商標登録insideNews: 「Re就活」と「リシュ活」 商標権侵害で訴訟 | 日本経済新聞

就職活動に関する2つのサイトの間で商標権を巡る訴訟が争われている。20代向け転職サイト「Re就活」(リシューカツ)と、大学生が履修履歴を登録する就職支援アプリ「リシュ活」(リシュカツ)。読み方が似る

情報源: 「Re就活」と「リシュ活」 商標権侵害で訴訟  :日本経済新聞

Gakujo RE-Shukatsu 学情Re就活 CM 「20代転職の鍵」篇 15秒

リシュ活 | 履修履歴でオファーが届く逆求人アプリ

商標登録insideNews: 「血の池地獄カレーは商標権侵害」北海道の会社が提訴、大分市の会社困惑 | 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

 大分市内の食品会社が販売しているレトルト商品「血の池地獄カレー」が商標権を侵害しているとして、北海道で「地獄のカレー」を製造している会社が販売の差し止めと約370万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こしたことが7日、大分の会社への取材で分かった。

情報源: 「血の池地獄カレーは商標権侵害」北海道の会社が提訴、大分市の会社困惑 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

登録番号:第5376915号
登録日:平成22(2010)年 12月 17日
出願番号:商願2010-41370
出願日:平成22(2010)年 5月 26日
tmr5376915
商標(検索用):地獄のカレー
権利者:株式会社北都
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務:29
レトルトパウチされた調理済みカレー,カレーのもと,即席カレー,カレーを使用してなる肉製品,カレーを使用してなる加工水産物,カレーを使用してなる加工野菜及び加工果実,カレーを使用してなるふりかけ,カレーを使用してなるなめ物

商標登録insideNews: Chinese court rules in favour of BBC in trademark lawsuit | The Star Online

Chinese court rules in favour of BBC in trademark lawsuit: A Chinese court has ruled in favour of British Broadcasting Corporation in a trademark infringement lawsuit that a Beijing firm made unauthorised use of the “BBC” logo.

情報源: Chinese court rules in favour of BBC in trademark lawsuit | The Star Online

“BBC”商标遭擅用 英国广播公司诉赔百万获全额支持

情報源: “BBC”商标遭擅用 英国广播公司诉赔百万获全额支持 -北京法院网

商標登録insideNews: 《商标侵权判断标准》公开征求意见 — 国家知识产权局 (cnipa)

12月18日,国家知识产权局发布通知,对《商标侵权判断标准(征求意见稿)》(下称《征求意见稿》)向社会公开征求意见。  据了解,《征求意见稿》共8章58条,从商标使用、侵权判断、例外情形、中止适用、权利冲突等方面对商标侵权判断标准进行进一步规制,以供商标执法部门在查处商标侵权案件时适用。

情報源: 《商标侵权判断标准》公开征求意见 — 国家知识产权局

商标侵权判断标准 商標権侵害判断基準のパブリックコメントを募集しています。

商标侵权判断标准(征求意见稿)

商标侵权判断标准
(征求意见稿)

第一章 总则
第一条 为贯彻落实党中央、国务院关于强化知识产权保护的决策部署,全面加强商标专用权保护,保障消费者和生产、经营者合法权益,营造良好营商环境,根据《中华人
民共和国商标法》(以下简称商标法)、《中华人民共和国商标法实施条例》(以下简称商标法实施条例)以及相关法律法规,制定本标准。
第二条 本标准所称商标侵权行为,是指商标法、商标法实施条例中规定的侵犯注册商标专用权的行为。
第三条 商标执法相关部门在查处商标侵权案件时适用本标准。

第二章 商标使用
第四条 判断是否构成商标侵权,应当首先判断涉嫌侵权行为是否构成商标法第四十八条规定的“商标的使用”。
商标的使用是标示商品(服务)来源的商业性使用,是商标功能实现的前提,是能够让相关公众区分提供商品(服务)的不同市场主体的行为。
相关公众包括与使用商标所标示的某类商品(服务)有关的消费者,生产前述商品或者提供服务的其他经营者以及经销渠道中所涉及的销售者和相关人员等。
第五条 商标用于商品、商品包装或者容器上以及商品交易文书上的具体表现形式包括:
(一)采取直接贴附、刻印、烙印或者编织等方式将商标附着在商品、商品包装、容器、标签等上,或者使用在商品附加标牌、产品说明书、介绍手册、价目表等上;
(二)商标使用在与商品销售有联系的交易文书上,包括使用在商品销售合同、发票、票据、收据、商品进出口检验检疫证明、报关单据等上。
第六条 商标用于服务场所以及服务交易文书上”的具体表现形式包括:
(一)商标直接使用于服务场所,包括使用于服务的介绍手册、服务场所招牌、店堂装饰、工作人员服饰、招贴、菜单、价目表、奖券、办公文具、信笺以及其他与指定服务相
关的用品上;
(二)商标使用于和服务有联系的文件资料上,如发票、汇款单据、提供服务协议、维修维护证明等;
第七条 商标用于广告宣传、展览以及其他商业活动中具体表现形式包括:
(一)商标使用在广播、电视等媒体上,或者在公开发行的出版物中发布,以及以广告牌、邮寄广告或者其他广告方式为商标或者使用商标的商品(服务)进行的广告宣传;
(二)商标在展览会、博览会上使用,包括在展览会、博览会上提供的使用该商标的印刷品及其他资料;
(三)将商标使用于电子商务网站、微信、微信公众号、微博、二维码、手机应用程序等互联网载体上;
(四)其他用于标示商品(服务)来源的商标使用形式。

第三章 侵权判断
第八条 商标法第五十七条规定的“未经商标注册人的许可”,还应包括超出商标注册人许可的类别、商品(服务)、期限等情形。
第九条 商标法第五十七条、第六十七条规定的“同一种商品(服务)”是指名称相同的商品(服务)以及名称不同但指同一事物的商品(服务)。
“名称”是指国家知识产权局在商标注册工作中对商品(服务)使用的名称,包括《商标注册用商品和服务国际分类》《类似商品和服务区分表》(以下分别简称国际分类、区
分表)中规定的商品(服务)名称和未在国际分类、区分表中规定但商标注册工作中接受的商品(服务)名称。
“名称不同但指同一事物的商品”是指在功能、用途、所用原料、消费对象、销售渠道等方面相同或者基本相同,相关公众一般认为是同一事物的商品。
“名称不同但指同一事物的服务”是指在服务的目的、内容、方式、对象等方面相同或者基本相同,相关公众一般认为是同一行为的服务。
第十条 商标法五十七条规定的类似商品是指在功能、用途、主要原料、消费对象、销售渠道等方面具有一定的共同性,相关公众一般认为存在特定联系,容易造成误认的商
品。
类似服务是指在服务的目的、内容、方式、对象等方面具有一定的共同性,相关公众一般认为存在特定联系,容易造成误认的服务。
商品与服务类似是指商品和服务之间具有较大关联性,易使相关公众认为商品和服务由同一市场主体提供。
第十一条 商标执法相关部门认定是否构成同一种商品(服务)、类似商品(服务)时可以参照现行的国际分类、区分表。
对于国际分类、区分表已经删除的商品(服务),按照以下方法确定类似关系:
(一)参照现行国际分类、区分表中最相近的商品(服务)的类似关系;
(二)现行国际分类、区分表无法参照的,参照未删除该商品(服务)的最后一版国际分类、区分表中商品(服务)的类似关系;
第十二条 对于国际分类、区分表未涵盖或未明确类别、类似关系的商品(服务),应以相关公众对商品(服务)的一般认识,综合考虑两种商品的功能、用途、主要原料、成
分、销售渠道、销售场所、生产者所处行业、零部件关系或两种服务的服务目的、内容、方式、对象等因素认定是否构成同一种或类似商品(服务)。
第十三条 商品与服务类似的认定应当综合考虑商品与服务之间联系的密切程度,以及在用途、相关公众、通常效用、销售渠道、销售习惯等方面的一致性。
第十四条 商标执法相关部门按照本标准第九条至第十三条的规定仍然无法确定同一种、类似商品(服务)时,应当逐级报请国家知识产权局解释。
第十五条 判断商标是否相同或近似,应以权利人的注册商标与涉嫌侵权商标进行比对,尤其应以权利人注册商标的主要识别部分与涉嫌侵权商标的主要识别部分进行比对,不以权利人实际使用商标与涉嫌侵权商标进行比对。
判断商品(服务)是否同一种或类似,应以权利人注册商标核定使用的商品(服务)与涉嫌侵权的商品(服务)进行比对,不以权利人实际使用的商品(服务)与涉嫌侵权的
商品(服务)进行比对。
第十六条 商标法第五十七条规定的 “与其注册商标相同的商标”是指涉嫌侵权的商标与注册商标完全相同或者虽有不同,但视觉效果、听觉感知基本无差别,相关公众一般
认为是相同商标的情形。
第十七条 具有下列情形之一的,可以认定为 “与其注册商标相同的商标”:
(一)文字商标有下列情形之一的:
1.语种、文字构成、排列顺序完全相同的;
2.改变注册商标的字体、字母大小写或者文字横竖排列,与注册商标之间仅有细微差别的;
3.改变注册商标的文字、字母、数字等之间的间距,不影响体现注册商标显著特征的;
4.改变注册商标颜色,与注册商标在视觉效果上基本无差别的;
5.商标仅由他人注册商标及本商品(服务)的通用名称、型号组成,足以使相关公众认为是相同商标的;
6.商标仅由他人注册商标及直接表示商品(服务)的质量、主要原料、功能、用途、重量、数量及其他特点的文字组成,足以使相关公众认为是相同商标的。
(二)图形商标在视觉上基本无差别、足以使相关公众认为是相同商标的。
(三)文字图形组合商标的文字构成、图形外观及其排列组合方式相同,商标在呼叫和整体视觉上基本无差别的。
(四)立体商标中的显著三维标志和显著平面要素均相同的。
(五)颜色组合商标中组合的颜色和使用的方式均相同,或仅有细微差别的。
(六)声音商标的听觉感知相同,或仅有细微差别的。
(七)其他与注册商标在整体视觉效果、听觉感知基本无差别、足以使相关公众认为是相同商标的。
第十八条 商标法第五十七条规定的 “与其注册商标近似的商标”是指涉嫌侵权的商标和他人注册商标相比较,文字商标的字形、读音、含义近似,或图形商标的构图、着色、
视觉近似,或文字和图形组合商标的整体排列组合方式和整体视觉近似,或立体商标的三维标志的形状和整体视觉近似,或颜色组合商标的颜色或者组合近似,或声音商标的听觉感知近似。
第十九条 涉嫌侵权的文字商标与他人的注册商标相比较,具有下列情形之一,可以认定为 “与其注册商标近似的
商标”:
(一)将他人注册商标中的字、词重叠且无其他含义的,或字形、读音不同但含义相同或近似的,或文字不同但读音相同、字形近似且文字无含义的;
(二)中文商标的汉字构成相同,仅排列顺序不同且无其他更强含义的,或由三个以上的字构成,首字相同其他仅个别汉字不同,且整体无含义或者含义无明显区别的;
(三)英文商标由四个或四个以上字母构成,仅个别字母不同,整体无含义或含义无明显区别的,或由两个单词构成,仅单词顺序不同,含义无明显区别的,或仅在形式上发生单复数、动名词、缩写、添加冠词、比较级或最高级、词性等变换,含义基本相同的;
(四)商标仅由他人注册商标及某些表示商品(服务)生产、销售或使用场所的文字组成的;
(五)商标仅由他人注册商标及起修饰作用的形容词或者副词以及其他在商标中显著性较弱的文字组成,且含义基本相同的;
(六)商标由两个或两个以上相对独立的部分构成,其中显著部分近似的;
(七)商标完整地包含他人注册的文字商标,且无其他更强含义的;
(八)汉字与其对应拼音的组合商标,他人注册商标仅有拼音无汉字的;
(九)其他与注册商标的字形、读音、含义近似的。
第二十条 涉嫌侵权的图形商标与他人的注册商标相比较,具有以下情形之一,可以认定为“与其注册商标近似的商标”:
(一)商标图形的构图和整体视觉近似的;
(二)商标完整地包含他人图形商标,且无显著区别的;
(三)其他与注册商标的构图、着色、视觉近似的。
第二十一条 涉嫌侵权的文字与图形组合商标与他人的注册商标相比较,具有下列情形之一,可以认定为 “与其注册商标近似的商标”:
(一)商标整体近似的;
(二)商标中文相同或者近似的;
(三)商标中文不同,但英文、拼音、数字、图形部分相同或近似,且商标整体呼叫、含义、视觉区别不明显的;
(四)商标的中文与英文的主要含义相同或基本相同的;
(五)商标中文、图形不同,但排列组合方式或者整体描述的事物基本相同,且商标整体呼叫、含义、整体视觉效果区别不明显的;
(六)其他排列组合方式和整体视觉效果与注册商标近似的。
第二十二条 涉嫌侵权的立体商标与他人的注册商标相比较,具有下列情形之一,可以认定为 “与其注册商标近似的商标”:
(一)两立体商标均含有显著三维标志,且该三维标志相同或近似的;
(二)两立体商标均含有显著平面要素,且该平面要素相同或近似的;
(三)立体商标由三维标志与具有显著特征的平面要素组成,该平面要素与他人注册的平面商标具有显著特征部分相同或者近似的;
(四)立体商标中的三维标志具有显著特征,但在视觉效果上与平面商标具有显著特征部分相同或近似的;
(五)其他与注册商标的三维标志的形状和外观近似的。
第二十三条 涉嫌侵权的颜色组合商标与他人的注册商标相比较,具有下列情形之一,可以认定为 “与其注册商标近似的商标”:
(一)二者组合的颜色和排列的方式均近似的;
(二)颜色组合商标与他人注册的平面商标的图形或立体商标指定颜色相同或近似,且整体视觉效果差别不大的;
(三)其他与注册商标颜色或者组合近似的。
第二十四条 涉嫌侵权的声音商标与他人的注册商标相比较,具有下列情形之一,可以认定为 “与其注册商标近似的商标”:
(一)两声音商标的听觉感知近似的;
(二)声音商标中语音对应的文字或其他要素,与他人注册的可视性商标中含有的文字或其他要素读音相同或近似的。
第二十五条 商标执法相关部门在判断“与其注册商标相同的商标”“与其注册商标近似的商标”时,应当以对相关商品(服务)具有一般性的知识、经验的相关公众在选购商品
(服务)时所施加的普通注意程度为标准,采用隔离观察、整体比对和要部比对的方法,并综合考虑商标的读音、字形、含义、排列方式等构成要素进行认定。
第二十六条 商标法第五十七条规定的混淆包括以下情形:
(一)使相关公众误认为涉案商品(服务)是由注册商标权利人生产或提供;
(二)使相关公众误认为涉案商品(服务)的提供者与注册商标权利人存在投资、许可或者合作等关系。混淆的认定只需具有混淆的可能性即可,不以实际发生为要件。
第二十七条 在同一种商品(服务)上使用近似商标,或者在类似商品(服务)上使用相同、近似商标情形下,“容易导致混淆”是构成商标侵权的要件之一。在同一种商品(服务)上使用相同商标,视为导致混淆。
第二十八条 商标执法相关部门应当综合考量如下因素以及因素之间的相互影响,认定是否“容易导致混淆”:
(一)商标的近似程度;
(二)商品(服务)的类似程度;
(三)注册商标的显著性和知名度;
(四)相关公众的注意程度;
(五)其他相关因素。
商标的显著性,即能够起到区别作用的特性的强弱,包括商标标识的独创性和商标与使用商品(服务)的关联性,独创性越高,关联性越弱,显著性越强。知名度是指相关公众的知晓程度。
第二十九条 判断是否构成商标法实施条例第七十六条规定的“误导公众”,可以结合涉嫌侵权人的攀附意图,参照本标准第二十八条的规定进行认定。
攀附意图是指因权利人注册商标较高的知名度,涉嫌侵权人误导相关公众的主观故意。
注册商标知名度高,涉嫌侵权人与之处于同一行业且无正当理由模仿注册商标的,即认定有攀附意图。
第三十条 承揽加工带有他人注册商标的商品,承揽人应当对定作人是否享有注册商标专用权进行审查。未尽到审查义务加工侵犯注册商标专用权的商品的,承揽人构成商标法第五十七条第(一)项所规定的商标侵权行为。
第三十一条 在包工包料的工程承揽经营活动中,承包方使用商标侵权商品作为原料且明知应知的,属于商标法第五十七条第(三)项所规定的商标侵权行为。
第三十二条 商标法第五十七条第(四)项所规定的“商标标识”是独立于被标志商品(服务)上的商标载体。
第三十三条 将权利人一种商品上的注册商标去除,换上同一权利人另一种商品的另一注册商标后再出售的,属于商标法第五十七条第(五)项所规定的商标侵权行为。
第三十四条 市场主办方、展会主办方、柜台出租人、电子商务平台等经营者怠于履行管理职责,明知或者应知市场内经营者、参展方、柜台承租人、平台内电子商务经营者实施商标侵权行为而不予制止;或虽然不知情,但经商标执法相关部门通知后,仍未采取必要措施阻止商标侵权行为的,构成商标法第五十七条第(六)项所规定的商标侵权行为。
第三十五条 下列行为属于商标法第五十七条第(七)项所规定的“给他人的注册商标专用权造成其他损害的”商标侵权行为:
(一)将与他人注册商标相同或者相近似的文字注册为域名,并且通过该域名进行相关商品(服务)交易的电子商务,容易使相关公众产生误认的;
(二)经营者向相关公众提供的赠品、奖品,其使用的商标标识与他人在相同或类似商品上的注册商标相同或近似,容易导致混淆的;
(三)利用回收的容器等再生资源再造自己的商品,在使用自己商标的同时未去除或遮盖原容器上的他人注册商标,容易导致混淆的。
第三十六条 改变注册商标或多件注册商标组合使用,导致与他人注册相同近似且容易导致混淆的,构成商标法第五十七条所规定的商标侵权行为。
第三十七条 不指定颜色的注册商标,一般可以自由附着颜色,但以攀附为目的附着颜色,并导致与他人注册商标近似且容易导致混淆的,不视为在核准注册的商标上使用,构成商标法第五十七条所规定的商标侵权行为。
第三十八条 涉嫌侵权的注册商标被无效宣告后,其注册商标专用权视为自始至终不存在,商标注册后被无效宣告前构成侵权的,一般不再追究侵权责任,但恶意取得注册的
除外。

第四章 例外情形
第三十九条 下列情形属于正当使用,不属于商标侵权行为:
(一)未经商标注册人许可,使用与他人注册商标相同或近似的标识用于标示商品(服务)的通用名称、通用图形、通用型号,或标示商品(服务)的质量、主要原料、功能、用途、重量、数量及其他特点,或标示商品(服务)产地,且不会造成相关公众误认的;
(二)未经商标注册人许可,善意、合理地使用他人注册商标,客观地指示自己商品(服务)的来源、用途、服务对象及其他特性与他人的商品(服务)有关,且不会造成相关公众误认的。
第四十条 商标法第五十九条规定的正当使用他人注册商标中“含有本商品(服务)通用名称、图形、型号,或者直接表示商品(服务)的质量、主要原料、功能、用途、重量、数量及其他特点,或者含有地名”的,应当同时符合以下条件:
(一)使用人有自己的商标,仅是将他人注册商标的部分作为标示商品(服务)的通用名称、图形、型号、质量、主要原料、功能、用途、重量、数量、产地、地理位置,或
其他特点进行使用;
(二)使用人的使用方式和他人已注册的商标的表现形式有明显区别;
(三)使用人的使用出于善意。
第四十一条 商标法第五十九条第三款规定的“有一定影响的商标”是指在中国已经在先使用并为一定范围内相关公众所知晓的未注册商标。
“有一定影响的商标”的认定,一般以商标执法相关部门的管辖区域为范围,参照商标法第十四条第一款规定的因素
进行综合判断。
第四十二条 商标法实施条例第九十二条规定的“连续使用”,是指在 1993 年 7 月 1 日或者国家知识产权局首次受理新放开商品(服务)项目之日前已开始使用,且在该日仍使用在同一商品(服务)项目上的商标。
使用人提供的实际使用商标的证据应能够证明该商标已经在商业活动中公开、真实、合法地使用,能够显示出使用的商标标识、具体服务项目或商品(服务)、商标的使用
人、商标使用日期方为有效。
该商标继续使用时,使用人须遵守下列规定:
(一)不得增加该商标指定使用的商品(服务);
(二)不得改变该商标的图形、文字、色彩、结构、书写方式等内容,但以同他人的注册商标相区别为目的而进行
的改变除外;
(三)继续使用人不得将该商标转让或者许可他人使用;
(四)不得扩大该商标的使用地域。
第四十三条 有下列情形之一的,不属于商标法第六十条第二款规定的“不知道”:
(一)有意通过不正当进货渠道购买侵权商品,且价格明显低于已知正品的;
(二)在发票、账目等会计凭证上弄虚作假的;
(三)以销售侵权商品(服务)为主要经营业务的;
(四)案发后转移、销毁物证,提供虚假证明、虚假情况的;
(五)同一违法事实受到处理后再犯的;
(六)违法行为已被商标权利人告知而不改正的;
(七)其他可以认定当事人明知或应知的。
第四十四条 商标法第六十条第二款规定的“说明提供者”是指涉嫌侵权人主动提供供货商的企业名称、经营地址、联系方式等准确信息或线索。对于因涉嫌侵权人的原因不能找到提供者的,不能视为“说明提供者”。
第四十五条 对于涉嫌侵权人确实属于销售不知道是侵犯注册商标专用权的商品(服务)的,对其侵权商品责令停止销售,不予行政处罚,并应对供货商立案查处或将案件线索移送具有管辖权的商标执法相关部门查处。
对责令停止销售的侵权商品(服务),侵权人再次销售的,应当依法查处。

第五章 中止适用
第四十六条 正在国家知识产权局审理或者人民法院诉讼中的下列案件,可以适用商标法第六十二条关于“中止”的规定:
(一)以商标法第四十四条、第四十五条请求宣告商标无效的案件;
(二)处于续展宽展期的商标,已提交续展申请尚处于审查中的案件。
涉嫌侵权人以第(一)项为由申请中止的,商标执法相关部门应审核其提供的理由及证据是否充分,可能导致注册商标被无效的,中止对案件的查处。
第四十七条 正在国家知识产权局审理或者人民法院诉讼中的下列案件,不适用商标法第六十二条关于“中止”的规定:
(一)自行改变注册商标,限期改正期满不改正的撤销案件;
(二)注册商标成为其核定使用商品(服务)的通用名称的撤销案件;
(三)无正当理由连续三年不使用的撤销案件。
第四十八条 已经国家知识产权局初审公告、尚未注册公告的商标与在先注册商标相同或近似,涉嫌侵权的,其商标权尚未确立,商标执法相关部门可以立案查处。

第六章 权利冲突
第四十九条 在查处商标侵权案件时,不得损害他人合法的在先权利。
第五十条 对于涉嫌侵权人以外观设计专利、植物新品种名称、集成电路布图设计专有权名称抗辩他人注册商标专用权的,若该商标的申请日期先于该外观设计专利、植物新品种、集成电路布图设计申请日期的,商标执法相关部门可以对商标侵权案件进行查处。
第五十一条 对于以著作权抗辩他人注册商标专用权的,若该商标的申请日期先于有证据证明的该著作权产生日期,商标执法相关部门可以对商标侵权案件进行查处。
第五十二条 将与他人注册商标相同或者相近似的文字作为企业的字号在相同或者类似商品(服务)上突出使用,构成商标的使用行为,容易导致混淆的,商标执法相关部门可以按照商标侵权行为进行查处。
将他人注册商标作为企业名称中的字号使用,没有突出使用,但误导公众的,依照商标法第五十八条处理。
第五十三条 以地理标志抗辩他人注册商标专用权,如该市场主体未获得地理标志使用资格、或不能提供历史合理使用的证据且申请或使用的时间晚于他人注册商标申请日的,商标执法相关部门可以对商标侵权案件进行查处。

第七章 其他事项
第五十四条 商标执法相关部门在查处商标侵权案件时可以要求注册商标的注册人、合法使用人或者商标注册人的授权人进行辨认,出具书面意见,并由出具意见方承担相应的法律责任。
第五十五条 商标法第六十条第二款规定的“五年内实施两次以上商标侵权行为”指同一市场主体被商标执法相关部门、人民法院等认定侵犯他人注册商标专用权的行政处罚或
判决生效之日起,5 年内又实施商标侵权行为的。
第五十六条 有下列情形之一的,可以认定为商标法第六十条第二款规定的“其他严重情节”:
(一)违法经营额 100 万元以上的;
(二)侵权地域涉及 3 个以上省份或者 6 个以上地级市,且违法经营额达 50 万元以上的;
(三)同时侵犯两个以上权利人的商标专用权,且违法经营额达 50 万元以上的;
(四)侵权行为发生在食品、药品、医疗器械等涉及人民群众生命健康安全领域的;
(五)侵权行为持续时间 18 个月以上的;
(六)造成恶劣国际影响、社会影响的;
(七)被侵权的商标曾被认定为驰名商标的。

第八章 附则
第五十七条 本标准由国家知识产权局负责解释。
第五十八条 本标准自公布之日起施行。

商標登録insideNews: ココカラファイン/「3COINS」看板を無許可使用、商標権侵害でお詫び | 流通ニュース

ココカラファインは11月25日、商標権侵害に関するお知らせとお詫びを発表した。 子会社のココカラファインヘルスケアが運営するドラッグストア店舗のうち主に九州地区の5店で、1年以上の長期に亘り、300円

情報源: ココカラファイン/「3COINS」看板を無許可使用、商標権侵害でお詫び | 流通ニュース

商標登録insideNews: Japan company sues two cosmetic stores on Saipan for trademark infringement | Marianas Variety

Japan company sues two cosmetic stores on Saipan for trademark infringement 14 Nov 2019, YOSHITSU Co. Ltd. or YST has sued American Beauty Corp., American Dong Sheng Corp., their owner Weidong Guo, and 10 “Does” for trademark infringement. A Japan-based company, YST is the sole owner of a design trademark that reads, “Tokyo Seikatsukan,” which translates to “Tokyo Lifestyle Store” in English, according to the lawsuit filed in federal court.

情報源: Marianas Variety – Japan company sues two cosmetic stores on Saipan for trademark infringement

【Cosmo帶路】日本藥妝店Tokyo Lifestyle登陸香港!率先睇10款必買日本藥妝, 1:42

商標登録insideNews: 酷似青汁商品で商標権侵害と提訴|NHK 東海のニュース

「大麦若葉」を主な原料にした粉末タイプの青汁をめぐり、愛知県小牧市の製薬会社が名前が同じでパッケージもよく似た商品を販売され商標権を侵害さ…

情報源: 酷似青汁商品で商標権侵害と提訴|NHK 東海のニュース

(111)登録番号 第5890695号
(151)登録日 平成28(2016)年 10月 21日
(450)登録公報発行日 平成28(2016)年 11月 22日
(220)出願日 平成28(2016)年 4月 27日
(180)存続期間満了日 令和8(2026)年 10月 21日
(732)権利者 山本漢方製薬株式会社

商標登録第5890695号

法律第三号(令元・五・一七) 特許法等の一部を改正する法律(商標法の一部改正) 

(商標法の一部改正)

第四条 商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)の一部を次のように改正する。

1.条文シフト

第十三条の二第五項中「第百五条の二」を「第百五条の二の十一」に改める。➡[特許法に査証制度が導入されたための条文シフト]

2.公益著名商標の通常使用権の許諾

第三十一条第一項ただし書を削る。➡[公益著名商標の通常使用権の許諾が可能:既に令和1年5月27日に施行しています。]

3.損害賠償額算定方法の見直し

第三十八条第一項中「その譲渡した商品の数量(以下この項において「譲渡数量」という。)に、商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた額を超えない限度において」を「次の各号に掲げる額の合計額を」に改め、同項ただし書を削り、同項に次の各号を加える。
一 商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額に、自己の商標権又は専用使用権を侵害した者が譲渡した商品の数量(次号において「譲渡数量」という。)のうち当該商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた数量(同号において「使用相応数量」という。)を超えない部分(その全部又は一部に相当する数量を当該商標権者又は専用使用権者が販売することができないとする事情があるときは、当該事情に相当する数量(同号において「特定数量」という。)を控除した数量)を乗じて得た額
二 譲渡数量のうち使用相応数量を超える数量又は特定数量がある場合(商標権者又は専用使用権者が、当該商標権者の商標権についての専用使用権の設定若しくは通常使用権の許諾又は当該専用使用権者の専用使用権についての通常使用権の許諾をし得たと認められない場合を除く。)におけるこれらの数量に応じた当該商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額➡[権利者の生産・販売能力を超えた部分の損害を認定 侵害品の販売数量が権利者の生産能力や販売能力(使用相応数量)を超える場合、その超えた個数分はライセンス料相当額での損害賠償を求めることができます。]

”平成31年3月特許庁の特許・意匠・商標制度の見直し”より
第三十八条第五項中「前二項」を「第三項及び前項」に改め、同項を同条第六項とし、同条第四項を同条第五項とし、同条第三項の次に次の一項を加える。
4 裁判所は、第一項第二号及び前項に規定する登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額を認定するに当たつては、商標権者又は専用使用権者が、自己の商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用の対価について、当該商標権又は専用使用権の侵害があつたことを前提として当該商標権又は専用使用権を侵害した者との間で合意をするとしたならば、当該商標権者又は専用使用権者が得ることとなるその対価を考慮することができる。
[この新しい第4項は”ライセンス料相当額の増額”と題されています。いつから適用されるのかという疑問について—過去の改正付則によれば、”一部施行日以後にした行為について適用し、一部施行日前にした行為については、なお従前の例による。”となる見込みです。施行日は令和1年5月17日より1年以内ですが、未だ具体的な施行日は未定です。]

4.条文シフト

第三十九条中「、第百五条」の下に「(書類の提出等)、第百五条の二の十一」を加え、「書類の提出等、」を削る。➡[特許法に査証制度が導入されたための条文シフト]

5.国際登録出願の補正期間の延長

第六十八条の二十八第一項中「により指定された期間内」を「による通知を受けた後は、事件が審査、審判又は再審に係属している場合」に改める。
[国際商標登録出願に係る補正手続の期間の延長]

商標法38条3項の相当な対価額での損害賠償請求

商標法第38条の4つの計算方法

商標権侵害に対しては、商標法第38条の第1項から第4項の各項にそれぞれの損害額の計算方法が挙られています。

第1の計算方法は、「損害額」=「侵害者の譲渡等数量」×「権利者の単位あたりの利益」-「販売できない事情による控除額」(38条1項)です。

第2の計算方法は、「損害額」=「侵害者が得た利益」(38条2項)です。

しかし、これらの損害額の計算方法では、商標権者自らが登録商標を使用していない場合、38条1項又は2項に定める逸失利益(lost Profit)が存在しないものと認定される傾向にあり、実際には使用していない不使用商標権に基づく損害賠償請求の場合は、38条3項の第3の計算方法を利用できるものとなっています。

第3の計算方法は、「損害額」=「侵害前提で合意される使用料相当額」(38条3項)です。「使用料相当額」は、例えば「侵害者の売上高」×「使用料率」となります。

第4の計算方法は、「損害額」=「当該商標権の取得及び維持に通常要する費用に相当する額」(38条4項)です。

商標法第38条第3項

商標法第38条第3項は平成10年に「通常受けるべき金銭の額」を「受けるべき金銭の額」に改正されて「通常」の文言が削除されています。使用権料相当額に抑えて込まれてしまって、侵害者が侵害し得であるというような状況を回避するように改正されています。商標法第38条第3項で規定されている使用権料相当額は最小限の金銭額とされていて、侵害者が実際の損害額がこれより少額であることを主張して損害賠償を減額させることはできないとされており、逆に使用権料相当額以上の損害があったことを立証して請求することも可能です。なお、平成31年3月1日に閣議決定された「特許法等の一部を改正する法律案」は令和元年5月10日に可決・成立し、5月17日に法律第3号として公布されています(施行日は未定(2019.5.21時点))。その改正法によれば、ライセンス料相当額による損害賠償額の算定には、”権利が侵害されたことを前提として合意されるであろう使用権料”を考慮できると規定されています。

(法改正された新4項)裁判所は、第一項第二号及び前項に規定する登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額を認定するに当たつては、商標権者又は専用使用権者が、自己の商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用の対価について、当該商標権又は専用使用権の侵害があつたことを前提として当該商標権又は専用使用権を侵害した者との間で合意をするとしたならば、当該商標権者又は専用使用権者が得ることとなるその対価を考慮することができる。

商標法第38条第4項

第4項は、TPP参加に応じて設けられた規定で、環太平洋パートナーシップ協定の条文18.74 条では、「商標の不正使用について法定損害賠償制度又は追加的損害賠償制度を設けること」を参加国に義務付けており、その商標権の取得及び維持に通常要する費用に相当する額を最低限の損害額として請求可能です。侵害者の売り上げ額が零か少額の場合に有効です。

損害不発生の抗弁

損害不発生の抗弁は、「登録商標に類似する標章を第三者がその製造販売する商品につき商標として使用した場合であっても、当該登録商標に顧客吸引力が全く認められず、登録商標に類似する標章は使用することが第三者の商品の売上げに全く寄与していないことが明らかなときは、得べかりし利益としての実施料損害額の損害も生じていないというべきである。」との最高裁平成9年3月11日判決(平6(オ)1102号(小僧寿し事件))に由来します。

裁判例による使用料率の算定

事件番号・判決日 損害認定額 使用料率 原告請求額or率 商標
1 平成21年(ワ)第123号 東京地裁平成22年8月31日判決 150万5666円 10%(被告売上額) 原告製品定価×5% カルティエ
2 平成21年(ワ)第13559号 大阪地裁平成24年12月13日判決 836万円 1棟当たり10万円 4億0528万1000円 ユニキューブ\unicube
3 平成23年(ワ)第21532号 東京地裁平成25年3月7日判決 723万9915円 豚肉1㎏当たり13円 (組合員の使用許諾を参考) 2611万7650円 ヨーグルトン
4 平成24年(ネ)第10010号 知財高裁平成25年3月25日判決 2799万7164円 限界利益の1.5% 3億6960万円 ナーナニーナ
5 平成22年(ワ)第44788号 東京地裁平成25年3月22日判決 37万2341円 売上額1%(重複登録後権利消滅) 854万9033円 和幸
6 平成24年(ワ)第24872号 東京地裁平成26年1月31日判決 8470万7677円 化粧品販売の売上額の1.5% 1億0395万円 Pierarejeunne/ピエラレジェンヌ
7 平成27年(ワ)第8132号 東京地裁平成28年2月9日判決 330万円 使用料率に依存しない 880万円 なごみ
8 平成28年(ワ)第38082号 東京地裁平成30年2月8日判決 95万円 1か月当たりの使用料5万×営業期間 330万円 アロマグランデ
9 平成30年(ネ)第2025号 大阪高裁平成31年2月21日判決 311万1970円 売上高の0.2% 5856万3079円 LIGHTING SOLUTION


第三十八条(損害の額の推定等)
1 商標権者又は専用使用権者が故意又は過失により自己の商標権又は専用使用権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その者がその侵害の行為を組成した商品を譲渡したときは、その譲渡した商品の数量(以下この項において「譲渡数量」という。)に、商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた額を超えない限度において、商標権者又は専用使用権者が受けた損害の額とすることができる。ただし、譲渡数量の全部又は一部に相当する数量を商標権者又は専用使用権者が販売することができないとする事情があるときは、当該事情に相当する数量に応じた額を控除するものとする。
2 商標権者又は専用使用権者が故意又は過失により自己の商標権又は専用使用権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その者がその侵害の行為により利益を受けているときは、その利益の額は、商標権者又は専用使用権者が受けた損害の額と推定する。
3 商標権者又は専用使用権者は、故意又は過失により自己の商標権又は専用使用権を侵害した者に対し、その登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額の金銭を、自己が受けた損害の額としてその賠償を請求することができる。
4 商標権者又は専用使用権者が故意又は過失により自己の商標権又は専用使用権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その侵害が指定商品又は指定役務についての登録商標(書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであつて同一の称呼及び観念を生ずる商標、外観において同視される図形からなる商標その他の当該登録商標と社会通念上同一と認められる商標を含む。第五十条において同じ。)の使用によるものであるときは、その商標権の取得及び維持に通常要する費用に相当する額を、商標権者又は専用使用権者が受けた損害の額とすることができる。
5 前二項の規定は、これらの規定に規定する金額を超える損害の賠償の請求を妨げない。この場合において、商標権又は専用使用権を侵害した者に故意又は重大な過失がなかつたときは、裁判所は、損害の賠償の額を定めるについて、これを参酌することができる。
第三十八条(損害の額の推定等)2019年3月1日閣議決定版 施行日未定
第三十八条第一項中「その譲渡した商品の数量(以下この項において「譲渡数量」という。)に、商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた額を超えない限度において」を「次の各号に掲げる額の合計額を」に改め、同項ただし書を削り、同項に次の各号を加える。

一 商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額に、自己の商標権又は専用使用権を侵害した者が譲渡した商品の数量(次号において「譲渡数量」という。)のうち当該商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた数量(同号において「使用相応数量」という。)を超えない部分(その全部又は一部に相当する数量を当該商標権者又は専用使用権者が販売することができないとする事情があるときは、当該事情に相当する数量(同号において「特定数量」という。)を控除した数量)を乗じて得た額

ニ 譲渡数量のうち使用相応数量を超える数量又は特定数量がある場合(商標権者又は専用使用権者が、当該商標権者の商標権についての専用使用権の設定若しくは通常使用権の許諾又は当該専用使用権者の専用使用権についての通常使用権の許諾をし得たと認められない場合を除く。)におけるこれらの数量に応じた当該商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額

第三十八条第五項中「前二項」を「第三項及び前項」に改め、同項を同条第六項とし、同条第四項を同条第五項とし、同条第三項の次に次の一項を加える。

4(新設) 裁判所は、第一項第二号及び前項に規定する登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額を認定するに当たつては、商標権者又は専用使用権者が、自己の商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用の対価について、当該商標権又は専用使用権の侵害があつたことを前提として当該商標権又は専用使用権を侵害した者との間で合意をするとしたならば、当該商標権者又は専用使用権者が得ることとなるその対価を考慮することができる。

商標登録insideNews: Bob Dylan’s whiskey company hit with trademark suit – CBS News

LOUISVILLE, Ky. – Heaven Hill Distillery of Kentucky is taking Bob Dylan’s whiskey company to court, claiming trademark infringement involving its logo. Heaven’s Door Spirits is co-owned by the musician and debuted this year. WDRB-TV reports a Heaven Hill lawyer sent a cease-and-desist letter to Chicago-based Heaven’s Door in April, saying its “stacked” logo is similar to Heaven Hill’s. The lawsuit says Heaven’s Door attorneys replied that they didn’t expect confusion over the logos and didn’t plan to cha

情報源: Bob Dylan’s whiskey company hit with trademark suit – CBS News

情報源: KY Distiller to Bob Dylan whiskey co.: Hands off the trademark | 2018-08-21 | The Indiana Lawyer

Bob Dylan Announces Whiskey Label, 0:32

商標登録insideNews: 「ティーコーヒー」めぐり提訴 京都の会社、アサヒ飲料相手に商標権侵害で – SankeiBiz(サンケイビズ)

お茶とコーヒーを混ぜた商品「ティーコーヒー」を巡り、類似の商品で商標権を侵害されたとして、商品企画などを手掛ける「エーゲル」(京都)が「アサヒ飲料」(東京)に3300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁(高松宏之裁判長)に起こしたことが19日、分かった。

情報源: 「ティーコーヒー」めぐり提訴 京都の会社、アサヒ飲料相手に商標権侵害で – SankeiBiz(サンケイビズ)

ワンダ TEA COFFEE CM「お茶・珈琲どっちやねん」編 15秒 ビートたけし 神木隆之介 川栄李奈、0:15

登録番号 第5963932号
登録日 平成29年(2017)7月14日
出願番号 商願2016-138733
出願日 平成28年(2016)12月9日
存続期間満了日 平成39年(2027)7月14日
権利者 株式会社エーゲル
区分数 1
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務
30 茶,コーヒー,茶入りコーヒー,コーヒー豆

trn5963932
商標登録5963932号

商標登録insideNews: Mitsubishi drives forward trademark lawsuit against dealership

Mitsubishi’s North American division has filed a claim for trademark infringement, unfair competition, and breach of contract against one of its dealerships, following an unauthorised relocation. The complaint was filed in the US District Court for the Eastern District of New York on Tuesday, February 13.

情報源: Mitsubishi drives forward trademark lawsuit against dealership