画像で分かる商標分類 商品・役務の区分 一覧📑

特許庁での商標登録に必要な指定商品・指定役務の区分(商品・サービス国際分類表〔第11-2019版])を画像で分かる一覧表で示しています。商標登録をする場合には、その商標が使用される区分の商品や役務(サービス)を指定するも …

商標登録insideNews: 採用できない商品・役務名について | 経済産業省 特許庁

採用できない商品・役務名について

情報源: 採用できない商品・役務名について | 経済産業省 特許庁

特許庁は、出願人が間違いやすく、採用ができない商品・役務名からなるリストを作成しました。

(例)発泡酒は表示不明確⇒ビール風味の麦芽発泡酒、インターネットサーバーの保守又は管理は表示不明確⇒”第35類 電子計算機の操作に関する運行管理、第37類 サーバーコンピュータの修理又は保守、第42類 電子計算機のプログラムの設計又は保守”、データベースの提供は表示不明確⇒インターネットにおける検索エンジンの提供など。

採用できない商品・役務名リスト (Excel:48KB)特許庁のサイトより

商品区分・役務区分のデータベース🔍

商品区分・役務区分を検索する方法 A.日本の商品区分・役務区分を検索する。 1.特許庁での商品区分・役務区分の検索(JP) a. J-platpat 【提供】特許庁 (Japan Patent Office) 【DB名】 …

業種別 商標出願の得策 #3 IT系企業 vol.1

ムーアの法則に代表されるように時の流れが激しい業種と言えば、コンピュータ関連企業やIT関連企業と思いますが、企業活動の中心は著作権や特許などの知的財産権であり、長年の企業活動によって消費者や取引者の信頼を獲得し続ければ、 …