商標登録insideNews: 最新の商品・役務名情報 | 経済産業省 特許庁

最新の商品・役務名情報

情報源: 最新の商品・役務名情報 | 経済産業省 特許庁

J-PlatPatの商品・役務名検索に、新たに追加した商品・役務名のリストです。(更新日 2021年2月26日)
    
最新の商品・役務名情報
区分 商品・役務名 類似群コード
5 携帯用衛生マスク専用ケース 01C01
9 保護フェイスマスク(医療用のものを除く。) 17A05
9 飛沫防止用フェイスシールド(医療用のものを除く。) 17A05
10 医療用保護フェイスマスク 17A05
10 抗菌保護のための医療用フェイスマスク 17A05
11 消毒液自動噴霧式手指消毒器 09E99,09G99,11A07
11 業務用スタンド型消毒液自動噴霧式手指消毒器 09E99,09G99
12 輸送用コンテナ用金属製緊締装置 12A01,12A02,12A04,12A05
18 携帯用衛生マスク及び小物入れケース 21C01
18 置き型の革製衛生マスク収納ケース 19B99
20 置き型の木製又はプラスチック製の衛生マスク収納ケース 19B99
20 消毒液ボトル置き用スタンド 20A01
20 消毒液ボトルを固定する機能を備えた消毒液ボトル置き用スタンド 20A01
20 業務用の手指先除菌剤を配置して使う足踏み式噴霧用スタンド 20A01
21 接触感染防止用のボタン押下補助用スティック 19B99
21 ウィルス対策用のボタンに直接手を触れずに押すためのスティック 19B99
21 接触感染防止用のボタン押下補助具 19B99
21 ウィルス対策用のボタンに直接手を触れずに押すための棒状補助具 19B99
21 接触感染防止用のつり革把持補助具 19B99
21 ウィルス対策用のドアに直接手を触れずに開けるための抗菌性補助具 19B99
21 接触感染防止用のつり革把持補助用フック 19B99
21 ウィルス対策用のつり革に直接手を触れずにつかまるための抗菌性補助具 19B99
40 再利用を目的とした羽根・羽毛の加工処理 40C07

商標登録insideNews: An Essential Guide To Filing Trademarks In Uganda – Intellectual Property | mondaq.com

Uganda is located at the heart of sub-Saharan Africa and is bordered by South Sudan, Kenya, Tanzania, Rwanda and the Democratic Republic of Congo. Its location makes it a strategic base for trade and therefore very attractive for potential investors as an emerging market. However, companies interested in entering the Ugandan market should seek IP protection beforehand, as it is common for third-party distributors to take advantage of new businesses and register their trademarks in bad faith, resulting in the unlawful use of marks and the creation of counterfeit products.

情報源: An Essential Guide To Filing Trademarks In Uganda – Intellectual Property – Uganda

Uganda Registration Services Bureau(URSB)
Trademarks
Intellectual Property Forms

Trademark Fee (2021.2.27 updated)

Sub category Amount(Local Applicant) UGX Amount (Foreign Applicant) USD
Search Report Fees 25,000 65
Application Fees 50,000 150
Registration fees 100,000 250

種苗法 (平成十年法律第八十三号)

種苗法(昭和二十二年法律第百十五号)の全部を改正する。 目次 第一章 総則(第一条・第二条) 第二章 品種登録制度 第一節 品種登録及び品種登録出願(第三条―第十二条) 第二節 出願公表(第十三条・第十四条) 第三節 審 …

商標登録insideNews: Bluehost Misuses WordPress Trademark, Reigniting Controversy Over Recommended Hosts Page | WordPress Tavern

Bluehost was called out this week for misusing WordPress’ trademark, as the WordPress Foundation prohibits its use in advertising. The company has been featured on WordPress’ recommende…

情報源: Bluehost Misuses WordPress Trademark, Reigniting Controversy Over Recommended Hosts Page – WordPress Tavern

続きを読む“商標登録insideNews: Bluehost Misuses WordPress Trademark, Reigniting Controversy Over Recommended Hosts Page | WordPress Tavern”

日本弁理士会(JPAA) 2020年度知的財産活用表彰 商標_動画(embedded)

日本弁理士会は、経済産業省が主導して開催しております「知的資産経営WEEK」において、2014年度より、知的財産を活用して知的資産経営を積極的に進める企業等の表彰「知的財産活用表彰」を行っています。
1.知的財産活用大賞 みなみ信州農業協同組合 5:13

知的財産活用大賞 みなみ信州農業協同組合
続きを読む“日本弁理士会(JPAA) 2020年度知的財産活用表彰 商標_動画(embedded)”

家畜遺伝資源に係る不正競争の防止に関する法律(令和2年10⽉1⽇施⾏)

目次 第一章 総則(第一条・第二条) 第二章 民事上の措置 第一節 差止請求、損害賠償等(第三条―第六条) 第二節 不正競争による営業上の利益の侵害に係る訴訟(第七条―第十五条) 第三節 雑則(第十六条・第十七条) 第三 …

知財戦略のポイント中小機構公式チャンネル(SMRJ:独)中小企業基盤整備機構 商標_動画(embedded)

知財戦略のポイント 日本弁理士会関東会 弁理士の方々による4~5分の短編の動画になっています。続きを読む“知財戦略のポイント中小機構公式チャンネル(SMRJ:独)中小企業基盤整備機構 商標_動画(embedded)”

世界知的所有権機関(WIPO) vol.62 商標_動画(embedded)

1.Pakistan Joins WIPO’s International Trademark System, 2:10
2021年2月24日、パキスタン政府は、マドリッド議定書への加盟文書をWIPO事務局長のダレンタンに寄託し、現在124か国をカバーするマドリッド制度の108番目のメンバーになりました。 この議定書は、2021年5月24日にパキスタンで発効します。
続きを読む“世界知的所有権機関(WIPO) vol.62 商標_動画(embedded)”

商標登録insideNews: USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan | World Trademark Review

USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan. Pakistani authorities make arrests in case involving low-cost trademark agencies200+ fraud sites involved in “biggest money laundering case in history of Pakistan”Legal case claims fabricated USPTO trademark certificates were part of the scam US trademark applicants appear to be victims of what has been described as “the biggest money laundering case in the history of Pakistan”. The case involves Karachi-based Digitonics Labs, which has allegedly been operating over 200 fraudulent websites. This includes a number of low-cost trademark filing offerings, with authorities estimating that three-quarters of applicants using the sites have received fake USPTO trademark certificates.

情報源: USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan | World Trademark Review

DeepL translator w/ manual modifications
パキスタンの大規模な詐欺・マネーロンダリング事件で米国特許商標庁のユーザーが標的になっている。パキスタン当局は、低コストの商標代理人が関与するケースで逮捕を行い、「パキスタンの歴史の中で最大のマネーロンダリングケース」では200以上の詐欺サイトが関与し、偽造された米国特許商標庁の登録証が詐欺の一翼を担っていた。米国の商標出願人は、「パキスタンの歴史の中で最大のマネーロンダリングケース」として説明されてきたものの犠牲者であるように見える。この事件には、カラチに拠点を置く、Digitonics Labsが関与しており、200以上の詐欺サイトを運営していたとされています。この中には、低コストの商標出願サービスの申出も含まれており、当局は、これらのサイトを利用した申請者の4分の3が米国特許商標庁の偽の商標証明書を受け取っていると推定しています。

⇨低コストの商標代理人が関与する商標出願サービスの申出や意見書などの対応の申出には、標的にされていないか充分に気をつける必要があります。