欧州連合知的財産庁(EUIPO) 商標_動画(embedded) vol.38

1. New EUIPO Academy Learning Portal, 0:45

2. How to switch to eCommunications?, 2:11

3.How to create a user account, 0:44

4.IP Enforcement Portal – introduction of new import/export feature, 15:02

商標登録insideNews: 关于对北京 2022 年冬奥会和冬残奥会吉祥物、 志愿者标志实施保护的公告(第 348 号)| 国家知识产权局

【关于对北京2022年冬奥会和冬残奥会吉祥物、志愿者标志实施保护的公告(第348号)】
[北京2022年冬季オリンピックおよびパラリンピック競技大会のマスコットおよびボランティアロゴの保護に関する発表(第348号)] 根据《奥林匹克标志保护条例》有关规定,国家知识产权局依法对北京2022年冬奥会和冬残奥会组织委员会提交的北京2022年冬奥会和冬残奥会吉祥物、志愿者标志等7件奥林匹克标志予以公告。北京2022年冬奥会和冬残奥会组织委员会自公告之日起享有对上述标志的专有权,有效期10年。特此公告。附件:北京2022年冬奥会和冬残奥会吉祥物、志愿者标志等7件奥林匹克标志

PDF

中国商標登録第A000020号 中国商標登録第A000023号 中国商標登録第A000026号

商標登録insideNews: Amazon just filed a bunch of international trademarks for ‘Amazon Pharmacy’ | CNBC

Amazon has filed to trademark ‘Amazon Pharmacy’ in Canada, the U.K. and Australia, signaling a potential move into selling prescription drugs outside of the U.S.According to the Canadian Intellectual Property Office website, Amazon filed for the patent on Jan. 9, 2020. The status is listed as pre-formalized. The trademark also lists other areas that Amazon Pharmacy could move into including surgical, medical dental instruments and pharmaceutical as well as medical and veterinary preparations.

情報源: Amazon files trademarks for ‘Amazon Pharmacy’ in UK, Australia, Canada

米オンライン小売り大手アマゾン・コムのオーストラリア子会社、アマゾン・オーストラリア(豪アマゾン)が「アマゾンファーマシー(Amazon Pharmacy)」の商標登録の申請をIPオーストラリア(オーストラリア知的財…

情報源: 豪アマゾンが事業拡大計画、薬局商標を申請 – NNA ASIA・オーストラリア・小売り・卸売り

How Amazon Could Disrupt Health Care, 7:24

商標登録insideNews: ミャンマー 商標のソフトオープニング期間の遅れ

現地代理人からの最新情報によれば、ミャンマーにおけるソフトオープニング期間の開始が遅れており、当初2019年12月20日に予定されていましたが、その開始時期は2020年3月末か4月末まで延期されます。ソフトオープニング期間は6ヶ月間続き、ミャンマー商標局の営業開始日は2020年10月と予想されています。ソフトオープニング期間では、従前の商標所有についての登録された宣言(registered Declaration of Trademark Ownership)に基づく優先権を主張して再出願をすることができ、その出願によって2020年10月と予想されるミャンマー商標局の営業開始日に出願されたものと看做されます。ソフトオープニング期間における再出願には、従前の商標所有についての登録された宣言と共に使用についての証拠が要件(代理人による場合は委任状の提出も必要)となっています。現時点で未だ商標所有についての宣言の手続をしていないミャンマー商標権の取得希望者及びその更新希望者は、2020年5月までは従前の従前の商標所有についての宣言の登録手続を進めて早めに警告の知らせを公表すべきです。この場合、使用の証拠を準備できない出願人については、警告の知らせをソフトオープニング期間の再出願に必要な使用についての証拠となるように公表することが望まれます。ソフトオープニング期間における優先権を主張した再出願は、異議申立のための公告に付され、異議申立のなかった出願が正式な審査を経て登録となります。現時点(2020.1.22)では、未だオフィシャルフィーは決定されていません。

その他のミャンマー商標に関する情報

A new legal framework in Myanmar has been announced for trade mark registration and protection, impacting upon both foreign and domestic trade mark…

情報源: Trade mark protection shake up for Myanmar – Lexology