種苗法 (平成十年法律第八十三号)

種苗法(昭和二十二年法律第百十五号)の全部を改正する。 目次 第一章 総則(第一条・第二条) 第二章 品種登録制度 第一節 品種登録及び品種登録出願(第三条―第十二条) 第二節 出願公表(第十三条・第十四条) 第三節 審 …

欧州植物品種庁(CPVO: Community Plant Variety Office) 商標_動画(embedded)

欧州植物品種庁(CPVO: Community Plant Variety Office)は、欧州連合の育成者権などの植物に関する知的財産権制度を管理する専門官庁です。フランス共和国アンジェにあります。

商標登録insideNews: 日本農業新聞 – イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。品種流出の影響が少なくないことが改めて浮き彫りになった格好で、同省は、海外での品種登録の必要性を訴えている。

情報源: 日本農業新聞 – イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

山本有二農相は20日の閣議後会見で、イチゴをはじめ日本の農産物の品種が海外に流出し、経済的な損失を招いていることについて「極めて遺憾だ」と述べ、優良品種の海外流出の防止に力を注ぐ考えを示した。

情報源: 日本農業新聞 – 海外の品種登録推進 支援継続に意欲 イチゴ流出問題で農相

山本有二農相の会見
山本農林水産大臣会見(平成29年6月20日)、10:08

海外での育成者権の取得を支援すると発言しています。

植物新品種保護国際同盟(UPOV) 商標_動画(リンク)

植物新品種保護国際同盟:UPOV(Union internationale pour la protection des obtentions végétales)は、植物の新品種を育成者権という知的財産権として保護するための国際機関です。

1.PVP in Japan (Ashiro Rindo Story)、9:04

東北農政局/安代りんどうの輸出における課題克服の取組

情報源: 東北農政局/安代りんどうの輸出における課題克服の取組

2. Marcel Bruins – International Seed Federation (ISF) – 2011、1:30

3.Jenn James – Grasslanz Technology Ltd, New Zealand、1:16

種苗法と商標法の関係🌱

種苗法と商標法はそれぞれ登録制度を有しており、種苗法では人為的変異又は自然的変異に係る特性を固定し又は検定した品種について品種登録が可能とされ、これに対して商標法では、種子類、苗、野菜、果物、農産物の輸送 苗の仕立てなど …