商標登録insideNews: Qatar Joins the Madrid System | WIPO

カタールがマドリッド制度に加入

The Government of Qatar deposited its instrument of accession to the Madrid Protocol – the governing Treaty of the Madrid System – with WIPO Director General, Daren Tang on May 3, 2024. Qatar is the 115th Member of the Madrid System.This accession further strengthens the Madrid System as a practical and efficient solution for protecting trademarks worldwide.National trademark holders in four – Bahrain, Oman, Qatar, and the United Arab Emirates – out of the six countries that make up the Gulf Cooperation Council can now use the Madrid System to secure cross-border protection of their brands.

情報源: Qatar Joins the Madrid System

The Madrid Protocol will enter into force in Qatar on August 3, 2024. 国際登録でのカタールの指定開始は2024年8月3日からになります。

Members of the Madrid Union
商標登録insideNews: カタールがGCC統一商標法を採用、GCC全加盟国が準拠へ | ジェトロ

カタールがマドリッド制度に加入
Doha, Qatar
Loading

米国特許商標庁 (USPTO) 商標_動画 (embedded) vol.42

米国特許商標庁 動画

1.Navigating the Madrid Protocol: USPTO as Office of origin, 1:37:00 米国特許商標庁 動画

Navigating the Madrid Protocol: USPTO as Office of origin

続きを読む“米国特許商標庁 (USPTO) 商標_動画 (embedded) vol.42”

Loading

商標登録insideNews: International trademark system (Madrid System) 2022 Top Madrid filers,Top classes | WIPO

Madrid System 2022 Filing Report

Top Madrid filers The total number of applications filed under the Madrid System in 2022 reached 69,000. US-based applicants (12,495) filed the largest number of international trademark applications, followed by those located in Germany (7,695), China (4,991), France (4,403) and the United Kingdom (4,227)

情報源: International Patent Applications Defy 2022 Challenges, Continue Upward Trend

Top classes
The most specified class in international applications received by WIPO covers computer hardware and software and other electrical or electronic apparatus, accounting for 11.3% of the 2022 total. It was followed by the class covering business services (8.8%) and the one relating to scientific and technological services (8.5%).

Top 10 Countries for International Trademark Applications (1990-2022)

Top 10 Countries for International Trademark Applications (1990-2022)

最新(2023.3) のマドプロ加盟国のリスト マドリッド制度 締約国(マドリッドプロトコル)の 一覧Madrid System 2022 Filing Report
加盟国数130の国際登録出願(マドリッド制度・マドプロ)の全体像を説明
(Madrid System 2022 Filing Report)

Loading

商標登録insideNews: Mauritius Joins the Madrid System | WIPO

Mauritius Joins the Madrid System

Mauritius has joined the Madrid System, rounding up the number of countries covered by WIPO’s international trademark system to 130. The Government of Mauritius deposited its instrument of accession to the Madrid Protocol with WIPO Director General, Daren Tang on February 6, 2023. Mauritius is the 114th member of the Madrid System. Its accession further strengthens the Madrid System’s status as a truly global option for trademark protection, and particularly in the Eastern Africa and Indian Ocean Regions.

情報源: Mauritius Joins the Madrid System

The Madrid Protocol will enter into force in Mauritius on May 6, 2023.

モーリシャスがマドリッド制度に加盟しました。モーリシャスの指定開始は2023年5月6日からになります。

Mauritius Joins WIPO’s International Design and Trademark Systems, 1:58 Mauritius Joins the Madrid System

Mauritius Joins WIPO's International Design and Trademark Systems

国際登録出願制度の概要

Loading

商標登録insideNews: Madrid e-Filingによる国際出願手続 | 経済産業省 特許庁

WIPO Madrid e-Filing 6月1日から開始

Madrid e-Filingは、世界知的所有権機関(WIPO)が提供するマドリッド制度を利用する国際登録出願をオンラインで提出するためのWebサービスです。既に世界中の幾つかの国では、電子出願体制が整っておりました。本サービスを利用することにより、本国官庁に商標の国際登録出願を行うことができます。日本国特許庁では2022年6月1日よりMadrid e-Filingによる出願の受付を開始します。WIPO Madrid e-Filingを利用することにより、オンラインで国際登録出願しWIPOへの手数料納付を行うことができます。また、願書の記載事項にある不備の修正、WIPOからの欠陥通報に対する応答をMadrid e-Filingにて行うことができます

情報源: Madrid e-Filingによる国際出願手続 | 経済産業省 特許庁

WIPO Madrid e-Filing

Madrid e-Filingによる出願の作成 WIPO Madrid e-Filing

Madrid e-Filing FAQs

Madrid e-Filingとは何ですか?

Madrid e-Filingは、マドリッド制度を利用するための国際登録出願の書類を電子ファイルとしてオンラインで提出できるサービスです。日本国では特許庁が2022年6月1日よりMadrid e-Filingによる出願の受付を開始します。なお、事後指定書(MM4)、国際登録の名義人の変更の記録の請求書 (MM5)、および国際登録の存続期間の更新の申請書(MM11)の各申請はe-filingではできません。

Madrid e-filingを開始するためのURLはどこになりますか?

WIPO IP PORTAL https://efiling.madrid.wipo.int/iwa になります。移動後、IDとパスワードでログインが必要です。

e-Filingを利用する場合、本国官庁手数料9,000円を納付するために利用可能な支払方法を教えてください。

以下の方法により、本国官庁への手数料納付を行うことができます。 1. 電子現金納付 電子出願ソフトで納付番号を取得し、インターネットバンキング等で9,000円を納付(電子現金納付)。納付後に納付番号を記載した書面をMadrid e-Filingから添付ファイルとして届け出る、又は、納付番号を記載した手数料納付書を作成し、特許庁に持参又は郵送する。 2. 特許印紙 特許印紙を貼付した手数料納付書を作成し、特許庁に持参又は郵送する。 3. 特許庁窓口における指定立替納付(クレジットカード納付) 手数料納付書を作成し、特許庁に持参して、窓口で指定立替納付(クレジットカード納付)により納付する。 4.現金納付 特許庁へ納付書の交付請求を行い、金融機関(日本銀行本店、支店、歳入代理店等)窓口を利用して納付する。納付済証を貼付した手数料納付書を作成し、特許庁に持参又は郵送する。 なお予納(特許庁の予納台帳からの納付)、口座振替 、および電子出願ソフトを利用した指定立替納付(クレジットカード納付) は利用できません。

e-Filingでインポートした基礎情報(日本の商標登録出願、商標登録)は最新の情報ですか。

基礎情報(日本の商標登録出願、商標登録情報)は、WIPO Global Brand Database(GBD)より取得されますが、WIPO Global Brand Database(GBD)収録時の情報となりますので、最新でない可能性もあります。出願情報を作成する際は、収録された情報を必ず確認し、必要な情報を修正してください。

e-Filingで出願する場合、標章を使用する意思の宣言書(MM18)の作成方法を教えてください。

指定締約国選択画面で、アメリカ合衆国(United States of America)を選択すると、標章を使用する意思の宣言書(MM18)を作成する画面が追加されます。当該画面より必要な情報を入力してください。 操作方法の詳細は、ユーザーガイドをご確認ください。共同出願の場合には、全ての出願人を代表して、一人の出願人が署名しMM18 を作成して申請することができます。出願人人数分の MM18 を作成する必要はありません。 なお米国資格の弁護士が代理人である場合には、代理人による署名で足ります。

商標登録insideNews: WIPOへのお問い合わせ・各種様式の提出は、新しいContact Madridサービスをご利用ください | 経済産業省 特許庁
各国商標データベース (全106機関) 地域ブロック別🔗
商標 手数料・費用見積-日本・米国・使用宣誓書・マドプロ対応-商標登録の手続費用を自動計算 vol.1

Madrid e-Filing is a web service for online filing of international registration applications using the Madrid System provided by the World Intellectual Property Organization (WIPO). Some countries around the world already have an electronic application system in place. By using this service, you can file an application for international registration of a trademark with the Office of origin.

Loading

商標登録insideNews: Cabo Verde Joins the Madrid System | WIPO

Cabo Verde Joins Madrid System

On April 6, 2022, the Government of Cabo Verde deposited its instrument of accession to the Madrid Protocol, becoming the 112th member of the Madrid System, which now covers a total of 128 countries. The Protocol will enter into force for this country on July 6, 2022.

情報源: Cabo Verde Joins the Madrid SystemCabo Verde Joins Madrid System

Instituto de Gestão da Qualidade e da Propriedade Intelectual (inicio)
商標登録insideNews: The Republic of Chile Joins the Madrid System | WIPO
商標登録insideNews: Jamaica Joins the Madrid System | WIPO

Boa Vista Island, Cape Verde
Loading

商標登録insideNews: The Republic of Chile Joins the Madrid System | WIPO

Chile Joins the Madrid System

On April 4, 2022, the Government of the Republic of Chile deposited its instrument of accession to the Madrid Protocol, making it the 111th member of the Madrid System. This country is the last in the Southern Cone to join the Madrid System, which now covers 127 countries. The Protocol will enter into force for Chile on July 4, 2022

情報源: The Republic of Chile Joins the Madrid System

Chile joins WIPO’s International Trademark System, 2:03

Chile joins WIPO's International Trademark System

商標登録insideNews: Jamaica Joins the Madrid System | WIPO

Loading

商標登録insideNews: 国際商標登録出願における個別手数料の二段階納付の廃止及び登録査定の謄本の送達方法の見直し | 特許庁

国際商標登録出願 手続変更

⑴ 個別手数料の納付方法の変更(二段階納付の廃止)
 上記の状況を踏まえ、国際商標登録出願に係る個別手数料の納付について、二段階納付方式から、一括納付方式に変更することとした。
⑵ 登録査定の謄本の送達方法の見直し
 上記の状況を踏まえ、登録査定に記載されている事項を、WIPO国際事務局を経由して「保護を与える旨の声明」とともに、海外の出願人に電子的に通知することをもって、国際商標登録出願に係る「登録査定の謄本」の送達に代えることができるようにすることとした。

情報源: 国際商標登録出願における個別手数料の二段階納付の廃止及び登録査定の謄本の送達方法の見直し

改正法の施行は、他の改正部分と同様に、令和4年4月1日からのように読めますが、WIPOでの公式な個別手数料の二段階納付の廃止については未だ発表がない状態です。マドプロを利用する外国人のための規定であり、WIPOの調整も必要な筈ですから4月からずれる可能性もあります。(2022.2.16)

国際商標登録出願 手続変更 個別手数料 マドプロ
マドプロ 新旧フローの対比 特許庁:国際商標登録出願に係る料金納付及び登録査定の通知手続から抜粋

商標登録insideNews: マドリッド協定議定書個別手数料 変更・新規 お知らせ|特許庁

Regarding the payment of individual fees for international trademark registration applications, JPO decided to change from a two-step payment method to a lump-sum payment method. JPO also decided to be able to replace it with the delivery of a certified copy of the “decision of registration” pertaining to the international application for trademark registration.(2022.2)

Loading

商標登録insideNews: Jamaica Joins the Madrid System | WIPO

Jamaica becomes the 110th member of the Madrid System, which now covers 126 countries. The Protocol will enter into force for Jamaica on March 27, 2022.

情報源: Jamaica Joins the Madrid System

ジャマイカをマドリッド制度で指定することが2021年3月27日からできるようになります。

The Trade Marks (Amendment) Act, which came into force on June 30, 2021, heralds a very new era for all trademark proprietors with interests in the Island of Jamaica.

情報源: Jamaica Arrives At ‘Destination Madrid’: What Next For Trademark Owners? – Intellectual Property – Jamaica

Jamaica Pier
Jamaica Pier
Loading

マドリッド制度の代替(Replacement)手続 議定書4条の2

マドリッド制度の代替(Replacement) マドリッド制度の代替とは、各指定締約国の国内商標を国際登録に一本化する仕組みであって、各指定締約国の国内登録の利益を国際登録が引き継ぎ、国内登録を国際登録が置き換えるように …