商標登録+α: 音商標の登録の基準🎵

音商標

音商標は平成27年4月から受付が開始された新しいタイプの商標の1つです。審査に際しては、音に由来する識別力が鍵となります。審査基準から識別力が認められるパターンは2つあり、1つは音が言語的要素を含む場合(所定のリズムを背景に日本語などで製品名・企業名等を読み上げる場合)で、もう1つは原則として識別力が認められないものの使用による識別力を認めるべき場合(secondary meaning: 使用による特別顕著性)です。この使用による特別顕著性を得るための基準としては、使用に係る商標、及び商品・役務の使用開始時期及び使用期間、使用地域、当該商品・役務の販売数量等並びに広告宣伝の方法及び回数等を総合考慮するとされており、通常の文字商標の3条2項の基準と同じとされています。

音商標に識別力有りとされるパターン

実際の音商標の審査例

登録例

商標登録5804565号
商願2015-29907 商標登録5804565号 大正製薬株式会社
商標登録5805582号
商願2015-29817 商標登録5805582号 味の素株式会社
商標登録5886594号
商願2015-61489 商標登録5886594号 カルビー株式会社

拒絶査定例

商願2015-29853
商願2015-29853 株式会社円谷プロダクション
商願2015-30069
商願2015-30069 一般財団法人ヤマハ音楽振興会
商願2015-30191
商願2015-30191 三井住友カード株式会社

審査中(使用による識別性を証明する資料待ち)

商願2015-29981
商願2015-29981 インテル・コーポレーション
商願2015-56552
商願2015-56552 ダンロップスポーツ株式会社
商願2016-9844
商願2016-9844 LINE株式会社

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites