商標登録insideNews: 「ユーハイム」名称で和解 茨城の社福法人に使用禁止|日本経済新聞

 神戸市の洋菓子メーカー「ユーハイム」が、同じ名称の特別養護老人ホームを運営する茨城県常陸太田市の社会福祉法人に、標章の使用禁止と1千万円の支払いなどを求めた訴訟が大阪地裁(森崎英二裁判長)であり、21日までに法人側が商標権の侵害を認め、来年4月以降は使用しない条件で和解したことが分かった。

情報源: 「ユーハイム」名称で和解 茨城の社福法人に使用禁止

税関 商標_動画(リンク) vol.4

1.平成28年上半期 東京税関における知的財産侵害物品差止状況、3:32
東京税関による平成28年上半期における模倣品の差止実績です。

商標登録insideNews: 「かに道楽」商標権バトル勃発|産経WEST

「かに道楽」と聞いて、何を連想するだろうか。もちろん浪速っ子なら「あれや」と即答するだろう。大阪・道頓堀のシンボルともいえる、巨大な動くカニ看板のことだ。だが、…

情報源: 【衝撃事件の核心】おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の〝敵〟は愛知のかまぼこ…どっちに軍配?(1/4ページ) – 産経WEST

道頓堀に本店があり、かに料理専門店を展開する「かに道楽」が、東海地方で「かに道楽」という名前のカマボコを販売する愛知県の会社、ヤマサちくわに対し、名称の使用差し止めを求めて提訴しています。『かに道楽』はその名称を1982年に商標登録しており、商標権を侵害しているとして名称の使用差し止めを求めています。一方、ヤマサちくわはその商標登録の13年前から製造・販売していると主張しています。

かに道楽 和解へ

判定制度

判定制度は、商標法では商標権の効力について特許庁の公式な意見を求める制度です。判定の結論は、法的な拘束力を持つものではありませんが、専門的な行政庁が下す中立的な意見ですので、差止など係争事件またはその手前などの段階で、社 …

関税法 差止手続🛃

商標権侵害の水際取締の手続 商標権侵害とされる貨物の輸入を差し止める際には、その対象となる疑義貨物が商標権の侵害となるか否かの認定手続を行います。認定手続の結果、侵害品である認定された貨物は税関長は輸入禁制品として没収等 …