商標登録insideNews: 田中圭、マツコ、浅田真央、木村文乃、デヴィ夫人……銘柄米CMがブームの理由 | デイリー新潮

米のCMがどれくらい制作されているかを調べてみた。最初の表は「ブランド米」や「銘柄米」と呼ばれる米の状況だ。ちなみに「銘柄米」をデジタル大辞泉で調べると、《特定の品種や産地を指定して商品化した米。こしひかり・ささにしき・ひとめぼれなど。ブランド米》

情報源: 田中圭、マツコ、浅田真央、木村文乃、デヴィ夫人……銘柄米CMがブームの理由 | デイリー新潮

植物新品種保護国際同盟(UPOV) vol.7 商標_動画(embedded)

1.(Japan) Tsuyahime Rice, 7:11
山形県のお米、つや姫の品種管理や商標を含むブランド化を紹介しています。(英語)

2.(Colombia) UPOV system bringing benefits for agriculture in Colombia, 8:49

商標登録insideNews: 魚沼コシ「特A」から転落=17年産米食味ランキング:時事ドットコム

日本穀物検定協会は28日、「おいしいコメ」を判定する2017年産米の食味ランキングを発表した。代表的な上級銘柄として知られる新潟県産魚沼コシヒカリが、最高評価の「特A」から2番目に高い「A」に初めて転落した。特Aが設定された1989年産以来、魚沼コシは28年連続で最高の評価を受けていた。

情報源: 魚沼コシ「特A」から転落=17年産米食味ランキング:時事ドットコム

“魚沼産コシヒカリ” 29年目に最高評価から初転落(18/03/01)

日本穀物検定協会特Aランク一覧表

商標登録insideNews: 福井の新銘柄米は「いちほまれ」 秋から試験販売 |福井新聞

福井県は19日、秋から試験販売する新銘柄米の名称を「いちほまれ」に決定したと発表した。甘みや粒の弾力が特徴で、2018年には一般向けの販売を始める。昨年12月から今年1月にかけて名称を公募し、県内外から集まった約10万7千件から選んだ。福井県は1956年、全国最多の収穫量を誇るコシヒカリを開発したが、知名度で他県産コシヒカリに後れを取ってきた。新銘柄米は11年に開発を始めた。県はコシヒカリの後継と位置付けており、今後、積極的なPR活動を展開する方針。

[情報源]福井の新銘柄米は「いちほまれ」 秋から試験販売 |福井新聞

 福井県は19日、新たなブランド米「いちほまれ」を販売すると発表した。都内で記者会見を開いた西川一誠県知事は品質や価格について「魚沼産コシヒカリを超える世界最高峰のコメに育てる」と語った。農薬を減らし

情報源: 福井県が新ブランド米「いちほまれ」 「魚沼」超え目指す  :日本経済新聞