商標登録insideNews: 「宇治茶」名乗れなくなる?中国で商標登録のおそれ – 毎日新聞

 日本を代表する茶の産地「宇治」の地名が、中国で現地企業に商標登録されるおそれがあることが、京都府宇治市などへの取材で分かった。すでに老舗茶舗「福寿園」(本社・木津川市)が中国で登録し、京都府茶協同組合に譲渡手続き中だった。中国で商標取り消し請求と中国企業の再登録申請が出ており、宇治の茶が中国では「

情報源: 「宇治茶」名乗れなくなる? 中国で商標登録のおそれ – 毎日新聞

商標登録insideNews: 室町期から伝わる「政所茶」ブランドにお墨付き 地域団体商標に | 京都新聞

滋賀県東近江市奥永源寺地域特産の「政所(まんどころ)茶」がこのほど、特許庁の地域団体商標に登録された。登録に向けて情報発信などをしてきた茶農家たちは「さらなるブランド化を進めていきたい」と意気込む。

情報源: 室町期から伝わる「政所茶」ブランドにお墨付き 地域団体商標に | 京都新聞

商標登録insideNews: <新茶初取引>史上最高値108万円 JA富士宮茶業委手もみ茶|静岡新聞アットエス

静岡茶市場で24日行われた新茶初取引で、単価としては同市場史上最高値の1キロ当たり108万円の商談が成立した。富士宮市のJA富士宮茶業委員会が、わせ品種の「さえみどり…

情報源: <新茶初取引>史上最高値108万円 JA富士宮茶業委手もみ茶|静岡新聞アットエス

2017年静岡茶市場 新茶初取引(17/04/24)

「さえみどり」は1965年に茶業試験場枕崎支場で「やぶきた」を母親に、「あさつゆ」を父親として交配した中から選別された品種で、品種登録は1991年です。「ゆたかみどり」とほぼ同程度、「やぶきた」より4日~1週間早い早生品種です。また、外観は色沢が明るい冴えた鮮緑色で、滋味は渋みが少なく、うま味とのことです。
(日本茶インストラクター協会、南風サロンのページより)

登録番号2881 出願番号3794 農林水産植物の種類Camellia sinensis (L.) Kuntze 品種名称さえみどり 品種名称(カナ)サエミドリ 出願日1990/03/29  出願者名/育成者権者名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 登録年月日1991/11/19 登録公表日1991/11/19 育成者権の消滅日2009/11/20 –

商標登録insideNews: 「宇治碾茶」を地域商標に 京都の組合がNPO法人設立 : 京都新聞

情報源: 「宇治碾(てん)茶」を地域商標に 京都の組合がNPO法人設立 : 京都新聞

任意団体である組合では登録出願ができないため、新たにNPO法人を立ち上げた。NPO法人は今後、宇治碾茶のロゴマークなどを作成して周知を図り、来年春ごろに特許庁に登録出願する予定。

※碾茶とは、抹茶の原料となる緑茶の一種で、判りやすく言えば、石臼でお抹茶に碾きあげる前の原葉のことだそうです。抹茶の元になる「てんちゃ」って何?

商標登録insideNews: 「大茶会」伊藤園が商標登録 静岡県内の茶業関係者 問題視|静岡新聞アットエス

茶を楽しむ会合を示す言葉「大茶会」を緑茶ドリンク最大手の伊藤園が商標登録していたことが23日、県茶業会議所の理事会で報告された。県内では各地で茶会イベントが開か…

情報源: 「大茶会」伊藤園が商標登録 静岡県内の茶業関係者 問題視|静岡新聞アットエス

[Jplatpatより] 標準文字商標 大茶会
登録番号 第5918861号
登録日 平成29年(2017)2月3日
出願番号 商願2016-67841
出願日 平成28年(2016)6月22日
存続期間満了日 平成39年(2027)2月3日
権利者 氏名又は名称 株式会社 伊藤園
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
30 茶,茶飲料
35 茶の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,茶飲料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
43 飲食物の提供

なお、公報発行日が平成29年3月7日ですので、5月7日まで何人も異議申し立て可能です。