産業財産権関係料金の見直しに対する意見募集について | 特許庁

審査の質やスピードの維持と向上、サービスの維持と充実はイノベーション促進のために重要であるため、歳出の徹底的な見直しに取り組みつつ、料金体系の見直しによる歳入増を図るべく、特許料等の料金改定を行うことといたしました。

情報源: 産業財産権関係料金の見直しに対する意見募集について

特許特別会計の決算推移

現在意見募集期間中ですが、商標関連では登録料について令和4年4月1日から次の値上げ(約12~17%)が予定されています。出願料は据え置き。

4)商標

項目 改定前金額 改定後金額
出願料 3,400円+(区分数×8,600円) 3,400円+(区分数×8,600円)
防護標章登録出願又は防護標章登録に基づく権利の存続期間更新登録出願 6,800円+(区分数×17,200円) 6,800円+(区分数×17,200円)
商標登録料 区分数×28,200円 区分数×32,900円
分納額(前期・後期支払分) 区分数×16,400円 区分数×17,200円
更新登録申請 区分数×38,800円 区分数×43,600円
分納額(前期・後期支払分) 区分数×22,600円 区分数×22,800円
防護標章登録料 区分数×28,200円 区分数×32,900円
防護標章更新登録料 区分数×33,400円 区分数×37,500円

 

7)国際登録出願(商標)関係手数料

項目 改定前金額 改定後金額
個別指定手数料(出願料相当分) 2,700円+(区分数×8,600円) 2,700円+(区分数×8,600円)
個別指定手数料(登録料相当分) 区分数×28,200円 区分数×32,900円
個別指定手数料(更新登録料相当分) 区分数×38,800円 区分数×43,600円

区分数を入力する出願料、登録料、更新登録料の計算 特許庁(JPO)費用💰

下記の項目で、区分数を選択すると、特許庁(JPO)の費用(印紙代)が自動的に計算されます。

税法と商標権🧮 vol.1 会計処理 – 権利取得や譲渡時に勘定科目にどう記載したら良いのか

商標権は無形固定資産として償却 商標権は税法上、識別可能な資産のうち物理的実体を欠く無形固定資産とされ、貸借対照表の資産の部に計上されます。無形固定資産については、通常定額法で減価償却を行います。すなわち、無形固定資産は …

商標登録の登録日の確認方法✔

商標登録の登録日を確認–j-Platpat-令和1年5月バージョンアップ対応 1.J-platpatのサイトにアクセス 商標登録は、何年も前なので登録日なんて忘れてしまったという方、むしろ詳細に覚えている方が …

更新登録の申請期間

更新登録の申請期間 継続的に登録商標を使用する場合に10年に1度は必要になります。 商標権は半永久的に所有することが可能ですが、そのためには更新登録の申請を行う必要があり、その申請期間が決められています。なお、最初の登録 …