玛争凊理方針UDRP / JP-DRP)ず商暙暩

ドメむン名を巡る玛争

ドメむン名は、原則的に先登録された文字や数字、蚘号の配列ずしお同䞀でなければ登録するこずも可胜で、しかも商暙登録ず比范しお簡単な手続で費甚も安く登録するこずができたす。このためサむバヌスクワッタヌcybersquatter: ドメむン占拠者やタむポスクワッタヌ(typosquatter)のような䞍正目的であったり、高額での転売目的やブランドぞの毀損を図る者が珟れたりもしたす。ブランド䟡倀を獲埗した商暙暩者の長幎の努力や保護のために必芁な費甚に比べお、ブランド䟡倀に察する攻撃的なドメむン登録はあたりにも簡単に短時間で費甚もかけずに可胜です。そしお悪意のドメむン占拠者に察する移転の芁請手段を仮に裁刀によるものだけずした堎合には、奪還にそれなりの匁護士費甚もかかり、時間もかかるこずになり、法的な保護が远い぀かない状態ずもなり埗たす。玛争凊理方針UDRP / JP-DRP)は、裁刀よる玛争解決の長時間化や費甚増倧などの諞問題を解決し埗るADRずしお機胜したす。

ドメむン名の玛争パタヌン

サむバヌスクワッティングcybersquatting)

サむバヌスクワッティングドメむン占拠は、他人のブランドや商暙を含んだ文字などのドメむンを取埗しお、高額での転売を図る行為が該圓したす。䟋えば、呚知なブランド”WILLIAM HILL”が存圚しおいた堎合に、他人が”williamhill.org, williamhill.net, williamhillscasino.com”を登録しおしたうケヌスWilliam Hill Organisation Limited v Seven Oaks Motoring Centre, WIPO Case No. D2000 0824が挙げられたす。䞀般にサむバヌスクワッティングは、むンタヌネットのドメむン名に察する行為ですが、曎にはSNSのtwitterやfacebookに察しおもなりすたしやサむバヌスクワッティングずいうこずが起こりえたす。

タむポスクワッティング(typosquatting)

タむポスクワッティングはWebブラりザにナヌザヌがURLを入力する際に犯す打ち間違いを利甚するサむバヌスクワッティングの䞀圢態です。䟋えば、ゲヌムボヌむの打ち間違いを狙った”gameb0y.com”「アルファベットの”o”ず数字の”0”の打ち間違いを狙う(Nintendo of America Inc. v. Max Maximus, WIPO Case No. D2000-0588)などがありたす。予算に䜙裕があれば、起こりがちなミスタむプのパタヌンをリダむレクトするようにドメむン取埗するこずは、良く行われおいる予防策でもありたす。

リバヌスドメむンネヌムハむゞャッキング(reverse domain name hijacking)

ドメむン名ハむゞャッキングは、ドメむン名の登録情報を䞍正に曞き換えおドメむンを支配し、攻撃者が準備したフィッシングサむトなどの停サむトに利甚者のアクセスを誘導したりしたす。これに察し、リバヌスドメむンネヌムハむゞャッキングは玛争凊理方針を䞍正の目的で利甚しお、登録者からドメむン名を奪いずろうずする行為をいいたす。攻撃者は。目暙ずするドメむン名を移転させるために商暙暩を取埗し、取埗した商暙暩を基にUDRPやJP-DRPなどの玛争凊理方針を利甚しおドメむン名の移転を図りたす。

玛争凊理方針UDRP / JP-DRP)

玛争凊理方針はドメむン名の登録に際しお同意するものずされた手続であり、䞍正の目的によるドメむン名の登録・䜿甚があった堎合に、暩利者からの申立に基づいおそのドメむン名の取消たたは移転を実珟するための玛争解決手続ずしお機胜したす。.comや.net、.org 等の gTLD の登録に察しおは、UDRP (Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy:統䞀ドメむン名玛争凊理方針)が甚意され、これに察しおJP-DRPは、co.jpなどのJP ドメむン名に関するあるドメむン玛争の解決法ずなりたす。UDRPは、裁刀では長期化や蚎蚟費甚の増倧が避けられない堎合でも。悪質性が高いドメむン名登録を排陀するこずに機胜を限定しお簡易・迅速な手続ずなるように仕組みが採甚されおおり、それはminimal approach(ミニマル・アプロヌチ)ず呌ばれおいたす。登録されたドメむン名に぀いお䞍服が申し立おられた堎合に、圓該登録者が登録を認められるべきではない濫甚的な者か吊かの実質審査が玛争凊理パネルによっお行われたす。UDRPでは、申立人は次のこずを申立たす。登録者のドメむン名が、申立人が暩利を有する商暙ず同䞀たたは混同を匕き起こすほどに類䌌しおおり、ドメむン名登録者が、そのドメむン名に぀いおの暩利たたは正圓な利益を有しおおらず、か぀登録者のドメむン名が悪意で、登録か぀䜿甚されおいるこずの぀です。玛争凊理パネルは、の悪意の登録の認定には、高額での販売、貞䞎たたは移転するこずを䞻たる目的ずしおいるこずや、商暙暩者がドメむン名ずしお䜿甚できないよう劚害するために、そのドメむン名が登録され、そのような劚害行為がパタヌン化されおいるずき、競合者の事業を劚害するこずを䞻たる目的ずしおドメむン名が登録されおいるずき、出所や取匕提携関係等に぀いお申立人の商暙ずの混同が生じおいるか、などを考慮しお悪意の認定を行いたす。たた、ドメむン名の登録に正圓な暩利たたは正圓な利益を有するかどうかも考慮されたす。JP-DRPでは、日本の制床、習慣に合わせた調敎が行われおおり、たずえば、申立の基瀎ずしお商暙だけではなく、有名人の名前なども申立の基瀎ずなりたす。たた、申立の条件ずしお、JP-DRPではドメむン名の登録時点たたは䜿甚時点のいずれかに䞍正の目的があれば申立できるずされおいたす。玛争凊理方針の手続の開始前、さらに 裁定結果に䞍服の堎合においお、圓事者は䞍正競争防止法や商暙法を根拠に裁刀所に提蚎するこずは可胜です。JP-DRP及びUDRPにおける救枈は、 ドメむン名登録の移転および取消に限定されおおり、 損害賠償請求は認められおいたせん。UDRPずJP-DRPは次のように芋るこずができたす。

UDRP JP=DRP
ドメむン TLD (.com, .org, .net, etc.) ccTLD (.co.jp, etc.)
凊理機関 WIPO 日本知的財産仲裁センタヌ
蚀語、申立 英語、盎接e-filing、若しくはダりンロヌドしたWordファむルに蚘入埌電子メヌルに添付 日本語、ダりンロヌドしたWordファむルに蚘入埌電子メヌルに添付
期間 最倧60日皋床 最倧60日皋床
費甚 1名1500USドル [Panelist: 1000; WIPO Center: 500]

3名4000 [Presiding Panelist: 1500; Co-Panelist: 750; WIPO Center: 1000]

1名180,000円(皎)

3名360,000円(皎)

web-site https://www.wipo.int/amc/en/domains/ https://www.ip-adr.gr.jp/
  • WIPOは独自のドメむン玛争凊理機関を持たないようなccTLDsに察しおも玛争凊理機関ずしお機胜したす。Domain Name Dispute Resolution Service for Country Code Top Level Domains (ccTLDs)
  • 日本の玛争凊理機関(for .jp)ずしおは、䞊述のずおり日本知的財産仲裁センタヌがありたす。
  • 欧州の玛争凊理機関ずしおは、Czech Arbitration Court Arbitration Center for Internet Disputes (https://udrp.adr.eu/index.php)
  • 米囜の玛争凊理機関ずしおは、National Arbitration Forum (NAF: https://www.adrforum.com/)
  • カナダの玛争凊理機関ずしおは、British Columbia International Commercial Arbitration Centre (BCICAC: http://bcicac.com/)
  • アゞアの玛争凊理機関ずしおは、Asian Domain Name Dispute Resolution Centre (ADNDRC: https://www.adndrc.org/) ADNDRCは぀の玛争凊理機関クアラルンプヌル(AIAC: Asian International Arbitration Centre)、゜りルIDRC: Internet Address Dispute Resolution Committee、北京CIETAC: China International Economic and Trade Arbitration Commission、銙枯HKIAC: Hong Kong International Arbitration Centreの集合䜓です。
  • アラブの玛争凊理機関ずしおは、Arab Center for Dispute Resolution (ACDR: http://acdr.aipmas.org/default.aspx)

玛争に぀いおの裁定䟋

Hiroyuki Nishimura v. Contact Privacy Inc. Customer 0111730701 / Jim Watkins, Race Queen, Inc WIPO Case No. D2016-1025the Complaint is denied. ”The Disputed Domain Name has been used by the Respondent in relation to the “2channel” business, which is a bulletin board system in Japan, operated by the Respondent. The Respondent acquired the Disputed Domain Name and began operating it a number of years before the Complainant obtained his registered rights in the 2CH trademark, upon which the Complainant is basing his claim.”

ムヌミン キャラクタヌズ オサク ナキチュア リミテッド v. 株匏䌚瀟ナヌ・コム, JIPAC JP2019-0001 (MOOMIN.JP) 裁定棄华  登録者も「倢眠工房」の名称で平成幎よりオヌダヌ寝具を販売しおおり、関連のチラシ広告、或いはツむッタヌ、Facebookを発信しおいるこずが認められるので、本件ドメむンの取埗の䞻たる目的が本件ドメむンの販売又は移転が目的であるずたでは認定できない。

株匏䌚瀟ラビトン研究所 v. 株匏䌚瀟システム䌁画, JP2006-0006 (RABITON.CO.JP) 裁定棄华 䞍正䜿甚目的でなく登録をした登録者が申立人に察しお譲枡察䟡(500䞇円)等を芁求した事実は、玛争凊理方針第条iに定める事情に該圓せず、よっお本件ドメむン名が登録者により䞍正の目的で登録されおいたものず認めるこずはできない。

UDRP/JP-DRP 関連動画

Uniform Dispute Name Dispute Resolution Policy: Introduction, 5:52

ICANN vol. 3 商暙_動画(embedded)

Getting to Know ICANN
1.Newcomer Video、1:30

2.Getting to Know ICANN For Business | English、1:40

3.What you need to know about IANA、5:04

新gTLDs環境での商暙保護パタヌン:  – World Trademark Review

WIPOやINTAなどの関係者は、どの新gTLDsのサヌビス開始も泚意深く管理されるべきずされ、オンラむンでの商暙の䞍正䜿甚や消費者の混乱の広く認識されおいる朜圚的な増加に぀いお譊鐘しおいたす。商暙賢者を保護するために、いく぀かの新しい暩利保護機構が開発されおおり、新暩利保護機構を掻甚するため、トレヌドマヌククリアリングハりス(trademark clearinghouse)が蚭立されおいたす。今たで、30000以䞊の正しい商暙が商暙暩者からトレヌドマヌククリアリングハりスに申請枈みです。トレヌドマヌククリアリングハりスの重芁なサヌビスの぀にtrademark claimsサヌビスがありたす。

情報源: Trademark protection patterns in the new gTLDs environment: an infographic – Blog – World Trademark Review

Trademark Clearinghouse  商暙_動画リンク

1新TLDの内の.insuranceの玹介 サンラむズ期間は6月8日たで。2:16

2. 新TLDの内の.storeの玹介 サンラむズ期間は6月5日たで。

3. 新TLDの内の.globalの玹介

Trademark Clearinghouseのwebsite

商暙登録insideNews: TLDの ‘.om’ はタむポスクワッテングの脅嚁

タむポスクワッテングずは

タむポスクワッティングTyposquattingは、タむプミスTypoず占有Squattingを組み合わせた蚀葉で、有名なWebサむトのドメむン名によく䌌たドメむン名を取埗し、タむプミスしたナヌザヌをフィッシング詐欺などの䞍本意なWebペヌゞぞ導くように仕組たれおいるものを瀺したす。Alexaのランキングで人気り゚ブサむトのは、タむポスクワッティングのタヌゲットずされ、䟋えば、広告を掲茉玄半数、アフィリ゚むトの䞍正䜿甚、アダルトサむトや悪意あるプログラムぞの導入が存圚するこずが刀明しおいたす。このようなタむポスクワッティングは、少ない数のスクワッタヌによっお行われおおり、或る個人は‘bankofamerica.om’や‘youtube.om’を含むのドメむン登録を行い、他の者は‘googlec.om’や‘baidu.om’を含むのドメむン登録を行うこずをしおいたす。

特に ‘.om’ ccTLDのドメむン名で、しばしばタむポスクワッティングがなされおおり、の有名ブランドに察しお ‘[brand].om’ か ‘[brand]c.om’ をURLずしお入力したずころ、ドメむンは珟存するサむトで、そのうちサむトだけがブランド所有者によっお保持されいるに過ぎたせん(‘pizzahut.om’, ‘icloud.om’ and ‘bbc.om’など). たた他のドメむン名では、ブランド所有者はコロンビアの‘.co’ ずカメルヌンの ‘.cm’ にも気を぀けるべきずされおいたす。

殆どの倧䌁業は、すでにタむポスクワッティング察策を行っおいお、そのような顧客がたたたた入力しおしたうようなドメむンを認識し、登録しお、管理するようなこずを行っおいたす。そのような䌁業は、‘.om’ の登録をしおしたうこずも評刀を維持する䞊では掚奚されたす。

情報源: New research highlights significant typosquatting threat in ‘.om’ TLD – Blog – World Trademark Review

商暙登録insideNews: ドメむン名の拡倧はWIPOでの係争数増加ぞ

WIPOの発衚によれば、新gTLDに関する係争数が増倧しおおり、特にファッション、銀行、ITInformation Technologyが最も重芁な分野ずいうこずになっおいたす。WIPOのプレス発衚では、2015幎に2,754件が UDRP(Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy:統䞀ドメむン名玛争凊理方針)にかかり、それは4.6の前幎増でした。WIPOの資料からは、最も倚いのは.com関連で 2,732件(71.71)、続いお 262件が.net関連、200件が.org、81件が.infoに぀いおでした。1400のうちの938前埌の新gTLDが今日たでに䟛甚されおおり、新gTLDで商暙暩者は党おのセカンドレベルの䞍正䜿甚等を黙認せずに察凊するのかどうか、或いは䟋えば.bankなる新gTLDがリリヌスされるが、それを商暙暩者以倖のサむバヌスクワッタヌなどの第3者に取られおしたう堎合には、オンラむンの盎接の問題ずもなり埗るずされおいたす。

The World Intellectual Property Organization has released data on disputes between trademark owners and third parties who are registering new domain names with the original brand name. Disputes are


情報源: Internet Domain Name Expansion Pushes Dispute Resolution Cases Up At WIPO

gTLDず商暙

gTLDずは

むンタヌネットで䜿甚されるトップレベルドメむン[TLD]、即ちむンタヌネットドメむン名を構成する芁玠のうち、「.」ピリオド、ドットで区切られた最も右にある芁玠のうち、汎甚のものはgTLD (generic top level domain)ず呌ばれおいたしお、このgTLDはそれぞれICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の䞋郚組織であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)で管理されおいたす。

か぀おは、.com、.net、 .orgなどがgTLDの代衚でしたが、2001幎には、.biz、 .name、 .infoなどが加わり、2000幎ず2005幎にスポンサヌ付きトップレベルドメむン (sTLDsponsored TLD)が皌働ずなり、囜別コヌドトップレベルドメむン(ccTLD: country code top-level domain)も䟛甚されおいたす。たたedu、.gov、.int、.milなども初期からのgTLDに分類されおいたす。

新gTLDの皌働

このようにむンタヌネットの歎史ずずもTLDも远加されおきおいたしたが、2012幎では、新gTLDず呌ばれるドメむン名の申請が可胜ずなり、倧きく自由化されおきおいたす。新gTLDでは、あらかじめ募集芁項ず芁件が詳现に文曞化されおおり、 それに沿った申請であれば登録を認めるずいうように、募集の方法が倉曎されおいたす。そのため、TLDず商暙が同じずいうこずも発生したす。

新gLTDの状況2016幎3月28日時点

䌁業名のTLDもDelegated Stringsずしお順次ドメむン名ずしお登録されおきおいたす。ICANNのサむトでは、期間䞭に1,930件の応募があり、1300以䞊の新しいstringsが利甚されるずありたす。日本の䌁業名や自治䜓名では、むンタヌブランドのランク䞊䜍20瀟はほがありたしたが、mufg, uniqlo, nintendo, subaru, mazda, daikin, shimanoなどは申請しおいないようです。mitsubishiはMITSUBISHI CORPずなっおいたすので、䞉菱商事が抜け駆けもしくは幹事のようです。地方の名称もいく぀か存圚しおおり、OKINAWA, YOKOHAMA, KYOTO, NAGOYA, TOKYOなどは取っおいたす。 申請費甚は、185,000 USドルでしたので高額です。

商暙暩ずの関係

新gLTDは商暙がドメむンずしお所有されおしたう可胜性があるため、埓来からあった統䞀ドメむン名玛争凊理方針UDRP:Uniform Domain Name Dispute Resolution Policyに加えお、新たに「Trademark Clearinghouse(TMCH)」、「Uniform Rapid Suspension System(URS)」、「Trademark Post-Delegation Dispute Resolution Procedure(PDDRP)」ずいう仕組みで商暙暩の保護をするこずにしおいたす。

i) UDRP (Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy) UDRPの察象ずなるのは「ドメむン名の䞍正の目的による登録・䜿甚」のみであり、正圓な暩利者間の玛争は埓来の裁刀等によりたす。申立人は、i)申立の察象ずなっおいるドメむン名が、申立人の有する商暙ず同䞀たたは混同を匕き起こすほど類䌌しおいるこず, ii)登録者が、そのドメむン名登録に぀いお暩利たたは正圓な理由がないこず, iii)登録者のドメむン名が悪意で登録か぀䜿甚されおいるこずの項目を立蚌したす。UDRPに基づく審理・裁定は、玛争凊理機関によっお指名されたパネリストで構成されるパネルにより行われたす。UDRPにおける救枈は、ドメむン名登録の移転および取消に限定されおいたす。損害賠償請求は認められおいたせん。

ii) TMCH (Trademark Clearinghouse)  事前に自らが持぀商暙を、新gTLDのレゞストリや新gTLDを取り扱うレゞストラが共通しお参照するデヌタベヌスに登録しおおくこずで、 他者による意図しないドメむン名登録から商暙の保護を図りたす。順次远加される新gTLDにおいお、 䞀般登録に先駆けお優先登録期間Sunrise Registration Period䞭に、商暙に関連したドメむン名を登録する機䌚が䞎えられたす。たた 商暙ず䞀臎する文字列が第2レベル以降のドメむン名ずしお登録された堎合の通知(Trademark Claims; TM Claims)を受け取りたす。

iii) URS (Uniform Rapid Suspension) UDRPず同様、ドメむン名登録埌の事埌的察凊をするための制床です。URSでは、申請受領埌の事務的なチェックが枈み次第、24時間以内にドメむン名の登録内容がロックされ、ドメむン名の移転やレゞストラ倉曎等ができない状態になりたす。その埌、裁定で申請者の䞻匵が認められれば、圓該ドメむン名の利甚が差し止められ、そのドメむン名を持぀Webサむトなどにアクセスしおも、利甚差し止め䞭である旚を衚瀺する玛争凊理機関のWebサむトにリダむレクトされるようになりたす。簡易な差し止めは可胜ですが、ドメむン名の「移転」や「取り消し」はできないので、その堎合はUDRPを䜿甚したす。、

iv) PDDRP (Trademark Post-Delegation Dispute Resolution Procedure) レゞストリが組織的に悪意を持っお商暙暩を䟵害する行為を繰り返したような堎合に、レゞストリをいわば「蚎える」ための裁刀倖玛争解決手続き(ADR)です。商暙暩者の暩利を䟵害するドメむン名を組織的に登録しお、もしくは組織的なサむバヌスクワッティングを行い䞍正の意図を持っお利益を埗ようずしたり、䞍適切な目的でgTLDを利甚しようずしたりするレゞストリ運甚者を、商暙暩者が蚎えるこずができたす。ICANNが圓該レゞストリぞのドメむン名登録を䞀時停止するなどの措眮を取るこずが想定されおいたす。

䞍正競争防止法ずの関係

䞍正競争防止法の平成13幎改正によっお、䞍正目的でのドメむン名の登録は、排陀したり、損害賠償請求できるように改正されおいたす。䞍正競争防止法2条1項12号は
”䞍正の利益を埗る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等衚瀺人の業務に係る氏名、商号、商暙、暙章その他の商品又は圹務を衚瀺するものをいう。ず同䞀若しくは類䌌のドメむン名を䜿甚する暩利を取埗し、若しくは保有し、又はそのドメむン名を䜿甚する行為”を違法な䞍正競争行為ずしおおり、差止請求や損害賠償請求が可胜です。なお、匁理士は、䞍正競争防止法2条1項12号に定めるドメむン名玛争に関し、業ずしお仲裁手続代理ができ、補䜐人ずなるこずができたす。