商標登録insideNews:GI登録の和歌山梅酒PRへ 酒造会社や宿泊業団体などが協力|NHK 和歌山

和歌山梅酒PR

国が地域ブランドとして保護する「GI=地理的表示制度」に登録された和歌山県特産の梅を使った「和歌山梅酒」を観光客にPRしようと、酒造会社などでつくる委員会と宿泊業の団体が協力して取り組むことになりました。

情報源: GI登録の和歌山梅酒 PRへ 酒造会社や宿泊業団体などが協力|NHK 和歌山県のニュース

【GI和歌山梅酒】フランス・プロモーションイベントー2022.2.17, 2:55 和歌山梅酒PR

【GI和歌山梅酒】フランス・プロモーションイベントー2022.2.17

和歌山梅酒(和歌山県公式観光サイト)external site icon2
和歌山 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.30

Nanko Ume, the highest quality plum, is a well-known specialty of Wakayama Prefecture. In Wakayama, various kinds of ume are cultivated, including Nanko-ume, and companies such as Honba Minabe and Tanabe, centered on major sake brewers, produce umeshu that are rich in individuality.

商標登録insideNews: 新たに2産品を地理的表示(GI)として登録 | 農林水産省

農林水産省は、本日(2021.5.31)、「わかやま布引だいこん」及び「大口れんこん」を地理的表示(GI)として、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、登録(登録番号第108号から第109号)しましたので、お知らせします。

情報源: 新たに2産品を地理的表示(GI)として登録:農林水産省

農林水産省は5月31日、「わかやま布引だいこん」と「大口れんこん」を新たにGI(地理的表示)登録の取得を発表。合計で109品目となった。

情報源: 「わかやま布引だいこん」と「大口れんこん」がGI取得 農水省|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8

2020年9月お酒の地理的表示に登録された和歌山梅酒の魅力を5つの動画で紹介します。①GI和歌山梅酒の概要について【大阪国税局】②GI和歌山梅酒の魅力について1/2【大阪国税局】③GI和歌山梅酒の魅力について2/2【大阪国税局】④GI和歌山梅酒とペアリング料理【大阪国税局】⑤GI和歌山梅酒のPR動画紹介【大阪国税局】

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8”

商標登録insideNews: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県

令和2年9月の「GI和歌山梅酒」誕生を契機としまして、梅酒ソムリエである金谷優氏監修のもと、和歌山県の本格梅酒を梅酒の特徴である甘味(辛口~甘口)、香味(芳醇~淡麗)により分類の上、星印で酸味の度合いを表し、消費者が好みの味を選択する一助となるよう「梅酒マッピング図VOI.2」 にまとめました。和歌山県ならではの本格梅酒の飲み比べを楽しんでください。

情報源: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県

続きを読む“商標登録insideNews: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県”

商標登録insideNews: 「和歌山梅酒」国のGI指定 「灘五郷」に続け!ブランド力高め、世界へPR |毎日新聞

 「和歌山梅酒」が7日、国が指定する「地理的表示(GI)」に選ばれた。国税庁によると酒類の指定は全国で13例目で、リキュールの指定は初めてという。  GIに指定された名称は、生産団体が定めた生産地や生産方法などの基準を満たした生産者だけが使用できる。ブランドを知的財産として保護する取り組みで、価値を

情報源: 「和歌山梅酒」国のGI指定 「灘五郷」に続け!ブランド力高め、世界へPR – 毎日新聞

「和歌山梅酒」の梅酒は、和歌山県内で収穫された新鮮な青梅又は完熟梅の豊か で厚みのある香りが、酒類中のアルコールの刺激的な香りを包み込むことにより 、口に含む瞬間に爽やかな風味となって広がっていく。

情報源: 別紙 地理的表示「和歌山梅酒」生産基準|国税庁

農泊 農林水産省 vol.5 商標_動画 (embedded/playlist)

農林水産省 動画

Countryside Stay 農林水産省 動画

人気上昇中のフィリピン人のタレント、エラワン・フサーフ氏が、農泊地域6ヶ所を訪問するテレビ番組が放映されました。農泊農林水産省 動画本編では、東京を起点として農泊地域3ヶ所(長野県飯山、岐阜県飛騨古川、石川県能登)を紹介しています。

ココロとカラダを満たす農泊体験 のんびり農旅 youtube icon

商標登録insideNews: 農水省、「農泊」の商標使用に許諾申請を義務化 | やまとごころ.jp

Erwan Heussaff, a Filipino TV personality who is rising in popularity, visited 6 farm stay areas on TV. This volume introduces three rural stay areas (Iiyama in Nagano Prefecture, Hida Furukawa in Gifu Prefecture, and Noto in Ishikawa Prefecture) starting from Tokyo.

商標登録insideNews: 《知財》和歌山県、中国企業商標に異議申立 – NNA ASIA

和歌山県は17日、中国山東省の食品加工販売企業が出願した「和歌山」の文字を含む商標について、中国商標局に対して異議申し立てを行ったと発表した。和歌山県が異議申し立てをしたのは、煙台果滋果味食品が出願し…

情報源: 《知財》和歌山県、中国企業商標に異議申立 – NNA ASIA

和歌山県は9月にも中国で異議申し立て(和歌山県 中国で異議申立)をしており、また今回もというところです。異議申立の対象となったのは、以下の商標です。

wakayama-cn01

中国商標網で商標調査(最新版)

商標登録insideNews: 中国で「和歌山」商標出願 異議申し立て|日テレNEWS24

和歌山県は6日、先月、中国・北京市に住む個人が子供服やネクタイなどの分野で出願していたことがわかった2つの商標について、「和歌山」の名称を勝手に商標として出願したことに対し異議申し立てを行った。県ではこれまでに6件の対応を迫られている。

情報源: 中国で「和歌山」商標出願 異議申し立て|日テレNEWS24

異議申立対象の商標(中国商標局のサイトより)

和歌山
和歌山 中国・商標出願番号 17402286号

中国での弘前の商標出願 異議申立 毎日新聞2016年8月27日

中国商標網で中国商標を調査【最新版】

地域ブランド・地域団体商標 47都道府県別 ▶️ ご当地ブランドを商標から一纏め

地域ブランド 商標

地域ブランド・商標登録 origami
日本・地域ブランド 商標
地域ブランド 商標 地域ブランドの魅力は、その地域の伝統や風土、独特な自然、そして生産者や流通に関与する人の人柄や技術と深く結びついて生まれ、長い年月を経て育てられたものです。各都道府県の名称(テキスト)をクリックすると、動画を中心とした都道府県別の地域ブランド 商標・地域団体商標の紹介のページに移行します。

続きを読む“地域ブランド・地域団体商標 47都道府県別 ▶️ ご当地ブランドを商標から一纏め”

和歌山 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.30

和歌山 商標登録 地域ブランド

和歌山 商標登録 地域ブランド和歌山県は近畿地方で最も南に位置する県で、江戸時代は紀伊徳川家の領地とされていました。また、和歌山県の世界遺産として紀伊山地の霊場と参詣道が登録されており、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3社が建てられた熊野三山エリア、空海が創建した高野山金剛峯寺、吉野山を中心とする吉野・大峯エリア、熊野三山や高野山を結ぶ熊野参詣道などが世界遺産の対象となっています。和歌山県は、温暖な気候で果物の栽培が非常に盛んなため、果樹王国とも呼ばれています。特にみかん、梅、柿は日本一の生産量があり、その他の果物も日本有数の産地となっています。(和歌山 商標)

和歌山観光プロモーションビデオ “Natural wonders,traditional culture of Kumano and Koyasan”、2:10

和歌山観光プロモーションビデオ "Natural wonders,traditional culture of Kumano and Koyasan"

続きを読む“和歌山 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.30”