商標登録insideNews: イチゴ品種開発競争激化、神奈川県も参入「かなこまち」| 日本経済新聞

かなこまち 神奈川苺新品種

イチゴの産地間競争が激化している。各県が独自品種のブランド化を目指す「イチゴ群雄割拠の時代」。イチゴは消費者からの人気が高く、価格も安定している。神奈川県も約30年ぶりに独自品種「かなこまち」を開発した。栽培面積や生産量のトップは「とちおとめ」などのブランドイチゴを持つ栃木県だが、販売単価のトップは福岡県の高級ブランド「あまおう」。福岡県農業総合試験場が開発して2001年に品種登録申請した。名

情報源: イチゴ品種開発競争激化、神奈川県も参入「かなこまち」: 日本経済新聞かなこまち 神奈川苺新品種

神奈川県育成品種:イチゴ「かなこまち」の紹介

colorful Vol.9 かなこまち, 9:45 youtube icon

colorful Vol.9 かなこまち【神奈川県小田原市】

【品種登録】
作物区分 野菜
農林水産植物の種類 Fragaria L.
(和名:イチゴ属)
出願品種の名称及びその読み かなこまち(よみ:カナコマチ)
出願者の氏名及び住所
神奈川県 (231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1番地)
出願番号 34922
出願年月日 2020/09/02

神奈川 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.14
Kanagawa Prefecture has also developed its own variety “Kanakomachi” for the first time in about 30 years.

81 / 100