米国商標登録出願(直接)†

米国出願代理

このページでは、アメリカ合衆国(The United States)での商標登録をお考えの方を対象としております。有明国際特許事務所 では、米国内の法律事務所を介さずに、米国特許商標庁に対する代理人として直接出願を行います。米国特許商標庁は、米国の州弁護士若しくはカナダの弁護士であれば、出願の代理をする権限(37 C.F.R. §10.1(c))を認めており、当事務所の代表の州弁護士(Illinois)の資格を活用し、出願の代理を直接しながらお客様の商標を米国で登録できるように導きます。

uspto-direct
有明国際特許事務所からは直接米国特許商標庁USPTOに代理しながら出願できます。

米国商標直接出願は、国際登録出願(マドプロ)を使わないと意味で直接ということではなく、米国内の法律事務所を不要とする意味で”直接”としています。下図にありますように、従来では、日本からの出願の場合、大半は日本国内の取次ぎ拠点(例えば、法律事務所、特許事務所、外国商標を扱う会社や組織)を経由して、現地代理人として米国の法律事務所に依頼して進める場合が殆どであったと思われます。今回の米国商標直接出願によるサービスでは、有明国際特許事務所が米国の法律事務所と同様に出願を代理しますので、2か所の事務手数料をチャージされることもなく、時差もなく、日本語を中心としたコミュニケーションから素早く事務処理することができます。米国特許商標庁とのコミュニケーションも現在はインターネット・電子メールが中心ですので、こちらも時差や地域の格差なく進めることができます。

当事務所に依頼する場合のメリット

直接日本語で時差のない発注、連絡が可能
日本の取次拠点を用いない分だけ、時間と費用の節約も可能
国内の出願と一括した管理
マドプロで暫定的な拒絶通報を受けた場合に最適
海外送金なども不要、またクレジットカード決済も可能

有明国際特許事務所では、弁理士資格と、連邦規則§11.1に定義されている弁護士資格により、特許庁 (JPO)と米国特許商標庁(USPTO)にそれぞれ直接手続でき、現地代理人は不要です。

企業・個人の方へ

アメリカ合衆国は、小売という観点では最も大きな市場の1つです。国民性の違いや、文化や歴史、生活様式や環境などと日本とは異なる面もありますが、日本から海外へ商品やサービスの展開を考える場合に、その商品やサービスについての商標登録をクリアする必要があるものと思います。例えば、アメリカで商品を売る場合には、米国統一商事法典(UNIFORM COMMERCIAL CODE)上、商標権侵害でないことを保証する必要(Warranty against Infringement)があり、売買契約上、商標登録の有無は無視できないところとなります。

日本での商標登録になれた方でも、アメリカの商標登録を受ける場合に大きく異なるところが1つあります。それはアメリカでは使用主義を採用しているために、使用してない商標は登録できない、あるいは仮に登録できても消滅する運命にあるという点です。具体的には、既に実際に使用しているか、実際に使用し始める1年か2年前のタイミングで出願するのが原則です。従いまして日本の商標登録のように、商品販売に先行して取りあえず権利を確保しておくという考え方は、使用証明を提出できずに、数多くの討ち死にする出願を招くことになりかねません。

有明国際特許事務所では、アメリカ商標法に則した種々の法的な助言が可能で、もちろん日本語での連絡が可能です。また、通常の米国代理人が行うような単なる連絡で費用請求するようなことも当事務所ではありません。

米国特許商標庁/USPTO Alexandria Virgina, USA
米国特許商標庁/USPTO Alexandria Virgina, USA

特許事務所・法律事務所の方へ

日本の特許事務所・法律事務所の方も当事務所の米国商標直接出願サービスをご利用いただくことが可能です。従来の多くの場合、米国内の法律事務所に連絡して米国への登録を依頼していたと思いますが、米国内の法律事務所の代わりに当事務所にご連絡いただいても、米国特許商標庁に書類を提出することができます。この場合には、日本の法律事務所・特許事務所のエージェントとして守秘義務を守りながら、ご依頼人の方の商標を米国で登録するように支援いたします。

米国商標登録出願についての費用(料金表)†

有明国際特許事務所で手続をした場合の特許事務所・法律事務所の方向けの料金表(attorney fee and official fee)です。企業・個人の方もご利用になれます。弊所が米国特許商標庁に対する手続の代理をしますので、現地代理人は不要で、現地代理人の費用はありません。

項目 事務手数料(税別)(attorney fee) 政府機関等費用(official fee)
米国商標登録出願(RF) 50,000円 +20,000円×区分数  (例えば1区分では、70,000円になります。) 275ドル per class (225ドル per class when TEAS plus)
補正書提出 40,000円~
意見書(反駁タイプ)提出 100,000円~
使用宣誓書及び使用証拠の提出 (マドプロの米国保護拡張の場合や商品役務削除の補正も含みます。) 40,000円 +10,000円×区分数   (例えば1区分では、50,000円になります。) 100ドル per class
使用宣誓書提出の延長請求 20,000円(区分毎) 125ドル per class
sec.15の宣誓書提出 30,000円+10,000円×区分数 100ドル per class

米国商標制度の詳しい解説は以下の投稿ページへ
米国商標制度 vol.1
米国商標制度 vol.2

米国商標・米国特許商標庁の料金の詳しい解説は以下の投稿ページへ
米国特許商標庁の料金表💰

米国商標実務 TMEP(商標審査マニュアル)の解説は以下の投稿ページへ
米国商標実務 TMEP 商品・役務の記載 vol.1
米国商標実務 TMEP 商品・役務の記載 vol.2
米国商標実務 TMEP 商品・役務の記載 vol.3
米国商標実務 TMEP 商品・役務の記載 vol.4

米国商標実務 使用宣誓書・不可争性の宣誓の解説
国際登録出願(マドプロ)と米国商標出願(直接)
マドプロ・米国での使用宣誓書の提出†
米国、使用の証拠としてのウエブページ
Section 15の宣誓書
米国商標におけるコンセント(同意)書の取り扱い

米国商標実務 アメリカ合衆国の商標登録の検索についての解説
アメリカ合衆国の商標登録を検索🔍

米国商標実務 アメリカ合衆国の商標事件判例
米国商標主要審決・判例集 vol.1

米国商標実務 法律事務の紹介
有明国際特許事務所が提供できるサービス
米国特許商標庁(USPTO)に対する手続代理人の代理権限