商標登録insideNews: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業)| ジェトロ

外国出願にかかる費用の半額を助成します。ジェトロでは、中小企業等の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、国内出願(特許、実用新案、意匠、商標)と同内容の外国出願にかかる費用の半額を助成します。申請から助成までの流れ(632KB)(ご参考) 外国出願の前にちょっとアドバイス(770KB)応募受付期間 2021年6月21日(月曜)~ 2021年7月21日(水曜)17時00分 (必着)(郵送又は持ち込み)

情報源: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロのサービス – ジェトロ

fund

商標登録InsideNews: 外国出願に要する費用の半額を補助します | 経済産業省 特許庁

特許庁では、中小企業の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、外国出願にかかる費用の半額を助成しています。 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)と各都道府県等中小企業支援センター等が窓口となり、全国の中小企業の皆様が支援を受けることができます。地域団体商標の外国出願については商工会議所、商工会、NPO法人等も応募できます。また、意匠においては、「ハーグ協定に基づく意匠の国際出願」も支援対象です。

情報源: 外国出願に要する費用の半額を補助します | 経済産業省 特許庁

動画・知的財産に関する支援制度について(METI/経済産業省)

海外知財補助金パンフレット(外部PDF)

外国出願費用の助成(JETRO)リンク先では応募受付終了と記載されていますが、それは去年の募集です。(2021.5.17現在)

商標登録insideNews: 広東省、知的財産権侵害の通報ホットラインが開通 | ビジネス短信 – ジェトロ

広東省で7月1日、知的財産権侵害・模倣品通報ホットライン「96315」が開通した。広東省政府が4月15日に発表した「知的財産権侵害・模倣品製造などの違法行為の通報に対する奨励弁法の通知」〔粤府(2019)40号〕が、7月1日から実施されるのに合わせたもの。

情報源: 広東省、知的財産権侵害の通報ホットライン「96315」が開通 | ビジネス短信 – ジェトロ

一图读懂广东省举报侵犯知识产权和制售假冒伪劣商品违法行为奖励办法(知的財産権の侵害および偽造品や雑貨の製造販売に関する広東省の報告 図解) 广东省人民政府

广东省市场监督管理局(知识产权局)广东省举报侵犯知识产权和制售假冒伪劣商品违法行为专线96315于7月1日正式开通

商標登録insideNews: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロ

外国出願にかかる費用の半額を助成します。ジェトロでは、中小企業等の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、基礎となる出願(特許、実用新案、意匠、商標)と同内容の外国出願にかかる費用の半額を助成します。応募受付期間2019年6月24日(月曜)~7月29日(月曜)17時00分

情報源: 外国出願費用の助成(中小企業等外国出願支援事業) | ジェトロのサービス – ジェトロ

商標登録insideNews: ミャンマー知的財産関連法が成立、2020年までに知的財産庁設立へ | JETRO

ミャンマーで5月24日、知的財産関連法(商標法、工業意匠法、特許法、著作権法)が成立した。国際協力機構(JICA)が支援した(2019年6月3日JICAプロジェクトニュース参照)。ミャンマー政府は2020年までに知的財産庁の設立を目指しており、それに合わせて同法が施行される見通しだ。

情報源: 知的財産関連法が成立、2020年までに知的財産庁設立へ | ビジネス短信 – ジェトロ

知的財産権(産業財産権)の取得に役立つ助成金・補助金💴

特許や商標などの知的財産権(産業財産権)の取得を目指す中小企業に対しては、国や地方自治体の産業振興の観点から、助成金を用意している機関や公社、或いは市役所、町役場なども存在しています。その時々の予算などに応じて申し込めば …

商標登録insideNews: 中国における日本の地名等に関する商標登録出願調査の結果| 特許庁

従前より、中国において、我が国の地名や地域ブランド等が第三者によって出願・登録される事例が多数報告されています。このような事象に対しては、正当な権利者等が異議申立てや無効審判といった対抗措置をとる必要があります。そこで特許庁では、ジェトロに委託し、日本の地名・地域団体商標等の中国における商標出願・登録の状況の調査を行い、その結果を公表して参りました。これまでは、年に1回の調査でしたが、これを四半期ごとに行うこととし、このたび、その最初の調査結果を公表いたします。

情報源: 中国における日本の地名等に関する商標登録出願調査の結果について | 経済産業省 特許庁

情報源: 冒認商標問題 | 知的財産に関する情報 – 中国 – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ

中国における日本の地名等に関する商標登録出願 2018年度(第1回)(294KB)

商標登録insideNews: 第4次産業革命とサッカーの融合 | 知的財産ニュース – 知的財産に関する情報 – 韓国 – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ

IT技術を取り入れたサッカー機器関連の特許出願が増加 2018サッカーW杯ロシア大会の開幕を控え、第4次産業革命関連のIT技術を取り入れたさまざまなサッカー機器が公開される。今回の大会にはワールドカップ史上初で正確な判定のためのビデオ判定システム(ビデオ・アシスタント・レフリー、VAR)と近距離無線通信規格(NFC)チップが埋め込まれた公式試合球が導入された。このように最新のIT技術を取り入れたサッカー用品・機器に関する発明の特許出願が韓国でも増えている。

情報源: 第4次産業革命とサッカーの融合 | 知的財産ニュース – 知的財産に関する情報 – 韓国 – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ

VAR – The System Explained、6:16

[コメント] ワールドカップに被せ気味のニュースクリップです(アクセス数確保のため、申し訳ございません。)が、サッカーボールにはチップが埋め込まれてるようです。テニスの試合のオンライン判定とは違うんですね。昨日のワールドカップ・コロンビア戦の前半終了前のコロンビアの同点ゴールに、キーパー川島選手はゴールしてないようにアピールしていましたが、VAR技術の前には無駄な努力でした。