商標登録&紛争 最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件

最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件

[審判決日]昭和36年6月27日判決

争点

取引上相互に紛れることのない商品同士であっても、同一または類似の商標をこれらの商品に使用する場合に同一営業主の製造または販売と誤認混同される虞がある場合に商標法上の類似の商品となるのか?

判示事項

商品同士が取引上相互に紛れるか否かで類否を決めると言う基準ではなく、同一または類似の商標をこれらの商品に使用する場合に同一営業主の製造または販売と誤認混同される虞があるかどうかで商品の類否の基準とすべきである。また、商品清酒については正宗は酒醸造業者間に用い慣らされたところのものであり、特定人の標章として商品の出所を表示する標章としての性質を有せず、その部分が取引では省略されることがあると判断した。

続きを読む“商標登録&紛争 最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件”

商標登録insideNews: Trademark Modernization Act of 2020 | Lathrop GPM – JDSupra

Congress has just passed the bi-partisan Trademark Modernization Act of 2020 (TMA), which amends the Trademark Act to provide new procedures for third-party submission of evidence relating to trademark applications, to establish ex parte proceedings for reexamination and expungement of outstanding trademark registrations, and to provide for a rebuttable presumption of irreparable harm in trademark infringement proceedings.

情報源: Trademark Modernization Act of 2020 | Lathrop GPM – JDSupra

On December 22, 2020, Congress passed the content of a pending bill, H.R. 6196, the “Trademark Modernization Act of 2020,” as part of its year-end virus relief and spending package. Among other things, the Act seeks to create more efficient processes to challenge registrations that are not being used in commerce, including by establishing new ex parte proceedings. The Act also seeks to unify the standard for irreparable harm with respect to injunctions in trademark cases, in light of inconsistencies that have emerged across federal courts after the Supreme Court’s decision in eBay v. MercExchange, LLC, 547 U.S. 388 (2006).

情報源: Gibson Dunn

H.R.6196 — 116th Congress (2019-2020)
商標近代化法(TMA)は商標出願に関連する証拠を第三者が提出するための新しい手順を提供し、未処理の商標の再審査と抹消のための査定系手続きを確立します。米国商標制度における言わば情報提供制度のように思われます。

On December 27, 2020, the Trademark Modernization Act of 2020 (“TMA”) became law after it passed Congress and was signed by the President as part of the year-end Consolidated Appropriations Act for 2021.1 The TMA, which will become effective one year after its signature into law, introduces significant amendments to the Lanham Act2 designed to modernize trademark examination procedures and combat the increasing numbers of trademark registrations covering marks not used in commerce.

情報源: Trademark Modernization Act Becomes Law: Establishes New Procedures to Remove Deadwood Registrations, Restores Presumption of Irreparable Harm, and Protects the Independence of the Trademark Trial and Appeal Board | Kilpatrick Townsend & Stockton LLP – JDSupra

Summary of H.R.6196
This bill makes several changes to trademark law, such as by providing new mechanisms for opposing and canceling trademark registrations at the Patent and Trademark Office (PTO) and by making it easier to secure an injunction.

The bill authorizes a third party to submit evidence to the PTO to oppose an application for a federal trademark registration.

The bill establishes a procedure for any party to petition the PTO to expunge a registration for a trademark that has not been used in commerce. The bill also establishes a procedure for any party to petition the PTO to reexamine any trademark registration on such nonuse grounds.

The PTO may also initiate such an expungement or reexamination proceeding.

If a plaintiff has prevailed in court in asserting certain trademark rights, that plaintiff shall be entitled to a presumption that the plaintiff will suffer irreparable harm for purposes of determining whether the plaintiff is entitled to a permanent injunction. If a trademark plaintiff is seeking a preliminary injunction, that plaintiff is entitled to this presumption upon a court finding that the plaintiff is likely to succeed on the merits of the case. Under current law, a plaintiff must establish irreparable harm to secure an injunction.

In addition, the PTO Director shall have the authority to reconsider, modify, or set aside certain decisions made by the Trademark Trial and Appeal Board.

The Government Accountability Office shall report to Congress on PTO efforts to address false and inaccurate claims in trademark registrations and applications.

商標登録insideNews: 特許出願等統計速報 令和2年10月分(令和2年12月22日作成)| 特許庁

令和2年最後の出願等統計速報を見てみますと、令和2年1月から令和2年10月までの累計でコロナ禍の影響からか特許・実用新案は5.6%の出願減、意匠は1.3%増加の横ばい、商標は3.9%の減少となっています。データは1-10月の累計ですので、年間トータルでは、およそ1.2倍にすればというところです。経済動向などが不透明で先々の予測が困難であったり、特許出願であれば発明内容についての打ち合わせが効率面からも必要であったりもしますが、コロナ禍の影響でそういった面談形式での打ち合わせを進められない状況なども影響しているのではと思います。

四法R2.1-R2.10 出願数
(増減%)
特許・実用新案(合計)244,976(▲5.6%)
意匠26,365(1.3%)
商標151,361 (▲3.9%)

商標登録insideNews: 白老牛そっくりマーク出願 中国企業、「悪意」憤る町 | 共同通信

日本で商標登録されている北海道白老町のブランド牛「白老牛」のマークと酷似したものを、中国企業が同国での商標登録に向け出願したことが23日、分かった。町は中国で商標などを取り扱う国家知識産権局に対し、認めないよう異議を申し立てた。町の担当者は「丸々同じで悪意ある出願だ」と憤っている。

情報源: 白老牛そっくりマーク出願 中国企業、「悪意」憤る町 | 共同通信

白老町の日本の商標登録

登録番号:第5043387
登録日:平成19(2007)年 4月 27日
出願番号:商願2006-22060
商標(検索用):白老牛
権利者:白老町
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務
第29類 牛肉,牛肉製品
第30類 牛肉を使用したサンドイッチ,牛肉まんじゅう,牛肉ハンバーガー,牛肉べんとう,牛肉を使用したホットドッグ

商標登録第5043387号
商標登録第5043387号

中国企業の中国の商標登録

申请/注册号:38981455、38989809
申请日期:2019年06月19日
申请人名称(中文):中山市飞溙电子科技有限公司
国际分类
第29類 肉; 牛肉; 家禽(非活); 肉汤浓缩汁; 奶粉; 食用油脂; 牛奶; 鱼(非活); 鱼翅; 蛋
第31類 活动物; 活鱼; 植物; 自然花; 坚果(水果); 谷(谷类); 新鲜蔬菜; 动物食品; 植物种子; 酿酒麦芽;

中国商標登録第38981455号及び第38989809
中国商標登録第38981455号及び第38989809号

第29類の方は国家知識産権局に異議申立中です。

続きを読む“商標登録insideNews: 白老牛そっくりマーク出願 中国企業、「悪意」憤る町 | 共同通信”

商標登録insideNews: 宮城の「河北せり」、GI産品に登録 青森のトウガラシ「清水森ナンバ」も | 河北新報オンラインニュース 

農林水産省は23日、地域に根差した農林水産物や食品をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度に、宮城県の「河北せり」と青森県のトウガラシ「清水森ナンバ」を登録した。GI産品は計104となった。

情報源: 宮城の「河北せり」、GI産品に登録 青森のトウガラシ「清水森ナンバ」も | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

続きを読む“商標登録insideNews: 宮城の「河北せり」、GI産品に登録 青森のトウガラシ「清水森ナンバ」も | 河北新報オンラインニュース “

商標登録insideNews:「マツモトキヨシ」も不可 登録認められない氏名商標| 日本経済新聞

氏名が含まれる商標の登録をめぐり国内の裁判所や特許庁の厳しい判断が相次ぎ、新規登録がほぼ絶望的な状況になっている。ローマ字やカタカナで表記した氏名を含むブランドはファッション業界を中心に珍しくない。専門家からはブランドの海外展開などへの足かせになりかねないとの懸念の声が出ている。

情報源: 「マツモトキヨシ」も不可 登録認められない氏名商標: 日本経済新聞

出願番号:商願2017-7811
出願日:平成29(2017)年 1月 30日
拒絶査定発送日:平成30(2018)年 3月 20日
商標(検索用):マツモトキヨシ
出願人:株式会社マツモトキヨシホールディングス
音商標

マツモトキヨシ
商願2017-7811

審判番号:2018-8451
審判種別:査定不服審判
審判請求日:平成30(2018)年 6月 20日
出訴・上告番号:令02-10126
出訴・上告日:令和2(2020)年 10月 28日

続きを読む“商標登録insideNews:「マツモトキヨシ」も不可 登録認められない氏名商標| 日本経済新聞”