商標登録insideNews: 岩出山「凍り豆腐」8月にもGI登録 宮城県内2例目、郷土料理に欠かせぬ食材 | 河北新報オンラインニュース

宮城県大崎市岩出山地区で藩制時代から約170年受け継がれる「凍り豆腐」が8月にも、地域産品をブランドとして保護する国の「地理的表示保護制度(GI)」に登録される見通しであることが13日、分かった。登録されれば昨年5月の「みやぎサーモン」に続き、県内2例目。

情報源: 岩出山「凍り豆腐」8月にもGI登録 宮城県内2例目、郷土料理に欠かせぬ食材 | 河北新報オンラインニュース

岩出山 凍り豆腐、4:34 

コロンビア商工業監督庁 (SIC) vol.12 商標_動画(embedded)

1.Video Denominacion De Origen、1:40

2.SIC Te Ve 210、26:16

3.SIC Te Ve 211、23:53

4.SIC Te Ve 212、27:07

5.SIC Te Ve 213、24:54

商標登録insideNews: 「地理的表示」相互保護を拡大 農水省 インドネシアと協議検討 – SankeiBiz(サンケイビズ)

地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」について、政府が日本ブランドを海外でも保護するため、ASEAN(東南アジア諸国連合)各国との相互保護を拡大することを検討していることが8日、分かった。GI制度を持ち、輸出増が見込まれるインドネシアなどと協力を進める。相互保護が認められれば、日本で登録したGIが自動的に相手国でも保護される。 農林水産省は、昨年6月にベトナムと、昨年3月にはタイと相互保護に向けた協力を開始することで合意した。まずはGI産品を互いに申請し、保護する実証事業を実施し、本格的な相互保護を目指している。今後はインドネシアなどGI制度を既に導入している国と相互保護の協議を進める方針だ。

情報源: 「地理的表示」相互保護を拡大 農水省 インドネシアと協議検討 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

地理的表示(GI)登録制度 商標_動画(embedded)

地理的表示(GI)登録制度 GIサポートデスク

地理的表示(GI)保護制度(以下GI制度)についてご理解いただき、より多くの方に本制度を活用していただくため、GI制度推進に向けた動画を公開いたしました。GI制度の特徴であるGI登録産品の特性や地域との結びつき、生産行程管理などをシンプルかつわかりやすく紹介しております。(Facebookより)

商標登録insideNews: 地理的表示(GI)の登録について:農林水産省

農林水産省は、本日、松館しぼり大根、対州そば、山形セルリーを地理的表示(GI)として、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、登録(登録番号第60号から第62号)したので、お知らせします。

情報源: 地理的表示(GI)の登録について:農林水産省

商標登録insideNews: 「地理的表示産品情報発信サイト」を開設(農林水産省) – 日本商工会議所

農林水産省はこのほど、日本の地理的表示(GI)産品をPRする「地理的表示産品情報発信サイト」を開設した。同サイトでは、38産品についての情報を画像、動画付きで掲載。必要な情報を探しやすいよう、名称や都道府県などのエリア、産品の種類での検索などができる。外国人も利用できるよう、英語、中国語、タイ語に対応している。

情報源: 「地理的表示産品情報発信サイト」を開設(農林水産省) – 日本商工会議所

地理的表示産品情報発信サイト
地理的表示産品情報発信サイト、https://gi-act.maff.go.jp/

商標登録insideNews: 市田柿は中国産?…保護制度悪用、偽物出回る(読売新聞) – Yahoo!ニュース

日本各地の良質な特産品を守る「地理的表示(GI)保護制度」で登録された農産品の偽物が主に中国で出回っている。 農林水産省の調査では「神戸ビーフ」など17産地の偽物が海外サイトで見つかり、品目数は前年の4倍に上っている。本来は日本産品を守り、PRするための制度が悪用されている。

情報源: 市田柿は中国産?…保護制度悪用、偽物出回る(読売新聞) – Yahoo!ニュース

神戸ビーフなのに・・・中国産?偽の特産品が前年の4倍(18/04/03)、3:12

齋藤農林水産大臣会見(平成30年4月3日)、12:40
GIについてのコメントは8:15ごろから

商標登録insideNews: GI不正 海外で横行 600件超、中国産多く 主要サイト農水省調査 | 日本農業新聞

中国産「市田柿」、マレーシア産「紀州梅」──。日本で登録されている地理的表示(GI)の不正な使用が、海外でなお横行していることが農水省の調査で分かった。GIに登録・公示された48産品・46地名を対象に、全世界の主要なショッピングサイトを検索。GI登録で使われる地名を含む商品が600件以上検出された。同省はGIの不正使用の防止に向け、現地での取り締まりが可能となるよう、外国政府とのGIの相互保護の協定締結を急ぐ。

情報源: 日本農業新聞 – GI不正 海外で横行 600件超、中国産多く 主要サイト農水省調査

商標登録insideNews: 市田柿は中国産?…保護制度悪用、偽物出回る(読売新聞) – Yahoo!ニュース

商標登録insideNews: 県青果物銘柄産地 4産地に指定証交付 【茨城新聞】

県青果物銘柄産地の指定証交付式が22日、県庁で開かれ、大井川和彦知事が、新たに指定された水戸市のネギ、鉾田市旭地区のイチゴ、行方市の香菜(パクチー)、阿見町のレンコンの4産地の代表者に指定証を交付するとともに、各産地のJA生産部会と功労者を表彰した。

情報源: 【茨城新聞】県青果物銘柄産地 4産地に指定証交付