商標登録insideNews: Launch of the new Madrid e-Renewal Service: April 29, 2019 | WIPO

Our fully refreshed Madrid e-Renewal service is set to transform users’ experience when renewing international registrations online. From April 29, trademark users will be able to file renewal requests completely online, enjoy greater clarity, avoid common mistakes, and benefit from instant tracking – all by accessing the new e-Renewal service via their WIPO Account.

情報源: Launch of the new Madrid e-Renewal Service: April 29, 2019

国際登録を更新する方法(パート1), 5:46

How to Renew an International Trademark Registration – Part 1

国際登録を更新する方法(パート2), 4:54

How to Renew an International Trademark Registration – Part 2

マドリッド制度の国際商標登録の更新は、Madrid E-Renewal Service Website (要ログイン)を介して進めることができます。更新については、電子メールで確認メールを即時に受け取ることができ、クレジットカードでの支払いが可能で、その際にはネットのパスワードの入力も必要です。

E-renewal 開始画面 (ログイン後に現れます。)

商標登録insideNews: Madrid-Renewalで手数料に関連する欠陥と決別 | WIPO

7月6日木曜日より、更新のオンライン請求は、国際商標登録の満了3ヶ月前から利用できるようになります。e-Renewalシステムを通じて支払いを完了すると、請求はそれ以降の手数料の変更に影響を受けません。

情報源: Madrid-Renewalで手数料に関連する欠陥と決別

情報源: e-Renewalをアップデートしました | 経済産業省 特許庁

書換登録手続

書換登録手続 書換登録手続は、旧商品・役務区分の商標権についての指定商品・指定役務の特殊な更正手続で、古くからの商標権について継続した権利を維持するために、その登録商標の指定商品や指定役務の分類を新しい商品・役務区分に合 …

商標出願・登録・審判の費用(印紙代) 特許庁(JPO)商標関連費用💰

商標登録出願時や更新登録時には、特許庁に出願料や更新登録料を納める必要があります。また、特許庁に対して審判等を請求する場合にも請求料がかかります。商標登録出願料や更新登録料については2016年4月に一部料金が改定されてい …

米国商標の使用宣誓と虚偽(fraud)行為

米国では、虚偽の行為で得た権利は行使できないというルールがあり、特許ではinequitable conductとして例えばIDS(Information Disclosure Statement)の開示が不適切な場合には …

商標登録の登録日の確認方法✔

商標登録の登録日を確認–j-Platpat-令和1年5月バージョンアップ対応 1.J-platpatのサイトにアクセス 商標登録は、何年も前なので登録日なんて忘れてしまったという方、むしろ詳細に覚えている方が …

更新登録の申請期間

更新登録の申請期間 継続的に登録商標を使用する場合に10年に1度は必要になります。 商標権は半永久的に所有することが可能ですが、そのためには更新登録の申請を行う必要があり、その申請期間が決められています。なお、最初の登録 …