商標登録insideNews: Declaration of Use Now Required for Mexican Trademark Registration | natlawreview.com

While the new laws make numerous changes to Mexico’s intellectual property framework, the most substantial change is that a declaration of use must now be filed for all trademark registrations within three months of the third anniversary of the registration date. So, for example, if a trademark is registered on Jan. 1, 2021, a declaration of use must be filed before April 1, 2024. This new rule is applicable to all registrations granted after Aug. 10, 2018. A declaration of use must also be filed when a trademark owner seeks to renew its registration. If the trademark owner does not prove use of the mark in Mexico in the appropriate manner and timeframe, the owner will be considered to have waived and renounced its trademark.

情報源: Declaration of Use Now Required for Mexican Trademark Registration

続きを読む“商標登録insideNews: Declaration of Use Now Required for Mexican Trademark Registration | natlawreview.com”

米国商標実務 使用についての供述書・宣誓書

米国で商標権を取得する際には、使用見本を提出する手続が大別して2つあります。1つは、出願の基礎(Filing basis)を§1とする場合で、1a(Use in commerse)に対しては願書に添付する書類であり、1b …

商標登録insideNews USPTO Regulations.gov – Rule Document:

情報源: Regulations.gov – Rule Document

In accordance with the memorandum of January 20, 2017, from the Assistant to the President and Chief of Staff, entitled “Regulatory Freeze Pending Review,” this action delays the effective date of that final rule 60 days from the date of the January 20, 2017 memo. The effective date of the January 19, 2017 final rule, which would have been February 17, 2017, is now March 21, 2017. The 60-day delay in the effective date is necessary to give agency officials the opportunity for further review of the issues of law and policy raised by the rule.

使用宣誓書については、追加の証拠の提出を求めることができるとするルールが2月17日からスタートする予定でしたが、3月21日まで延期されます。

追加の使用証拠の提出のページ

商標登録insideNew: 米国特許商標庁(USPTO)へのSec. 8 and Sec.71使用宣誓書についての改正

米国特許商標庁(USPTO)は、商標登録の正確性を維持するため、Sec.8 and Sec.71の使用宣誓書について、不使用について正当な理由がある場合を除いて、情報、証拠物、宣誓書などを求めることができると改正します。 …

米国商標実務 商標使用の証拠としてのウエブページ(webpages)

使用見本となるウエブページ インターネットで製品についての情報を提供することが一般化した今日では、米国での登録時、5年目―6年目、9年目―10年目に提出する商標の使用を証する使用見本(Specimen of use)とし …

米国商標の使用宣誓と虚偽(fraud)行為

米国では、虚偽の行為で得た権利は行使できないというルールがあり、特許ではinequitable conductとして例えばIDS(Information Disclosure Statement)の開示が不適切な場合には …

マドプロ・米国の使用宣誓書の提出†

マドリッド制度の商標管理と、同時進行で米国特許商標庁に対する手続が必要 国際登録(マドプロ)を使用することで、米国に関しては、願書で指定するだけで出願した効果が得られ、登録の際に通常必要とされる使用証明はマドプロの場合に …

米国商標についての有明国際特許事務所が提供するサービス

有明国際特許事務所の米国商標についての法的サービス アメリカ合衆国(米国)での商標権の取得のためには、商標出願や使用宣誓書などの種々の書類を提出する必要があります。有明国際特許事務所 では、米国内の法律事務所を介さずに、 …