民事手続に依存するのが殆どです。しかし、商標権侵害罪として条文も存在していて、侵害者に対して過剰に刑事罰を与えるように動けば動けないこともなく、一般の会社などは刑事事件化されると評判などに対するダメージはかなりのものと思います。刑事事件化するための要件がありそうで、まだ立法されていないという現状になるかと思います。

商標登録insideNews: 司法取引、6月開始の方針 他人の犯罪明かせば求刑軽く:朝日新聞デジタル

容疑者や被告が自分以外の犯罪を捜査機関に明かす見返りに、求刑を軽くしたり、起訴を見送ったりしてもらう「司法取引」について、法務省は6月1日から開始する方針を明らかにした。

情報源: 司法取引、6月開始の方針 他人の犯罪明かせば求刑軽く:朝日新聞デジタル

商標法上の刑事罰規定

商標法違反とは 商標法には、民事上の救済規定だけではなく、いくつかの行為を反社会的な犯罪行為として刑事罰の対象とする規定が存在しています。刑法は罪を犯す意なき行為はこれを罰せずとしていますので、犯罪の成立には故意が必要( …