商標登録insideNews: 最新消息-行政院今(20)日通過「著作權法」及「商標法」部分條文修正草案 | 經濟部智慧財產局 台湾

「商標法」修正重點如下:(一)刪除現行商標法仿冒標籤民事責任要求行為人必須「明知」才會構成侵害的主觀要件之規定,回歸一般民事損害賠償責任以「故意」或「過失」為歸責條件。(修正條文第68條)(二)增訂仿冒商標或團體商標之標籤等行為的刑罰規定,將對進口仿冒商標標籤、包裝等準備及輔助侵權行為科以刑責,可提升商標權人商品銷售與獲利,強化商標保護。(修正條文第95條)(三)仿冒證明標章標籤、販賣或意圖販賣他人所為侵權商品等涉及刑責之行為,將其「明知」之主觀要件予以刪除,回歸以「故意」為刑事處罰的要件,將包含可預見會造成侵害之間接故意的行為,以符合社會正義及期待。(修正條文第96條及第97條)

情報源: 經濟部智慧財產局-最新消息-新聞稿-因應CPTPP行政院今(20)日通過「著作權法」及「商標法」部分條文修正草案

taiwan river or lake
Shí dìng Thousand Island Lake, Taiwan

商標登録insideNews: 民事裁判を全面IT化、提訴から判決までオンラインで…今国会にも法案提出へ | 読売新聞オンライン

民事裁判の全面的なIT化を実現するため、法務省は民事訴訟法などを改正する方針を固めた。早ければ、開会中の通常国会に改正案を提出する。提訴から判決まで、オンライン上で一連の手続きをできるようにすることが柱。利便性の向上や裁判の迅速化などへの効果が見込まれている。改正案では、▽訴状をインターネット上で提出できるようにし、代理人となる弁護士などにはネット提出を義務化▽口頭弁論には、原告側、被告側双方が、弁護士事務所などからネットで参加する「ウェブ会議」を認める▽判決は電子データで作成し、オンラインで当事者に交付することを可能にする――といった内容が盛り込まれる見通し。

情報源: 【独自】民事裁判を全面IT化、提訴から判決までオンラインで…今国会にも法案提出へ : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

司法にもIT化の波到来(解説マン)、4:05

司法にもIT化の波到来(解説マン)

商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース

改正種苗法 施行

国に登録された果物などの種や苗を海外へ無断で持ち出すことを規制する改正種苗法が今月、施行されたことを受けて、農林水産省は対象となる品種を公表しました。ぶどうの高級品種「シャインマスカット」や、福岡県のイチゴの「あまおう」など1975の品種で、2021年4月10日から海外への種や苗の持ち出しが禁止されます。

情報源: 「改正種苗法」施行 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース

続きを読む“商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース”

商標登録insideNews: 香港の改正商標条例が成立、国際商標登録制度の導入に向けて前進 | ジェトロ

香港政府は6月19日、「2020年商標(改正)条例」を成立させ、官報に掲載した。今回の改正では、香港において「標章の国際登録に関するマドリッド協定の議定書」(以下、マドリッド議定書)を適用する内容が盛り込まれた点が注目される。

情報源: 香港の改正商標条例が成立、国際商標登録制度の導入に向けて前進(香港) | ビジネス短信 – ジェトロ

【コメント】FAQの最後のところに、”We plan to implement the international registration system in Hong Kong SAR in 2022-23 the earliest.”とありましたので、香港は2022年か23年には、マドリッド制度への参加を予定しているとしています。

《2020年商標(修訂)條例》全文
2020年改正商標条例(English)
常見問與答 (PDF格式)(FAQ pdf.format)
FAQs in English

商標登録insideNews: Trademark Modernisation Act introduced in bid to combat fraudulent filings: reaction | World Trademark Review

A bipartisan, bicameral legislation that modernises the US trademark system has been introduced in the House of Representatives. Examining the act, one legal expert has warned that it has the potential to cost brand owners significant time and money.

情報源: Trademark Modernisation Act introduced in bid to combat fraudulent filings: reaction | World Trademark Review

establish expungement and ex parte proceedings relating to the validity of marks

情報源: H.R.6196 – 116th Congress (2019-2020): To amend the Trademark Act of 1946 to provide for third-party submission of evidence relating to a trademark application, to establish expungement and ex parte proceedings relating to the validity of marks, to provide for a rebuttal presumption of irreparable harm in certain proceedings, and for other purposes. | Congress.gov | Library of Congress

特許庁(JPO) vol.9 商標_動画(embedded)

令和元年度特許法等改正説明会・知的財産権制度説明会

商標登録insideNews: GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委 | 日本農業新聞

GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委2018年11月30日農政 参院農林水産委員会は29日、地理的表示(GI)法改正案を全会一致で可決した。同法案は30日の参院本会議で可決、成立する見通し。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効と同時にGI産品の相互保護が始まることを見据え、GI産品と同じ名称を登録前から使う「先使用」に7年間の制限を設けるなどして、ブランド保護を強化する。

情報源: 日本農業新聞 – GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委