ジェトロ(jetrochannel) 商標_動画 (embedded) vol.2

JETRO解説動画「UKCAマーク」, 5:47

JETRO解説動画「UKCAマーク」

英国のEU離脱の影響で、欧州市場向けのCEマーク(EU適合宣言/基準適合マーク)は、英国市場向け(北アイルランドは含まず。)の分はUKCAマーク(UKCA適合宣言/基準適合マーク)を用いることになります。

UKCA mark

Using the UKCA marking

CE marking

英国のEU離脱と離脱後の欧州ビジネス環境の変化(JETRO) UKCA Mark (pdf)

商標登録insideNews: Brexit: 8 Frequently asked questions about trademark registration in the UK | Business Matters

Trademarks are a headache. Trademarks for foreign countries are even worse. You just found out that a US trademark won’t apply in the UK, and who even knows if they work in the EU (they don’t, by the way).

情報源: Brexit: 8 Frequently asked questions about trademark registration in the UK

商標登録insideNews: Intellectual property after 1 January 2021 | GOV.UK

Key information for customers and users of IP about how the IP system and the Intellectual Property Office will operate after the end of the transition period.

情報源: Intellectual property after 1 January 2021 – GOV.UK

商標登録insideNews: 英国のEU離脱(ブレグジット)による特許・商標・意匠への影響 | 経済産業省 特許庁

商標 移行期間中引き続き、英国はEU商標制度の構成国の一部のままとなり、EU商標による保護は英国に及ぶ。マドリッド制度を通じて保護されるEUを指定する商標の国際登録の効果は、引き続き英国に及ぶ。移行期間の終了後EU商標制度によって保護される商標は英国においては保護の対象とされなくなるが、移行期間の終了時(2021年1月1日)に、UKIPOは、既存のEU商標を有する全ての権利者に同等の英国商標を付与する。

情報源: 英国のEU離脱(ブレグジット)による特許・商標・意匠への影響 | 経済産業省 特許庁

<移行期間中>
引き続き、英国は EU 商標制度の一部のままとなり、EU 商標は英国に及ぶ。マドリッド制度を通じて保護される EU を指定する商標の国際登録は、引き続き英国に及ぶ。
<移行期間の終了後>
EU 商標は英国においては商標を保護しなくなる。移行期間の終了時(2021 年 1 月 1 日)に、UKIPO は、既存の EU 商標を有する全ての権利者に同等の英国商標を付与する(離脱協定第 54 条)。出願人は、係属中の EU 商標出願を有する場合、2021 年 1 月 1 日の後 9 月以内に同等の英国商標を登録するために出願を行うことができる。出願人は、係属中の EU 商標の先の出願日を維持する(離脱協定第 59 条)。この場合、通常の英国の料金が適用される。移行期間の終了前に保護されている商標の国際登録は、2020 年 12 月 31 日の後も引き続き英国において保護される(離脱協定第 56 条)。

欧州の関係当局、英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)の知的財産への影響に関する情報を公表 2 0 2 0 年 2 月 3 日 JETRO デュッセルドルフ事務所

商標登録insideNews: Brexit to Begin Transition Period for Brand Owners Seeking UK Trademark Protection | JDSupra

Brand owners seeking to do business in Europe are well-advised to apply to register their key brands as trademarks. With the United Kingdom formally leaving the European Union as of January 31, brand owners seeking protection in the UK will have two choices: i) they can wait to extend their trademark registrations from the European Union pursuant to a transition process expected to be finalized in the year ahead; or ii) they can plan pro-actively to file UK trademark applications in the months ahead, before the “Brexit” transition is complete.

情報源: Brexit to Begin Transition Period for Brand Owners Seeking UK Trademark Protection | Wilson Sonsini Goodrich & Rosati – JDSupra

記事によれば、英国での商標登録の保護を求める場合、1)移行期間の終了時に期待される移行処理による保護の英国への拡張を待つ、或いは2)移行期間の終了までに積極的に英国の商標出願を行う、を選ぶことになりそうです。移行期間の終了と共にどうなるかの動向を注視する必要があります。

Information on trade marks, designs, patents, copyright, and exhaustion of IP rights during the transition period.

情報源: Intellectual property and the transition period – GOV.UK

商標登録insideNews: Impact of the UK’s withdrawal from the EU – EUTMs and RCDs | EUIPO

The Withdrawal Agreement stipulates that during a transition period that will last until 31 December 2020, EU law remains applicable to and in the UK. This extends to the EUTM and RCD Regulations and their implementing instruments.

情報源: Impact of the UK’s withdrawal from the EU – EUTMs and RCDs: updated information

No Deal Brexit: Advice for IP Practitioners, 1:57

Parallel trade and IP – what will happen when we leave the EU?, 2:48

商標登録insideNews: (真相深層)欧州、知財統一もご破算? 英離脱後、商標・意匠出願に分断の恐れ | 日本経済新聞

欧州で特許など知的財産権の分断への懸念が強まってきた。商標と意匠は現在、欧州内で制度が統一されているが、英国の欧州連合(EU)離脱でふたつの制度に割れる恐れが出てきた。一方、制度統一に向けて作業中の

情報源: (真相深層)欧州、知財統一もご破算? 英離脱後、商標・意匠出願に分断の恐れ(写真=AP) :日本経済新聞