商標登録insideNews: 日本農業新聞 – イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。品種流出の影響が少なくないことが改めて浮き彫りになった格好で、同省は、海外での品種登録の必要性を訴えている。

情報源: 日本農業新聞 – イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

山本有二農相は20日の閣議後会見で、イチゴをはじめ日本の農産物の品種が海外に流出し、経済的な損失を招いていることについて「極めて遺憾だ」と述べ、優良品種の海外流出の防止に力を注ぐ考えを示した。

情報源: 日本農業新聞 – 海外の品種登録推進 支援継続に意欲 イチゴ流出問題で農相

山本有二農相の会見
山本農林水産大臣会見(平成29年6月20日)、10:08

海外での育成者権の取得を支援すると発言しています。

関連する投稿

Favorite LoadingAdd to favorites
Skip to content