商標登録InsideNews: 外国出願に要する費用の半額を補助します | 経済産業省 特許庁

特許庁では、中小企業の戦略的な外国出願を促進するため、外国への事業展開等を計画している中小企業等に対して、外国出願にかかる費用の半額を助成しています。 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)と各都道府県等中小企業支援センター等が窓口となり、全国の中小企業の皆様が支援を受けることができます。地域団体商標の外国出願については商工会議所、商工会、NPO法人等も応募できます。また、意匠においては、「ハーグ協定に基づく意匠の国際出願」も支援対象です。

情報源: 外国出願に要する費用の半額を補助します | 経済産業省 特許庁

動画・知的財産に関する支援制度について(METI/経済産業省)

海外知財補助金パンフレット(外部PDF)

外国出願費用の助成(JETRO)リンク先では応募受付終了と記載されていますが、それは去年の募集です。(2021.5.17現在)

商標登録insideNews: 中小企業等海外侵害対策支援事業 | 経済産業省 特許庁

海外で見つけた模倣品の対策を支援します令和3年度中小企業等海外出願・侵害対策支援事業費補助金(中小企業等海外侵害対策支援事業)経済のグローバル化に伴い、中小企業においても海外進出が進んでおりますが 、海外市場の販路開拓や模倣被害への対策には、進出先において特許権や商標権等を取得することが重要です。しかし、外国出願費用をはじめとする海外での知的財産活動費は高額であり、資力に乏しい中小企業にとっては大きな負担となっています。特許庁では、中小企業の海外での適時適切な権利行使を促進するため、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、海外で取得した特許・商標等の侵害を受けている中小企業の方々に対し、模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査及び調査結果に基づく模倣品業者への警告文作成、行政摘発、税関差止申請、模倣品が販売されているウェブページの削除等を実施し、その費用の一部を助成しています。

情報源: 中小企業等海外侵害対策支援事業 | 経済産業省 特許庁

続きを読む“商標登録insideNews: 中小企業等海外侵害対策支援事業 | 経済産業省 特許庁”

動画・知的財産に関する支援制度について(METI/経済産業省)

中⼩企業等による特許、実⽤新案、意匠、商標等の外国出願に要する経費の⼀部を補助する支援について紹介します。「出願審査請求料」「特許料(1〜10年分)」及び「国際出願に係る⼿数料」の中⼩企業等を対象とした軽減措置についても説明があります。北海道経済産業局からの動画ですが、国の政策ですのでその内容は概ね全国共通になります。

【北海道経済産業局】 外国出願・特許減免, 7:25

【北海道経済産業局】 外国出願・特許減免

商標登録insideNews:「十四五」期に、中国が知的財産権の権益分配改革に注力 | 中国網_日本語版

「現在、大学と研究機関にはたくさんの『眠っている特許』がある。多くの大学と研究機関の特許は発見と応用が困難で、中小企業が必要な特許技術を取得するのも難しい。科学技術成果の実用化は多方面に関係するため、国家知識産権局としては知的財産権の実用化と運用に注力していきたい」。…また、国家知識産権局は、知的財産権のIT化とスマート化のインフラ建設を強化するほか、国家知的財産権ビッグデータセンターの建設加速、知的財産権保護運用公共サービスプラットフォームの構築、香港区域知的財産権貿易センターの建設などを支援する。こうした措置を通じ、ハイクオリティな発展へ導きながら知的財産権保護を新たな段階に引き上げ、運用やサービスの向上によって経済・社会の発展を支える。

情報源: 「十四五」期に、中国が知的財産権の権益分配改革に注力_中国網_日本語

商標登録insideNews: エアロスミス愛用ブランドも登録不可 デザイナーに聞く| 朝日新聞デジタル

 デザイナー自身の氏名を冠したブランド名が商標登録できない――。近年、特許庁や知的財産高等裁判所のそうした厳しい判断が相次ぐ。ファッションの世界では氏名を看板にするブランドが多数あるが、新しい登録が難しくなっている。 該当する法律の条文は長年変わっていないのに、現在は認められない。特許庁によると、根拠は商標法4条1項8号が「他人の氏名」を含む商標を、同姓同名の本人の承諾なしに登録できないと定めているからだ。特許庁は電話帳「ハローページ」を参照するなどして、同姓同名や同じ読みの「他人」が実在することなどを根拠に、登録申請の拒絶を重ねている。

情報源: エアロスミス愛用ブランドも登録不可 デザイナーに聞く:朝日新聞デジタル

商標法第4条1項8号の承諾書
商標登録insideNews: 商標審査基準を改訂〔改訂第13版〕 | 経済産業省 特許庁
登録要件が満たされているか否かの判断時期

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8

2020年9月お酒の地理的表示に登録された和歌山梅酒の魅力を5つの動画で紹介します。①GI和歌山梅酒の概要について【大阪国税局】②GI和歌山梅酒の魅力について1/2【大阪国税局】③GI和歌山梅酒の魅力について2/2【大阪国税局】④GI和歌山梅酒とペアリング料理【大阪国税局】⑤GI和歌山梅酒のPR動画紹介【大阪国税局】

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8”

商標登録insideNews: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog | The Lawyer’s Daily

On May 3, 2021, the Canadian Intellectual Property Office (CIPO) published two new Practice Notices aiming to address its unexamined application backlog. There is currently a significant examination backlog consisting of over 161,000 applications having filing dates stretching back to April of 2018. CIPO is receiving new applications at the rate of about 6,000 applications per month, but is only issuing about 4,000 examination reports per month. It is critical to address the backlog to avert a total collapse of the Canadian trademark system.

情報源: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog – The Lawyer’s Daily

office-illust

続きを読む“商標登録insideNews: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog | The Lawyer’s Daily”