欧州連合知的財産庁(EUIPO) 商標_動画(embedded) vol.19

1.20th Anniversary of the EUIPO Boards of Appeal、4:21

2.New EUIPO Campus: Time-lapse of the construction phase、4:06

3.The Darknet (II)、0:59

商標登録insideNews: Notice on the withdrawal of the United Kingdom from the EU | EUIPO

英国は欧州連合商標のシステムから離脱し、2019年3月30日に連合から外れる見込みで、英国は第3国となる予定です。その脱退日からは、マドリッドシステムにより国際登録された商標や出願中のものも含めて欧州連合商標としての英国での効果がなくなります(英国以外はそのままです)。

Notice on the withdrawal of the United Kingdom from the EU – EUTMs and RCDs The European Commission has prepared a Notice, countersigned by EUIPO, to holders of and applicants for European Union trade marks and Registered Community Designs in the context of the notification of the intention of the United Kingdom to withdraw from the European Union, submitted on 29 March 2017.   This Notice corresponds to a potential scenario in which no agreement is reached by the negotiating parties.

情報源: News – EUTM

NOTICE TO HOLDERS OF AND APPLICANTS FOR EUROPEAN UNION TRADE MARKS PURSUANT TO REGULATION (EU) 2017/1001 ON THE EUROPEAN UNION TRADE MARK AND TO HOLDERS OF AND APPLICANTS FOR COMMUNITY DESIGNS PURSUANT TO REGULATION (EC) NO 6/2002 ON COMMUNITY DESIGNS

The United Kingdom submitted on 29 March 2017 the notification of its intention to withdraw from the Union pursuant to Article 50 of the Treaty on European Union. This means that, unless a ratified withdrawal agreement establishes another date or the period is extended by the European Council in accordance with Article 50(3) of the Treaty on European Union, all Union primary and secondary law will cease to apply to the UK from 30 March 2019, 00:00h (CET) (“the withdrawal date”). The United Kingdom will then become a “third country”.

Subject to any transitional arrangement that may be contained in a possible withdrawal agreement, as of the withdrawal date, EU rules on EU trade marks and Community designs will no longer apply to the United Kingdom. As a result, EU trade marks and registered Community designs registered in accordance with Union law (Regulation (EU) 2017/1001 on the European Union trade mark and Regulation (EC) No 6/2002 on the Community designs) as well as unregistered Community designs made available to the public in the manner provided for in Union law (Regulation (EC) No 6/2002) before the withdrawal date will continue to be valid in the EU27 Member States but will no longer have effect in the United Kingdom as from the withdrawal date. Any application for an EU trade mark or for a registered Community design pending before the withdrawal date will no longer cover the United Kingdom as from that date. Any right granted by the European Union Intellectual Property Office on or after the withdrawal date will only cover the EU27 Member States. All existing seniority claims in EU trade marks based on national trade mark rights in the United Kingdom will cease to have an effect in the EU as from the withdrawal date.

In addition, the holders of international registrations of trade marks and designs having designated the European Union before the withdrawal date pursuant to the Madrid system for the international registration of marks, and the Hague system for the international deposit of industrial designs, should consider that, as from that date, those international registrations will continue to be valid in the EU27 Member States only and thus will no longer have effect in the United Kingdom. In this regard, holders of a European Union (EU) trade mark pursuant to Union law or of a registered Community design or of an unregistered Community Design pursuant to Union law, all applicants for an EU trade mark or for a registered Community design or any business operator who can potentially rely on such Regulations (hereinafter referred to as ‘right-holders and applicants’) are reminded that preparing for the withdrawal is not just a matter for European Union and national authorities, but also for private parties. In view of the considerable uncertainties, in particular concerning the content of a possible withdrawal agreement, all right-holders and applicants are reminded of certain legal repercussions stemming from currently applicable rules of Union law when the United Kingdom becomes a third country, and which need to be considered and anticipated.

In particular, the following should be considered by right-holders and applicants:
Natural or legal persons that are domiciled or have a seat in the United Kingdom only will have to be represented before the European Union Intellectual Property Office in accordance with Article 120(1) of Regulation (EU) 2017/1001 (on the
European Union trade mark) and Article 78(1) of the Regulation (EC) No 6/2002 (on Community designs) in all proceedings provided for in those two Regulations, other than the filing of an application for an EU trade mark or an application for a registered Community design.

欧州連合知的財産庁(EUIPO) 商標_動画(embedded) vol.18

1.New EU Trade Mark Reform、3:30
EU商標法の規則が2017年1月から施行されています。出願は電子出願を用いるものとされ、出願のタイプ別に添付するファイルが決められ、また、EU証明商標もEUレベルでは創出されています。郵送や出頭して出願することはできなくなり、異議申立や取消審判等はオンラインとなります。実質的な使用についての規則も改正され、翻訳の必要も簡略化されています。

2.EDB Forum 2016 – Alicante, 28-29 June、4:41
EDBフォーラムは、権利行使の観点から偽ブランド防止に専念しています。

New EU trade mark regulation

欧州連合知的財産庁(EUIPO) 商標_動画(リンク) vol.11

1.How does intellectual property affect you?、1:28
IP is part of our daily life: it´s the brand of your favourite drink, the design of the shoes you wear or the car you drive.

2.An insight into EDB、4:11
The EDB (Enforcement Database) is built on existing EUIPO registers such as TMview for trade mark information and Designview for registered designs.

3. Global trade in counterfeit and pirated goods、2:32
Counterfeit and pirated products come from many economies, with China appearing as the single largest producing market. These illegal products are frequently found in a range of industries, from luxury items (e.g. fashion apparel or deluxe watches), via intermediary products (such as machines, spare parts or chemicals) to consumer goods that have an impact on personal health and safety (such as pharmaceuticals, food and drink, medical equipment, or toys).

商標登録insideNews: トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性 無断ロゴ使用で | ロイター

今月23日にイギリスでEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票が行われることになっています。もしイギリスが欧州連合を脱退することが生じた場合には、欧州連合の出願には英国が含まれなくなる可能性が高くなり、イギリスと欧州連合の両方で保護が必要な場合は、それぞれ別個に出願することになることが予想されます。そんな中での、トヨタロゴの無断使用についてのNewsという内容です。

情報源: トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性 無断ロゴ使用で | ロイター

偽請求書(Misleading invoices)について

偽請求書が横行

国際登録出願(マドプロ)した場合や、欧州連合商標出願した場合には、誰が商標出願人かあるいは誰が商標権者かなどの情報は公開されます。このような商標権者などの情報は、類似の商標権を持つ者に対する警告としても機能しますし、ライセンスなどの契約にも進展することもあろうかと思います。しかし、世の中には、善人だけではなく、その情報を元に偽の請求書を送りつけてお金をだまし取ろうとする輩もいて、良く国際出願の制度を理解していない者は恰好の餌食になっています。偽請求者の典型的な例は、英語で、”データーベースに入力します”のような無意味の内容で、高額の請求書を郵便や電子メールで、代理人ではなく商標権者(出願人)に対して直接送り付けます。偽請求者の場合は、WIPOや欧州連合知的財産庁(EUIPO)そのものでは刑事罰の対象となる筈ですので、頭を使って、特にWIPOや欧州連合知的財産庁(EUIPO)と関連付ける表示をしてくると思いますので特に注意が必要です。偽請求書とわかれば無視すれば良い訳ですから、代理人による出願の場合には、代理人に聞いて確認することが騙されないためにも重要です。国際登録出願(マドプロ)や欧州連合商標出願には、そのような偽請求書がかなりの確率で送り付けられると考えていた方が良いように思います。

欧州連合知的財産庁の注意喚起のページ(リンク)
Sample of misleading invoices ←偽請求のリストとサンプルの例(pdf)

典型的な偽請求書(pdf)

世界知的所有権機関(WIPO)の注意喚起のページ(リンク)
Sample of misleading invoices

情報源: Misleading invoices – EUTM

欧州連合商標制度 vol.2

7.欧州連合商標の異議申立(Opposition)

Q.異議申立の理由はどのようなものとなりますか?

欧州議会議事堂、ストラスブール、フランス
欧州議会議事堂、ストラスブール、フランス

A.先行する登録商標と先行する商標出願です(相対的拒絶理由)。具体的には、対象となる商標が、既登録商標が同一または類似であり、かつ同一または類似の商品に使用される場合(先行商標が著名である場合は商品は非類似でも良い。)、一地域を超えて周知性がある先行の未登録標章と競合する場合、周知標章(パリ条約第6条の2)と紛らわしい場合が挙げられ、さらに、対象となる出願が、商標の所有者に無断で代理人(たとえば、代理店)により出願された場合も異議理由となります。

出願公告された欧州連合商標出願の約20%は異議申立を受けています。日本の商標制度では国が相対的理由も含めた実体審査を行って商標権を基本的には先行商標と競合しない形で発生させていますが、欧州では競合する部分は異議申立手続等を介して当事者間での境界線の線引きを可能とするようにしています。日本の制度では、実質の市場形態よりも机上の類似群コードで権利範囲を決めており、ぎりぎりのところでは不都合も生じ得ることとなります。競合するところは、細かい線引きが必要であり、仮に国や当局が線引きすると他の当事者同士にも同じ線引きが必要となってしまいケースバイケースの対応ができません。先ず当事者間で解決すれば良いのではというのが欧州制度の背景にあるものと思います。

Q.異議申立できる人は誰でしょうか?

A.先行の出願商標または既登録商標(商標は欧州連合商標または国内商標のどちらでも)の所有者、一地方に限定されない範囲で周知な未登録商標で、本国において欧州連合商標の使用を制限する権利を付与されている商標の所有者、およびパリ条約6条の2の規定(周知商標)に該当する商標の所有者です。また、先行商標の所有者から使用を許諾されている者(licensee)も異議申し立て可能です。なお、異議申立の根拠を自己が所有する商標とする場合、異議申立の根拠となっている商標の所有者であることを証明する国内官庁が発行した証明書を提出する必要があります。また、この証明書は異議申立をした際の言語に翻訳されていなければなりません。

Q.異議申立できる期間はいつでしょうか?

A.出願公告の日から3ヶ月以内です。但し、欧州連合商標がマドプロの国際登録出願で指定されているときは、異議申立期間は、公告日より1か月後の日から3か月とされます。異議申立期間の延長はありません。

Q.異議申立する際の言語は?

A.EUIPO の公用語になります。出願の言語がEUIPOの公用語の場合は、その言語か、或いは出願の際に選んだ第二言語(EUIPOの公用語)になります。出願にもEUIPOの公用語が使われている場合、異議申立人はどちらか好きな方を選べます。EUIPOの公用語以外の言語で異議申立がされた場合、異議申立人はEUIPOの公用語のいずれかに翻訳するための期間(1ヶ月)をあたえられます。

日本からの出願の際は、第一言語はほぼ英語となる場合が多いのですが、異議申立の多くがドイツからされるという事情がありますので、第二言語にドイツ語をあえて選ばずに、例えばスペイン語を第二言語に選択することで、異議申立への対応費用を削減する方法もあります。また、出願自体(第一言語)を少数派の例えばオランダ語とすることで、第二言語を英語にもっていく方法もあります。

Q. 異議申立にかかる費用は?

A. 異議申立費用(Opposition fee (Article 41(3); Rule 18(1))はEUR350です。この費用は異議申立可能な期間と同じ期間内に払わなければなりません。

Q. 異議申立にかかる期間は?

A. クーリングオフ期間の長さや事件の複雑性などにも依存しますが、一般的には、クーリングオフ期間の終了後、おおむね12か月前後の期間がかかります。

Q. クーリングオフ(cooling off)期間とは何でしょうか?

A.異議申立があった場合、その旨が出願人に通知されます。この通知があった後の2ヶ月間がクーリングオフ期間となります。この間、両当事者の間には対立関係はまだ発生していません。この期間に話し合いをし、双方の棲み分けを図るように指定商品や指定役務を限定して和解するをこともできます。和解により異議申立に決着をつけた場合、両当事者どちらも費用を払う必要がないという利点があり、異議申立人が払ったお金は払い戻されます。クーリングオフ期間は最大で合計24ヶ月まで延長できます。当事者がクーリングオフ期間を終了したいと思えば、その当事者は一方的に交渉を終わらせることができます。交渉による解決の方が実際に異議申立手続に入る事件よりも多くなっています。

Q.異議申立の必要書類はどのようなものがありますか?

A.異議申立人は、申立書と同時に、事実、主張、証拠のすべてを提出する必要があります。一方、出願人にはクーリングオフ期間の終了後、通常、2ヶ月の反証提出の機会が与えられます。

Q.異議申立を受けたとき、出願人が取りうる手段はどうなりますか?

A.補正、和解、各国出願への変更、異議申立人に対する真正なる使用の立証の請求といった手段があります。 商標の登録後5年間は商標を市場において現実に正しく使用する義務を商標権者は負います。従いまして、被異議に係る出願人は異議申立の根拠となっている商標の使用の証明の提出を求めることができます。

Case C‑149/11, Leno Merken BV v. Hagelkruis Beheer BVは、The Court of Justice of the European Union (CJEU) は、次のように判示しています(5 July 2012)。…1つの加盟国内のCTMの使用は、それだけを以て商標の真正な使用(genuine use)を構成するのに必要十分という訳ではないが、諸事情を勘案して、1つに加盟国の領土内に応ずる領域内でのCTMの使用は、共同体内での真正な使用を構成し得る…。

Q.使用の証明として提出できるものは何でしょうか?

A.証拠は場所、時、範囲、どれが登録されていてどれに異議申立が基づいているのかという観点から、異議申立商標の商品、役務への使用形態を含むものでなければなりません。たとえば、パッケージ、ラベル、価格表、カタログ、請求書、写真、新聞広告を提出することができます。

neuschwanstein00
ノイシュヴァンシュタイン城

8.欧州連合商標の不服申立(Appeal)

異議申立の認容決定、拒絶決定に対して、不服を申し立てることができます。

Q.不服申立をできる期間は?

A.決定の通知がされた日から2ヶ月以内です。この期間内にEUIPOに書面(notice of appeal)を提出し、不服申立をします。不服申立費が支払われるまでは不服申立がされたとみなされません。この期間は延長されないので注意が必要です。また、決定の通知がされた日から4ヶ月以内に不服申立理由を補充する書面(written statement of the grounds of appeal)を提出する必要があります。なお、不服申立費としてEUR720かかります。

Q.不服申立の際使う言語は何ですか?

A.不服申立の対象となっている決定に使用されている言語になります。

Q.不服申立書に記載する事項は?

A.不服申立人の氏名および住所、どこで代理人を任命したかと代理人の氏名及び住所、争われている決定を特定する説明書、決定の修正や取消を求める範囲、不服申立のための費用の支払いの詳細、不服申立人と代理人の署名、になります。不服申立にその理由が含まれていなかった場合、理由に関する記載は、争われている決定の通知の日から4ヶ月以内に理由を記した書面を提出しなければなりません。不服申立書の記載は簡潔かつ申立人の主張を的確に示したものである必要があります。これは、争点整理は主に書面によって行われるためです。

Q.異議決定の負担額について不服申立できますか?

A.異議決定の際には、費用敗者負担のルールになっており、負けた方の当事者が費用を負担することになります。この負担額について納得できない場合には、決定の通知がされた日から1ヶ月以内に書面で費用の決定に対して100EURを支払って不服を申し立てることができます。

9.欧州連合商標の登録(Registration)

出願公告の後に異議申立がなかった商標や和解し或いは異議申立が不成立の場合、更には不服申立が認容された場合、対象の商標は欧州連合商標として登録され、保護をうけることができます。

Q.登録された商標をどうやって知ることができますか?

A.EUIPOによって登録された商標はEUTM登録原簿に載ります。この登録原簿は商標権の移転、名義又は住所の変更、ライセンス供与などといった変更に対応するために常にアップデートされています。調査のために登録原簿を使うこともできます。その際には、その旨を書面で提出し、お金を払うことが必要です。

Q.欧州連合商標の権利の存続期間は?

A.欧州連合商標の存続期間は出願の日から10年です。登録日から10年ではありません。10年ごとに更新することも可能です。

Q.欧州連合商標の商標権の権利内容はどのようになりますか?

A1.EU加盟国全てにおける商標権を持つことができます。商標権の移転、ライセンス契約の締結も可能です。

A2.第三者が権限なく同一又は類似の商標を使用することを禁止することができます。なお、類似は商品・役務の範囲と商標の関係において公衆に混同を生じさせる可能性があるかいなかによって判断されます。

A3.商標の識別性や信用が害されるなどの不利益があるときは、商標権の禁止権の範囲を同一または類似のものから非類似のものにまで拡大することができます。

※商標権者が欧州連合加盟国においてその商標をつけた物品を自ら市場化したり市場化について合意をした場合は欧州連合内におけるそのあとの第三者の自由な商標の使用を禁止することはできません。この権利の制限は欧州連合内における権利消尽の原則によるものです。ただし、EUTMにより保護されている商標をつけた製品の欧州連合の非加盟国からの並行輸入はヨーロッパ経済地域に関する合意(Agreement on the European Economic Area)の加盟国からの場合を除き、原則として権利消尽の原則は適用されません。

Q.もし、権利侵害があった場合はどうしますか?

A.欧州連合の各加盟国に設置されているEUTM裁判所に訴えを提起することができます。訴えを提起する際、原告は侵害が行われた場所がある加盟国の裁判所か、被告の住所または営業所がある加盟国の裁判所のどちらかを選ぶことができます。侵害が行われた場所がある加盟国の裁判所侵害行為の有無についての裁判権のみをもちます。これに対して、被告の住所または営業所がある加盟国の裁判所は侵害行為の有無だけでなく、損害賠償の額などの全ての争いについての裁判権をもちます。EUTM裁判所による判決の効力はEU加盟国全てに及びます。

Palace of Westminster, London, United Kingdom
Palace of Westminster, London, United Kingdom

10.欧州連合商標の取消・無効(Cancellation)

EUTMR(European Union Trade Mark Registration)によると、取消・無効(cancellation)には2種類あります。欧州連合商標の登録が取り消される(revocation)場合と、欧州連合商標の登録が無効(declaration of invalidity)であると宣言される場合です。登録が取り消される(revocation)のは、取消の申請日からであり、一方、登録が無効になる(declaration of invalidity)のは、遡及効があります。

Q.どのような場合、EUTMの登録が取り消され(revoked)ますか?
A.以下の場合、所有者の商標権は取り消されるかもしれません。

  • 正当な使用がなされていない場合 (Article 51(1)(a))。なお、EUTMは登録後継続して5年間の、正当に使用されていない中断は認められない旨(使用義務)が定められています。
  • 所有者の行動の結果、登録された商標が普通名称となった場合、所有者の使用により一般概念となった場合(Article 51(1)(b))。
  • 所有者による使用の結果、商標が登録された商品又は役務の質、本質、原産地につき混同を生じさせるようなものになった場合(Article 51(1)(c))
  • 所有者が団体商標の権利享有主体となりうる要件を満たしていないとき(Article 73)

Q.どのような場合、EUTM所有者の権利は無効と宣言(declared invalid)されますか?

A.登録したEUTMに絶対的無効理由(absolute ground)、相対的無効理由(relative ground)がある場合、登録は無効と宣言されます。具体的には以下のようなものがあります。
以下の場合、EUTMは絶対的拒絶理由(absolute ground)に該当するから無効であると宣言されるかもしれません。

  • 登録手続においてEUTMが第7条に違反して登録された場合(Article 52(1)(a):具体的にはArticle 7(1)(a) to 7(1)(k))
  • 出願時に出願人が誠実義務違反な行動(bad faith)をしていた場合(Article 52(1)(b))
  • 団体欧州連合商標が66条に違反して登録された場合(Article 74)
  • また、以下のような相対的無効理由(relative ground)に該当することによってEUTMは無効であると宣言されるかもしれません。

    • 当該欧州連合商標が先行商標と同一であり、同一の商品及び/又は役務を対象とする場合(Article 53(1)(a))。
    • 公衆の側で類似による混同が存在する場合(Article 53(1)(a))。
    • 競合商標をみだりに使用すると、先行商標の特性や評判について不公平ば利得を受け或いは害する場合(Article 53(1)(a))。

    Q.取消・無効請求をできる人は?

    A. EUTMが登録されたあとであれば、誰でも請求できます。ただし、EU加盟国内に住所、居所、営業所または現実の生産活動拠点を持たない者は代理人によって手続をしなければなりません。相対的無効理由については関係当事者のみです。つまり、侵害された先行商標権者又は使用をライセンスされた商標使用権者だけが、相対的無効理由で訴えることができます。

    Q.取消・無効請求をできる期間は?

    A.特に期間の制限はありません。ただし、先行する権利の所有者がEUTM登録後の継続した5年間の使用を黙認した場合は、(悪意による使用のケースを除き)相対的無効理由を主張して無効請求をすることはできません。

    Q.取消・無効請求にはいくらかかる?

    A. EUR700です。この費用が支払われるまで請求はされていないものとみなされます。この費用を払ったあとに請求を取り下げた場合、請求費用は払い戻されません。また、取消・無効請求の費用を負担するのは負けた側です(敗訴者負担の原則)。請求にかかった費用と相手の費用も負担します。敗訴者が負担する費用の上限は決まっています。

    Q.取消・無効請求の際に使用する言語は?

    A. EUTMの公用語になります。出願の際に出願人が選んだ言語が両方ともEUTMの公用語の場合は、どちらか選択され、取消・無効請求人はどちらか好きな方を選ぶことができます。

    euro04

    EUIPO Common Tools (YouTube)

    About EUIPO

    欧州連合商標制度 vol.1

    欧州連合商標制度 vol.1

    1.欧州連合商標の制度概要(Outline)

    欧州連合商標(European Union Trade Mark)とは、欧州連合知的財産庁(European Union Intellectual Property Office)における1件の登録で欧州連合(European Union)加盟国全体をカバーする商標権を指します。平成28年3月23日から、今までの共同体商標(Community Trade Mark)は欧州連合商標に、欧州共同体商標意匠庁(OHIM*)は欧州連合知的財産庁にそれぞれ改称されています。欧州連合商標は欧州各国内の商標権に影響を及ぼしませんので、1つの商標について、欧州各国内の商標出願登録をすることも、欧州連合商標の出願をすることも、両方に出願することもできます。

    ※現在のEU加盟国は、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、クロアチア、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタ、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、フィンランド、スウェーデン、英国の28か国です(2016年3月現在)。なお、スイス、ロシアとノルウェーは欧州共同体に加盟していません。EEA(欧州経済領域)のノルウエー、アイスランド、リヒテンシュタインには、EU加盟国ではないので欧州連合商標の効力は及ばないものとなっています。

    欧州連合からのイギリス脱退(Withdrawal of the United Kingdom from the European Union, or Brexit)の動向も気になるところですが、現状では特に他の合意がない場合に、英国は2019年3月30日に欧州連合商標制度から外れる見込みで、欧州連合にとって第3国となる予定です。その脱退日からは、マドリッド制度により国際登録された商標や出願中のものも含めて欧州連合商標としての英国での効果がなくなります(英国以外はそのままです)。[記2017.12.14 Position Paper]

    欧州連合知的財産庁(EUIPO)は、スペイン、アリカンテにある欧州連合の専門機関のひとつです。その前身である欧州共同体商標意匠庁(OHIM)は、1999年に設立され、正式には“域内市場における調和のための官庁(商標及び意匠)”[Office for Harmonization in the Internal Market (Trade Marks and Designs)]と呼ばれていました。ちなみに共同体意匠(Community Design)はそのままです。

    欧州

    2.欧州連合商標の手続 (Procedure of EUTM)

    欧州連合商標を出願する際は、EUIPO にマドプロ(Madrid System)経由か或いは直接出願をすることになります。欧州各国の商標庁に出願することはできません。これは、現状で出願の96%はEUIPOへの電子出願形式で出願されていることを反映しています。出願後に、EUIPOによる方式審査(formality check)と絶対的拒絶理由(absolute ground)に関する審査が行われます。絶対的拒絶理由は、商標としての顕著性など機能を有するか否かの観点で判断され、先行商標との競合関係(相対的拒絶理由: relative ground)については審査されません。また、EUIPOからは、先行する商標についての調査報告がなされ、オプションで所定の商標庁による調査報告(search report)も得られます。出願人が調査報告書を受け取ってから少なくても1ヶ月経過後に出願公告がされ、出願公告の日から3ヶ月が異議申立(opposition)期間となります。異議申立がなかった場合、異議申立が認められなかった場合、或いは異議申立の認容に対する不服申立(appeal)が認められた場合には、欧州連合商標が登録されます。登録された欧州連合商標は公示されます。手続の流れをフローチャートで簡単に示すと以下のようになります。

    drawit-diagram

    3.欧州連合商標の長所と短所 (EUTM’s merits and demerits)

    EUTMの長所

    • 単独の出願でEU加盟国全てをカバーする商標権の取得が可能です。また、更新などの手続も一度で済むため、容易な商標管理が実現されます。
    • EU加盟国のいずれか一カ国で商標を使用していれば不使用取り消しを免れることができます。
    • EU加盟国の多くの国で出願する場合、費用が通常の各国出願より安く済みます。

    EUTMの短所

    • 一旦、拒絶になるとその効力がEU加盟国全部に及んでしまいます。この場合に、拒絶がなかった国については通常の各国出願に切り換えることもできます。
    • 取り消し、無効についても権利は一体として扱われるので、EUの一カ国においてのみ取り消し、無効が確定した場合。他のEU諸国においても権利が消滅してしまいます。また、国ごとには商標権は譲渡できません。
    • 相対的拒絶理由の審査がされずに、方式と絶対的拒絶理由の審査だけが行われて登録になります。従って、同一、類似の商標が数多く併存し、異議申し立てをうける蓋然性は高くなっています。

    EUIPO動画(日本語)

    Register Brand Europe – Japanese 2:14

    なお、改称前のOHIM当時に作成されていますので一部は内容が古くなっています。

    4.欧州連合商標の出願 (Filing)

    Q.保護対象となるのはどのようなものでしょうか?

    A.言語(商標出願に係る指定商品、指定役務についての普通名称になっているものを除きます)、人名、署名、文字、数字、頭文字、文字や数字や記号の結合、ロゴ、スローガン、デザイン、図、絵文字、人の肖像、言葉や図形の結合、色彩、ホログラム、音楽、呼び出し音、音声、動きのある標章などが保護対象です。 CTM制度では、”写実的に表現できる”との要件がありましたが、平成26年の改正でこの要件が削除され、においの商標や将来の新しいタイプの商標にも対応可能となっています。

    Q.どのような人が欧州連合商標を取得できますか?

    A.全ての人(自然人および法人)です。ただし、住所、営業所または現実の生産活動拠点がEU加盟国、パリ条約加盟国、TRIPs協定締約国のいずれかにあることが必要です。(日本はパリ条約に加盟しているので、日本人、日本企業はこの条件を満たしています。)

    Q.欧州連合商標にはどうような種類がありますか?

    A.一般的な欧州連合商標(individual)の他に、団体商標(collective mark)と2017年10月1日からは新しい証明商標(certification mark)があります。登録の要件や機能について詳しくは、欧州連合商標の団体商標と新しい証明商標のページを参照してください。

    Q.出願するとき、代理人は必要でしょうか?

    A.欧州連合内に住所、営業所または現実の生産活動拠点を持たない人は代理人を通じて手続をしなければなりません。EUに住所、営業所または現実の生産活動拠点を持っている人は自ら手続を行うこともできますし、代理人を通じて手続を行うこともできます。 代理人は欧州商標弁理士またはEUのいずれかの国で資格をもった弁護士でなければなりません。

    Q.出願の際に使用できる言語は何語でしょうか?

    A.出願の際に使用することができる言語はEUの公用語です。また、第二言語としてEUIPOの公用語(スペイン語、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語)のいずれかを選ぶ必要があります。出願の際にEUIPOの公用語を使用していたとしても、第二言語を選ばなくてはなりません。この第二言語は出願人が可能な手続言語として受け入れるものです。異議申立,取消請求手続、無効請求手続はEUIPOの公用語で行われます。(出願もEUIPOの公用語で行われていた場合、手続をする人は出願の際の言語を使うか第二言語を使うかを選ぶことができます。)

    なお、EUの公用語とされるのは次の24の言語(太字はEUIPOの公用語)です。ブルガリア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィンランド語、フランス語ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、アイルランド語、イタリア語、ラトビア語、リトアニア語、マルタ語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語

    Q.出願方法はどうなりますか?

    A.出願方法にはEUIPOに直接出願することになります。欧州各国の商標庁に出願することはできなくなっています。また、国際登録出願(マドプロ)で欧州連合(EM)を指定することもできるます。出願日はEUIPOが願書を受理した日または国内官庁が願書を受理した日になります。なお、EUIPOに直接出願する場合、郵送、インターネットによる電子出願方法がありますが、電子出願には150 EURの手数料割引があります。

    Q.出願の際に必要な事項はどのようなものでしょうか?

    A.欧州連合商標登録の願書が必要になります。詳しくは、出願を特定するための情報の提出、保護を求める商品、役務のリストの提出、 EUIPO又は国内官庁の願書の受理の日より1ヶ月以内の基礎出願費用の支払いが必要です。平成28年の改正点で、類見出し(class heading)を超える保護についての宣言が施行から6ケ月以内に限りできるとされています。IP Translator事件を受けて類見出しだけの記載については、その文言どおりに明確に含まれる商品、役務のみを指定したものと解釈されるため、その限定を防ぐためにも宣言が必要となり、期間内に宣言しなければ限定した権利解釈となります。

    EUIPOに出願する場合、現地代理人の委任状は原則的に不要ですが、例外的に要求された場合は必要です。出願費用は、1区分出願がEUR850で、2区分目EUR50の追加、それ以降はEUR150ずつ加算されます(2016年3月23日より)。

    euro03

    5.欧州連合商標の審査 (Examination)

    EUIPOは方式審査と、絶対的拒絶理由の審査を行います(相対的拒絶理由の審査は行いません。)。方式審査でチェックされることは、出願日が認定されているものであるかどうか、願書に必要な事項が記載されているか、必要な料金が支払われているかです。

    Q.出願日の認定要件が欠けていたらどうなるのでしょうか?

    A.官庁に受理された日付より遅い日付での出願日が認定されるか、出願が拒絶されるかのどちらかになります。出願日の認定要件が欠けていた場合、EUIPOは2ヶ月以内に欠けている要件を満たすようにという指令を出します。それにより欠けていた要件が満たされた場合、出願日は要件が満たされた日となります。

    Q.絶対的拒絶理由(absolute ground)にはどんなものがあるのでしょうか?

    A.その商標が以下の場合、出願人は意見書や補正書で応答・反論することができます。

    • 記述的商標(但し、実質的な欧州連合域内での使用による識別性を獲得した場合を除く)
    • 商品本来の形状
    • 技術的な成果を得るための形状
    • 商品の形状に相当な価値を付加する場合
    • 特定の商品を表示するため業界内で使用されている文字または図形からなる商標(慣用商標)
    • 商品の性質、品質、地理的出所に関し公衆を欺くおそれのある商標
    • 公序良俗に反する商標
    • パリ条約第6条の3の規定により保護された標識(国旗、及び国の紋章)
    • 欧州連合のいずれかの国において非難的または侮辱的と思われる標識

    審査官は、商標が識別力を欠く要素を含む場合にはその部分を権利不要求(disclaim)とすることを出願人に求めます。例えば、登録を求める商標が”〇〇-water”で指定商品が飲料水であれば、”water”について権利不要求とする場合が挙げられます。EUかのいずれか一カ国において普通名詞となってしまったものであるとき は登録を受けることはできません。また、立体商標の場合でその商標がその商品の形状そのものであるとき、その商標が公序良俗に反するようなものであるときも登録をうけることはできません。もし、審査にもかかわらずこのような商標が登録されてしまった場合、誰でもEUIPOに対して商標の無効審判を請求することができます。

    Q.調査とはどのようなものになりますか?

    A.出願日が認定された後、既に権利となっている商標、出願中の商標について、出願人の希望により、EUIPOとEU各国官庁が調査をします。EUIPOは、先行するEUTM登録、EUTM出願についてのみ調査を行います。このEUIPOのEU search reportは、実際はコンピューターが競合する関係の商標を機械的に抽出した結果を報告するものとなります。先行する商標の権利者は、競合する商標についての報告は受け取らないことを要求した場合を除いて、他人の調査報告に競合する商標として挙げられたとの通知を受け取ります。

    出願人が希望し、手数料(EUR72)を支払った場合には、商標調査制度を採用しているEU加盟国の官庁も先行商標を調査し、出願人に国毎調査報告(National Search Report)を送付します。国毎調査報告を請求すると、商標調査制度を採用しているすべての国で調査が行われます。商標調査制度を採用していない国(英国、フランス、ドイツ、イタリア、キプロス、マルタ、スロベニア、エストニア、ラトビアなどの数多くの国)では、国毎調査報告は作成されません。またある特定の国、例えばオランダのみの国毎調査報告を請求することはできません。この調査報告書は、出願人だけに送られます。これらの調査報告書は欧州連合商標の登録を判断をする際の材料となるでしょう。

    Q.出願公告とはどのようなものですか?

    A.出願に絶対的拒絶理由がなく、調査報告書が出願人に送られたあと、出願人が出願を取り下げなければ異議申立のための出願公告が行われます。出願内容が公報に載り、どのような出願がされたのかを知ることができます。この際、商標登録に関して競合する商標の所有者は、相対的拒絶理由(他人の先行権利との関係における拒絶理由)を主張して異議申し立てを提起することができます。また絶対的拒絶理由に対し第3者はオブザベーションを提出することができます。オブザベーションに根拠ありと思われる場合には再度審査されます。

    アトミウム, ブリュッセル
    アトミウム, ブリュッセル

    国内商標への変換 (Conversion)

    欧州連合商標やマドリッド制度の国際登録で欧州を指定した出願、さらには欧州連合商標として登録されている商標は、絶対的な不登録事由や異議申し立てで、所定の国についての商標を受ける権利を失った場合などにおいて、問題の生じていない国に対しては国内商標への変換(Conversion)をすることで、欧州連合商標で生じた問題を回避しながら出願や権利を継続させることができます。このような国内商標への変換は、マドリッド制度国際登録で欧州を指定した出願でも行うことができ、純粋な国内商標とすることもできますが、マドリッド制度国際登録でそのマドリッド制度の加盟国に変換することもできます。国内商標への変換の申請は、通常3ヶ月の期限以内に庁に提出する必要があり、費用が200 EUROかかります。

    6.先行権 (Seniority)

    先行権は、欧州連合商標や欧州連合商標出願の所有者が欧州連合の先に存在する国内登録に基づいて、例え国内登録が失効させられる場合でも、優先的な内容を主張できる権利である。欧州連合商標制度は、既存の国内登録の乗り換えとして機能するように制度設計されており、既に国内登録で保護されているような商標登録も先行権を主張して権利化を図るようにして、乗り換えの不利益がないようにしています。先行権は、既存の国内登録の指定商品・指定役務に対して主張でき、商標は同一であり、所有者も同一であるのが要件です。先の国内登録の存続期間が経過したり、取消や無効となれば、先行権を主張することはできません。先行権は、EUTMの出願とともに、或いは出願後、さらにはEUTMの登録の後でも、主張できます。

    マドプロの場合には、出願人が、国際出願又は事後指定においてEUを指定するとき、加盟国で登録された先の標章の先行権を主張することができます。そのような主張は、国際出願又は事後指定の請求に対しMM17 様式を添付することが必要となります。先願権クレームのサポートにおける証明書又は書類を添付することはできません。その代わり、IR(国際登録)名義人は、IR の最終的受理のEUIPO公開直前に加盟国で登録された先の標章の先行権も主張できます。

    欧州連合商標制度 vol.2

    EUIPO Common Tools (YouTube)

    欧州連合商標(EUTM):類見出しの文言を超える保護宣言

    ニース国際分類の類見出しの文言上の意味を超えた指定商品・役務の保護宣言:欧州連合(特許庁・参考訳)

    1.欧州連合官庁である欧州共同体商標意匠庁(以下、OHIMと言う)は、2016年2月8日付けのOHIM長官通知(No 1/2016)に関し、世界知的所有権機関(WIPO)国際事務局に以下の点の周知を行いました。

    (i) 共同体商標に関する理事会規則No.207/2009(EUTMR) 第28条(8)は、2012年6月22日以前に出願され、ニース国際分類の類見出し(Nice Class Headings)を記載して登録された欧州連合商標の商標権者の経過措置を認め、出願時に当該類見出しの文言上の意味を超えた指定商品又は役務についての商標保護を出願時に求めていた旨の宣言(declare)をすることができるとしたものです。

    (ii) 宣言は、2012年6月22日以前に出願された欧州連合商標であって、ニース国際分類の類見出しの記載を1つ以上有し、継続的に登録されている場合に行うことができます。

    (iii) EUTMR第145条及び151条、EUTMR第28条(8)の規定に基づき、すなわち宣言を提出することで、2012年6 月22日以前に出願され、ニース国際分類の類見出しの記載を1つ以上有し、継続的に登録される国際登録及び欧州連合を指定する事後指定は、保護の拡張が可能になります。

    (iv) 欧州連合を指定する国際登録及び事後指定の宣言は、2016年2月8日付けのOHIM長官通知(No 1/2016)に明記された様式により、OHIMに提出しなければなりません。

    (v) 宣言は、2016年3月23日から2016年9月24日までの間に、直接OHIMに対し提出しなければなりません。当該宣言は、WIPO国際事務局に対し送付するものではありません。

    2.OHIMは、宣言がEUTMR第28条(8)及び当該通信の要件を満たしていると認めた場合には、WIPO国際事務局に対し、標章の国際登録に関するマドリッド協定及び同協定議定書共通規則第18規則の3(4)に基づく声明を国際登録番号毎に送付します。

    3.WIPO国際事務局は、国際登録簿に記録し、かつその関連情報を公報により通知し、各国際登録の名義人に通報します。

    情報源: ニース国際分類の類見出しの文言上の意味を超えた指定商品・役務の保護宣言:欧州連合(参考訳) | 経済産業省 特許庁