国際商標協会(INTA) vol.5 商標_動画(リンク)

1.To Rebrand or Not to Rebrand: Handling a Reputational Crisis、13:49
ブランド立て直しについて

2.Plain Packaging in a Global Context、18:37
packaging with standard label or sign, standardized packaging, etc.

3.The Trademark Clearinghouse: Four months into the new gTLDs、18:01
The Trademark Clearinghouse (TMCH)の役割を説明しています。

商標登録insideNews: 6,000 .law domains registered since 2015

新gTLDの.lawドメインが6000件も申請があったという情報です。法律事務所は地球上でも数が多いという証拠と思います。海外の多くの国では、商標分野はビジネス法務の一つであり、渉外系の法律事務所が幅を利かせています。

New generic top-level domain registry Minds + Machines has revealed that it has sold 6,000 .law domains since its launch in 2015.

情報源: 6,000 .law domains registered since 2015

新gTLDs環境での商標保護パターン:  – World Trademark Review

WIPOやINTAなどの関係者は、どの新gTLDsのサービス開始も注意深く管理されるべきとされ、オンラインでの商標の不正使用や消費者の混乱の広く認識されている潜在的な増加について警鐘しています。商標賢者を保護するために、 …

業種別 商標出願の得策 #3 IT系企業 vol.2

2.新しいタイプの商標の活用 平成26年からは新しいタイプの商標が登録可能となっており、それは音商標、位置商標、色彩のみの商標、ホログラム商標、動き商標というカテゴリーに分かれています。このうち音商標は、主にテレビコマー …

商標登録insideNews: ドメイン名の拡大はWIPOでの係争数増加へ

WIPOの発表によれば、新gTLDに関する係争数が増大しており、特にファッション、銀行、IT(Information Technology)が最も重要な分野ということになっています。WIPOのプレス発表では、2015年に2,754件が UDRP(Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy:統一ドメイン名紛争処理方針)にかかり、それは4.6%の前年増でした。WIPOの資料からは、最も多いのは.com関連で 2,732件(71.71%)、続いて 262件が.net関連、200件が.org、81件が.infoについてでした。1400のうちの938前後の新gTLDが今日までに供用されており、新gTLDで商標権者は全てのセカンドレベルの不正使用等を黙認せずに対処するのかどうか、或いは例えば.bankなる新gTLDがリリースされるが、それを商標権者以外のサイバースクワッターなどの第3者に取られてしまう場合には、オンラインの直接の問題ともなり得るとされています。

The World Intellectual Property Organization has released data on disputes between trademark owners and third parties who are registering new domain names with the original brand name. Disputes are…

情報源: Internet Domain Name Expansion Pushes Dispute Resolution Cases Up At WIPO