商標登録insideNews: 「弘道館」イベントに使わないで 佐賀藩主の子孫が県を提訴 「史実と無関係な催し目立つ」 – 産経ニュース

明治期に日本の近代化をリードした大隈(おおくま)重信や江藤新平らが学んだ佐賀藩(肥前(ひぜん)藩)の藩校「弘道(こうどう)館」の商標を保有する佐賀藩主の子孫の女性が10日、佐賀県に商標を無断で使用されたとして、県に使用差し止めなどを求める訴えを東京地裁に起こした。

情報源: 「弘道館」イベントに使わないで 佐賀藩主の子孫が県を提訴 「史実と無関係な催し目立つ」(1/2ページ) – 産経ニュース

商品や店舗の名称やデザインといった商標権をめぐる訴訟が相次ぐ中、武家の学校である藩校の名称使用が争われることになった。佐賀県がセミナーなどで使用する「弘道館」は…

情報源: セミナーの内容が焦点に 藩校「弘道館」の商標権訴訟(1/2ページ) – 産経ニュース

登録番号 第5621361号
平成25年(2013)10月11日
出願日 平成24年(2012)12月26日
存続期間満了日 平成35年(2023)10月11日
権利者 伊東 祐子
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務
第41類 知識又は技芸の教授,セミナーの企画・運営又は開催,美術品展示,書籍の制作

商標登録第5621361号
商標登録第5621361号

商標登録insideNews: 天童市、「人間将棋」の商標出願 同名イベントに危機感、本家ブランド守る|山形新聞

天童市は春の風物詩「人間将棋」の名称について、本年度内に商標登録しようと出願を済ませた。同名のイベントが全国各地で開催される中、「本家」として長年培ったブランドを守るためだ。イベント名の商標出願は市として初めてという。

情報源: 天童市、「人間将棋」の商標出願 同名イベントに危機感、本家ブランド守る|山形新聞

JG 4K 山形 天童桜まつり人間将棋 Tendo Sakuramatsuri Ningenshogi,Yamagata、33:05