商標登録insideNews: 県育成米新品種「粒すけ」について | 千葉県

県育成米新品種「粒すけ」について千葉県は、全国有数の米どころで、東日本で一番の早場米の産地です。県では、幅広い世代の皆さまに様々な場面で千葉県産米を食べていただけるよう新品種を開発し、愛称を「粒(つぶ)すけ」に決定しました。令和2年秋に本格デビューした「粒すけ」。多くの方々に親しんでいただける品種になるようプロモーションに取り組んでいきます。

情報源: 県育成米新品種「粒すけ」について/千葉県

登録番号:第6142137
登録日:令和1(2019)年 5月 10日
出願番号:商願2019-20093
出願日:平成31(2019)年 1月 21日
商標:粒すけ
標準文字商標
権利者:千葉県
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務: 30 米,食用米粉,弁当,即席米飯,おにぎり,穀物の加工品
31 籾米,苗,種子類

コメ新品種「粒すけ」のプロモーション 特設WEBサイト
サイトによれば、「(粒すけは、)千葉県が13年の歳月をかけて開発したオリジナル新品種です。千葉県のうるち米としては、平成18年から一般栽培・販売が開始された「ふさこがね」以来の新しいお米です。」と説明されています。
粒すけ「千葉の愛、めしあがれ。」, 0:15

粒すけ「千葉の愛、めしあがれ。」

商標登録insideNews: 田中圭、マツコ、浅田真央、木村文乃、デヴィ夫人……銘柄米CMがブームの理由 | デイリー新潮

米のCMがどれくらい制作されているかを調べてみた。最初の表は「ブランド米」や「銘柄米」と呼ばれる米の状況だ。ちなみに「銘柄米」をデジタル大辞泉で調べると、《特定の品種や産地を指定して商品化した米。こしひかり・ささにしき・ひとめぼれなど。ブランド米》

情報源: 田中圭、マツコ、浅田真央、木村文乃、デヴィ夫人……銘柄米CMがブームの理由 | デイリー新潮

商標登録insideNews: 魚沼コシ「特A」から転落=17年産米食味ランキング:時事ドットコム

日本穀物検定協会は28日、「おいしいコメ」を判定する2017年産米の食味ランキングを発表した。代表的な上級銘柄として知られる新潟県産魚沼コシヒカリが、最高評価の「特A」から2番目に高い「A」に初めて転落した。特Aが設定された1989年産以来、魚沼コシは28年連続で最高の評価を受けていた。

情報源: 魚沼コシ「特A」から転落=17年産米食味ランキング:時事ドットコム

“魚沼産コシヒカリ” 29年目に最高評価から初転落(18/03/01)

日本穀物検定協会特Aランク一覧表

商標登録insideNews: 福井の新銘柄米は「いちほまれ」 秋から試験販売 |福井新聞

福井県は19日、秋から試験販売する新銘柄米の名称を「いちほまれ」に決定したと発表した。甘みや粒の弾力が特徴で、2018年には一般向けの販売を始める。昨年12月から今年1月にかけて名称を公募し、県内外から集まった約10万7千件から選んだ。福井県は1956年、全国最多の収穫量を誇るコシヒカリを開発したが、知名度で他県産コシヒカリに後れを取ってきた。新銘柄米は11年に開発を始めた。県はコシヒカリの後継と位置付けており、今後、積極的なPR活動を展開する方針。

[情報源]福井の新銘柄米は「いちほまれ」 秋から試験販売 |福井新聞

 福井県は19日、新たなブランド米「いちほまれ」を販売すると発表した。都内で記者会見を開いた西川一誠県知事は品質や価格について「魚沼産コシヒカリを超える世界最高峰のコメに育てる」と語った。農薬を減らし

情報源: 福井県が新ブランド米「いちほまれ」 「魚沼」超え目指す  :日本経済新聞