商標登録insideNews: 会津田島アスパラ 地域団体商標登録へ | 県内ニュース | 福島民報

南会津町などで生産されたアスパラガス「会津田島アスパラ」が特許庁の地域名と商品名を組み合わせた地域団体商標に登録される見通しとなった。実現すれば県内6例目となる。東北経済産業局が20日に発表した。

情報源: 会津田島アスパラ 地域団体商標登録へ | 県内ニュース | 福島民報

登録査定
都道府県:福島県
商標(よみがな):会津田島アスパラ(あいづたじまあすぱら)
出願人:会津よつば農業協同組合

標高500〜800mの高原地帯となる南会津で育った「会津田島アスパラ」は、昼夜の大きな温度差が茎に糖を蓄えるため、みずみずしく甘みのあるおいしいアスパラになります。ふくしまからはじめよう FACEBOOKサイトより。

商標登録insideNews: 「熊本いきなり団子」地域団体商標に-熊本のニュース│ くまにちコム

「熊本いきなり団子」が、特許庁の地域団体商標として登録されることになった。九州経済産業局が20日、発表した。県内での登録は13件目。

情報源: 「熊本いきなり団子」地域団体商標に-熊本のニュース│ くまにちコム

いきなり団子(いきなりだんご)は、熊本県の郷土料理、郷土菓子である。輪切りにしたサツマイモと餡(小豆あん)を餅(ねりもち)、または小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品。見た目は大福にも似ている。名称の由来は短時間で「いきなり」作れるという意味と、来客がいきなり来てもいきなり出せる菓子という意味と、生の芋を調理する「生き成り」(いきなり)という語句の意味が重なっていると言われる。Wikipediaより

商標登録insideNews: 「黒谷和紙」が地域団体商標に 京都・綾部、ブランド化図る : 京都新聞

京都府綾部市の伝統産業「黒谷和紙」がこのほど、特許庁の地域団体商標に登録された。伝統産業のあり方が変わっており、黒谷和紙協同組合は「ブランドを守り育てる礎としたい」としている。

情報源: 「黒谷和紙」が地域団体商標に 京都・綾部、ブランド化図る : 京都新聞

黒谷和紙は貴重な純手漉き和紙として世界的に名を知られています。また、黒谷和紙は、800年の伝統を守り続け、京都府指定無形文化財とされています。黒谷和紙、公式サイト

商標登録insideNews: 福岡の「大川家具」、地域団体商標に|日本経済新聞

 九州経済産業局は30日、福岡県大川市の「大川家具」が地域ブランドを対象とした「地域団体商標」に登録されると発表した。九州地方での登録は79件目。出願した大川商工会議所は今後詳細な要件を詰める。 大川

情報源: 福岡の「大川家具」、地域団体商標に  :日本経済新聞

コメント:ひと昔前に福岡大川市へ大川家具の工場を見学に行ったことがあり、実際に町全体が家具の工場のようで、家具を製作する職人さんもいて、大きな家具も流れ作業で大きな工場内を移動させられて作らていた記憶と、職人さんの町だった記憶があります。

商標登録insideNews: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

平成29年度の「地域団体商標海外展開支援事業」について、平成29年3月10日から平成29年4月7日までの期間で公募したところ、11件の申請があり、厳正な審査を行った結果、10件を採択しました。採択結果は、以下のとおりです。東川米(東川町農業協同組合)、新潟清酒(新潟県酒造組合)、市田柿(みなみ信州農業協同組合、下伊那園芸農業協同組合)、西尾の抹茶(西尾茶協同組合)、高島ちぢみ(高島晒協業組合)、堺刃物(堺刃物商工業協同組合連合会)、有田・しもつみかん(ありだ農業協同組合、ながみね農業協同組合)、日田梨(全国農業協同組合連合会大分県本部)、うれしの茶(西九州茶農業協同組合連合会、佐賀県茶商工業協同組合)、枕崎鰹節(枕崎水産加工業協同組合

情報源: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

コメント:支援内容として記載されている項目を見てみると、商標権に直接関係するのは”商標権利化に関するアドバイス”だけで、外国出願費用などは見込まれていないような内容です。むしろPRイベントやバイヤーとの商談のように実際の商品のプロモーション活動に重点を置かれているような内容で、商社的機能のスタート用に助成金をというところでしょうか。落選した1件が気になるところです。

商標登録insideNews: Nagano Nippo Web » 「駒ケ根ソースかつ丼」地域団体商標に登録:長野日報のニュースサイト

駒ケ根市のご当地グルメ「駒ケ根ソースかつ丼」が、地域名と商品名を組み合わせる特許庁の地域団体商標に登録された。県内では「蓼科温泉」や「市田柿」などに続き9番目、商工会議所・商工会としては全国5番目の登録。

情報源: Nagano Nippo Web » 「駒ケ根ソースかつ丼」地域団体商標に登録:長野日報のニュースサイト

駒ヶ根ソースかつ丼会 公式Website
駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせた「カツ」を載せた丼です。卵で綴じていません。「駒ヶ根名物ソースかつ丼」は駒ヶ根商工会議所(駒ヶ根ソースかつ丼会の上部組織)の登録商標(登録第5364618号)です。

駒ヶ根ソースかつ丼 【ご当地グルメ】、2:26

商標登録insideNews: 地域団体商標に「富山湾鮨」登録:日本経済新聞

 富山湾で漁獲された魚介類を使った「富山湾鮨(とやまわんずし)」が、特許庁から地域団体商標の登録を受けた。富山県鮨商生活衛生同業組合が申請し、3月31日付で登録された。 富山湾鮨は1セット10貫で、値

情報源: 地域団体商標に「富山湾鮨」登録  :日本経済新聞

富山湾鮨とは:豊かな自然環境に恵まれ、四季を通して多彩な海の幸に恵まれた富山湾。そこから揚がる旬の地魚を、新鮮なまま堪能できるのが「富山湾鮨」です。富山ならではの天然・新鮮の極上寿司が、富山を訪れた人々をもてなします。富山湾鮨Websiteより

登録番号 第5936606号
登録日 平成29年(2017)3月31日
出願番号 商願2016-74930
出願日 平成28年(2016)7月12日
存続期間満了日 平成39年(2027)3月31日
出願種別 地域団体
標準文字商標 富山湾鮨
権利者 富山県鮨商生活衛生同業組合
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 43 富山湾で漁獲された魚介類を使用したすしの提供

商標登録insideNews: 龍ケ崎コロッケ:地域団体商標に 特許庁お墨付き、まちおこしの推進力に/茨城 – 毎日新聞

特許庁は、龍ケ崎市商工会が出願していた「龍ケ崎コロッケ」を地域団体商標に登録した。地域名と特産とが結びついた地域ブランドのお墨付きを得て、関係者はさらなるまちおこしにつなげようと、張り切っている。

ニュースサイトで読む: Copyright 毎日新聞

情報源: 龍ケ崎コロッケ:地域団体商標に 特許庁お墨付き、まちおこしの推進力に 商工会女性部の手作り人気、参入続々 /茨城 – 毎日新聞

今回登録された商標は以下のようです。

登録番号 第5939044号
登録日 平成29年(2017)4月7日
出願日 平成27年(2015)3月12日
存続期間満了日 平成39年(2027)4月7日
出願種別 地域団体
商標 龍ケ崎コロッケ
権利者  龍ケ崎市商工会
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 29 龍ケ崎市で生産されるコロッケ; 43 龍ケ崎市におけるコロッケの提供

龍ケ崎市で第1回全国コロッケフェス 5万人の人出

商標登録insideNews: 中泊メバル膳が商標登録 | Web東奥・ニュース

 青森県中泊町は25日、同町の新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身と煮付け膳」が商標登録されたと発表した。町によると、商標登録は全国に34ある新・ご当地グルメ加盟団体中、同町が3例目で県内では初めて。関係者は「町産メバルのブランド化の弾みになる」と意気込んでいる。

情報源: 中泊メバル膳が商標登録/Web東奥・ニュース

このニュースでの登録商標は、次のとおりです。

登録番号 第5917974号
登録日 平成29年(2017)1月27日
出願日 平成28年(2016)6月9日
存続期間満了日 平成39年(2027)1月27日
商標(検索用) §中泊メバル膳\の刺身と煮付け
権利者 中泊町
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 43 飲食物の提供
商標登録第5917974号