商標登録insideNews:「十四五」期に、中国が知的財産権の権益分配改革に注力 | 中国網_日本語版

「現在、大学と研究機関にはたくさんの『眠っている特許』がある。多くの大学と研究機関の特許は発見と応用が困難で、中小企業が必要な特許技術を取得するのも難しい。科学技術成果の実用化は多方面に関係するため、国家知識産権局としては知的財産権の実用化と運用に注力していきたい」。…また、国家知識産権局は、知的財産権のIT化とスマート化のインフラ建設を強化するほか、国家知的財産権ビッグデータセンターの建設加速、知的財産権保護運用公共サービスプラットフォームの構築、香港区域知的財産権貿易センターの建設などを支援する。こうした措置を通じ、ハイクオリティな発展へ導きながら知的財産権保護を新たな段階に引き上げ、運用やサービスの向上によって経済・社会の発展を支える。

情報源: 「十四五」期に、中国が知的財産権の権益分配改革に注力_中国網_日本語

商標登録insideNews: エアロスミス愛用ブランドも登録不可 デザイナーに聞く| 朝日新聞デジタル

 デザイナー自身の氏名を冠したブランド名が商標登録できない――。近年、特許庁や知的財産高等裁判所のそうした厳しい判断が相次ぐ。ファッションの世界では氏名を看板にするブランドが多数あるが、新しい登録が難しくなっている。 該当する法律の条文は長年変わっていないのに、現在は認められない。特許庁によると、根拠は商標法4条1項8号が「他人の氏名」を含む商標を、同姓同名の本人の承諾なしに登録できないと定めているからだ。特許庁は電話帳「ハローページ」を参照するなどして、同姓同名や同じ読みの「他人」が実在することなどを根拠に、登録申請の拒絶を重ねている。

情報源: エアロスミス愛用ブランドも登録不可 デザイナーに聞く:朝日新聞デジタル

商標法第4条1項8号の承諾書
商標登録insideNews: 商標審査基準を改訂〔改訂第13版〕 | 経済産業省 特許庁
登録要件が満たされているか否かの判断時期

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8

2020年9月お酒の地理的表示に登録された和歌山梅酒の魅力を5つの動画で紹介します。①GI和歌山梅酒の概要について【大阪国税局】②GI和歌山梅酒の魅力について1/2【大阪国税局】③GI和歌山梅酒の魅力について2/2【大阪国税局】④GI和歌山梅酒とペアリング料理【大阪国税局】⑤GI和歌山梅酒のPR動画紹介【大阪国税局】

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8”

商標登録insideNews: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog | The Lawyer’s Daily

On May 3, 2021, the Canadian Intellectual Property Office (CIPO) published two new Practice Notices aiming to address its unexamined application backlog. There is currently a significant examination backlog consisting of over 161,000 applications having filing dates stretching back to April of 2018. CIPO is receiving new applications at the rate of about 6,000 applications per month, but is only issuing about 4,000 examination reports per month. It is critical to address the backlog to avert a total collapse of the Canadian trademark system.

情報源: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog – The Lawyer’s Daily

office-illust

続きを読む“商標登録insideNews: Intellectual property office tackles pending trademark application backlog | The Lawyer’s Daily”

商標登録insideNews: United States Trademark Use: ABCD Test | natlawreview.com

As North America brings its intellectual property laws in line with the United States-Mexico-Canada Agreement (USMCA), the way trademarks are handled in Mexico and Canada has recently changed. While Mexico now requires a business to use its mark to obtain a Mexican trademark registration, Canada no longer requires the use of a mark in order to obtain a Canadian trademark registration.

情報源: United States Trademark Use: ABCD Test

商標登録insideNews: クラシック音楽を含む音声で初めて、音商標に登録 「お風呂が沸きました」でおなじみの “お湯はり完了メロディー” | 株式会社 ノーリツ

クラシック音楽は、通常視聴して楽しむものであり、音商標としての登録が非常に困難です。当社の「お湯はり完了メロディー」は、長年にわたり広く使用されており、容易に企業名を想起することができると認められ、クラシック音楽を含む音声で初めて音商標として登録されました(2021年4月28日現在)。

情報源: クラシック音楽を含む音声で初めて、音商標に登録 「お風呂が沸きました」でおなじみの “お湯はり完了メロディー” | 株式会社 ノーリツ

ノーリツのおふろの曲 リモコンお湯はり完了の通知メロディー「人形の夢と目覚め」+「おふろがわきました」

続きを読む“商標登録insideNews: クラシック音楽を含む音声で初めて、音商標に登録 「お風呂が沸きました」でおなじみの “お湯はり完了メロディー” | 株式会社 ノーリツ”

商標登録insideNews: 西日本シティ銀の知財活用、キャラクター使用を企業に許諾 | 日刊工業新聞 電子版

許諾料、福祉団体に寄付 西日本シティ銀行は、自行の知的財産と国連の持続可能な開発目標(SDGs)を組み合わせ、寄付型ビジネスモデルを構築した。グッズメーカーに自行キャラクターを意匠として使うことを許諾し、得た許諾料を全額寄付に回す。銀行法で事業分野に制約のある中、企業に対するSDGs浸透を図るとともに、新たな社会貢献の形をつくり出す狙いだ。

情報源: 西日本シティ銀の知財活用、キャラクター使用を企業に許諾 | 日刊工業新聞 電
子版

続きを読む“商標登録insideNews: 西日本シティ銀の知財活用、キャラクター使用を企業に許諾 | 日刊工業新聞 電子版”