䞍正競争防止法 vol.1

第䞀章 総則

目的
第䞀条  この法埋は、事業者間の公正な競争及びこれに関する囜際玄束の的確な実斜を確保するため、䞍正競争の防止及び䞍正競争に係る損害賠償に関する措眮等を講じ、もっお囜民経枈の健党な発展に寄䞎するこずを目的ずする。
定矩
第二条  この法埋においお「䞍正競争」ずは、次に掲げるものをいう。
侀  他人の商品等衚瀺人の業務に係る氏名、商号、商暙、暙章、商品の容噚若しくは包装その他の商品又は営業を衚瀺するものをいう。以䞋同じ。ずしお需芁者の間に広く認識されおいるものず同䞀若しくは類䌌の商品等衚瀺を䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛しお、他人の商品又は営業ず混同を生じさせる行為
二  自己の商品等衚瀺ずしお他人の著名な商品等衚瀺ず同䞀若しくは類䌌のものを䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為
侉  他人の商品の圢態圓該商品の機胜を確保するために䞍可欠な圢態を陀く。を暡倣した商品を譲枡し、貞し枡し、譲枡若しくは貞枡しのために展瀺し、茞出し、又は茞入する行為
四  窃取、詐欺、匷迫その他の䞍正の手段により営業秘密を取埗する行為以䞋「䞍正取埗行為」ずいう。又は䞍正取埗行為により取埗した営業秘密を䜿甚し、若しくは開瀺する行為秘密を保持し぀぀特定の者に瀺すこずを含む。以䞋同じ。
五  その営業秘密に぀いお䞍正取埗行為が介圚したこずを知っお、若しくは重倧な過倱により知らないで営業秘密を取埗し、又はその取埗した営業秘密を䜿甚し、若しくは開瀺する行為
六  その取埗した埌にその営業秘密に぀いお䞍正取埗行為が介圚したこずを知っお、又は重倧な過倱により知らないでその取埗した営業秘密を䜿甚し、又は開瀺する行為
䞃  営業秘密を保有する事業者以䞋「保有者」ずいう。からその営業秘密を瀺された堎合においお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺する行為
八  その営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為前号に芏定する堎合においお同号に芏定する目的でその営業秘密を開瀺する行為又は秘密を守る法埋䞊の矩務に違反しおその営業秘密を開瀺する行為をいう。以䞋同じ。であるこず若しくはその営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為が介圚したこずを知っお、若しくは重倧な過倱により知らないで営業秘密を取埗し、又はその取埗した営業秘密を䜿甚し、若しくは開瀺する行為
九  その取埗した埌にその営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為があったこず若しくはその営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為が介圚したこずを知っお、又は重倧な過倱により知らないでその取埗した営業秘密を䜿甚し、又は開瀺する行為
十  第四号から前号たでに掲げる行為技術䞊の秘密営業秘密のうち、技術䞊の情報であるものをいう。以䞋同じ。を䜿甚する行為に限る。以䞋この号においお「䞍正䜿甚行為」ずいう。により生じた物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する行為圓該物を譲り受けた者その譲り受けた時に圓該物が䞍正䜿甚行為により生じた物であるこずを知らず、か぀、知らないこずに぀き重倧な過倱がない者に限る。が圓該物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する行為を陀く。
十䞀  営業䞊甚いられおいる技術的制限手段他人が特定の者以倖の者に圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録をさせないために甚いおいるものを陀く。により制限されおいる圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録以䞋この号においお「圱像の芖聎等」ずいう。を圓該技術的制限手段の効果を劚げるこずにより可胜ずする機胜を有する装眮圓該装眮を組み蟌んだ機噚及び圓該装眮の郚品䞀匏であっお容易に組み立おるこずができるものを含む。若しくは圓該機胜を有するプログラム圓該プログラムが他のプログラムず組み合わされたものを含む。を蚘録した蚘録媒䜓若しくは蚘憶した機噚を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、若しくは茞入し、又は圓該機胜を有するプログラムを電気通信回線を通じお提䟛する行為圓該装眮又は圓該プログラムが圓該機胜以倖の機胜を䜵せお有する堎合にあっおは、圱像の芖聎等を圓該技術的制限手段の効果を劚げるこずにより可胜ずする甚途に䟛するために行うものに限る。
十二  他人が特定の者以倖の者に圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録をさせないために営業䞊甚いおいる技術的制限手段により制限されおいる圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録以䞋この号においお「圱像の芖聎等」ずいう。を圓該技術的制限手段の効果を劚げるこずにより可胜ずする機胜を有する装眮圓該装眮を組み蟌んだ機噚及び圓該装眮の郚品䞀匏であっお容易に組み立おるこずができるものを含む。若しくは圓該機胜を有するプログラム圓該プログラムが他のプログラムず組み合わされたものを含む。を蚘録した蚘録媒䜓若しくは蚘憶した機噚を圓該特定の者以倖の者に譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、若しくは茞入し、又は圓該機胜を有するプログラムを電気通信回線を通じお提䟛する行為圓該装眮又は圓該プログラムが圓該機胜以倖の機胜を䜵せお有する堎合にあっおは、圱像の芖聎等を圓該技術的制限手段の効果を劚げるこずにより可胜ずする甚途に䟛するために行うものに限る。
十䞉  䞍正の利益を埗る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等衚瀺人の業務に係る氏名、商号、商暙、暙章その他の商品又は圹務を衚瀺するものをいう。ず同䞀若しくは類䌌のドメむン名を䜿甚する暩利を取埗し、若しくは保有し、又はそのドメむン名を䜿甚する行為
十四  商品若しくは圹務若しくはその広告若しくは取匕に甚いる曞類若しくは通信にその商品の原産地、品質、内容、補造方法、甚途若しくは数量若しくはその圹務の質、内容、甚途若しくは数量に぀いお誀認させるような衚瀺をし、又はその衚瀺をした商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくはその衚瀺をしお圹務を提䟛する行為
十五  競争関係にある他人の営業䞊の信甚を害する虚停の事実を告知し、又は流垃する行為
十六  パリ条玄商暙法 昭和䞉十四幎法埋第癟二十䞃号第四条第䞀項第二号 に芏定するパリ条玄をいう。の同盟囜、䞖界貿易機関の加盟囜又は商暙法 条玄の締玄囜においお商暙に関する暩利商暙暩に盞圓する暩利に限る。以䞋この号においお単に「暩利」ずいう。を有する者の代理人若しくは代衚者又はその行為の日前䞀幎以内に代理人若しくは代衚者であった者が、正圓な理由がないのに、その暩利を有する者の承諟を埗ないでその暩利に係る商暙ず同䞀若しくは類䌌の商暙をその暩利に係る商品若しくは圹務ず同䞀若しくは類䌌の商品若しくは圹務に䜿甚し、又は圓該商暙を䜿甚したその暩利に係る商品ず同䞀若しくは類䌌の商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは圓該商暙を䜿甚しおその暩利に係る圹務ず同䞀若しくは類䌌の圹務を提䟛する行為
  この法埋においお「商暙」ずは、商暙法第二条第䞀項 に芏定する商暙をいう。
  この法埋においお「暙章」ずは、商暙法第二条第䞀項 に芏定する暙章をいう。
  この法埋においお「商品の圢態」ずは、需芁者が通垞の甚法に埓った䜿甚に際しお知芚によっお認識するこずができる商品の倖郚及び内郚の圢状䞊びにその圢状に結合した暡様、色圩、光沢及び質感をいう。
  この法埋においお「暡倣する」ずは、他人の商品の圢態に䟝拠しお、これず実質的に同䞀の圢態の商品を䜜り出すこずをいう。
  この法埋においお「営業秘密」ずは、秘密ずしお管理されおいる生産方法、販売方法その他の事業掻動に有甚な技術䞊又は営業䞊の情報であっお、公然ず知られおいないものをいう。
  この法埋においお「技術的制限手段」ずは、電磁的方法電子的方法、磁気的方法その他の人の知芚によっお認識するこずができない方法をいう。により圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録を制限する手段であっお、芖聎等機噚圱像若しくは音の芖聎若しくはプログラムの実行又は圱像、音若しくはプログラムの蚘録のために甚いられる機噚をいう。以䞋同じ。が特定の反応をする信号を圱像、音若しくはプログラムずずもに蚘録媒䜓に蚘録し、若しくは送信する方匏又は芖聎等機噚が特定の倉換を必芁ずするよう圱像、音若しくはプログラムを倉換しお蚘録媒䜓に蚘録し、若しくは送信する方匏によるものをいう。
  この法埋においお「プログラム」ずは、電子蚈算機に察する指什であっお、䞀の結果を埗るこずができるように組み合わされたものをいう。
  この法埋においお「ドメむン名」ずは、むンタヌネットにおいお、個々の電子蚈算機を識別するために割り圓おられる番号、蚘号又は文字の組合せに察応する文字、番号、蚘号その他の笊号又はこれらの結合をいう。
  この法埋にいう「物」には、プログラムを含むものずする。

䞍正競争防止法 vol.2

第二章 差止請求、損害賠償等

差止請求暩
第䞉条  䞍正競争によっお営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがある者は、その営業䞊の利益を䟵害する者又は䟵害するおそれがある者に察し、その䟵害の停止又は予防を請求するこずができる。
  䞍正競争によっお営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがある者は、前項の芏定による請求をするに際し、䟵害の行為を組成した物䟵害の行為により生じた物を含む。第五条第䞀項においお同じ。の廃棄、䟵害の行為に䟛した蚭備の陀华その他の䟵害の停止又は予防に必芁な行為を請求するこずができる。

損害賠償
第四条  故意又は過倱により䞍正競争を行っお他人の営業䞊の利益を䟵害した者は、これによっお生じた損害を賠償する責めに任ずる。ただし、第十五条の芏定により同条に芏定する暩利が消滅した埌にその営業秘密を䜿甚する行為によっお生じた損害に぀いおは、この限りでない。

損害の額の掚定等
第五条  第二条第䞀項第䞀号から第十号たで又は第十六号に掲げる䞍正競争同項第四号から第九号たでに掲げるものにあっおは、技術䞊の秘密に関するものに限る。によっお営業䞊の利益を䟵害された者以䞋この項においお「被䟵害者」ずいう。が故意又は過倱により自己の営業䞊の利益を䟵害した者に察しその䟵害により自己が受けた損害の賠償を請求する堎合においお、その者がその䟵害の行為を組成した物を譲枡したずきは、その譲枡した物の数量以䞋この項においお「譲枡数量」ずいう。に、被䟵害者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた物の単䜍数量圓たりの利益の額を乗じお埗た額を、被䟵害者の圓該物に係る販売その他の行為を行う胜力に応じた額を超えない限床においお、被䟵害者が受けた損害の額ずするこずができる。ただし、譲枡数量の党郚又は䞀郚に盞圓する数量を被䟵害者が販売するこずができないずする事情があるずきは、圓該事情に盞圓する数量に応じた額を控陀するものずする。
  䞍正競争によっお営業䞊の利益を䟵害された者が故意又は過倱により自己の営業䞊の利益を䟵害した者に察しその䟵害により自己が受けた損害の賠償を請求する堎合においお、その者がその䟵害の行為により利益を受けおいるずきは、その利益の額は、その営業䞊の利益を䟵害された者が受けた損害の額ず掚定する。
  第二条第䞀項第䞀号から第九号たで、第十䞉号又は第十六号に掲げる䞍正競争によっお営業䞊の利益を䟵害された者は、故意又は過倱により自己の営業䞊の利益を䟵害した者に察し、次の各号に掲げる䞍正競争の区分に応じお圓該各号に定める行為に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額の金銭を、自己が受けた損害の額ずしおその賠償を請求するこずができる。
侀  第二条第䞀項第䞀号又は第二号に掲げる䞍正競争 圓該䟵害に係る商品等衚瀺の䜿甚
二  第二条第䞀項第䞉号に掲げる䞍正競争 圓該䟵害に係る商品の圢態の䜿甚
侉  第二条第䞀項第四号から第九号たでに掲げる䞍正競争 圓該䟵害に係る営業秘密の䜿甚
四  第二条第䞀項第十䞉号に掲げる䞍正競争 圓該䟵害に係るドメむン名の䜿甚
五  第二条第䞀項第十六号に掲げる䞍正競争 圓該䟵害に係る商暙の䜿甚
  前項の芏定は、同項に芏定する金額を超える損害の賠償の請求を劚げない。この堎合においお、その営業䞊の利益を䟵害した者に故意又は重倧な過倱がなかったずきは、裁刀所は、損害の賠償の額を定めるに぀いお、これを参酌するこずができる。

技術䞊の秘密を取埗した者の圓該技術䞊の秘密を䜿甚する行為等の掚定
第五条の二  技術䞊の秘密生産方法その他政什で定める情報に係るものに限る。以䞋この条においお同じ。に぀いお第二条第䞀項第四号、第五号又は第八号に芏定する行為営業秘密を取埗する行為に限る。があった堎合においお、その行為をした者が圓該技術䞊の秘密を䜿甚する行為により生ずる物の生産その他技術䞊の秘密を䜿甚したこずが明らかな行為ずしお政什で定める行為以䞋この条においお「生産等」ずいう。をしたずきは、その者は、それぞれ圓該各号に芏定する行為営業秘密を䜿甚する行為に限る。ずしお生産等をしたものず掚定する。

具䜓的態様の明瀺矩務
第六条  䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟においお、䞍正競争によっお営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがあるず䞻匵する者が䟵害の行為を組成したものずしお䞻匵する物又は方法の具䜓的態様を吊認するずきは、盞手方は、自己の行為の具䜓的態様を明らかにしなければならない。ただし、盞手方においお明らかにするこずができない盞圓の理由があるずきは、この限りでない。

曞類の提出等
第䞃条  裁刀所は、䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟においおは、圓事者の申立おにより、圓事者に察し、圓該䟵害行為に぀いお立蚌するため、又は圓該䟵害の行為による損害の蚈算をするため必芁な曞類の提出を呜ずるこずができる。ただし、その曞類の所持者においおその提出を拒むこずに぀いお正圓な理由があるずきは、この限りでない。
  裁刀所は、前項ただし曞に芏定する正圓な理由があるかどうかの刀断をするため必芁があるず認めるずきは、曞類の所持者にその提瀺をさせるこずができる。この堎合においおは、䜕人も、その提瀺された曞類の開瀺を求めるこずができない。
  裁刀所は、前項の堎合においお、第䞀項ただし曞に芏定する正圓な理由があるかどうかに぀いお前項埌段の曞類を開瀺しおその意芋を聎くこずが必芁であるず認めるずきは、圓事者等圓事者法人である堎合にあっおは、その代衚者又は圓事者の代理人蚎蚟代理人及び補䜐人を陀く。、䜿甚人その他の埓業者をいう。以䞋同じ。、蚎蚟代理人又は補䜐人に察し、圓該曞類を開瀺するこずができる。
  前䞉項の芏定は、䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟における圓該䟵害行為に぀いお立蚌するため必芁な怜蚌の目的の提瀺に぀いお準甚する。

損害蚈算のための鑑定
第八条  䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟においお、圓事者の申立おにより、裁刀所が圓該䟵害の行為による損害の蚈算をするため必芁な事項に぀いお鑑定を呜じたずきは、圓事者は、鑑定人に察し、圓該鑑定をするため必芁な事項に぀いお説明しなければならない。

盞圓な損害額の認定
第九条  䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟においお、損害が生じたこずが認められる堎合においお、損害額を立蚌するために必芁な事実を立蚌するこずが圓該事実の性質䞊極めお困難であるずきは、裁刀所は、口頭匁論の党趣旚及び蚌拠調べの結果に基づき、盞圓な損害額を認定するこずができる。

秘密保持呜什
第十条  裁刀所は、䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟においお、その圓事者が保有する営業秘密に぀いお、次に掲げる事由のいずれにも該圓するこずに぀き疎明があった堎合には、圓事者の申立おにより、決定で、圓事者等、蚎蚟代理人又は補䜐人に察し、圓該営業秘密を圓該蚎蚟の远行の目的以倖の目的で䜿甚し、又は圓該営業秘密に係るこの項の芏定による呜什を受けた者以倖の者に開瀺しおはならない旚を呜ずるこずができる。ただし、その申立おの時たでに圓事者等、蚎蚟代理人又は補䜐人が第䞀号に芏定する準備曞面の閲読又は同号に芏定する蚌拠の取調べ若しくは開瀺以倖の方法により圓該営業秘密を取埗し、又は保有しおいた堎合は、この限りでない。
侀  既に提出され若しくは提出されるべき準備曞面に圓事者の保有する営業秘密が蚘茉され、又は既に取り調べられ若しくは取り調べられるべき蚌拠第䞃条第䞉項の芏定により開瀺された曞類又は第十䞉条第四項の芏定により開瀺された曞面を含む。の内容に圓事者の保有する営業秘密が含たれるこず。
二  前号の営業秘密が圓該蚎蚟の远行の目的以倖の目的で䜿甚され、又は圓該営業秘密が開瀺されるこずにより、圓該営業秘密に基づく圓事者の事業掻動に支障を生ずるおそれがあり、これを防止するため圓該営業秘密の䜿甚又は開瀺を制限する必芁があるこず。
  前項の芏定による呜什以䞋「秘密保持呜什」ずいう。の申立おは、次に掲げる事項を蚘茉した曞面でしなければならない。
侀  秘密保持呜什を受けるべき者
二  秘密保持呜什の察象ずなるべき営業秘密を特定するに足りる事実
侉  前項各号に掲げる事由に該圓する事実
  秘密保持呜什が発せられた堎合には、その決定曞を秘密保持呜什を受けた者に送達しなければならない。
  秘密保持呜什は、秘密保持呜什を受けた者に察する決定曞の送達がされた時から、効力を生ずる。
  秘密保持呜什の申立おを华䞋した裁刀に察しおは、即時抗告をするこずができる。

秘密保持呜什の取消し
第十䞀条  秘密保持呜什の申立おをした者又は秘密保持呜什を受けた者は、蚎蚟蚘録の存する裁刀所蚎蚟蚘録の存する裁刀所がない堎合にあっおは、秘密保持呜什を発した裁刀所に察し、前条第䞀項に芏定する芁件を欠くこず又はこれを欠くに至ったこずを理由ずしお、秘密保持呜什の取消しの申立おをするこずができる。
  秘密保持呜什の取消しの申立おに぀いおの裁刀があった堎合には、その決定曞をその申立おをした者及び盞手方に送達しなければならない。
  秘密保持呜什の取消しの申立おに぀いおの裁刀に察しおは、即時抗告をするこずができる。
  秘密保持呜什を取り消す裁刀は、確定しなければその効力を生じない。
  裁刀所は、秘密保持呜什を取り消す裁刀をした堎合においお、秘密保持呜什の取消しの申立おをした者又は盞手方以倖に圓該秘密保持呜什が発せられた蚎蚟においお圓該営業秘密に係る秘密保持呜什を受けおいる者があるずきは、その者に察し、盎ちに、秘密保持呜什を取り消す裁刀をした旚を通知しなければならない。

蚎蚟蚘録の閲芧等の請求の通知等
第十二条  秘密保持呜什が発せられた蚎蚟すべおの秘密保持呜什が取り消された蚎蚟を陀く。に係る蚎蚟蚘録に぀き、民事蚎蚟法 平成八幎法埋第癟九号第九十二条第䞀項 の決定があった堎合においお、圓事者から同項 に芏定する秘密蚘茉郚分の閲芧等の請求があり、か぀、その請求の手続を行った者が圓該蚎蚟においお秘密保持呜什を受けおいない者であるずきは、裁刀所曞蚘官は、同項 の申立おをした圓事者その請求をした者を陀く。第䞉項においお同じ。に察し、その請求埌盎ちに、その請求があった旚を通知しなければならない。
  前項の堎合においお、裁刀所曞蚘官は、同項の請求があった日から二週間を経過する日たでの間その請求の手続を行った者に察する秘密保持呜什の申立おがその日たでにされた堎合にあっおは、その申立おに぀いおの裁刀が確定するたでの間、その請求の手続を行った者に同項の秘密蚘茉郚分の閲芧等をさせおはならない。
  前二項の芏定は、第䞀項の請求をした者に同項の秘密蚘茉郚分の閲芧等をさせるこずに぀いお民事蚎蚟法第九十二条第䞀項 の申立おをした圓事者のすべおの同意があるずきは、適甚しない。

圓事者尋問等の公開停止
第十䞉条  䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害に係る蚎蚟における圓事者等が、その䟵害の有無に぀いおの刀断の基瀎ずなる事項であっお圓事者の保有する営業秘密に該圓するものに぀いお、圓事者本人若しくは法定代理人又は蚌人ずしお尋問を受ける堎合においおは、裁刀所は、裁刀官の党員䞀臎により、その圓事者等が公開の法廷で圓該事項に぀いお陳述をするこずにより圓該営業秘密に基づく圓事者の事業掻動に著しい支障を生ずるこずが明らかであるこずから圓該事項に぀いお十分な陳述をするこずができず、か぀、圓該陳述を欠くこずにより他の蚌拠のみによっおは圓該事項を刀断の基瀎ずすべき䞍正競争による営業䞊の利益の䟵害の有無に぀いおの適正な裁刀をするこずができないず認めるずきは、決定で、圓該事項の尋問を公開しないで行うこずができる。
  裁刀所は、前項の決定をするに圓たっおは、あらかじめ、圓事者等の意芋を聎かなければならない。
  裁刀所は、前項の堎合においお、必芁があるず認めるずきは、圓事者等にその陳述すべき事項の芁領を蚘茉した曞面の提瀺をさせるこずができる。この堎合においおは、䜕人も、その提瀺された曞面の開瀺を求めるこずができない。
  裁刀所は、前項埌段の曞面を開瀺しおその意芋を聎くこずが必芁であるず認めるずきは、圓事者等、蚎蚟代理人又は補䜐人に察し、圓該曞面を開瀺するこずができる。
  裁刀所は、第䞀項の芏定により圓該事項の尋問を公開しないで行うずきは、公衆を退廷させる前に、その旚を理由ずずもに蚀い枡さなければならない。圓該事項の尋問が終了したずきは、再び公衆を入廷させなければならない。

信甚回埩の措眮
第十四条  故意又は過倱により䞍正競争を行っお他人の営業䞊の信甚を害した者に察しおは、裁刀所は、その営業䞊の信甚を害された者の請求により、損害の賠償に代え、又は損害の賠償ずずもに、その者の営業䞊の信甚を回埩するのに必芁な措眮を呜ずるこずができる。

消滅時効
第十五条  第二条第䞀項第四号から第九号たでに掲げる䞍正競争のうち、営業秘密を䜿甚する行為に察する第䞉条第䞀項の芏定による䟵害の停止又は予防を請求する暩利は、その行為を行う者がその行為を継続する堎合においお、その行為により営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがある保有者がその事実及びその行為を行う者を知った時から䞉幎間行わないずきは、時効によっお消滅する。その行為の開始の時から二十幎を経過したずきも、同様ずする。

䞍正競争防止法 vol.3

第䞉章 囜際玄束に基づく犁止行為

倖囜の囜旗等の商業䞊の䜿甚犁止
第十六条  䜕人も、倖囜の囜旗若しくは囜の王章その他の蚘章であっお経枈産業省什で定めるもの以䞋「倖囜囜旗等」ずいう。ず同䞀若しくは類䌌のもの以䞋「倖囜囜旗等類䌌蚘章」ずいう。を商暙ずしお䜿甚し、又は倖囜囜旗等類䌌蚘章を商暙ずしお䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは倖囜囜旗等類䌌蚘章を商暙ずしお䜿甚しお圹務を提䟛しおはならない。ただし、その倖囜囜旗等の䜿甚の蚱可蚱可に類する行政凊分を含む。以䞋同じ。を行う暩限を有する倖囜の官庁の蚱可を受けたずきは、この限りでない。
  前項に芏定するもののほか、䜕人も、商品の原産地を誀認させるような方法で、同項の経枈産業省什で定める倖囜の囜の王章以䞋「倖囜王章」ずいう。を䜿甚し、又は倖囜王章を䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは倖囜王章を䜿甚しお圹務を提䟛しおはならない。ただし、その倖囜王章の䜿甚の蚱可を行う暩限を有する倖囜の官庁の蚱可を受けたずきは、この限りでない。
  䜕人も、倖囜の政府若しくは地方公共団䜓の監督甚若しくは蚌明甚の印章若しくは蚘号であっお経枈産業省什で定めるもの以䞋「倖囜政府等蚘号」ずいう。ず同䞀若しくは類䌌のもの以䞋「倖囜政府等類䌌蚘号」ずいう。をその倖囜政府等蚘号が甚いられおいる商品若しくは圹務ず同䞀若しくは類䌌の商品若しくは圹務の商暙ずしお䜿甚し、又は倖囜政府等類䌌蚘号を圓該商暙ずしお䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは倖囜政府等類䌌蚘号を圓該商暙ずしお䜿甚しお圹務を提䟛しおはならない。ただし、その倖囜政府等蚘号の䜿甚の蚱可を行う暩限を有する倖囜の官庁の蚱可を受けたずきは、この限りでない。

囜際機関の暙章の商業䞊の䜿甚犁止
第十䞃条  䜕人も、その囜際機関政府間の囜際機関及びこれに準ずるものずしお経枈産業省什で定める囜際機関をいう。以䞋この条においお同じ。ず関係があるず誀認させるような方法で、囜際機関を衚瀺する暙章であっお経枈産業省什で定めるものず同䞀若しくは類䌌のもの以䞋「囜際機関類䌌暙章」ずいう。を商暙ずしお䜿甚し、又は囜際機関類䌌暙章を商暙ずしお䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは囜際機関類䌌暙章を商暙ずしお䜿甚しお圹務を提䟛しおはならない。ただし、この囜際機関の蚱可を受けたずきは、この限りでない。

倖囜公務員等に察する䞍正の利益の䟛䞎等の犁止
第十八条  䜕人も、倖囜公務員等に察し、囜際的な商取匕に関しお営業䞊の䞍正の利益を埗るために、その倖囜公務員等に、その職務に関する行為をさせ若しくはさせないこず、又はその地䜍を利甚しお他の倖囜公務員等にその職務に関する行為をさせ若しくはさせないようにあっせんをさせるこずを目的ずしお、金銭その他の利益を䟛䞎し、又はその申蟌み若しくは玄束をしおはならない。
  前項においお「倖囜公務員等」ずは、次に掲げる者をいう。
侀  倖囜の政府又は地方公共団䜓の公務に埓事する者
二  公共の利益に関する特定の事務を行うために倖囜の特別の法什により蚭立されたものの事務に埓事する者
侉  䞀又は二以䞊の倖囜の政府又は地方公共団䜓により、発行枈株匏のうち議決暩のある株匏の総数若しくは出資の金額の総額の癟分の五十を超える圓該株匏の数若しくは出資の金額を盎接に所有され、又は圹員取締圹、監査圹、理事、監事及び枅算人䞊びにこれら以倖の者で事業の経営に埓事しおいるものをいう。の過半数を任呜され若しくは指名されおいる事業者であっお、その事業の遂行に圓たり、倖囜の政府又は地方公共団䜓から特に暩益を付䞎されおいるものの事務に埓事する者その他これに準ずる者ずしお政什で定める者
四  囜際機関政府又は政府間の囜際機関によっお構成される囜際機関をいう。次号においお同じ。の公務に埓事する者
五  倖囜の政府若しくは地方公共団䜓又は囜際機関の暩限に属する事務であっお、これらの機関から委任されたものに埓事する者

䞍正競争防止法 vol.4

第四章 雑則

適甚陀倖等
第十九条  第䞉条から第十五条たで、第二十䞀条第二項第䞃号に係る郚分を陀く。及び第二十二条の芏定は、次の各号に掲げる䞍正競争の区分に応じお圓該各号に定める行為に぀いおは、適甚しない。
侀  第二条第䞀項第䞀号、第二号、第十四号及び第十六号に掲げる䞍正競争 商品若しくは営業の普通名称ぶどうを原料又は材料ずする物の原産地の名称であっお、普通名称ずなったものを陀く。若しくは同䞀若しくは類䌌の商品若しくは営業に぀いお慣甚されおいる商品等衚瀺以䞋「普通名称等」ず総称する。を普通に甚いられる方法で䜿甚し、若しくは衚瀺をし、又は普通名称等を普通に甚いられる方法で䜿甚し、若しくは衚瀺をした商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為同項第十四号及び第十六号に掲げる䞍正競争の堎合にあっおは、普通名称等を普通に甚いられる方法で衚瀺をし、又は䜿甚しお圹務を提䟛する行為を含む。
二  第二条第䞀項第䞀号、第二号及び第十六号に掲げる䞍正競争 自己の氏名を䞍正の目的䞍正の利益を埗る目的、他人に損害を加える目的その他の䞍正の目的をいう。以䞋同じ。でなく䜿甚し、又は自己の氏名を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為同号に掲げる䞍正競争の堎合にあっおは、自己の氏名を䞍正の目的でなく䜿甚しお圹務を提䟛する行為を含む。
侉  第二条第䞀項第䞀号に掲げる䞍正競争 他人の商品等衚瀺が需芁者の間に広く認識される前からその商品等衚瀺ず同䞀若しくは類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者又はその商品等衚瀺に係る業務を承継した者がその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為
四  第二条第䞀項第二号に掲げる䞍正競争 他人の商品等衚瀺が著名になる前からその商品等衚瀺ず同䞀若しくは類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者又はその商品等衚瀺に係る業務を承継した者がその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為
五  第二条第䞀項第䞉号に掲げる䞍正競争 次のいずれかに掲げる行為
む 日本囜内においお最初に販売された日から起算しお䞉幎を経過した商品に぀いお、その商品の圢態を暡倣した商品を譲枡し、貞し枡し、譲枡若しくは貞枡しのために展瀺し、茞出し、又は茞入する行為
ロ 他人の商品の圢態を暡倣した商品を譲り受けた者その譲り受けた時にその商品が他人の商品の圢態を暡倣した商品であるこずを知らず、か぀、知らないこずに぀き重倧な過倱がない者に限る。がその商品を譲枡し、貞し枡し、譲枡若しくは貞枡しのために展瀺し、茞出し、又は茞入する行為
六  第二条第䞀項第四号から第九号たでに掲げる䞍正競争 取匕によっお営業秘密を取埗した者その取埗した時にその営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為であるこず又はその営業秘密に぀いお䞍正取埗行為若しくは䞍正開瀺行為が介圚したこずを知らず、か぀、知らないこずに぀き重倧な過倱がない者に限る。がその取匕によっお取埗した暩原の範囲内においおその営業秘密を䜿甚し、又は開瀺する行為
䞃  第二条第䞀項第十号に掲げる䞍正競争 第十五条の芏定により同条に芏定する暩利が消滅した埌にその営業秘密を䜿甚する行為により生じた物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する行為
八  第二条第䞀項第十䞀号及び第十二号に掲げる䞍正競争 技術的制限手段の詊隓又は研究のために甚いられる同項第十䞀号及び第十二号に芏定する装眮若しくはこれらの号に芏定するプログラムを蚘録した蚘録媒䜓若しくは蚘憶した機噚を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、若しくは茞入し、又は圓該プログラムを電気通信回線を通じお提䟛する行為
  前項第二号又は第䞉号に掲げる行為によっお営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがある者は、次の各号に掲げる行為の区分に応じお圓該各号に定める者に察し、自己の商品又は営業ずの混同を防ぐのに適圓な衚瀺を付すべきこずを請求するこずができる。
侀  前項第二号に掲げる行為 自己の氏名を䜿甚する者自己の氏名を䜿甚した商品を自ら譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する者を含む。
二  前項第䞉号に掲げる行為 他人の商品等衚瀺ず同䞀又は類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者及びその商品等衚瀺に係る業務を承継した者その商品等衚瀺を䜿甚した商品を自ら譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する者を含む。

政什等ぞの委任
第十九条の二  この法埋に定めるもののほか、没収保党ず滞玍凊分ずの手続の調敎に぀いお必芁な事項で、滞玍凊分に関するものは、政什で定める。
  この法埋に定めるもののほか、第䞉十二条の芏定による第䞉者の参加及び裁刀に関する手続、第八章に芏定する没収保党及び远城保党に関する手続䞊びに第九章に芏定する囜際共助手続に぀いお必芁な事項前項に芏定する事項を陀く。は、最高裁刀所芏則で定める。

経過措眮
第二十条  この法埋の芏定に基づき政什又は経枈産業省什を制定し、又は改廃する堎合においおは、その政什又は経枈産業省什で、その制定又は改廃に䌎い合理的に必芁ず刀断される範囲内においお、所芁の経過措眮眰則に関する経過措眮を含む。を定めるこずができる。

䞍正競争防止法 vol.5

第五章 眰則

眰則
第二十䞀条  次の各号のいずれかに該圓する者は、十幎以䞋の懲圹若しくは二千䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、詐欺等行為人を欺き、人に暎行を加え、又は人を脅迫する行為をいう。以䞋この条においお同じ。又は管理䟵害行為財物の窃取、斜蚭ぞの䟵入、䞍正アクセス行為䞍正アクセス行為の犁止等に関する法埋 平成十䞀幎法埋第癟二十八号第二条第四項 に芏定する䞍正アクセス行為をいう。その他の保有者の管理を害する行為をいう。以䞋この条においお同じ。により、営業秘密を取埗した者
二  詐欺等行為又は管理䟵害行為により取埗した営業秘密を、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、䜿甚し、又は開瀺した者
侉  営業秘密を保有者から瀺された者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、次のいずれかに掲げる方法でその営業秘密を領埗した者
む 営業秘密蚘録媒䜓等営業秘密が蚘茉され、又は蚘録された文曞、図画又は蚘録媒䜓をいう。以䞋この号においお同じ。又は営業秘密が化䜓された物件を暪領するこず。
ロ 営業秘密蚘録媒䜓等の蚘茉若しくは蚘録に぀いお、又は営業秘密が化䜓された物件に぀いお、その耇補を䜜成するこず。
ハ 営業秘密蚘録媒䜓等の蚘茉又は蚘録であっお、消去すべきものを消去せず、か぀、圓該蚘茉又は蚘録を消去したように仮装するこず。
四  営業秘密を保有者から瀺された者であっお、その営業秘密の管理に係る任務に背いお前号むからハたでに掲げる方法により領埗した営業秘密を、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、䜿甚し、又は開瀺した者
五  営業秘密を保有者から瀺されたその圹員理事、取締圹、執行圹、業務を執行する瀟員、監事若しくは監査圹又はこれらに準ずる者をいう。次号においお同じ。又は埓業者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者前号に掲げる者を陀く。
六  営業秘密を保有者から瀺されたその圹員又は埓業者であった者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その圚職䞭に、その営業秘密の管理に係る任務に背いおその営業秘密の開瀺の申蟌みをし、又はその営業秘密の䜿甚若しくは開瀺に぀いお請蚗を受けお、その営業秘密をその職を退いた埌に䜿甚し、又は開瀺した者第四号に掲げる者を陀く。
䞃  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、第二号若しくは前䞉号の眪又は第䞉項第二号の眪第二号及び前䞉号の眪に圓たる開瀺に係る郚分に限る。に圓たる開瀺によっお営業秘密を取埗しお、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者
八  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、第二号若しくは第四号から前号たでの眪又は第䞉項第二号の眪第二号及び第四号から前号たでの眪に圓たる開瀺に係る郚分に限る。に圓たる開瀺が介圚したこずを知っお営業秘密を取埗しお、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者
九  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、自己又は他人の第二号若しくは第四号から前号たで又は第䞉項第䞉号の眪に圓たる行為技術䞊の秘密を䜿甚する行為に限る。以䞋この号及び次条第䞀項第二号においお「違法䜿甚行為」ずいう。により生じた物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛した者圓該物が違法䜿甚行為により生じた物であるこずの情を知らないで譲り受け、圓該物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛した者を陀く。
  次の各号のいずれかに該圓する者は、五幎以䞋の懲圹若しくは五癟䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  䞍正の目的をもっお第二条第䞀項第䞀号又は第十四号に掲げる䞍正競争を行った者
二  他人の著名な商品等衚瀺に係る信甚若しくは名声を利甚しお䞍正の利益を埗る目的で、又は圓該信甚若しくは名声を害する目的で第二条第䞀項第二号に掲げる䞍正競争を行った者
侉  䞍正の利益を埗る目的で第二条第䞀項第䞉号に掲げる䞍正競争を行った者
四  䞍正の利益を埗る目的で、又は営業䞊技術的制限手段を甚いおいる者に損害を加える目的で、第二条第䞀項第十䞀号又は第十二号に掲げる䞍正競争を行った者
五  商品若しくは圹務若しくはその広告若しくは取匕に甚いる曞類若しくは通信にその商品の原産地、品質、内容、補造方法、甚途若しくは数量又はその圹務の質、内容、甚途若しくは数量に぀いお誀認させるような虚停の衚瀺をした者第䞀号に掲げる者を陀く。
六  秘密保持呜什に違反した者
䞃  第十六条、第十䞃条又は第十八条第䞀項の芏定に違反した者
  次の各号のいずれかに該圓する者は、十幎以䞋の懲圹若しくは䞉千䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  日本囜倖においお䜿甚する目的で、第䞀項第䞀号又は第䞉号の眪を犯した者
二  盞手方に日本囜倖においお第䞀項第二号又は第四号から第八号たでの眪に圓たる䜿甚をする目的があるこずの情を知っお、これらの眪に圓たる開瀺をした者
侉  日本囜内においお事業を行う保有者の営業秘密に぀いお、日本囜倖においお第䞀項第二号又は第四号から第八号たでの眪に圓たる䜿甚をした者
  第䞀項第䞉号を陀く。䞊びに前項第䞀号第䞀項第䞉号に係る郚分を陀く。、第二号及び第䞉号の眪の未遂は、眰する。
  第二項第六号の眪は、告蚎がなければ公蚎を提起するこずができない。
  第䞀項各号第九号を陀く。、第䞉項第䞀号若しくは第二号又は第四項第䞀項第九号に係る郚分を陀く。の眪は、日本囜内においお事業を行う保有者の営業秘密に぀いお、日本囜倖においおこれらの眪を犯した者にも適甚する。
  第二項第六号の眪は、日本囜倖においお同号の眪を犯した者にも適甚する。
  第二項第䞃号第十八条第䞀項に係る郚分に限る。の眪は、刑法 明治四十幎法埋第四十五号第䞉条 の䟋に埓う。
  第䞀項から第四項たでの芏定は、刑法 その他の眰則の適甚を劚げない。
  次に掲げる財産は、これを没収するこずができる。
侀  第䞀項、第䞉項及び第四項の眪の犯眪行為により生じ、若しくは圓該犯眪行為により埗た財産又は圓該犯眪行為の報酬ずしお埗た財産
二  前号に掲げる財産の果実ずしお埗た財産、同号に掲げる財産の察䟡ずしお埗た財産、これらの財産の察䟡ずしお埗た財産その他同号に掲げる財産の保有又は凊分に基づき埗た財産
  組織的な犯眪の凊眰及び犯眪収益の芏制等に関する法埋 平成十䞀幎法埋第癟䞉十六号。以䞋「組織的犯眪凊眰法」ずいう。第十四条 及び第十五条 の芏定は、前項の芏定による没収に぀いお準甚する。この堎合においお、組織的犯眪凊眰法第十四条 䞭「前条第䞀項各号又は第四項各号」ずあるのは、「䞍正競争防止法第二十䞀条第十項各号」ず読み替えるものずする。
  第十項各号に掲げる財産を没収するこずができないずき、又は圓該財産の性質、その䜿甚の状況、圓該財産に関する犯人以倖の者の暩利の有無その他の事情からこれを没収するこずが盞圓でないず認められるずきは、その䟡額を犯人から远城するこずができる。

第二十二条  法人の代衚者又は法人若しくは人の代理人、䜿甚人その他の埓業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる芏定の違反行為をしたずきは、行為者を眰するほか、その法人に察しお圓該各号に定める眰金刑を、その人に察しお各本条の眰金刑を科する。
侀  前条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。若しくは第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。又は第四項同条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。及び第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。に係る郚分に限る。 十億円以䞋の眰金刑
二  前条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号若しくは第九号同項第四号から第六号たで又は同条第䞉項第䞉号同条第䞀項第四号から第六号たでに係る郚分に限る。の眪に係る違法䜿甚行為以䞋この号及び第䞉項においお「特定違法䜿甚行為」ずいう。をした者が該圓する堎合を陀く。又は第四項同条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号及び第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。に係る郚分に限る。 五億円以䞋の眰金刑
侉  前条第二項 䞉億円以䞋の眰金刑
  前項の堎合においお、圓該行為者に察しおした前条第二項第六号の眪に係る同条第五項の告蚎は、その法人又は人に察しおも効力を生じ、その法人又は人に察しおした告蚎は、圓該行為者に察しおも効力を生ずるものずする。
  第䞀項の芏定により前条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号若しくは第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。、第二項、第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。若しくは第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。又は第四項同条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号及び第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。䞊びに同条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。及び第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。に係る郚分に限る。の違反行為に぀き法人又は人に眰金刑を科する堎合における時効の期間は、これらの芏定の眪に぀いおの時効の期間による。

䞍正競争防止法 vol.6

第六章 刑事蚎蚟手続の特䟋

営業秘密の秘匿決定等
第二十䞉条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項若しくは第四項の眪又は前条第䞀項第䞉号を陀く。の眪に係る事件を取り扱う堎合においお、圓該事件の被害者若しくは圓該被害者の法定代理人又はこれらの者から委蚗を受けた匁護士から、圓該事件に係る営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項を公開の法廷で明らかにされたくない旚の申出があるずきは、被告人又は匁護人の意芋を聎き、盞圓ず認めるずきは、その範囲を定めお、圓該事項を公開の法廷で明らかにしない旚の決定をするこずができる。
  前項の申出は、あらかじめ、怜察官にしなければならない。この堎合においお、怜察官は、意芋を付しお、これを裁刀所に通知するものずする。
  裁刀所は、第䞀項に芏定する事件を取り扱う堎合においお、怜察官又は被告人若しくは匁護人から、被告人その他の者の保有する営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項を公開の法廷で明らかにされたくない旚の申出があるずきは、盞手方の意芋を聎き、圓該事項が犯眪の蚌明又は被告人の防埡のために䞍可欠であり、か぀、圓該事項が公開の法廷で明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあるず認める堎合であっお、盞圓ず認めるずきは、その範囲を定めお、圓該事項を公開の法廷で明らかにしない旚の決定をするこずができる。
  裁刀所は、第䞀項又は前項の決定以䞋「秘匿決定」ずいう。をした堎合においお、必芁があるず認めるずきは、怜察官及び被告人又は匁護人の意芋を聎き、決定で、営業秘密構成情報特定事項秘匿決定により公開の法廷で明らかにしないこずずされた営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項をいう。以䞋同じ。に係る名称その他の衚珟に代わる呌称その他の衚珟を定めるこずができる。
  裁刀所は、秘匿決定をした事件に぀いお、営業秘密構成情報特定事項を公開の法廷で明らかにしないこずが盞圓でないず認めるに至ったずき、又は刑事蚎蚟法 昭和二十䞉幎法埋第癟䞉十䞀号第䞉癟十二条 の芏定により眰条が撀回若しくは倉曎されたため第䞀項 に芏定する事件に該圓しなくなったずきは、決定で、秘匿決定の党郚又は䞀郚及び圓該秘匿決定に係る前項の決定以䞋「呌称等の決定」ずいう。の党郚又は䞀郚を取り消さなければならない。

起蚎状の朗読方法の特䟋
第二十四条  秘匿決定があったずきは、刑事蚎蚟法第二癟九十䞀条第䞀項 の起蚎状の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものずする。この堎合においおは、怜察官は、被告人に起蚎状を瀺さなければならない。

尋問等の制限
第二十五条  裁刀長は、秘匿決定があった堎合においお、蚎蚟関係人のする尋問又は陳述が営業秘密構成情報特定事項にわたるずきは、これを制限するこずにより、犯眪の蚌明に重倧な支障を生ずるおそれがある堎合又は被告人の防埡に実質的な䞍利益を生ずるおそれがある堎合を陀き、圓該尋問又は陳述を制限するこずができる。蚎蚟関係人の被告人に察する䟛述を求める行為に぀いおも、同様ずする。
  刑事蚎蚟法第二癟九十五条第四項 及び第五項 の芏定は、前項の芏定による呜什を受けた怜察官又は匁護士である匁護人がこれに埓わなかった堎合に぀いお準甚する。

公刀期日倖の蚌人尋問等
第二十六条  裁刀所は、秘匿決定をした堎合においお、蚌人、鑑定人、通蚳人若しくは翻蚳人を尋問するずき、又は被告人が任意に䟛述をするずきは、怜察官及び被告人又は匁護人の意芋を聎き、蚌人、鑑定人、通蚳人若しくは翻蚳人の尋問若しくは䟛述又は被告人に察する䟛述を求める行為若しくは被告人の䟛述が営業秘密構成情報特定事項にわたり、か぀、これが公開の法廷で明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあり、これを防止するためやむを埗ないず認めるずきは、公刀期日倖においお圓該尋問又は刑事蚎蚟法第䞉癟十䞀条第二項 及び第䞉項 に芏定する被告人の䟛述を求める手続をするこずができる。
  刑事蚎蚟法第癟五十䞃条第䞀項 及び第二項 、第癟五十八条第二項及び第䞉項、第癟五十九条第䞀項、第二癟䞃十䞉条第二項、第二癟䞃十四条䞊びに第䞉癟䞉条の芏定は、前項の芏定による被告人の䟛述を求める手続に぀いお準甚する。この堎合においお、同法第癟五十䞃条第䞀項 、第癟五十八条第䞉項及び第癟五十九条第䞀項䞭「被告人又は匁護人」ずあるのは「匁護人、共同被告人又はその匁護人」ず、同法第癟五十八条第二項 䞭「被告人及び匁護人」ずあるのは「匁護人、共同被告人及びその匁護人」ず、同法第二癟䞃十䞉条第二項 䞭「公刀期日」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の期日」ず、同法第二癟䞃十四条䞭「公刀期日」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の日時及び堎所」ず、同法第䞉癟䞉条䞭「蚌人その他の者の尋問、怜蚌、抌収及び捜玢の結果を蚘茉した曞面䞊びに抌収した物」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の結果を蚘茉した曞面」ず、「蚌拠曞類又は蚌拠物」ずあるのは「蚌拠曞類」ず読み替えるものずする。

尋問等に係る事項の芁領を蚘茉した曞面の提瀺呜什
第二十䞃条  裁刀所は、呌称等の決定をし、又は前条第䞀項の芏定により尋問若しくは被告人の䟛述を求める手続を公刀期日倖においおする旚を定めるに圓たり、必芁があるず認めるずきは、怜察官及び被告人又は匁護人に察し、蚎蚟関係人のすべき尋問若しくは陳述又は被告人に察する䟛述を求める行為に係る事項の芁領を蚘茉した曞面の提瀺を呜ずるこずができる。

蚌拠曞類の朗読方法の特䟋
第二十八条  秘匿決定があったずきは、刑事蚎蚟法第䞉癟五条第䞀項 又は第二項 の芏定による蚌拠曞類の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものずする。

公刀前敎理手続等における決定
第二十九条  次に掲げる事項は、公刀前敎理手続及び期日間敎理手続においお行うこずができる。
侀  秘匿決定若しくは呌称等の決定又はこれらの決定を取り消す決定をするこず。
二  第二十六条第䞀項の芏定により尋問又は被告人の䟛述を求める手続を公刀期日倖においおする旚を定めるこず。

蚌拠開瀺の際の営業秘密の秘匿芁請
第䞉十条  怜察官又は匁護人は、第二十䞉条第䞀項に芏定する事件に぀いお、刑事蚎蚟法第二癟九十九条第䞀項 の芏定により蚌拠曞類又は蚌拠物を閲芧する機䌚を䞎えるに圓たり、第二十䞉条第䞀項又は第䞉項に芏定する営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項が明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあるず認めるずきは、盞手方に察し、その旚を告げ、圓該事項が、犯眪の蚌明若しくは犯眪の捜査又は被告人の防埡に関し必芁がある堎合を陀き、関係者被告人を含む。に知られないようにするこずを求めるこずができる。ただし、被告人に知られないようにするこずを求めるこずに぀いおは、圓該事項のうち起蚎状に蚘茉された事項以倖のものに限る。
  前項の芏定は、怜察官又は匁護人が刑事蚎蚟法第二線第䞉章第二節第䞀欟第二目 同法第䞉癟十六条の二十八第二項 においお準甚する堎合を含む。の芏定による蚌拠の開瀺をする堎合に぀いお準甚する。

最高裁刀所芏則ぞの委任
第䞉十䞀条  この法埋に定めるもののほか、第二十䞉条から前条たでの芏定の実斜に関し必芁な事項は、最高裁刀所芏則で定める。

䞍正競争防止法 vol.7

第䞃章 没収に関する手続等の特䟋

第䞉者の財産の没収手続等
第䞉十二条  第二十䞀条第十項各号に掲げる財産である債暩等䞍動産及び動産以倖の財産をいう。第䞉十四条においお同じ。が被告人以倖の者以䞋この条においお「第䞉者」ずいう。に垰属する堎合においお、圓該第䞉者が被告事件の手続ぞの参加を蚱されおいないずきは、没収の裁刀をするこずができない。
  第二十䞀条第十項の芏定により、地䞊暩、抵圓暩その他の第䞉者の暩利がその䞊に存圚する財産を没収しようずする堎合においお、圓該第䞉者が被告事件の手続ぞの参加を蚱されおいないずきも、前項ず同様ずする。
  組織的犯眪凊眰法第十八条第䞉項 から第五項 たでの芏定は、地䞊暩、抵圓暩その他の第䞉者の暩利がその䞊に存圚する財産を没収する堎合においお、第二十䞀条第十䞀項においお準甚する組織的犯眪凊眰法第十五条第二項 の芏定により圓該暩利を存続させるべきずきに぀いお準甚する。
  第䞀項及び第二項に芏定する財産の没収に関する手続に぀いおは、この法埋に特別の定めがあるもののほか、刑事事件における第䞉者所有物の没収手続に関する応急措眮法 昭和䞉十八幎法埋第癟䞉十八号の芏定を準甚する。

没収された債暩等の凊分等
第䞉十䞉条  組織的犯眪凊眰法第十九条 の芏定は第二十䞀条第十項 の芏定による没収に぀いお、組織的犯眪凊眰法第二十条 の芏定は暩利の移転に぀いお登蚘又は登録を芁する財産を没収する裁刀に基づき暩利の移転の登蚘又は登録を関係機関に嘱蚗する堎合に぀いお準甚する。この堎合においお、同条 䞭「次章第䞀節」ずあるのは、「䞍正競争防止法第八章」ず読み替えるものずする。

刑事補償の特䟋
第䞉十四条  債暩等の没収の執行に察する刑事補償法 昭和二十五幎法埋第䞀号による補償の内容に぀いおは、同法第四条第六項 の芏定を準甚する。

䞍正競争防止法 vol.8

第八章 保党手続

没収保党呜什
第䞉十五条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項及び第四項の眪に係る被告事件に関し、同条第十項の芏定により没収するこずができる財産以䞋「没収察象財産」ずいう。に圓たるず思料するに足りる盞圓な理由があり、か぀、圓該財産を没収するため必芁があるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、没収保党呜什を発しお、圓該財産に぀き、その凊分を犁止するこずができる。
  裁刀所は、地䞊暩、抵圓暩その他の暩利がその䞊に存圚する財産に぀いお没収保党呜什を発した堎合又は発しようずする堎合においお、圓該暩利が没収により消滅するず思料するに足りる盞圓な理由がある堎合であっお圓該財産を没収するため必芁があるず認めるずき、又は圓該暩利が仮装のものであるず思料するに足りる盞圓の理由があるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、附垯保党呜什を別に発しお、圓該暩利の凊分を犁止するこずができる。
  裁刀官は、前二項に芏定する理由及び必芁があるず認めるずきは、公蚎が提起される前であっおも、怜察官又は叞法譊察員譊察官たる叞法譊察員に぀いおは、囜家公安委員䌚又は郜道府県公安委員䌚が指定する譊郚以䞊の者に限る。の請求により、前二項に芏定する凊分をするこずができる。
  前䞉項に定めるもののほか、これらの芏定による凊分に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第四章第䞀節 及び第䞉節 の芏定による没収保党呜什及び附垯保党呜什による凊分の犁止の䟋による。

远城保党呜什
第䞉十六条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項及び第四項の眪に係る被告事件に関し、同条第十二項の芏定により远城すべき堎合に圓たるず思料するに足りる盞圓な理由がある堎合においお、远城の裁刀の執行をするこずができなくなるおそれがあり、又はその執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、远城保党呜什を発しお、被告人に察し、その財産の凊分を犁止するこずができる。
  裁刀官は、前項に芏定する理由及び必芁があるず認めるずきは、公蚎が提起される前であっおも、怜察官の請求により、同項に芏定する凊分をするこずができる。
  前二項に定めるもののほか、これらの芏定による凊分に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第四章第二節 及び第䞉節 の芏定による远城保党呜什による凊分の犁止の䟋による。

䞍正競争防止法 vol.9

第九章 没収及び远城の裁刀の執行及び保党に぀いおの囜際共助手続等

共助の実斜
第䞉十䞃条  倖囜の刑事事件圓該事件においお犯されたずされおいる犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、圓該行為が第二十䞀条第䞀項、第䞉項又は第四項の眪に圓たる堎合に限る。に関しお、圓該倖囜から、没収若しくは远城の確定裁刀の執行又は没収若しくは远城のための財産の保党の共助の芁請があったずきは、次の各号のいずれかに該圓する堎合を陀き、圓該芁請に係る共助をするこずができる。
侀  共助犯眪共助の芁請においお犯されたずされおいる犯眪をいう。以䞋この項においお同じ。に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、日本囜の法什によればこれに぀いお刑眰を科すこずができないず認められるずき。
二  共助犯眪に係る事件が日本囜の裁刀所に係属するずき、又はその事件に぀いお日本囜の裁刀所においお確定刀決を経たずき。
侉  没収の確定裁刀の執行の共助又は没収のための保党の共助に぀いおは、共助犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、芁請に係る財産が日本囜の法什によれば共助犯眪に぀いお没収の裁刀をし、又は没収保党をするこずができる財産に圓たるものでないずき。
四  远城の確定裁刀の執行の共助又は远城のための保党の共助に぀いおは、共助犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、日本囜の法什によれば共助犯眪に぀いお远城の裁刀をし、又は远城保党をするこずができる堎合に圓たるものでないずき。
五  没収の確定裁刀の執行の共助に぀いおは芁請に係る財産を有し又はその財産の䞊に地䞊暩、抵圓暩その他の暩利を有するず思料するに足りる盞圓な理由のある者が、远城の確定裁刀の執行の共助に぀いおは圓該裁刀を受けた者が、自己の責めに垰するこずのできない理由により、圓該裁刀に係る手続においお自己の暩利を䞻匵するこずができなかったず認められるずき。
六  没収又は远城のための保党の共助に぀いおは、芁請囜の裁刀所若しくは裁刀官のした没収若しくは远城のための保党の裁刀に基づく芁請である堎合又は没収若しくは远城の裁刀の確定埌の芁請である堎合を陀き、共助犯眪に係る行為が行われたず疑うに足りる盞圓な理由がないずき、又は圓該行為が日本囜内で行われたずした堎合においお第䞉十五条第䞀項又は前条第䞀項に芏定する理由がないず認められるずき。
  地䞊暩、抵圓暩その他の暩利がその䞊に存圚する財産に係る没収の確定裁刀の執行の共助をするに際し、日本囜の法什により圓該財産を没収するずすれば圓該暩利を存続させるべき堎合に圓たるずきは、これを存続させるものずする。

远城ずみなす没収
第䞉十八条  第二十䞀条第十項各号に掲げる財産に代えお、その䟡額が圓該財産の䟡額に盞圓する財産であっお圓該裁刀を受けた者が有するものを没収する確定裁刀の執行に係る共助の芁請にあっおは、圓該確定裁刀は、この法埋による共助の実斜に぀いおは、その者から圓該財産の䟡額を远城する確定裁刀ずみなす。
  前項の芏定は、第二十䞀条第十項各号に掲げる財産に代えお、その䟡額が圓該財産の䟡額に盞圓する財産を没収するための保党に係る共助の芁請に぀いお準甚する。

芁請囜ぞの共助の実斜に係る財産等の譲䞎
第䞉十九条  第䞉十䞃条第䞀項に芏定する没収又は远城の確定裁刀の執行の共助の芁請をした倖囜から、圓該共助の実斜に係る財産又はその䟡額に盞圓する金銭の譲䞎の芁請があったずきは、その党郚又は䞀郚を譲䞎するこずができる。

組織的犯眪凊眰法 による共助等の䟋
第四十条  前䞉条に定めるもののほか、第䞉十䞃条の芏定による共助及び前条の芏定による譲䞎に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第六章 の芏定による共助及び譲䞎の䟋による。

䞍正競争防止法 vol.10

附則 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞀幎を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

経過措眮
第二条  改正埌の䞍正競争防止法以䞋「新法」ずいう。の芏定は、特別の定めがある堎合を陀いおは、この法埋の斜行前に生じた事項にも適甚する。ただし、改正前の䞍正競争防止法以䞋「旧法」ずいう。によっお生じた効力を劚げない。

第䞉条  第䞉条、第四条本文及び第五条の芏定は、この法埋の斜行前に開始した次に掲げる行為を継続する行為に぀いおは、適甚しない。
侀  第二条第䞀項第二号に掲げる行為に該圓するもの同項第䞀号に掲げる行為に該圓するものを陀く。
二  第二条第䞀項第十四号に掲げる行為のうち、圹務若しくはその広告若しくは取匕に甚いる曞類若しくは通信にその圹務の質、内容、甚途若しくは数量に぀いお誀認させるような衚瀺をし、又はその衚瀺をしお圹務を提䟛する行為に該圓するもの

第四条  新法第䞉条から第五条たで、第十四条及び第十五条の芏定は、平成䞉幎六月十五日前に行われた新法第二条第䞀項第四号に芏定する䞍正取埗行為又は同項第八号に芏定する䞍正開瀺行為に係る同項第四号から第六号たで、第八号又は第九号に掲げる䞍正競争であっお同日以埌に行われるもの次の各号に掲げる行為に該圓するものを陀く。及び同日前に開始した同項第䞃号に芏定する営業秘密を䜿甚する行為を継続する行為に぀いおは、適甚しない。
侀  新法第二条第䞀項第四号から第六号たで、第八号及び第九号に芏定する営業秘密を開瀺する行為
二  新法第二条第䞀項第五号及び第八号に芏定する営業秘密を取埗する行為䞊びにこれらの行為により取埗した営業秘密を䜿甚する行為

第五条  新法第䞃条の芏定は、この法埋の斜行埌に提起された蚎えに぀いお適甚し、この法埋の斜行前に提起された蚎えに぀いおは、なお埓前の䟋による。

第六条  第十四条の芏定は、この法埋の斜行前に開始した第二条第䞀項第二号又は第十四号に掲げる行為に該圓するもの同項第䞀号に掲げる行為に該圓するものを陀く。を継続する行為に぀いおは、適甚しない。

第䞃条  この法埋の斜行の際珟に旧法第四条第䞀項から第䞉項たで又は第四条ノ二に芏定する蚱可を受けおいる者は、それぞれ、新法第十六条第䞀項ただし曞、第二項ただし曞若しくは第䞉項ただし曞又は第十䞃条ただし曞に芏定する蚱可を受けた者ずみなす。

第八条  新法第十六条の芏定は、この法埋の斜行の際珟に旧法第四条第四項に芏定する蚱可を受けおいる者に぀いおは、適甚しない。

第九条  新法第十䞃条の芏定は、この法埋の斜行前に開始した同条に芏定する囜際機関類䌌暙章旧法第四条ノ二に芏定する政府間囜際機関ノ王章、旗章其ノ他ノ埜章、略称又ハ名称ニシテ䞻務倧臣ノ指定スルモノト同䞀又ハ類䌌ノモノを陀く。以䞋「民間囜際機関類䌌暙章」ずいう。を商暙ずしお䜿甚し、又は民間囜際機関類䌌暙章を商暙ずしお䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛し、若しくは民間囜際機関類䌌暙章を商暙ずしお䜿甚しお圹務を提䟛する行為に該圓するものを継続する行為に぀いおは、適甚しない。

第十条  新法第二十䞀条第二項第六号に係る郚分を陀く。及び第二十二条の芏定は、この法埋の斜行前に開始した附則第䞉条第二号に掲げる行為に該圓するものを継続する行為に぀いおは、適甚しない。

第十䞀条  この法埋の斜行前にした行為に関する旧法第䞉条に芏定する倖囜人が行う同条に芏定する請求に぀いおは、なお埓前の䟋による。

眰則の適甚に関する経過措眮
第十䞉条  この法埋の斜行前にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、なお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第十四条  附則第二条から第十䞀条たで及び前条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附則 平成六幎䞀二月䞀四日法埋第䞀䞀六号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、平成䞃幎䞃月䞀日から斜行する。

眰則の適甚に関する経過措眮
第十䞉条  この法埋の各改正芏定の斜行前にした行為及びこの附則の芏定によりなお埓前の䟋によるこずずされる事項に係るこの法埋の各改正芏定の斜行埌にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、それぞれなお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第十四条  附則第二条から前条たでに定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附則 平成八幎六月䞀二日法埋第六八号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、平成九幎四月䞀日から斜行する。

眰則の適甚に関する経過措眮
第二十条  この法埋の各改正芏定の斜行前にした行為及びこの附則の芏定によりなお埓前の䟋によるこずずされる事項に係るこの法埋の各改正芏定の斜行埌にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、それぞれなお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第二十䞀条  附則第二条から前条たでに定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附則 平成䞀〇幎九月二八日法埋第䞀䞀䞀号

 この法埋は、囜際商取匕における倖囜公務員に察する莈賄の防止に関する条玄が日本囜に぀いお効力を生ずる日から斜行する。

附則 平成䞀䞀幎四月二䞉日法埋第䞉䞉号

この法埋は、平成十䞀幎十月䞀日から斜行する。

附則 平成䞀䞀幎䞀二月二二日法埋第䞀六〇号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋第二条及び第䞉条を陀く。は、平成十䞉幎䞀月六日から斜行する。

附則 平成䞀䞉幎六月二九日法埋第八䞀号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお六月を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

眰則の適甚に関する経過措眮
第二条  この法埋の斜行前にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、なお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第䞉条  前条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関しお必芁な経過措眮は、政什で定める。

附 則 平成䞀五幎五月二䞉日法埋第四六号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞀幎を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

経過措眮
第二条  この法埋による改正埌の䞍正競争防止法第九条の芏定は、この法埋の斜行前に、第二審である高等裁刀所又は地方裁刀所における口頭匁論が終結した事件及び簡易裁刀所の刀決又は地方裁刀所が第䞀審ずしおした刀決に察しお䞊告をする暩利を留保しお控蚎をしない旚の合意をした事件に぀いおは、適甚しない。

政什ぞの委任
第䞉条  前条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附 則 平成䞀六幎五月二六日法埋第五䞀号

 この法埋は、平成十䞃幎䞀月䞀日から斜行する。

附 則 平成䞀六幎六月䞀八日法埋第䞀二〇号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、平成十䞃幎四月䞀日から斜行する。

経過措眮の原則
第二条  この法埋による改正埌の裁刀所法、民事蚎蚟法、民事蚎蚟費甚等に関する法埋、特蚱法、実甚新案法、意匠法、商暙法、䞍正競争防止法及び著䜜暩法の芏定眰則を陀く。は、この附則に特別の定めがある堎合を陀き、この法埋の斜行前に生じた事項にも適甚する。ただし、この法埋による改正前のこれらの法埋の芏定により生じた効力を劚げない。

特蚱法等の䞀郚改正に䌎う経過措眮
第䞉条  次に掲げる芏定は、この法埋の斜行前に、蚎蚟の完結した事件、第二審である高等裁刀所又は地方裁刀所における口頭匁論が終結した事件及び簡易裁刀所の刀決又は地方裁刀所が第䞀審ずしおした刀決に察しお䞊告をする暩利を留保しお控蚎をしない旚の合意をした事件に぀いおは、適甚しない。
侀  第四条の芏定による改正埌の特蚱法以䞋この条及び附則第五条第二項においお「新特蚱法」ずいう。第癟四条の䞉及び第癟五条の四から第癟五条の六たでの芏定新特蚱法、第五条の芏定による改正埌の実甚新案法第䞉号においお「新実甚新案法」ずいう。、第六条の芏定による改正埌の意匠法次号においお「新意匠法」ずいう。及び第䞃条の芏定による改正埌の商暙法同号においお「新商暙法」ずいう。においお準甚する堎合を含む。
二  新特蚱法第癟六十八条第五項及び第六項の芏定新特蚱法、新意匠法及び新商暙法においお準甚する堎合を含む。
侉  新実甚新案法第四十条第五項及び第六項の芏定新実甚新案法第四十五条第䞀項においお読み替えお準甚する新特蚱法第癟䞃十四条第二項においお準甚する堎合を含む。
四  第八条の芏定による改正埌の䞍正競争防止法第六条の四から第六条の六たでの芏定
五  第九条の芏定による改正埌の著䜜暩法第癟十四条の六から第癟十四条の八たでの芏定

附則 平成䞀䞃幎六月二九日法埋第䞃五号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞀幎を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

経過措眮
第二条  第䞀条の芏定による改正埌の䞍正競争防止法第二条第䞀項第䞉号の芏定は、この法埋の斜行埌にした同号に掲げる行為に぀いお適甚し、この法埋の斜行前にした第䞀条の芏定による改正前の䞍正競争防止法第二条第䞀項第䞉号に掲げる行為に぀いおは、なお埓前の䟋による。
第䞉条  削陀
第四条  削陀

政什ぞの委任
第五条  附則第二条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附 則 平成䞀䞃幎䞃月二六日法埋第八䞃号 抄

 この法埋は、䌚瀟法の斜行の日から斜行する。

附 則 平成䞀八幎六月䞃日法埋第五五号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞀幎を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。ただし、次の各号に掲げる芏定は、圓該各号に定める日から斜行する。
二  第䞀条䞭意匠法第二条第䞉項、第䞉十八条、第四十四条の䞉及び第五十五条の改正芏定、第六十九条の芋出しを削る改正芏定、同条の前に芋出しを付する改正芏定、同条の改正芏定、同条の次に䞀条を加える改正芏定䞊びに第䞃十四条の改正芏定、第二条䞭特蚱法第二条、第癟䞀条、第癟十二条の䞉及び第癟䞃十五条の改正芏定、第癟九十六条の芋出しを削る改正芏定、同条の前に芋出しを付する改正芏定、同条の改正芏定、同条の次に䞀条を加える改正芏定䞊びに第二癟䞀条の改正芏定、第䞉条の芏定、第四条䞭商暙法第二条第䞉項、第䞉十䞃条及び第六十䞃条の改正芏定、第䞃十八条の芋出しを削る改正芏定、同条の前に芋出しを付する改正芏定、同条の改正芏定、同条の次に䞀条を加える改正芏定䞊びに第八十二条の改正芏定䞊びに第五条の芏定䞊びに次条第䞉項䞊びに附則第䞉条第二項、第四条、第五条第二項、第九条、第十二条、第十䞉条及び第十六条の芏定 平成十九幎䞀月䞀日
第九条  削陀
第十条  削陀

眰則の適甚に関する経過措眮
第十䞀条  この法埋の斜行前にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、なお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第十四条  附則第二条から第十䞀条たで及び前条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮は、政什で定める。

附 則 平成二䞀幎四月䞉〇日法埋第䞉〇号

 この法埋は、公垃の日から起算しお䞀幎六月を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

附 則 平成二䞉幎六月八日法埋第六二号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお六月を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。

附 則 平成二䞉幎六月二四日法埋第䞃四号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお二十日を経過した日から斜行する。ただし、次の各号に掲げる芏定は、圓該各号に定める日から斜行する。
五  附則第六十二条の芏定 䞍正競争防止法の䞀郚を改正する法埋平成二十䞉幎法埋第六十二号。同条及び附則第六十䞉条においお「䞍正競争防止法䞀郚改正法」ずいう。の公垃の日又は斜行日のいずれか遅い日

調敎芏定
第六十䞉条  䞍正競争防止法䞀郚改正法の斜行の日が斜行日前ずなる堎合には、第䞉条のうち組織的犯眪凊眰法第二条第二項第䞉号の改正芏定䞭「「第十䞀条第䞀項」を「第十八条第䞀項」に、「第十四条第䞀項第䞃号」を「第二十䞀条第二項第六号」に、「、圓該眪」を「「、圓該眪」ずし、附則第䞉十六条䞭次の衚の䞊欄に掲げる字句は、同衚の䞋欄に掲げる字句ずする。
 附則第十二条䞭「平成五幎旧実甚新案法」を「特蚱法等の䞀郚を改正する法埋平成五幎法埋第二十六号附則第四条第䞀項の芏定によりなおその効力を有するものずされた同法第䞉条の芏定による改正前の実甚新案法以䞋「平成五幎旧実甚新案法」ずいう。」に改める。
 附則第十五条を次のように改める。
第十五条 削陀  附則第十二条䞭「平成五幎旧実甚新案法」を「特蚱法等の䞀郚を改正する法埋平成五幎法埋第二十六号附則第四条第䞀項の芏定によりなおその効力を有するものずされた同法第䞉条の芏定による改正前の実甚新案法以䞋「平成五幎旧実甚新案法」ずいう。」に改める。
  前項の堎合においお、前条の芏定は、適甚しない。

附 則 平成二四幎䞉月䞉䞀日法埋第䞀二号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞀月を経過した日から斜行する。

附 則 平成二䞃幎䞃月䞀〇日法埋第五四号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお六月を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。ただし、第十五条の改正芏定は、公垃の日から斜行する。

経過措眮
第二条  この法埋による改正埌の䞍正競争防止法第五条の二の芏定は、この法埋の斜行前にこの法埋による改正前の䞍正競争防止法以䞋「旧法」ずいう。第二条第䞀項第四号、第五号又は第八号に芏定する行為旧法第二条第六項に芏定する営業秘密を取埗する行為に限る。があった堎合における圓該営業秘密を取埗する行為をした者に぀いおは、適甚しない。
第䞉条  旧法第䞉条第䞀項の芏定による䟵害の停止又は予防を請求する暩利の旧法第十五条埌段に芏定する期間がこの法埋の斜行の際既に経過しおいた堎合に぀いおは、なお埓前の䟋による。

眰則の適甚に関する経過措眮
第四条  この法埋の斜行前にした行為に察する眰則の適甚に぀いおは、なお埓前の䟋による。

政什ぞの委任
第五条  前䞉条に定めるもののほか、この法埋の斜行に関し必芁な経過措眮眰則に関する経過措眮を含む。は、政什で定める。

附 則 平成二八幎六月䞉日法埋第五四号 抄

斜行期日
第䞀条  この法埋は、公垃の日から起算しお䞉幎を超えない範囲内においお政什で定める日から斜行する。ただし、次の各号に掲げる芏定は、圓該各号に定める日から斜行する。
侉  第䞀条前号に掲げる改正芏定を陀く。及び第六条の芏定䞊びに次条䞊びに附則第四条、第六条、第八条、第十条、第十䞀条裁刀員の参加する刑事裁刀に関する法埋平成十六幎法埋第六十䞉号第六十四条第䞀項の衚第四十䞉条第四項、第六十九条、第䞃十六条第二項、第八十五条、第癟八条第䞉項、第癟二十五条第䞀項、第癟六十䞉条第䞀項、第癟六十九条、第二癟䞃十八条の二第二項、第二癟九十䞃条第二項、第䞉癟十六条の十䞀の項及び第六十五条第四項の改正芏定に限る。及び第十二条から第十五条たでの芏定 公垃の日から起算しお六月を超えない範囲内においお政什で定める日

調敎芏定
第十五条  第䞉号斜行日が刑法等の䞀郚を改正する法埋の斜行の日以埌ずなる堎合には、前条の芏定は、適甚しない。

皎法ず商暙暩 vol.1 䌚蚈凊理

商暙暩は無圢固定資産ずしお償华

商暙暩は皎法䞊、識別可胜な資産のうち物理的実䜓を欠く無圢固定資産ずされ、貞借察照衚の資産の郚に蚈䞊されたす。無圢固定資産に぀いおは、通垞定額法で枛䟡償华を行いたす。すなわち、無圢固定資産は、資産蚈䞊埌毎期均等額ず぀償华され、償华額を控陀した残額が貞借察照衚の無圢固定資産の期末倀ずなりたす。商暙暩を取埗した堎合、暩利発生埌に途䞭で他人から譲枡された堎合を陀いお、その償华期間は10幎で、残存䟡額が0円ずなるように凊理したす。商暙暩ずのれんは、厳密には区別される暩利で、のれんの方は20幎以内の䞀定期間で定額償华が求められたす。

Accounting & Tax
Accounting & Tax

商暙暩の取埗䟡額

取埗䟡額の原則

賌入した資産の取埗䟡額は、次の金額の合蚈額です法人皎法斜行什条➀。
賌入の代䟡匕取運賃、荷圹費、運送保険料、賌入手数料、関皎その他圓該資産の賌入のために芁した費甚がある堎合には、その費甚を加算した額
圓該資産を事業の甚に䟛するため盎接に芁した費甚の額
䟋えば、商暙暩を他人から有償で譲受したずきは、その取埗費甚や付随する費甚を定額法で枛䟡償华を行うようにしたす。法人が他から出願暩を有償で譲枡された堎合も未償华残額に盞圓する金額が取埗䟡額ずされたす。

法人皎法基本通達7-3-15出願暩を取埗するための費甚
“法人が他から出願暩工業所有暩に関し特蚱又は登録を受ける暩利をいう。を取埗した堎合のその取埗の察䟡に぀いおは、無圢固定資産に準じお圓該出願暩の目的たる工業所有暩の耐甚幎数により償华するこずができるが、その出願により工業所有暩の登録があったずきは、圓該出願暩の未償华残額工業所有暩を取埗するために芁した費甚があるずきは、その費甚の額を加算した金額)に盞圓する金額を圓該工業所有暩の取埗䟡額ずする。(昭46幎盎審法21「4」により改正”

取埗䟡額に算入しないこずができる費甚

法人皎基本通達の固定資産の取埗䟡額に算入しないこずができる費甚の䟋瀺。次に掲げるような費甚の額は、たずえ固定資産の取埗に関連しお支出するものであっおも、これを固定資産の取埗䟡額に算入しないこずができたす。
次に掲げるような租皎公課等の額
ã‚€ 䞍動産取埗皎又は自動車取埗皎
ロ 特別土地保有皎のうち土地の取埗に察しお課されるもの
ハ 新増蚭に係る事業所皎
ニ 登録免蚱皎その他登蚘又は登録のために芁する費甚

法人皎法基本通達のから、登録費甚印玙代及び匁理士ぞの成功報酬䞊びに登録手数料は、䞊蚘ニに該圓するず考えられるため、商暙暩の取埗䟡額に算入しなくおもよいず考えられたす。たた、出願費甚印玙代、匁理士 ぞの出願代理手数料も、実務䞊、損金の額ずするこずが容認されおいたす。蚀い換えれば、通垞の商暙登録出願及びその登録手続で特蚱事務所から出される請求曞に含たれる費甚は勘定科目ずしお取埗䟡額に算入しないこずができる費甚にするこずが可胜です。䞀方、ロゎの䜜成のために支払ったデザむナヌぞの倖泚費甚、商暙暩の取埗の可胜性を調べるための商暙調査費甚は、登録のために芁する費甚ずならず、取埗䟡額に含たれるものず考えられたす。たた、早期審査費甚や意芋曞、補正曞は登録のためにかかる匁理士費甚ですので、固定資産の取埗䟡額に算入しないこずができるものず考えられたす。自己創成にかかる商暙暩の堎合、取埗䟡額に算入されるのは、䟋えばデザむン料や調査料であり比范的に高額なデザむン料でなければ10䞇円以䞋に収たるず思いたすので、少額の枛䟡償华資産ずしお䞀括損金凊理が可胜ず思いたす。

少額枛䟡償华資産

取埗䟡額が10䞇円未満の少額の枛䟡償华資産は、事業の甚に䟛した事業幎床においおその取埗䟡額の党額を損金経理しおいる堎合に、損金の額に算入するこずができたす。たた、取埗䟡額が20䞇円未満の枛䟡償华資産に぀いおは、各事業幎床ごずに、その党郚又は䞀郚の合蚈額を䞀括し、これを3幎間で償华する䞀括償华資産の損金算入の芏定を遞択するこずができたす。さらに、䞭小䌁業者等が、取埗䟡額が30䞇円未満である枛䟡償华資産を平成18幎4月1日から平成32幎3月31日たでの間に取埗などしお事業の甚に䟛した堎合には、䞀定の芁件のもずに、その取埗䟡額に盞圓する金額を損金の額に算入するこずができたす。詳しくは䞭小䌁業者等の少額枛䟡償华資産の取埗䟡額の損金算入の特䟋のペヌゞぞ。

featherpen00

商暙暩の譲枡

譲枡所埗

特蚱暩や商暙暩などの無䜓財産暩の譲枡も資産の譲枡に該圓したすので、資産を売ったずきの譲枡所埗は、絊䞎所埗や事業所埗などの所埗ず合わせお総合課皎の察象ずなりたす。総合課皎の譲枡所埗は、取埗したずきから売ったずきたでの所有期間によっお長期ず短期の二぀に分かれたすが、自分が研究しお取埗した特蚱暩や実甚新案暩などの工業所有暩が所有期間が5幎以内の堎合でも長期譲枡所埗ずなりたすので、商暙暩も長期譲枡所埗に該圓するず思われたす。長期譲枡所埗の金額はその2分の1が総合課皎の察象になりたす。たた、法人に぀いおも、各事業幎床の所埗の金額は、圓該事業幎床の益金の額から圓該事業幎床の損金の額を控陀した金額ずされたす。

収益の垰属の時期

法人皎法基本通達2-1-16工業所有暩等の譲枡等による収益の垰属の時期
“工業所有暩等特蚱暩、実甚新案暩、意匠暩及び商暙暩䞊びにこれらの暩利に係る出願暩及び実斜暩をいう。以䞋この節においお同じ。の譲枡又は実斜暩の蚭定により受ける察䟡䜿甚料を陀く。以䞋2116においお同じ。の額は、原則ずしおその譲枡又は蚭定に関する契玄の効力発生の日の属する事業幎床の益金の額に算入する。ただし、その譲枡又は蚭定の効力が登録により生ずるこずずなっおいる堎合においお、法人がその登録の日の属する事業幎床の益金の額に算入しおいるずきは、これを認める。昭55幎盎法28「六」により远加
(泚) その察䟡の額がその契玄の効力発生の日以埌䞀定期間内に支払を受けるべき䜿甚料の額に充圓されるこずずなっおいる堎合であっおも、圓該事業幎床終了の日においおいただ䜿甚料の額に充圓されおいない郚分の金額を前受金等ずしお繰り延べるこずはできないこずに留意する。”

法人の受莈益

法人が、他から資産を莈䞎された堎合は、資産を時䟡でもらったこずになり、その資産の時䟡が受莈益ずなりたす。法人が、他から資産を䜎額譲枡された堎合は、資産の取埗䟡額は時䟡ずなり、その資産の時䟡から売買䟡栌を差し匕いた金額が受莈益ずなりたす。受莈益には、原則ずしお法人皎がかかりたす。

消費皎

囜内においお事業者が事業ずしお察䟡を埗お行う資産の譲枡は、消費皎の課皎の察象ずなりたす。この資産ずは、販売甚の商品、事業等に甚いおいる建物、機械、備品などの有圢資産のほか、特蚱暩、実甚新案暩、意匠暩、商暙暩などの暩利やノりハりその他の無䜓財産暩など、およそ取匕の察象ずなるすべおのものをいいたす。なお倖囜法人ぞの譲枡の堎合、“囜内においお”の芁件で刀断されるのが原則ですが、茞出免皎の適甚があるず考えられおいたす。

商暙の䜿甚暩

商暙暩を譲枡するのではなく、”その商暙を䜿甚しおも良いですよ”ず蚱諟するこずをラむセンスするずも蚀いたす。この堎合はラむセンス契玄を結んで䜿甚暩を蚭定するこずになりたす。商暙暩に぀いおラむセンス契玄をした堎合、その䜿甚料ラむセンス料やロむダリティずも称したす。に぀いおは、ラむセンサヌ䜿甚蚱諟者が囜内居䜏者ず非居䜏者で扱いが異なるこずになりたす。たず、ラむセンサヌが囜内居䜏者の堎合、受け取るラむセンス料には消費皎がかかりたす。埓っお、契玄曞には皎額も明蚘するこずが望たれたす。ラむセンサヌが非居䜏者の堎合、受け取るラむセンス料には消費皎がかかりたせん。しかし、ラむセンサヌが非居䜏者の堎合、ランセンシヌ䜿甚暩者は源泉城収基本、非居䜏者の囜が租皎条玄締玄囜の堎合等を行っお管蜄皎務眲ぞの支払いが必芁ずなりたす。䜿甚料が消費皎の察象ずなるには、その商暙の登録が囜内であるこずが芁件です。マドリッド制床による囜際登録自䜓は、囜内登録ではありたせんが、日本囜特蚱庁は、囜際事務局から料金玍付に関する通知を受領埌、囜際登録を蚭定登録ずみなしお、囜内原簿を䜜成するため、日本を指定囜した囜際商暙登録のラむセンス料は消費皎の察象ず解されたす。非居䜏者の居䜏囜により源泉城収される率が倉わりたすが、その率は租皎条玄に䟝存したす。䟋えば日本ずアメリカで締結しおいる日米租皎条玄では免陀が可胜で、所定の曞類租皎条玄に関する届出曞を皎務眲に提出したす。限床皎率は、アメリカ合衆囜、英囜、フランスは免陀、ドむツ、䞭囜、韓囜、むンドは、オヌストラリア、銙枯はずなっおいたすが、ブラゞルは商暙のラむセンスに぀いおだったりしたす。商品化暩や゚ンドヌスメント契玄の支払いに぀いおは、租皎条玄の内容を吟味する必芁があり、商暙暩の䜿甚料に準ずるか吊かはケヌスバむケヌスになりたす。

法人皎法基本通達 2130工業所有暩等の䜿甚料の垰属の時期
“工業所有暩等又はノりハりを他の者に䜿甚させたこずにより支払を受ける䜿甚料の額は、その額が確定した日の属する事業幎床の益金の額に算入する。ただし、法人が継続しお契玄により圓該䜿甚料の額の支払を受けるこずずなっおいる日の属する事業幎床の益金の額に算入しおいる堎合には、これを認める。昭55幎盎法28「六」により远加”

商暙暩䟵害を理由に受け取った損害賠償金が暩利の䜿甚料に盞圓する堎合は、通垞の暩利䜿甚料ず結果的には同じ効果があるため、消費皎がかかる課皎取匕になりたす。

曎新登録の費甚

曎新登録の費甚も商暙暩取埗時の費甚に準じお考えるこずができたす。特蚱庁に玍付すべき曎新登録料印玙代は、取埗時ず同じく、登録免蚱皎や登蚘たたは登録のために芁した費甚ずしお、取埗䟡額に算入せずに損金ずしお償华するこずができたす。たた、匁理士ぞの曎新登録の出願代理手数料も損金ずするこずが容認されおいたす。結果ずしお支出額党額を損金蚈䞊できるこずになりたす。曎新登録に際しお、登録された商暙の䞍芁ずなった区分を削陀するこずや、䜏所などの衚瀺を倉曎するこずもでき、これらの手続の印玙代や匁理士手数料も損金算入できたす。

米囜䌚蚈基準でのブランド評䟡法

知的財産暩の評䟡法ずしおは、䞀般的な他の資産の評䟡方法ず同様、倧きく分類しおコスト・アプロヌチ、マヌケット・アプロヌチ及びむンカム・アプロヌチの䞉方法が甚いられおおり、特に米囜䌚蚈基準でのブランド評䟡法ずしおは、むンカム・アプロヌチのうちのロむダルティ免陀法が倚く䜿甚されおいたす。ロむダルティ免陀法の基本的な考え方は、商暙暩の堎合、「評䟡察象の商暙暩の所有者が、その䜿甚は第䞉者より䜿甚蚱諟されおいるものず仮定した堎合に、圓該第䞉者に察しお支払うこずが想定される䜿甚料を、類䌌するラむセンス契玄から掚定する」方法ずされおいたす。䟋えば、販売蚈画をもずに、仮に察象商品を販売するために必芁な商暙ブランドをを保有しおいない堎合に支払わなければならないロむダルティ䜿甚暩料の芋積額を算定し、評䟡察象期間内で圓該金額の珟圚䟡倀を算出するこずにより商暙暩の䟡倀を怜蚎したす。

枛損䌚蚈

枛損䌚蚈ずは、資産の収益性が䜎䞋しお投資額の回収が芋蟌めなくなった堎合、圓該資産の垳簿䟡額にその䟡倀の䞋萜を反映させる手続です。枛損䌚蚈は、有圢固定資産のみならず、無圢固定資産においおも、商暙暩や特蚱暩に代衚される知的財産暩、のれん及び自瀟利甚の゜フトり゚アなども察象ずなりたす。枛損凊理は、垳簿䟡額ず回収可胜䟡額ずの差額を圓期の損倱枛損損倱ずしお凊理されるものであり、回収可胜䟡額は、資産たたは資産グルヌプの正味売华䟡額ず䜿甚䟡倀のいずれか高い方の金額ず定矩されおいたす。商暙の䜿甚を䞭止しお、別ブランドに切り替えるこずで枛損凊理するこずも可胜です。

皎法ず商暙暩 vol.2 印玙皎ず登録免蚱皎

【広告】 有明囜際特蚱事務所 では、匁理士ず米囜匁護士の資栌により、特蚱庁 (JPO)ず米囜特蚱商暙庁(USPTO)にそれぞれ盎接手続できたす。

䞍正競争防止法 vol.2

䞍正競争防止法 vol.1から続く

第四章 雑則

適甚陀倖等

第十九条  第䞉条から第十五条たで、第二十䞀条第二項第䞃号に係る郚分を陀く。及び第二十二条の芏定は、次の各号に掲げる䞍正競争の区分に応じお圓該各号に定める行為に぀いおは、適甚しない。
侀  第二条第䞀項第䞀号、第二号、第十四号及び第十六号に掲げる䞍正競争 商品若しくは営業の普通名称ぶどうを原料又は材料ずする物の原産地の名称であっお、普通名称ずなったものを陀く。若しくは同䞀若しくは類䌌の商品若しくは営業に぀いお慣甚されおいる商品等衚瀺以䞋「普通名称等」ず総称する。を普通に甚いられる方法で䜿甚し、若しくは衚瀺をし、又は普通名称等を普通に甚いられる方法で䜿甚し、若しくは衚瀺をした商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為同項第十四号及び第十六号に掲げる䞍正競争の堎合にあっおは、普通名称等を普通に甚いられる方法で衚瀺をし、又は䜿甚しお圹務を提䟛する行為を含む。

二  第二条第䞀項第䞀号、第二号及び第十六号に掲げる䞍正競争 自己の氏名を䞍正の目的䞍正の利益を埗る目的、他人に損害を加える目的その他の䞍正の目的をいう。以䞋同じ。でなく䜿甚し、又は自己の氏名を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為同号に掲げる䞍正競争の堎合にあっおは、自己の氏名を䞍正の目的でなく䜿甚しお圹務を提䟛する行為を含む。

侉  第二条第䞀項第䞀号に掲げる䞍正競争 他人の商品等衚瀺が需芁者の間に広く認識される前からその商品等衚瀺ず同䞀若しくは類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者又はその商品等衚瀺に係る業務を承継した者がその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為

四  第二条第䞀項第二号に掲げる䞍正競争 他人の商品等衚瀺が著名になる前からその商品等衚瀺ず同䞀若しくは類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者又はその商品等衚瀺に係る業務を承継した者がその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚し、又はその商品等衚瀺を䞍正の目的でなく䜿甚した商品を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、若しくは電気通信回線を通じお提䟛する行為

五  第二条第䞀項第䞉号に掲げる䞍正競争 次のいずれかに掲げる行為
む 日本囜内においお最初に販売された日から起算しお䞉幎を経過した商品に぀いお、その商品の圢態を暡倣した商品を譲枡し、貞し枡し、譲枡若しくは貞枡しのために展瀺し、茞出し、又は茞入する行為

ロ 他人の商品の圢態を暡倣した商品を譲り受けた者その譲り受けた時にその商品が他人の商品の圢態を暡倣した商品であるこずを知らず、か぀、知らないこずに぀き重倧な過倱がない者に限る。がその商品を譲枡し、貞し枡し、譲枡若しくは貞枡しのために展瀺し、茞出し、又は茞入する行為

六  第二条第䞀項第四号から第九号たでに掲げる䞍正競争 取匕によっお営業秘密を取埗した者その取埗した時にその営業秘密に぀いお䞍正開瀺行為であるこず又はその営業秘密に぀いお䞍正取埗行為若しくは䞍正開瀺行為が介圚したこずを知らず、か぀、知らないこずに぀き重倧な過倱がない者に限る。がその取匕によっお取埗した暩原の範囲内においおその営業秘密を䜿甚し、又は開瀺する行為

䞃  第二条第䞀項第十号に掲げる䞍正競争 第十五条の芏定により同条に芏定する暩利が消滅した埌にその営業秘密を䜿甚する行為により生じた物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する行為

八  第二条第䞀項第十䞀号及び第十二号に掲げる䞍正競争 技術的制限手段の詊隓又は研究のために甚いられる同項第十䞀号及び第十二号に芏定する装眮若しくはこれらの号に芏定するプログラムを蚘録した蚘録媒䜓若しくは蚘憶した機噚を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、若しくは茞入し、又は圓該プログラムを電気通信回線を通じお提䟛する行為

  前項第二号又は第䞉号に掲げる行為によっお営業䞊の利益を䟵害され、又は䟵害されるおそれがある者は、次の各号に掲げる行為の区分に応じお圓該各号に定める者に察し、自己の商品又は営業ずの混同を防ぐのに適圓な衚瀺を付すべきこずを請求するこずができる。
侀  前項第二号に掲げる行為 自己の氏名を䜿甚する者自己の氏名を䜿甚した商品を自ら譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する者を含む。

二  前項第䞉号に掲げる行為 他人の商品等衚瀺ず同䞀又は類䌌の商品等衚瀺を䜿甚する者及びその商品等衚瀺に係る業務を承継した者その商品等衚瀺を䜿甚した商品を自ら譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛する者を含む。

政什等ぞの委任

第十九条の二  この法埋に定めるもののほか、没収保党ず滞玍凊分ずの手続の調敎に぀いお必芁な事項で、滞玍凊分に関するものは、政什で定める。

  この法埋に定めるもののほか、第䞉十二条の芏定による第䞉者の参加及び裁刀に関する手続、第八章に芏定する没収保党及び远城保党に関する手続䞊びに第九章に芏定する囜際共助手続に぀いお必芁な事項前項に芏定する事項を陀く。は、最高裁刀所芏則で定める。

経過措眮

第二十条  この法埋の芏定に基づき政什又は経枈産業省什を制定し、又は改廃する堎合においおは、その政什又は経枈産業省什で、その制定又は改廃に䌎い合理的に必芁ず刀断される範囲内においお、所芁の経過措眮眰則に関する経過措眮を含む。を定めるこずができる。

第五章 眰則

眰則

第二十䞀条  次の各号のいずれかに該圓する者は、十幎以䞋の懲圹若しくは二千䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、詐欺等行為人を欺き、人に暎行を加え、又は人を脅迫する行為をいう。以䞋この条においお同じ。又は管理䟵害行為財物の窃取、斜蚭ぞの䟵入、䞍正アクセス行為䞍正アクセス行為の犁止等に関する法埋 平成十䞀幎法埋第癟二十八号第二条第四項 に芏定する䞍正アクセス行為をいう。その他の保有者の管理を害する行為をいう。以䞋この条においお同じ。により、営業秘密を取埗した者

二  詐欺等行為又は管理䟵害行為により取埗した営業秘密を、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、䜿甚し、又は開瀺した者

侉  営業秘密を保有者から瀺された者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、次のいずれかに掲げる方法でその営業秘密を領埗した者
む 営業秘密蚘録媒䜓等営業秘密が蚘茉され、又は蚘録された文曞、図画又は蚘録媒䜓をいう。以䞋この号においお同じ。又は営業秘密が化䜓された物件を暪領するこず。

ロ 営業秘密蚘録媒䜓等の蚘茉若しくは蚘録に぀いお、又は営業秘密が化䜓された物件に぀いお、その耇補を䜜成するこず。

ハ 営業秘密蚘録媒䜓等の蚘茉又は蚘録であっお、消去すべきものを消去せず、か぀、圓該蚘茉又は蚘録を消去したように仮装するこず。

四  営業秘密を保有者から瀺された者であっお、その営業秘密の管理に係る任務に背いお前号むからハたでに掲げる方法により領埗した営業秘密を、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、䜿甚し、又は開瀺した者

五  営業秘密を保有者から瀺されたその圹員理事、取締圹、執行圹、業務を執行する瀟員、監事若しくは監査圹又はこれらに準ずる者をいう。次号においお同じ。又は埓業者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者前号に掲げる者を陀く。

六  営業秘密を保有者から瀺されたその圹員又は埓業者であった者であっお、䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、その圚職䞭に、その営業秘密の管理に係る任務に背いおその営業秘密の開瀺の申蟌みをし、又はその営業秘密の䜿甚若しくは開瀺に぀いお請蚗を受けお、その営業秘密をその職を退いた埌に䜿甚し、又は開瀺した者第四号に掲げる者を陀く。

䞃  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、第二号若しくは前䞉号の眪又は第䞉項第二号の眪第二号及び前䞉号の眪に圓たる開瀺に係る郚分に限る。に圓たる開瀺によっお営業秘密を取埗しお、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者

八  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、第二号若しくは第四号から前号たでの眪又は第䞉項第二号の眪第二号及び第四号から前号たでの眪に圓たる開瀺に係る郚分に限る。に圓たる開瀺が介圚したこずを知っお営業秘密を取埗しお、その営業秘密を䜿甚し、又は開瀺した者

九  䞍正の利益を埗る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で、自己又は他人の第二号若しくは第四号から前号たで又は第䞉項第䞉号の眪に圓たる行為技術䞊の秘密を䜿甚する行為に限る。以䞋この号及び次条第䞀項第二号においお「違法䜿甚行為」ずいう。により生じた物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛した者圓該物が違法䜿甚行為により生じた物であるこずの情を知らないで譲り受け、圓該物を譲枡し、匕き枡し、譲枡若しくは匕枡しのために展瀺し、茞出し、茞入し、又は電気通信回線を通じお提䟛した者を陀く。

  次の各号のいずれかに該圓する者は、五幎以䞋の懲圹若しくは五癟䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  䞍正の目的をもっお第二条第䞀項第䞀号又は第十四号に掲げる䞍正競争を行った者

二  他人の著名な商品等衚瀺に係る信甚若しくは名声を利甚しお䞍正の利益を埗る目的で、又は圓該信甚若しくは名声を害する目的で第二条第䞀項第二号に掲げる䞍正競争を行った者

侉  䞍正の利益を埗る目的で第二条第䞀項第䞉号に掲げる䞍正競争を行った者

四  䞍正の利益を埗る目的で、又は営業䞊技術的制限手段を甚いおいる者に損害を加える目的で、第二条第䞀項第十䞀号又は第十二号に掲げる䞍正競争を行った者

五  商品若しくは圹務若しくはその広告若しくは取匕に甚いる曞類若しくは通信にその商品の原産地、品質、内容、補造方法、甚途若しくは数量又はその圹務の質、内容、甚途若しくは数量に぀いお誀認させるような虚停の衚瀺をした者第䞀号に掲げる者を陀く。

六  秘密保持呜什に違反した者

䞃  第十六条、第十䞃条又は第十八条第䞀項の芏定に違反した者

  次の各号のいずれかに該圓する者は、十幎以䞋の懲圹若しくは䞉千䞇円以䞋の眰金に凊し、又はこれを䜵科する。
侀  日本囜倖においお䜿甚する目的で、第䞀項第䞀号又は第䞉号の眪を犯した者

二  盞手方に日本囜倖においお第䞀項第二号又は第四号から第八号たでの眪に圓たる䜿甚をする目的があるこずの情を知っお、これらの眪に圓たる開瀺をした者

侉  日本囜内においお事業を行う保有者の営業秘密に぀いお、日本囜倖においお第䞀項第二号又は第四号から第八号たでの眪に圓たる䜿甚をした者

  第䞀項第䞉号を陀く。䞊びに前項第䞀号第䞀項第䞉号に係る郚分を陀く。、第二号及び第䞉号の眪の未遂は、眰する。

  第二項第六号の眪は、告蚎がなければ公蚎を提起するこずができない。

  第䞀項各号第九号を陀く。、第䞉項第䞀号若しくは第二号又は第四項第䞀項第九号に係る郚分を陀く。の眪は、日本囜内においお事業を行う保有者の営業秘密に぀いお、日本囜倖においおこれらの眪を犯した者にも適甚する。

  第二項第六号の眪は、日本囜倖においお同号の眪を犯した者にも適甚する。

  第二項第䞃号第十八条第䞀項に係る郚分に限る。の眪は、刑法 明治四十幎法埋第四十五号第䞉条 の䟋に埓う。

  第䞀項から第四項たでの芏定は、刑法 その他の眰則の適甚を劚げない。

  次に掲げる財産は、これを没収するこずができる。
侀  第䞀項、第䞉項及び第四項の眪の犯眪行為により生じ、若しくは圓該犯眪行為により埗た財産又は圓該犯眪行為の報酬ずしお埗た財産

二  前号に掲げる財産の果実ずしお埗た財産、同号に掲げる財産の察䟡ずしお埗た財産、これらの財産の察䟡ずしお埗た財産その他同号に掲げる財産の保有又は凊分に基づき埗た財産

  組織的な犯眪の凊眰及び犯眪収益の芏制等に関する法埋 平成十䞀幎法埋第癟䞉十六号。以䞋「組織的犯眪凊眰法」ずいう。第十四条 及び第十五条 の芏定は、前項の芏定による没収に぀いお準甚する。この堎合においお、組織的犯眪凊眰法第十四条 䞭「前条第䞀項各号又は第四項各号」ずあるのは、「䞍正競争防止法第二十䞀条第十項各号」ず読み替えるものずする。

  第十項各号に掲げる財産を没収するこずができないずき、又は圓該財産の性質、その䜿甚の状況、圓該財産に関する犯人以倖の者の暩利の有無その他の事情からこれを没収するこずが盞圓でないず認められるずきは、その䟡額を犯人から远城するこずができる。

第二十二条  法人の代衚者又は法人若しくは人の代理人、䜿甚人その他の埓業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる芏定の違反行為をしたずきは、行為者を眰するほか、その法人に察しお圓該各号に定める眰金刑を、その人に察しお各本条の眰金刑を科する。
侀  前条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。若しくは第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。又は第四項同条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。及び第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。に係る郚分に限る。 十億円以䞋の眰金刑

二  前条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号若しくは第九号同項第四号から第六号たで又は同条第䞉項第䞉号同条第䞀項第四号から第六号たでに係る郚分に限る。の眪に係る違法䜿甚行為以䞋この号及び第䞉項においお「特定違法䜿甚行為」ずいう。をした者が該圓する堎合を陀く。又は第四項同条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号及び第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。に係る郚分に限る。 五億円以䞋の眰金刑

侉  前条第二項 䞉億円以䞋の眰金刑

  前項の堎合においお、圓該行為者に察しおした前条第二項第六号の眪に係る同条第五項の告蚎は、その法人又は人に察しおも効力を生じ、その法人又は人に察しおした告蚎は、圓該行為者に察しおも効力を生ずるものずする。

  第䞀項の芏定により前条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号若しくは第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。、第二項、第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。若しくは第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。又は第四項同条第䞀項第䞀号、第二号、第䞃号、第八号及び第九号特定違法䜿甚行為をした者が該圓する堎合を陀く。䞊びに同条第䞉項第䞀号同条第䞀項第䞀号に係る郚分に限る。、第二号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。及び第䞉号同条第䞀項第二号、第䞃号及び第八号に係る郚分に限る。に係る郚分に限る。の違反行為に぀き法人又は人に眰金刑を科する堎合における時効の期間は、これらの芏定の眪に぀いおの時効の期間による。

   第六章 刑事蚎蚟手続の特䟋

営業秘密の秘匿決定等

第二十䞉条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項若しくは第四項の眪又は前条第䞀項第䞉号を陀く。の眪に係る事件を取り扱う堎合においお、圓該事件の被害者若しくは圓該被害者の法定代理人又はこれらの者から委蚗を受けた匁護士から、圓該事件に係る営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項を公開の法廷で明らかにされたくない旚の申出があるずきは、被告人又は匁護人の意芋を聎き、盞圓ず認めるずきは、その範囲を定めお、圓該事項を公開の法廷で明らかにしない旚の決定をするこずができる。

  前項の申出は、あらかじめ、怜察官にしなければならない。この堎合においお、怜察官は、意芋を付しお、これを裁刀所に通知するものずする。

  裁刀所は、第䞀項に芏定する事件を取り扱う堎合においお、怜察官又は被告人若しくは匁護人から、被告人その他の者の保有する営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項を公開の法廷で明らかにされたくない旚の申出があるずきは、盞手方の意芋を聎き、圓該事項が犯眪の蚌明又は被告人の防埡のために䞍可欠であり、か぀、圓該事項が公開の法廷で明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあるず認める堎合であっお、盞圓ず認めるずきは、その範囲を定めお、圓該事項を公開の法廷で明らかにしない旚の決定をするこずができる。

  裁刀所は、第䞀項又は前項の決定以䞋「秘匿決定」ずいう。をした堎合においお、必芁があるず認めるずきは、怜察官及び被告人又は匁護人の意芋を聎き、決定で、営業秘密構成情報特定事項秘匿決定により公開の法廷で明らかにしないこずずされた営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項をいう。以䞋同じ。に係る名称その他の衚珟に代わる呌称その他の衚珟を定めるこずができる。

  裁刀所は、秘匿決定をした事件に぀いお、営業秘密構成情報特定事項を公開の法廷で明らかにしないこずが盞圓でないず認めるに至ったずき、又は刑事蚎蚟法 昭和二十䞉幎法埋第癟䞉十䞀号第䞉癟十二条 の芏定により眰条が撀回若しくは倉曎されたため第䞀項 に芏定する事件に該圓しなくなったずきは、決定で、秘匿決定の党郚又は䞀郚及び圓該秘匿決定に係る前項の決定以䞋「呌称等の決定」ずいう。の党郚又は䞀郚を取り消さなければならない。

起蚎状の朗読方法の特䟋

第二十四条  秘匿決定があったずきは、刑事蚎蚟法第二癟九十䞀条第䞀項 の起蚎状の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものずする。この堎合においおは、怜察官は、被告人に起蚎状を瀺さなければならない。

尋問等の制限

第二十五条  裁刀長は、秘匿決定があった堎合においお、蚎蚟関係人のする尋問又は陳述が営業秘密構成情報特定事項にわたるずきは、これを制限するこずにより、犯眪の蚌明に重倧な支障を生ずるおそれがある堎合又は被告人の防埡に実質的な䞍利益を生ずるおそれがある堎合を陀き、圓該尋問又は陳述を制限するこずができる。蚎蚟関係人の被告人に察する䟛述を求める行為に぀いおも、同様ずする。

  刑事蚎蚟法第二癟九十五条第四項 及び第五項 の芏定は、前項の芏定による呜什を受けた怜察官又は匁護士である匁護人がこれに埓わなかった堎合に぀いお準甚する。

公刀期日倖の蚌人尋問等

第二十六条  裁刀所は、秘匿決定をした堎合においお、蚌人、鑑定人、通蚳人若しくは翻蚳人を尋問するずき、又は被告人が任意に䟛述をするずきは、怜察官及び被告人又は匁護人の意芋を聎き、蚌人、鑑定人、通蚳人若しくは翻蚳人の尋問若しくは䟛述又は被告人に察する䟛述を求める行為若しくは被告人の䟛述が営業秘密構成情報特定事項にわたり、か぀、これが公開の法廷で明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあり、これを防止するためやむを埗ないず認めるずきは、公刀期日倖においお圓該尋問又は刑事蚎蚟法第䞉癟十䞀条第二項 及び第䞉項 に芏定する被告人の䟛述を求める手続をするこずができる。

  刑事蚎蚟法第癟五十䞃条第䞀項 及び第二項 、第癟五十八条第二項及び第䞉項、第癟五十九条第䞀項、第二癟䞃十䞉条第二項、第二癟䞃十四条䞊びに第䞉癟䞉条の芏定は、前項の芏定による被告人の䟛述を求める手続に぀いお準甚する。この堎合においお、同法第癟五十䞃条第䞀項 、第癟五十八条第䞉項及び第癟五十九条第䞀項䞭「被告人又は匁護人」ずあるのは「匁護人、共同被告人又はその匁護人」ず、同法第癟五十八条第二項 䞭「被告人及び匁護人」ずあるのは「匁護人、共同被告人及びその匁護人」ず、同法第二癟䞃十䞉条第二項 䞭「公刀期日」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の期日」ず、同法第二癟䞃十四条䞭「公刀期日」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の日時及び堎所」ず、同法第䞉癟䞉条䞭「蚌人その他の者の尋問、怜蚌、抌収及び捜玢の結果を蚘茉した曞面䞊びに抌収した物」ずあるのは「䞍正競争防止法第二十六条第䞀項の芏定による被告人の䟛述を求める手続の結果を蚘茉した曞面」ず、「蚌拠曞類又は蚌拠物」ずあるのは「蚌拠曞類」ず読み替えるものずする。

尋問等に係る事項の芁領を蚘茉した曞面の提瀺呜什

第二十䞃条  裁刀所は、呌称等の決定をし、又は前条第䞀項の芏定により尋問若しくは被告人の䟛述を求める手続を公刀期日倖においおする旚を定めるに圓たり、必芁があるず認めるずきは、怜察官及び被告人又は匁護人に察し、蚎蚟関係人のすべき尋問若しくは陳述又は被告人に察する䟛述を求める行為に係る事項の芁領を蚘茉した曞面の提瀺を呜ずるこずができる。

蚌拠曞類の朗読方法の特䟋

第二十八条  秘匿決定があったずきは、刑事蚎蚟法第䞉癟五条第䞀項 又は第二項 の芏定による蚌拠曞類の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものずする。

公刀前敎理手続等における決定

第二十九条  次に掲げる事項は、公刀前敎理手続及び期日間敎理手続においお行うこずができる。
侀  秘匿決定若しくは呌称等の決定又はこれらの決定を取り消す決定をするこず。

二  第二十六条第䞀項の芏定により尋問又は被告人の䟛述を求める手続を公刀期日倖においおする旚を定めるこず。

蚌拠開瀺の際の営業秘密の秘匿芁請

第䞉十条  怜察官又は匁護人は、第二十䞉条第䞀項に芏定する事件に぀いお、刑事蚎蚟法第二癟九十九条第䞀項 の芏定により蚌拠曞類又は蚌拠物を閲芧する機䌚を䞎えるに圓たり、第二十䞉条第䞀項又は第䞉項に芏定する営業秘密を構成する情報の党郚又は䞀郚を特定させるこずずなる事項が明らかにされるこずにより圓該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業掻動に著しい支障を生ずるおそれがあるず認めるずきは、盞手方に察し、その旚を告げ、圓該事項が、犯眪の蚌明若しくは犯眪の捜査又は被告人の防埡に関し必芁がある堎合を陀き、関係者被告人を含む。に知られないようにするこずを求めるこずができる。ただし、被告人に知られないようにするこずを求めるこずに぀いおは、圓該事項のうち起蚎状に蚘茉された事項以倖のものに限る。

  前項の芏定は、怜察官又は匁護人が刑事蚎蚟法第二線第䞉章第二節第䞀欟第二目 同法第䞉癟十六条の二十八第二項 においお準甚する堎合を含む。の芏定による蚌拠の開瀺をする堎合に぀いお準甚する。

最高裁刀所芏則ぞの委任

第䞉十䞀条  この法埋に定めるもののほか、第二十䞉条から前条たでの芏定の実斜に関し必芁な事項は、最高裁刀所芏則で定める。

   第䞃章 没収に関する手続等の特䟋

第䞉者の財産の没収手続等

第䞉十二条  第二十䞀条第十項各号に掲げる財産である債暩等䞍動産及び動産以倖の財産をいう。第䞉十四条においお同じ。が被告人以倖の者以䞋この条においお「第䞉者」ずいう。に垰属する堎合においお、圓該第䞉者が被告事件の手続ぞの参加を蚱されおいないずきは、没収の裁刀をするこずができない。

  第二十䞀条第十項の芏定により、地䞊暩、抵圓暩その他の第䞉者の暩利がその䞊に存圚する財産を没収しようずする堎合においお、圓該第䞉者が被告事件の手続ぞの参加を蚱されおいないずきも、前項ず同様ずする。

  組織的犯眪凊眰法第十八条第䞉項 から第五項 たでの芏定は、地䞊暩、抵圓暩その他の第䞉者の暩利がその䞊に存圚する財産を没収する堎合においお、第二十䞀条第十䞀項においお準甚する組織的犯眪凊眰法第十五条第二項 の芏定により圓該暩利を存続させるべきずきに぀いお準甚する。

  第䞀項及び第二項に芏定する財産の没収に関する手続に぀いおは、この法埋に特別の定めがあるもののほか、刑事事件における第䞉者所有物の没収手続に関する応急措眮法 昭和䞉十八幎法埋第癟䞉十八号の芏定を準甚する。

没収された債暩等の凊分等

第䞉十䞉条  組織的犯眪凊眰法第十九条 の芏定は第二十䞀条第十項 の芏定による没収に぀いお、組織的犯眪凊眰法第二十条 の芏定は暩利の移転に぀いお登蚘又は登録を芁する財産を没収する裁刀に基づき暩利の移転の登蚘又は登録を関係機関に嘱蚗する堎合に぀いお準甚する。この堎合においお、同条 䞭「次章第䞀節」ずあるのは、「䞍正競争防止法第八章」ず読み替えるものずする。

刑事補償の特䟋

第䞉十四条  債暩等の没収の執行に察する刑事補償法 昭和二十五幎法埋第䞀号による補償の内容に぀いおは、同法第四条第六項 の芏定を準甚する。

   第八章 保党手続

没収保党呜什

第䞉十五条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項及び第四項の眪に係る被告事件に関し、同条第十項の芏定により没収するこずができる財産以䞋「没収察象財産」ずいう。に圓たるず思料するに足りる盞圓な理由があり、か぀、圓該財産を没収するため必芁があるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、没収保党呜什を発しお、圓該財産に぀き、その凊分を犁止するこずができる。

  裁刀所は、地䞊暩、抵圓暩その他の暩利がその䞊に存圚する財産に぀いお没収保党呜什を発した堎合又は発しようずする堎合においお、圓該暩利が没収により消滅するず思料するに足りる盞圓な理由がある堎合であっお圓該財産を没収するため必芁があるず認めるずき、又は圓該暩利が仮装のものであるず思料するに足りる盞圓の理由があるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、附垯保党呜什を別に発しお、圓該暩利の凊分を犁止するこずができる。

  裁刀官は、前二項に芏定する理由及び必芁があるず認めるずきは、公蚎が提起される前であっおも、怜察官又は叞法譊察員譊察官たる叞法譊察員に぀いおは、囜家公安委員䌚又は郜道府県公安委員䌚が指定する譊郚以䞊の者に限る。の請求により、前二項に芏定する凊分をするこずができる。

  前䞉項に定めるもののほか、これらの芏定による凊分に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第四章第䞀節 及び第䞉節 の芏定による没収保党呜什及び附垯保党呜什による凊分の犁止の䟋による。

远城保党呜什

第䞉十六条  裁刀所は、第二十䞀条第䞀項、第䞉項及び第四項の眪に係る被告事件に関し、同条第十二項の芏定により远城すべき堎合に圓たるず思料するに足りる盞圓な理由がある堎合においお、远城の裁刀の執行をするこずができなくなるおそれがあり、又はその執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるず認めるずきは、怜察官の請求により、又は職暩で、远城保党呜什を発しお、被告人に察し、その財産の凊分を犁止するこずができる。

  裁刀官は、前項に芏定する理由及び必芁があるず認めるずきは、公蚎が提起される前であっおも、怜察官の請求により、同項に芏定する凊分をするこずができる。

  前二項に定めるもののほか、これらの芏定による凊分に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第四章第二節 及び第䞉節 の芏定による远城保党呜什による凊分の犁止の䟋による。

   第九章 没収及び远城の裁刀の執行及び保党に぀いおの囜際共助手続等

共助の実斜

第䞉十䞃条  倖囜の刑事事件圓該事件においお犯されたずされおいる犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、圓該行為が第二十䞀条第䞀項、第䞉項又は第四項の眪に圓たる堎合に限る。に関しお、圓該倖囜から、没収若しくは远城の確定裁刀の執行又は没収若しくは远城のための財産の保党の共助の芁請があったずきは、次の各号のいずれかに該圓する堎合を陀き、圓該芁請に係る共助をするこずができる。
侀  共助犯眪共助の芁請においお犯されたずされおいる犯眪をいう。以䞋この項においお同じ。に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、日本囜の法什によればこれに぀いお刑眰を科すこずができないず認められるずき。

二  共助犯眪に係る事件が日本囜の裁刀所に係属するずき、又はその事件に぀いお日本囜の裁刀所においお確定刀決を経たずき。

侉  没収の確定裁刀の執行の共助又は没収のための保党の共助に぀いおは、共助犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、芁請に係る財産が日本囜の法什によれば共助犯眪に぀いお没収の裁刀をし、又は没収保党をするこずができる財産に圓たるものでないずき。

四  远城の確定裁刀の執行の共助又は远城のための保党の共助に぀いおは、共助犯眪に係る行為が日本囜内においお行われたずした堎合においお、日本囜の法什によれば共助犯眪に぀いお远城の裁刀をし、又は远城保党をするこずができる堎合に圓たるものでないずき。

五  没収の確定裁刀の執行の共助に぀いおは芁請に係る財産を有し又はその財産の䞊に地䞊暩、抵圓暩その他の暩利を有するず思料するに足りる盞圓な理由のある者が、远城の確定裁刀の執行の共助に぀いおは圓該裁刀を受けた者が、自己の責めに垰するこずのできない理由により、圓該裁刀に係る手続においお自己の暩利を䞻匵するこずができなかったず認められるずき。

六  没収又は远城のための保党の共助に぀いおは、芁請囜の裁刀所若しくは裁刀官のした没収若しくは远城のための保党の裁刀に基づく芁請である堎合又は没収若しくは远城の裁刀の確定埌の芁請である堎合を陀き、共助犯眪に係る行為が行われたず疑うに足りる盞圓な理由がないずき、又は圓該行為が日本囜内で行われたずした堎合においお第䞉十五条第䞀項又は前条第䞀項に芏定する理由がないず認められるずき。

  地䞊暩、抵圓暩その他の暩利がその䞊に存圚する財産に係る没収の確定裁刀の執行の共助をするに際し、日本囜の法什により圓該財産を没収するずすれば圓該暩利を存続させるべき堎合に圓たるずきは、これを存続させるものずする。

远城ずみなす没収

第䞉十八条  第二十䞀条第十項各号に掲げる財産に代えお、その䟡額が圓該財産の䟡額に盞圓する財産であっお圓該裁刀を受けた者が有するものを没収する確定裁刀の執行に係る共助の芁請にあっおは、圓該確定裁刀は、この法埋による共助の実斜に぀いおは、その者から圓該財産の䟡額を远城する確定裁刀ずみなす。

  前項の芏定は、第二十䞀条第十項各号に掲げる財産に代えお、その䟡額が圓該財産の䟡額に盞圓する財産を没収するための保党に係る共助の芁請に぀いお準甚する。

芁請囜ぞの共助の実斜に係る財産等の譲䞎

第䞉十九条  第䞉十䞃条第䞀項に芏定する没収又は远城の確定裁刀の執行の共助の芁請をした倖囜から、圓該共助の実斜に係る財産又はその䟡額に盞圓する金銭の譲䞎の芁請があったずきは、その党郚又は䞀郚を譲䞎するこずができる。

組織的犯眪凊眰法 による共助等の䟋

第四十条  前䞉条に定めるもののほか、第䞉十䞃条の芏定による共助及び前条の芏定による譲䞎に぀いおは、組織的犯眪凊眰法第六章 の芏定による共助及び譲䞎の䟋による。