商標登録insideNews: ラグビーW杯の偽ユニホーム販売容疑で男を逮捕 神奈川県警 – 産経ニュース

商標権を侵害したとして、神奈川県警秦野署は17日、商標法違反の疑いで、東京都国分寺市の予備校生を逮捕した。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の代表のユニホームを製造・販売している「ラグビーワールドカップリミテッド」社など6社のものと類似した商標をつけたユニホームなどの衣料品6点を計4万5千円で販売し、商標権を侵害したとしている。

情報源: ラグビーW杯の偽ユニホーム販売容疑で男を逮捕 神奈川県警 – 産経ニュース

【ラグビーワールドカップ】この感動は一生に一度だ / オフィシャルソング 『World In Union』 / 吉岡聖恵, 2:24

商標登録insideNews: デジタル化で加速する「偽ブランド」の脅威、損失は130兆円超に |ビジネス+IT

デジタル時代は巧妙な偽物作りにも大きく貢献している。3Dモデルにより細部まで注意しないと見分けのつかない製品がネット上には溢れ、それによる経済的損失は全世界で1兆2000億ドル(約133兆円)とも言われる。グッズだけではなく、薬の偽物も横行し、健康被害につながる可能性も指摘されている。

情報源: デジタル化で加速する「偽ブランド」の脅威、損失は130兆円超に |ビジネス+IT

経済協力開発機構(OECD) vol.2 商標_動画

1.Counterfeiters targeting smartphones, IT goods、0:42

海外で出荷される携帯電話の5個のうちの1つ、ゲーム機の4個のうちの1つは偽物とのことです。

OECDの新報告書、「偽造品取引(Trade in Counterfeit Goods)」によると、海外に送られる携帯電話の5台に1台、またビデオゲーム機の4台に1台は偽物で、ITや通信用ハードウェアの偽造品取引の増加で消費者、製造業者の負担が重くなり、公的資金が圧迫されています。

情報源: 海外に輸出される携帯電話の5台に1台は偽物 – OECD

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン2016 商標_動画(embedded)

特許庁の模倣品・海賊版撲滅キャンペーンの動画になります。

偽物たちの笑い声がやや耳障りな感じですが、短いCMが3篇です。

知的財産権の侵害 0:30

犯罪への加担 0:30

健康被害 0:30