商標登録insideNews: 兵庫「はりま」ブランド日本酒の地理的表示に | 日本経済新聞

姫路市や明石市など兵庫県中西部の播磨地区にまたがる酒どころ「はりま」が16日、地域ブランドとして国から保護される地理的表示(GI)の指定を受けた。播磨地区の22市町の産地で、兵庫県産山田錦を原料に使

情報源: 兵庫「はりま」ブランド 日本酒の地理的表示に  :日本経済新聞

はりま酒文化伝道師養成講座、1:14

商標登録insideNews: 国税庁が「日本産酒類のブランド化推進事業」公募開始、4月3日まで|食品産業新聞社ニュースWEB

国税庁は3月13日、令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」の公募を開始した。日本産酒類の輸出拡大のため、ブランド化のモデル事例構築と調査・実証分析などを実施する。このため、調査・実証分析の対象とするテーマを国内の酒類事業者から募集する。

情報源: 国税庁が「日本産酒類のブランド化推進事業」公募開始、4月3日まで|食品産業新聞社ニュースWEB

商標登録insideNews: USPTO notices regarding COVID-19 | USPTO

The content below represents all the public messaging the USPTO has released related to coronavirus (COVID-19).Relief for USPTO customers affected by COVID-19The United States Patent and Trademark Office (USPTO) considers the effects of coronavirus to be an “extraordinary situation” within the meaning of 37 CFR 1.183 and 37 CFR 2.146 for affected patent and trademark applicants, patentees, reexamination parties, and trademark owners. Therefore, the USPTO is waiving petition fees in certain situations for customers impacted by the coronavirus.

情報源: USPTO notices regarding COVID-19 | USPTO

米国特許商標庁は、コロナウイルスの影響で遅延することとなった手続の延長を認めるものではないが、そのための回復請求(petition)については無料とする決定をしています。また、来週26日からは庁内で一般公衆に公開しているエリアを期限的に閉鎖するものとしています。㋂13日以降の審査官、審判官との面談等はビデオ又は電話会議になるとのことです。