商標登録insideNews: beyond2020特集:食品表示の新制度始まる 差別化と情報提供のはざま | 日本食糧新聞電子版

2015年に施行された食品表示法の経過措置が3月31日で終了、経過措置期間中は食品表示法の元となったJAS法、食品衛生法、健康増進法の表示に関する規制、基準を守っていれば良かったが、4月以降は栄養表示、アレルゲン表示などの変更に対応せざるを得ない。今後、すべての加工食品を対象にした原料原産地表示への対応も迫られている。ここでは消費者の知る権利、供給者側が考える差別化も視野に入れるため、「産地」「製法」などをブランド化する地理的表示(GI)も取り上げる。(伊藤哲朗)●新食品表示制度 一元化による本格施行食品表示法のうち、経過措置期間5年が過ぎ、20年4月からいわゆる新食品表示制度が加工食品にも適

情報源: beyond2020特集:食品表示の新制度始まる 差別化と情報提供のはざま | 日本食糧新聞電子版

商標登録insideNews: 特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました (METI/経済産業省)

特許庁は、特許文献検索システムに関する特許・商標出願を行い、このたび、特許権を取得しました。

情報源: 特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました (METI/経済産業省)

出願番号:商願2019-103296
出願日:令和1(2019)年 7月 30日
商標(検索用):アドパス
出願人:特許庁長官
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
9 コンピュータソフトウェア用アプリケーション(電気通信回線を通じてダウンロードにより販売されるもの),コンピュータソフトウェア(記憶されたもの),コンピュータ,電子応用機械器具及びその部品

42 ウェブサイトの作成と保守(他人のためのもの),検索エンジンの提供,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機用プログラムの提供,オンラインによるアプリケーションソフトウェアの提供(SaaS),クラウドコンピューティング,コンピュータサイトのホスティング(ウェブサイト),コンピュータソフトウェアプラットフォームの提供[PaaS]

45 知的財産権に関する助言,知的財産権に関する情報の提供

商願2019-103297

出願番号:商願2019-103297
出願日:令和1(2019)年 7月 30日
商標(検索用):ADPAS
出願人:特許庁長官
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
9 コンピュータソフトウェア用アプリケーション(電気通信回線を通じてダウンロードにより販売されるもの),コンピュータソフトウェア(記憶されたもの),コンピュータ,電子応用機械器具及びその部品

42 ウェブサイトの作成と保守(他人のためのもの),検索エンジンの提供,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機用プログラムの提供,オンラインによるアプリケーションソフトウェアの提供(SaaS),クラウドコンピューティング,コンピュータサイトのホスティング(ウェブサイト),コンピュータソフトウェアプラットフォームの提供[PaaS]

45 知的財産権に関する助言,知的財産権に関する情報の提供

商願2019-103297

商標登録insideNews: Trademark Fraud Is In Congress’s Crosshairs In Proposed Legislation | Fox Rothschild LLP – JDSupra

If enacted, the aptly named Trademark Modernization Act of 2020 will better protect the relevant consuming public from confusion regarding the source of goods and services by implementing procedures that the U.S. Patent and Trademark Office – and trademark owners and applicants – can use to combat fraudulent trademark filings more expeditiously and less expensively.

情報源: Trademark Fraud Is In Congress’s Crosshairs In Proposed Legislation | Fox Rothschild LLP – JDSupra

商標法近代化法案「Trademark Modernization Act of 2020」が上程される商標法近代化法案「Trademark Modernization Act of 2020」が上程される JETRO

Trademark Modernization Act of 2020 SECTION-BY-SECTIONTrademark Modernization Act of 2020 SECTION-BY-SECTION

法第4条の改正では、現行6か月の拒絶理由応答期間が定められていますが、審査官の裁量で60日から6か月の柔軟な期間に変更が予定されています。また、審査段階での第三者による情報提供手続、商標登録を取消すための査定系手続の導入(不使用による査定系取消手続(Ex parte expungement)と査定系再審査手続(Ex parte reexamination))、差止請求権の強化が図られています。

欧州 知的財産ヘルプデスク (European IP Helpdesk) 商標_動画(embedded) vol.6

1.IP in International Business、1:50

2.World IP Day 2020: Innovate for a Green Future、1:14

3.IP Management and Digititalisation: Interview with Professor Alexander Wurzer (CEIPI)、15:48