仏国知的財産弁護士協会(CNCPI) 商標_動画(embedded)

Compagnie Nationale des Conseils en Propriété Industrielle (CNCPI) CNCPIは特許弁護士と商標弁護士からなる知的財産弁護士を会員とする協会です。2021年1月の時点で、CNCPIには1069人の弁護士が会員となっており、フランス全体で279の主要な事務所、452の支所を含む事務所が属しています。
続きを読む“仏国知的財産弁護士協会(CNCPI) 商標_動画(embedded)”

商標登録insideNews: USPTO announces new trademark rule requiring foreign-domiciled applicants and registrants to have a U.S.-licensed attorney | USPTO

WASHINGTON – The United States Patent and Trademark Office (USPTO) today announced a new rule requiring all foreign-domiciled trademark applicants, registrants, and parties to Trademark Trial and Appeal Board proceedings to be represented by an attorney who is licensed to practice law in the United States.

情報源: USPTO announces new trademark rule requiring foreign-domiciled applicants and registrants to have a U.S.-licensed attorney | USPTO

外国人の出願や応答に米国弁護士の代理を必要とする新ルールは2019年8月3日施行となります。(This new trademark rule has an effective date of August 3, 2019.)

U.S.-licensed attorneys
Paper and electronic trademark submissions made after the effective date of this rule will require U.S.-licensed attorneys representing applicants, registrants, or parties to provide all of the following:*

  • Their name, postal address, and email address
  • A statement attesting to their active membership in good standing of a bar of the highest court of a U.S. state, commonwealth, or territory.
  • Information concerning their bar membership (state, number if applicable, and year of admission).**

*Electronic submissions are filed online through TEAS.
**Attorney bar information will not be made publicly available.

On July 2, 2019, the U.S. Patent and Trademark Office (USPTO) published a rule that will have a major impact on foreign (non-U.S. domiciled) trademark applicants, registrants, and parties in inter par

情報源: New USPTO Foreign Trademark Applicant Rules Effective August 3, 2019

USPTO、海外からの商標出願に対して「米国弁護士に代理されなければならない」との要件を追加(JETRO)

商標登録insideNews: Proposal to require foreign-domiciled trademark applicants and registrants to use a U.S.-licensed attorney | USPTO

The United States Patent and Trademark Office (USPTO) published a proposal to change federal trademark law (our rules of practice) to require foreign-domiciled tradema

情報源: Proposal to require foreign-domiciled trademark applicants and registrants to use a U.S.-licensed attorney | USPTO

Federal Register: Requirement of U.S. Licensed Attorney for Foreign Trademark Applicants and Registrants

情報源: Federal Register :: Requirement of U.S. Licensed Attorney for Foreign Trademark Applicants and Registrants

商標登録insideNews: Warning about unauthorized practice of law

[コメント]米国から見て外国の商標出願人や商標権利者は手続に、本人手続ができなくなり、米国弁護士(州の最高裁に弁護士登録されている者)を雇うことが必須となるとの提案が米国特許商標庁(uspto)から出されており、パブリックコメントが3月18日まで、早ければ今年7月には導入の見込みです。

米国特許商標庁(USPTO)に対する手続代理人の代理権限

米国の知的財産実務に精通している方は何を今更というところですが、日本の特許庁(JPO)に対する弁理士と弁護士の職業代理人として認められている権限と、米国特許商標庁(USPTO)に対するPatent Agent(米国弁理士 …

国際商標協会(INTA) vol.1 商標_動画(リンク)

INTAは世界中の商標専門の弁護士、弁理士の団体です。毎年5月あたりに年次ミーティングを北米を中心に、何年かに1度は欧州、アジアで開催しています。

1. INTAの歩み(milestone)、 5:01

2.パナマ運河の拡張、 2:30

3.日本の商標、3:44

INTA (International Trademark Association)のWebiste
国際商標協会(INTA) vol.2 動画(リンク)

米国知的財産権法協会(AIPLA) 商標_動画(リンク)

AIPLA (American Intellectual Property Law Association)は、アメリカの知的財産を専門とする弁護士の団体です。毎年10月の後半にはワシントンDCで年次大会があり、4月には日本委員会のメンバーの訪日があり、1月末にMid-winter, 5月にspringのミーティングなどが開かれています。

1.AIPLA (American Intellectual Property Law Association) membership video、9:29

2. AIPLA TV, 2015 Annual Meetingのレポート、4:39

3. AIPLA 2011-2012 annual report, 3:43

AIPLA (American Intellectual Property Law Association)のwebsite

顧客関係を良くする10ヶ条

イリノイ州の弁護士会誌を見ていたら、クライアントとの関係を良いものとするための十ヶ条が出ていましたので、自戒の意味を含めてここで紹介したいと思います。 顧客関係を良くする10ヶ条 1.顧客は我々の実務で最も重要な人である …