商標登録insideNews: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

平成29年度の「地域団体商標海外展開支援事業」について、平成29年3月10日から平成29年4月7日までの期間で公募したところ、11件の申請があり、厳正な審査を行った結果、10件を採択しました。採択結果は、以下のとおりです。東川米(東川町農業協同組合)、新潟清酒(新潟県酒造組合)、市田柿(みなみ信州農業協同組合、下伊那園芸農業協同組合)、西尾の抹茶(西尾茶協同組合)、高島ちぢみ(高島晒協業組合)、堺刃物(堺刃物商工業協同組合連合会)、有田・しもつみかん(ありだ農業協同組合、ながみね農業協同組合)、日田梨(全国農業協同組合連合会大分県本部)、うれしの茶(西九州茶農業協同組合連合会、佐賀県茶商工業協同組合)、枕崎鰹節(枕崎水産加工業協同組合

情報源: 地域団体商標10件について、海外事業展開の支援を決定しました!(METI/経済産業省)

コメント:支援内容として記載されている項目を見てみると、商標権に直接関係するのは”商標権利化に関するアドバイス”だけで、外国出願費用などは見込まれていないような内容です。むしろPRイベントやバイヤーとの商談のように実際の商品のプロモーション活動に重点を置かれているような内容で、商社的機能のスタート用に助成金をというところでしょうか。落選した1件が気になるところです。

商標登録insideNews: Nagano Nippo Web » 「駒ケ根ソースかつ丼」地域団体商標に登録:長野日報のニュースサイト

駒ケ根市のご当地グルメ「駒ケ根ソースかつ丼」が、地域名と商品名を組み合わせる特許庁の地域団体商標に登録された。県内では「蓼科温泉」や「市田柿」などに続き9番目、商工会議所・商工会としては全国5番目の登録。

情報源: Nagano Nippo Web » 「駒ケ根ソースかつ丼」地域団体商標に登録:長野日報のニュースサイト

駒ヶ根ソースかつ丼会 公式Website
駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせた「カツ」を載せた丼です。卵で綴じていません。「駒ヶ根名物ソースかつ丼」は駒ヶ根商工会議所(駒ヶ根ソースかつ丼会の上部組織)の登録商標(登録第5364618号)です。

駒ヶ根ソースかつ丼 【ご当地グルメ】、2:26

商標登録insideNews: 地域団体商標に「富山湾鮨」登録:日本経済新聞

 富山湾で漁獲された魚介類を使った「富山湾鮨(とやまわんずし)」が、特許庁から地域団体商標の登録を受けた。富山県鮨商生活衛生同業組合が申請し、3月31日付で登録された。 富山湾鮨は1セット10貫で、値

情報源: 地域団体商標に「富山湾鮨」登録  :日本経済新聞

富山湾鮨とは:豊かな自然環境に恵まれ、四季を通して多彩な海の幸に恵まれた富山湾。そこから揚がる旬の地魚を、新鮮なまま堪能できるのが「富山湾鮨」です。富山ならではの天然・新鮮の極上寿司が、富山を訪れた人々をもてなします。富山湾鮨Websiteより

登録番号 第5936606号
登録日 平成29年(2017)3月31日
出願番号 商願2016-74930
出願日 平成28年(2016)7月12日
存続期間満了日 平成39年(2027)3月31日
出願種別 地域団体
標準文字商標 富山湾鮨
権利者 富山県鮨商生活衛生同業組合
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 43 富山湾で漁獲された魚介類を使用したすしの提供

商標登録insideNews: 龍ケ崎コロッケ:地域団体商標に 特許庁お墨付き、まちおこしの推進力に/茨城 – 毎日新聞

特許庁は、龍ケ崎市商工会が出願していた「龍ケ崎コロッケ」を地域団体商標に登録した。地域名と特産とが結びついた地域ブランドのお墨付きを得て、関係者はさらなるまちおこしにつなげようと、張り切っている。

ニュースサイトで読む: Copyright 毎日新聞

情報源: 龍ケ崎コロッケ:地域団体商標に 特許庁お墨付き、まちおこしの推進力に 商工会女性部の手作り人気、参入続々 /茨城 – 毎日新聞

今回登録された商標は以下のようです。

登録番号 第5939044号
登録日 平成29年(2017)4月7日
出願日 平成27年(2015)3月12日
存続期間満了日 平成39年(2027)4月7日
出願種別 地域団体
商標 龍ケ崎コロッケ
権利者  龍ケ崎市商工会
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 29 龍ケ崎市で生産されるコロッケ; 43 龍ケ崎市におけるコロッケの提供

龍ケ崎市で第1回全国コロッケフェス 5万人の人出

商標登録insideNews: 中泊メバル膳が商標登録 | Web東奥・ニュース

 青森県中泊町は25日、同町の新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身と煮付け膳」が商標登録されたと発表した。町によると、商標登録は全国に34ある新・ご当地グルメ加盟団体中、同町が3例目で県内では初めて。関係者は「町産メバルのブランド化の弾みになる」と意気込んでいる。

情報源: 中泊メバル膳が商標登録/Web東奥・ニュース

このニュースでの登録商標は、次のとおりです。

登録番号 第5917974号
登録日 平成29年(2017)1月27日
出願日 平成28年(2016)6月9日
存続期間満了日 平成39年(2027)1月27日
商標(検索用) §中泊メバル膳\の刺身と煮付け
権利者 中泊町
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 43 飲食物の提供
商標登録第5917974号

商標登録insideNews: 「習志野ソーセージ」商標登録…全国展開へ弾み : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 習志野市に第1次世界大戦期にあった収容所で、ドイツ人捕虜が作っていたソーセージを再現した「習志野ソーセージ」が、地域団体商標に登録されることになった。ご当地グルメとして普及を図る習志野商工会議所は5月26日から3日間、JR津田沼駅前の津田沼公園で、記念イベント「ソーセージ&ビールフェスティバル」を開く。

情報源: 「習志野ソーセージ」商標登録…商議所 全国展開へ弾み : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

今回登録査定はこちらの地域団体商標です。
出願番号 商願2015-111672
出願日 平成27年(2015)11月13日
出願種別 地域団体
商標 習志野ソーセージ(標準文字商標)

同日出願ですでに登録済みの商標もあります。
登録番号 第5860133号
登録日 平成28年(2016)6月17日
出願日 平成27年(2015)11月13日
存続期間満了日 平成38年(2026)6月17日
商標登録第5860133号

こちらの商標は、習志野ソーセージが約100年前にドイツ式ソーセージの製造法として第1次世界大戦期のドイツ軍の捕虜の方に作り方を教わったという歴史を物語っております。

習志野市PR[歴史探訪]きてきて習志野②(千葉県習志野市)、5:05
3:25秒ぐらいからソーセージ発祥の動画です。

千葉県習志野市のソーセージのサイト Websiteには商標のもとになった写真があります。

商標登録insideNews: 「遠州織物」が地域団体商標に登録へ :特許庁

静岡県西部の遠州地域の「遠州織物」が遠州織物工業協同組合、天龍社織物工業協同組合、浜松織物協同組合、浜松広巾織物産元協同組合に対し特許庁の地域団体商標として登録される見通しとなり、登録料が納付されれば商標権が登録されます。地域団体商標は、一定の要件を満たせば、登録を受けることができ、地域の産品などをより早い段階で権利侵害から守ることが可能とされます。遠州地域は、江戸時代には日本でも有数の綿花の産地で、綿花を栽培する農家は、副業に綿織物の生産をはじめ、やがて定着していきました。明治時代になると紡績工場がつくられ、織機の発明や染色技術の研究が進み、繊維産業(遠州織物)は地場産業として発展し、織布、染色などの分業工程の工場が集まる日本有数の綿織物の産地となります。こうして発展した遠州織物には、綿織物を中心に綿と絹や、綿と化学繊維の交織など様々な織物があり、さらに別珍・コール天や、注染のゆかた地などの特色ある織物も生まれています。

情報原:地域団体商標出願の登録査定について(2017年4月19日)

遠州織物の魅力

商標登録insideNews: JA紀州に特許庁長官賞 – 日高新報 Web Hidaka

知的財産制度の普及・啓発や運営・発展に貢献した個人、企業(団体)をたたえる経済産業省特許庁の平成29年度知財功労賞で、JA紀州(久保秀夫組合長、本店=御坊市湯川町財部)が商標活用優良企業として特許庁長官表彰を受けた。JA紀州は「紀州みなべの南高梅」を地域団体商標登録後、地域全体でブランド育成の取り組みを推進。18日に東京で表彰式が行われた

JA紀州は平成18年11月17日、「紀州みなべの南高梅」を地域団体商標に登録後、商標の使用要綱を制定。併せて商品の品質管理を徹底し、ブランド構築を行っている。

情報源: JA紀州に特許庁長官賞 – 日高新報 Web Hidaka

商標登録insideNews: 「宇治碾茶」を地域商標に 京都の組合がNPO法人設立 : 京都新聞

情報源: 「宇治碾(てん)茶」を地域商標に 京都の組合がNPO法人設立 : 京都新聞

任意団体である組合では登録出願ができないため、新たにNPO法人を立ち上げた。NPO法人は今後、宇治碾茶のロゴマークなどを作成して周知を図り、来年春ごろに特許庁に登録出願する予定。

※碾茶とは、抹茶の原料となる緑茶の一種で、判りやすく言えば、石臼でお抹茶に碾きあげる前の原葉のことだそうです。抹茶の元になる「てんちゃ」って何?