商標登録insideNews: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業)| ジェトロ

外国出願にかかる費用の半額を助成します。ジェトロでは、中小企業等の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、国内出願(特許、実用新案、意匠、商標)と同内容の外国出願にかかる費用の半額を助成します。申請から助成までの流れ(632KB)(ご参考) 外国出願の前にちょっとアドバイス(770KB)応募受付期間 2021年6月21日(月曜)~ 2021年7月21日(水曜)17時00分 (必着)(郵送又は持ち込み)

情報源: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロのサービス – ジェトロ

fund

動画・知的財産に関する支援制度について(METI/経済産業省)

中⼩企業等による特許、実⽤新案、意匠、商標等の外国出願に要する経費の⼀部を補助する支援について紹介します。「出願審査請求料」「特許料(1〜10年分)」及び「国際出願に係る⼿数料」の中⼩企業等を対象とした軽減措置についても説明があります。北海道経済産業局からの動画ですが、国の政策ですのでその内容は概ね全国共通になります。

【北海道経済産業局】 外国出願・特許減免, 7:25

【北海道経済産業局】 外国出願・特許減免

経済産業省 JAPANブランド育成支援等事業 関連 商標_動画(embedded)

令和3年度当初予算「JAPANブランド育成支援等事業」について, 17:15

令和3年度当初予算「JAPANブランド育成支援等事業」について

中小企業庁では、海外に販路を広げようとする中小企業を支援する補助金として、「JAPANブランド育成支援等事業」を実施しております。本事業は平成16年度から行っておりますが、令和3年度は、中小企業の皆様の事業の成功率・継続性をさらに高める狙いで、「支援パートナー」の活用を応募の要件とします。

令和3年度「JAPANブランド育成支援等事業」公募ページ (令和3年4月15日公募開始)
商標登録insideNews: JAPANブランド育成支援事業 (METI/経済産業省関東経済産業局)

商標登録insideNews: 平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募を開始 | 中小企業庁

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募を、令和元年8月19日(月)から令和元年9月20日(金)まで行います。

公募案内(全国中小企業団体中央会ホームページ)

公募期間:令和元年8月19日(月)13時~令和元年9月20日(金)15時 ※電子申請のみの受付です。

商標登録insideNews: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロ

外国出願にかかる費用の半額を助成します。ジェトロでは、中小企業等の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、基礎となる出願(特許、実用新案、意匠、商標)と同内容の外国出願にかかる費用の半額を助成します。応募受付期間2019年6月24日(月曜)~7月29日(月曜)17時00分

情報源: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロのサービス – ジェトロ

知的財産権(産業財産権)の取得に役立つ助成金・補助金💴

特許や商標などの知的財産権(産業財産権)の取得を目指す中小企業に対しては、国や地方自治体の産業振興の観点から、助成金を用意している機関や公社、或いは市役所、町役場なども存在しています。その時々の予算などに応じて申し込めば …

商標登録insideNews: 平成30年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等海外侵害対策支援事業) | 経済産業省 特許庁

特許庁では、中小企業の海外での適時適切な権利行使を促進するため、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、海外で取得した特許・商標等の侵害を受けている中小企業の方々に対し、模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査及び調査結果に基づく模倣品業者への警告文作成、行政摘発、税関差止申請、模倣品が販売されているウェブページの削除等を実施し、或いは、中国等海外で現地企業から、自社のブランドの商標や地域団体商標を冒認出願された中小企業等に対し、異議申立や無効審判請求、取消審判(例:中国における三年不使用取消)請求など、冒認商標を取消すためにかかる費用の一部を助成し、また進出先の国において、悪意のある外国企業から日本企業のブランド、社名について先に権利を取得されて、日本企業が権利侵害を指摘され、「警告状」を受けたり、「訴訟」を起こされたりなど、日本企業の海外進出によりトラブルに巻き込まれるケースが見られ、このような外国企業から訴えられた中小企業等に対し、弁理士・弁護士への相談等訴訟前費用、訴訟費用、対抗措置、和解に要する費用の一部を助成します。

情報源: 平成30年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等海外侵害対策支援事業)| 経済産業省 特許庁

具体的には、模倣品対策支援事業、防衛型侵害対策支援事業、冒認商標無効・取消係争支援事業の3つの助成金の対象があります。いずれも所定の申請をして審査後に、助成対象となることが必要です。

商標登録insideNews: 平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業外国出願支援事業) | 経済産業省 特許庁

特許庁では、中小企業の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、外国出願にかかる費用の半額を助成しています。

情報源: 平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業外国出願支援事業) | 経済産業省 特許庁

コメント:特許の場合は、そこからの経済的発展性も含めて技術の優劣があるとは思いますが、商標自体に優劣はあまりありません。公的な助成金の予算には、勿論それぞれ限度がありますので、ある意味早い者勝ちかなと思います。各都道府県の中小企業振興公社の補助金を獲得したいと思う方は、上のリンクされたページにアクセスを。

商標登録insideNews: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

平成29年度の「地域団体商標海外展開支援事業」について、平成29年3月10日から平成29年4月7日までの期間で公募したところ、11件の申請があり、厳正な審査を行った結果、10件を採択しました。採択結果は、以下のとおりです。東川米(東川町農業協同組合)、新潟清酒(新潟県酒造組合)、市田柿(みなみ信州農業協同組合、下伊那園芸農業協同組合)、西尾の抹茶(西尾茶協同組合)、高島ちぢみ(高島晒協業組合)、堺刃物(堺刃物商工業協同組合連合会)、有田・しもつみかん(ありだ農業協同組合、ながみね農業協同組合)、日田梨(全国農業協同組合連合会大分県本部)、うれしの茶(西九州茶農業協同組合連合会、佐賀県茶商工業協同組合)、枕崎鰹節(枕崎水産加工業協同組合

情報源: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

コメント:支援内容として記載されている項目を見てみると、商標権に直接関係するのは”商標権利化に関するアドバイス”だけで、外国出願費用などは見込まれていないような内容です。むしろPRイベントやバイヤーとの商談のように実際の商品のプロモーション活動に重点を置かれているような内容で、商社的機能のスタート用に助成金をというところでしょうか。落選した1件が気になるところです。

商標登録insideNews: 外国への商標等の出願等に要する費用の助成 | 公益法人東京都中小企業振興公社

東京都及び公益財団法人東京都中小企業振興公社では、中小企業が戦略的に知的財産を活用し、自社の強みを生かした事業展開を支援することを目的として、都内中小企業の方を対象に、中小企業の海外展開進出支援の一環として、外国への特許 …