商標登録insideNews: 何があった!?日産アリアの商標登録に特許庁が待った | MAGX NEWS

マガジンX 1月号でアリア市販化を報じた際、同じ名称を過去にホンダが使っていたことを指摘して重複を心配したが、…

情報源: 何があった!? 日産アリアの商標登録に特許庁が待った | MAGX NEWS

記事にも拘わらず既にアリアは日産自動車の商標権として登録済みです。一旦、審査通過時に本田技研工業に譲渡し、登録後に返してもらっています。この手続はアサインバックと言われる拒絶理由の回避方法ですが、引例として挙げられる商標権の権利者の協力が必要です。大きな会社同士であり、拒絶理由が出されてから協力してもらうまでの期間が短いことから、出願の前後で事前の約束があったものと推測されます。知らない相手に協力をたのむ場合は、多分に有料であったりもします。これは引例として挙げられていた商標権の権利者からすればライセンス許諾という意味になります。

登録番号 第6285337
登録日:令和2(2020)年 8月 28日
出願番号:商願2019-45696
出願日:平成31(2019)年 4月 1日
存続期間満了日:令和12(2030)年 8月 28日
商標(検索用):ARIYA
標準文字商標
権利者:日産自動車株式会社

Nissan Ariya: Introducing our all-new electric crossover、4:38

商標登録insideNews:「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー | SankeiBiz

かつて全国一のブドウ産地だった大阪で“復権”を目指す地元ワイナリーと大阪府が、「大阪産ワイン」のブランド化に向けた連携を進めている。看板となるブドウは同府羽曳野…

情報源: 「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

かつて日本一のブドウ栽培を誇った大阪で、西日本初の公設ワイン研究施設が、地元産ワインの復権へ奮闘している。昨年には、温暖化に負けないブドウの新品種登録を農林水産…

情報源: 大阪ワイン復権へ奮闘! 温暖化に負けないブドウの新品種登録も出願 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

このたび、ラボを活用した研究成果として、府内ワイナリーで育成した醸造用ぶどうの新品種「大阪R N-1(おおさか あーる えぬ-わん)」を、農林水産省に品種登録出願しました。「大阪R N-1」は着色良好なぶどうで、ピノ・ノワールやメルローといった一般的な赤ワイン醸造用ぶどうと異なり、果皮の色が濃く果肉まで暗赤色に着色する上、果実のアントシアニン含量が極めて高いことが特徴です。

情報源: [農林][報道]アントシアニンが豊富で、果肉まで着色するワイン用ぶどう「大阪R N-1」の品種登録を出願 | 大阪府立環境農林水産総合研究所

フィリピン知的財産庁(IPOPHL) vol.6 商標_動画(embedded)

1.eTM File – Tutorial, 6:37

シンガポール知的財産庁 国際部 (IPOS International) vol.2 商標_動画(embedded)

1.Building A Strong Brand featuring Benjamin Barker、3:24

2.Building Your Brand With Intangible Assets – The LEGO Group Story、8:14

3.Webinar – How to Protect and Manage Your Brand in COVID 19 Times: A LEGO® Story, 1:05:44

4.Webinar – Thriving in COVID with Your Data, Trade Secrets and Other Intangible Assets, 1:07:44

オーストラリア知的財産庁(IP Australia) vol.24 商標_動画(embedded)

Advanced Trade Marks Oppositions and Hearings, 34:16