商標登録insideNews: 「全国地域ブランド総選挙」を開催します (METI/経済産業省)

特許庁及び各経済産業局・沖縄総合事務局は、「地域団体商標制度」の活用を通じた地域ブランドの魅力のPRや地域経済の活性化を目的として、「全国地域ブランド総選挙」を開催します。 

情報源: 「全国地域ブランド総選挙」を開催します (METI/経済産業省)

スケジュール
2020年9月22日(火曜日) 「全国地域ブランド総選挙」オリエンテーション
2020年9月下旬~ 学生による参加団体への取材開始
2020年10月1日 学生によるSNS(Instagram®)発信開始
2020年12月 地区代表決定戦により、決勝戦に進出するチームを決定
2021年2月(予定) 「全国地域ブランド総選挙」決勝戦

商標登録insideNews: Amazon Sued for Trademark Infringement – Tech | lawstreetmedia.com

Last Thursday, Shenzhen Qianhai Phoenix Networks Co., Ltd. (Phoenix Networks) sued Amazon.com Services, LLC and Amazon.com, Inc. (collectively Amazon) for trademark infringement of the plaintiff’s mark on its “surgical-type face masks.” The Northern District of Illinois lawsuit seeks injunctive relief and damages from the e-commerce defendants.

情報源: Amazon Sued for Trademark Infringement – Tech

商標登録insideNews: 「和歌山梅酒」国のGI指定 「灘五郷」に続け!ブランド力高め、世界へPR |毎日新聞

 「和歌山梅酒」が7日、国が指定する「地理的表示(GI)」に選ばれた。国税庁によると酒類の指定は全国で13例目で、リキュールの指定は初めてという。  GIに指定された名称は、生産団体が定めた生産地や生産方法などの基準を満たした生産者だけが使用できる。ブランドを知的財産として保護する取り組みで、価値を

情報源: 「和歌山梅酒」国のGI指定 「灘五郷」に続け!ブランド力高め、世界へPR – 毎日新聞

「和歌山梅酒」の梅酒は、和歌山県内で収穫された新鮮な青梅又は完熟梅の豊か で厚みのある香りが、酒類中のアルコールの刺激的な香りを包み込むことにより 、口に含む瞬間に爽やかな風味となって広がっていく。

情報源: 別紙 地理的表示「和歌山梅酒」生産基準|国税庁

商標登録insideNews: 高岡漆器に地域団体商標 県内13件目 – 富山県のニュース | 北國新聞社

北陸の代表紙。ニュース速報、石川と富山のニュース、コラム「時鐘」を掲載。高岡漆器に地域団体商標 県内13件目  伝統工芸高岡漆器協同組合(高岡市)が特許庁に出願していた…

情報源: 高岡漆器に地域団体商標 県内13件目 – 富山県のニュース | 北國新聞社

手技TEWAZA「高岡漆器」Takaoka-Shikki Lacquerware/伝統工芸 青山スクエア Japan traditional crafts Aoyama Square, 3:31

ミャンマー商標登録 延期されていたソフトオープニングが10月1日より開始

商標法の施行に伴う商標登録のソフトオープニングについては、一時延期されていましたが、2020年10月1日から半年間(2021年3月31)の期間となることが公表されています。また、このソフトオープニングに続いて、2021年4月1日より商標登録出願の正式開始となる見込みです。ソフトオープニングの開始までの期間は、現状のシステム(所有者の宣言書を登録するシステム)が適用になりますが、ソフトオープニング期間中は所有者の宣言書を登録した者は優先的は商標登録が可能となります。この場合に、使用の証拠を提出する必要があり、もし使用の証拠を提出できない場合でも、警告(Cautionary Notice)の新聞広告を代わりに使用の証拠にすることも可能です。

ソフトオープニング期間では、従前の商標所有についての登録された宣言(registered Declaration of Trademark Ownership)に基づく優先権を主張して再出願をすることができ、その出願によって2021年4月と予想されるミャンマー商標局の営業開始日(Grand opening)に出願されたものと看做されます。また、ミャンマー市場で使
用中の旧商標(未登記でも可)に基づいても再出願が可能です。ソフトオープニング期間における再出願には、従前の商標所有についての登録された宣言と共に使用についての証拠が要件(代理人による場合は委任状の提出も必要)となっています。

အသိဉာဏ်ပစ္စည်းမူပိုင်ခွင့်ဆိုင်ရာဥပဒေများ               နိုင်ငံတော်ဖွံ့ဖြိုးတိုးတက်ရေးအတွက် အရေးပါသည့် အောက်ဖော်ပြပါ အသိဉာဏ် ပစ္စည်းမူပိုင်ခွင့်ဥပဒေ(၄)ခုအား မူကြမ်းရေးဆွဲပြီးစီးပြီးဖြစ်ပါ၍ အတည်ပြုပြဋ္ဌာန်းနိုင်ရေး လွှတ်တော်တွင် ဆွေးနွေးနိုင်ခဲ့ပါသည်- (၁) တီထွင်မှုမူပိုင်ခွင့်ဥပဒေ (၂) စက်မှုဒီဇိုင်းမူပိုင်ခွင့်ဥပဒေ (၃) ကုန်အမှတ်တံဆိပ်ဥပဒေ (၄) မူပိုင်ခွင့်ဥပဒေ သုတေသနနှင့်ဖွံ့ဖြိုးရေးဆိုင်ရာဥပဒေများ                 သုတေသနနှင့်ဖွံ့ဖြိုးရေးလုပ်ငန်းများသည် နိုင်ငံတော်ဖွံ့ဖြိုး တိုးတက်ရေးအတွက် လွန်စွာအရေးပါသည့် အခန်းကဏ္ဍတွင် ပါဝင်ပါသဖြင့် သိပ္ပံနှင့်နည်းပညာ၊ သတင်း အချက်အလက်နည်းပညာ၊ လေကြောင်းနှင့်အာကာသဆိုင်ရာတီထွင်ဆန်းသစ်မှုနှင့် သုတေသနနှင့်ဖွံ့ဖြိုးရေးလုပ်ငန်းများ ဆောင်ရွက်နိုင်ရေးအတွက် တစ်ဖက်ဖော်ပြပါ ဥပဒေ(၃)ခုအား မူကြမ်းရေးဆွဲပြီးစီး၍ လွှတ်တော်တွင် ဆွေးနွေးနိုင်ခဲ့ပါသည်- (၁) သိပ္ပံ၊ နည်းပညာနှင့်ဆန်းသစ်တီထွင်မှုဥပဒေ (၂) မြန်မာနိုင်ငံသတင်းအချက်အလက်နည်းပညာဥပဒေ (၃) မြန်မာနိုင်ငံလေကြောင်းနှင့် အာကာသဖွံ့ဖြိုးတိုးတက်ရေး ဥပဒေ

情報源: Laws – Ministry of Education

ミャンマー知的財産庁(Myanmar IPO) vol.1 商標_動画

商標登録insideNews: 何があった!?日産アリアの商標登録に特許庁が待った | MAGX NEWS

マガジンX 1月号でアリア市販化を報じた際、同じ名称を過去にホンダが使っていたことを指摘して重複を心配したが、…

情報源: 何があった!? 日産アリアの商標登録に特許庁が待った | MAGX NEWS

記事にも拘わらず既にアリアは日産自動車の商標権として登録済みです。一旦、審査通過時に本田技研工業に譲渡し、登録後に返してもらっています。この手続はアサインバックと言われる拒絶理由の回避方法ですが、引例として挙げられる商標権の権利者の協力が必要です。大きな会社同士であり、拒絶理由が出されてから協力してもらうまでの期間が短いことから、出願の前後で事前の約束があったものと推測されます。知らない相手に協力をたのむ場合は、多分に有料であったりもします。これは引例として挙げられていた商標権の権利者からすればライセンス許諾という意味になります。

登録番号 第6285337
登録日:令和2(2020)年 8月 28日
出願番号:商願2019-45696
出願日:平成31(2019)年 4月 1日
存続期間満了日:令和12(2030)年 8月 28日
商標(検索用):ARIYA
標準文字商標
権利者:日産自動車株式会社

Nissan Ariya: Introducing our all-new electric crossover、4:38

商標登録insideNews:「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー | SankeiBiz

かつて全国一のブドウ産地だった大阪で“復権”を目指す地元ワイナリーと大阪府が、「大阪産ワイン」のブランド化に向けた連携を進めている。看板となるブドウは同府羽曳野…

情報源: 「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

かつて日本一のブドウ栽培を誇った大阪で、西日本初の公設ワイン研究施設が、地元産ワインの復権へ奮闘している。昨年には、温暖化に負けないブドウの新品種登録を農林水産…

情報源: 大阪ワイン復権へ奮闘! 温暖化に負けないブドウの新品種登録も出願 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

このたび、ラボを活用した研究成果として、府内ワイナリーで育成した醸造用ぶどうの新品種「大阪R N-1(おおさか あーる えぬ-わん)」を、農林水産省に品種登録出願しました。「大阪R N-1」は着色良好なぶどうで、ピノ・ノワールやメルローといった一般的な赤ワイン醸造用ぶどうと異なり、果皮の色が濃く果肉まで暗赤色に着色する上、果実のアントシアニン含量が極めて高いことが特徴です。

情報源: [農林][報道]アントシアニンが豊富で、果肉まで着色するワイン用ぶどう「大阪R N-1」の品種登録を出願 | 大阪府立環境農林水産総合研究所

フィリピン知的財産庁(IPOPHL) vol.6 商標_動画(embedded)

1.eTM File – Tutorial, 6:37

シンガポール知的財産庁 国際部 (IPOS International) vol.2 商標_動画(embedded)

1.Building A Strong Brand featuring Benjamin Barker、3:24

2.Building Your Brand With Intangible Assets – The LEGO Group Story、8:14

3.Webinar – How to Protect and Manage Your Brand in COVID 19 Times: A LEGO® Story, 1:05:44

4.Webinar – Thriving in COVID with Your Data, Trade Secrets and Other Intangible Assets, 1:07:44

オーストラリア知的財産庁(IP Australia) vol.24 商標_動画(embedded)

Advanced Trade Marks Oppositions and Hearings, 34:16