紛争処理方針(UDRP / JP-DRP)と商標権

ドメイン名を巡る紛争 ドメイン名は、原則的に先登録された文字や数字、記号の配列として同一でなければ登録することも可能で、しかも商標登録と比較して簡単な手続で費用も安く登録することができます。このためサイバースクワッター( …

商標登録insideNews: 「巨峰」は正式名称ではなかった!?意外な名前トリビアいろいろ | マイナビニュース

情報源: 「巨峰」は正式名称ではなかった!?意外な名前トリビアいろいろ | マイナビニュース

もともと商標や登録商標であった名称が普通名称化することは商標の希釈化(ダイリュウション又はディリューション:dilution)の1つです。また”普通名称化させる”は英語で”genericize”とも言います。折角、取得した登録商標を希釈させないことも商標の運用上、重要なブランド戦略となります。ちなみに、巨峰事件は大阪地裁 平成13年(ワ)第9153号、うどんすき事件は東京高裁 平成9年(行ケ)第62号、正露丸事件は東京高裁 昭和35年(行ケ)第32号になります。

商標登録insideNews: 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

(Forbes JAPANの)筆者は過去約30年間にわたり、日本の自動車業界を中心に執筆活動を行なってきた。日本車の車名にはオデッセイやランドクルーザー、MX-5など、他のどんな言語に訳してもクールな響きを持つものも多い。しかし、なかには「一体なんでこんな名前をつけてし

情報源: 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 名前が男性器の車も | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

この記事に挙げらているものの他に、35年ほど前にトヨタはセリカXX(ダブルエックス)という車を発売しておりましたが、ダブルエックスは映画での度合の強い成人指定を意味することもあり、当時いかがなものかと物議を醸しだしておりました。また、日本で販売されていない車で”VENZA”というトヨタ車もあり、その車を所有するアメリカ人は日本では”トイレットシート(便座)”の意味だと笑っていた例もあります。折角のネーミングも言語が異なれば不適切な言葉なることもあり、そのような事にならないように事前に調べることをネガティブチェック(negative check)と呼んでいます。

新gTLDs環境での商標保護パターン:  – World Trademark Review

WIPOやINTAなどの関係者は、どの新gTLDsのサービス開始も注意深く管理されるべきとされ、オンラインでの商標の不正使用や消費者の混乱の広く認識されている潜在的な増加について警鐘しています。商標賢者を保護するために、 …