商標登録insideNews: 「地域ブランド×地域ブランド ごちそうレシピ」が完成しました!│中国経済産業局

商標を中心とした知的財産の活用の機会を創出するために、これらを食材としたレシピブックを中国経済産業局で作成しました。

情報源: 「地域ブランド×地域ブランド ごちそうレシピ」が完成しました!│中国経済産業局

商標登録insideNews: 「地域団体商標ガイドブック2018」について | 経済産業省 特許庁

「地域団体商標」は、平成18年の制度創設以来、「地域の旗印」となるブランドを確立するための第一歩として、地域の産業発展に活用されてきました。本冊子は、「地域団体商標についてこれ1冊でまるわかり」をコンセプトに、地域団体商標の制度概要、実際に権利を取得し活用している方の事例、特許庁の支援策等についてまとめたものです。これから地域団体商標を取得したい方、そうした団体を支援している方、地域ブランドに興味がある方にぜひお読みいただきたい1冊です。

情報源: 「地域団体商標ガイドブック2018」について | 経済産業省 特許庁

なお、「地域団体商標ガイドブック2018」のPDFファイル(28.7Mb)は特許庁のサイトからダウンロード可能です。

商標登録insideNews: 出石そば「地域ブランド」に 特許庁が商標登録 類似品と差別化へ – 産経ニュース

豊岡市出石町内で生産される「出石そば」が、「地域ブランド」として特許庁の地域団体商標に登録された。今後、町外で作られた製麺商品は「出石そば」と表示できず、22日…

情報源: 出石そば「地域ブランド」に 特許庁が商標登録 類似品と差別化へ – 産経ニュース

商標登録insideNews: 「浜名湖うなぎ」を商標登録 浜松ブランド強化|静岡新聞アットエス

特許庁は30日までに、浜名湖特産の養殖ウナギを地域団体商標「浜名湖うなぎ」として登録する決定を行った。商標は浜名湖地区(浜松、湖西市)の養鰻(ようまん)業を統括する浜名湖養魚漁業協同組合(浜松市西区)が管理し、地元料理店などが使用できる。出願から12年目の商標取得に関係者は「浜名湖のブランド力をさらに高めたい」と喜ぶ。

情報源: 「浜名湖うなぎ」を商標登録 浜松ブランド強化|静岡新聞アットエス

ウナギ出荷盛期 浜名湖、1:01

浜名湖うなぎの大和養魚 プロモーションムービー、2:38

商標登録insideNews: 「地域団体商標マーク」について~このマークは「地域の名物」の証です~ | 経済産業省 特許庁

「地域団体商標」は、平成18年の制度創設以来、「地域の旗印」となるブランドを確立するための第一歩として、地域の産業発展に活用されてきました。この度特許庁では、地域団体商標を活用する皆様からの強い要望を受け「地域団体商標マーク」を決定しました。

情報源: 「地域団体商標マーク」について~このマークは「地域の名物」の証です~ | 経済産業省 特許庁

商標登録insideNews: 豊橋カレーうどん地域団体商標登録 | 東日新聞

豊橋市のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」が、特許庁の地域団体商標の登録を受けた。お墨付きを得て、一般的な商品名に地域名を冠した「地域ブランド」としてさらなる展開を図る。 豊橋商工会議所が今年4月に申請し、10月27日付で登録された。愛知県内では16番目。

情報源: 豊橋カレーうどん地域団体商標登録 | 東日新聞

JETRO シリーズ「地域ブランド」と新人ブランド vol.5 商標_動画(embedded)

1.【JETRO】パリ・モード界の母が愛のムチ! ‐日本の“新人ブランド”が輸出に挑戦‐、10:00

2.【JETRO】シリーズ「地域ブランド」 ‐本物の旨みを世界へ‐、9:31
地域ブランドの登録制度「地域団体商標」を取得しながら海外展開を進めている産地の取り組みを紹介。1回目は、鹿児島県の「枕崎鰹節」。

3.【JETRO】シリーズ「地域ブランド」 ‐堺の技を世界へ 思いを一つに‐、10:00
地域ブランドの登録制度「地域団体商標」を取得しながら海外展開を進めている産地の取り組みを紹介。2回目は「堺の刃物」。

商標登録insideNews: 「会津山塩」、地域団体商標登録へ 福島県内7番目:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

 北塩原村の大塩裏磐梯温泉地区の温泉水を煮詰めて製造した食塩「会津山塩」が、特許庁の地域団体商標に登録される見通しとなった。出願人は会津山塩企業組合(北塩原村)。登録されると東北で48番目、県内で7番目の地域団体商標になる。 東北経済産業局が26日、会津山塩を登録査定したと発表した。登録料を特許庁に納付すると登録される。 地域団体商標は地域ブランドの保護、競争力の強化などを目的に、地域の事業協

情報源: 「会津山塩」、地域団体商標登録へ 福島県内7番目:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

食べる温泉、会津山塩 福島、0:51

商標登録insideNews: 一般社団法人による地域団体商標の出願について | 経済産業省 特許庁

地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく地域団体商標の登録主体に関する特例措置(一般社団法人による地域団体商標の出願)について

情報源: 地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく地域団体商標の登録主体に関する特例措置(一般社団法人による地域団体商標の出願)について | 経済産業省 特許庁

地域未来投資促進法において定める要件

(1)地域未来投資促進法第13条に規定される地域経済牽引事業計画(以下、「事業計画」という。)の承認を受けた承認地域経済牽引事業者に一般社団法人が含まれる場合であって、当該一般社団法人が承認地域経済牽引商品等に係る地域団体商標の出願人となること。
(2)出願時において、事業計画が都道府県知事等に承認されていること。

※地域未来投資促進法第22条第1項には、商標法の特例を受けることができる一般社団法人については、「承認地域経済牽引事業者」に含まれる場合である旨規定されているため、当該一般社団法人が地域団体商標登録出願を行う場合には、その出願時に事業計画が都道府県知事等に承認されている必要があります。なお、地域経済牽引事業を行おうとする者に地方公共団体を含むときは、主務大臣の承認を申請することとなります(地域未来投資促進法第13条第1項)。
(3)査定時において、事業計画の計画期間(地域未来投資促進法第22条第1項又は第2項の適用を受け得る計画期間に限る。)内であること。
(4)出願時において、当該一般社団法人の構成員たる資格に関する定款の定めに加入自由の原則(正当な理由がないのに、構成員たる資格を有する者の加入を拒み、又はその加入につき現在の構成員が加入の際に付されたよりも困難な条件を付してはならない旨の定め)が規定されていること。

※地域未来投資促進法第22条第1項には、商標法の特例を受けることができる一般社団法人については、「承認地域経済牽引事業者」に含まれる場合である旨、また、当該一般社団法人は「その定款において、正当な理由がないのに、構成員たる資格を有する者の加入を拒み、又はその加入につき現在の構成員が加入の際に付されたよりも困難な条件を付してはならない旨の定めのあるものに限る。」とし、いわゆる加入自由の原則が規定されていることから、当該一般社団法人が地域団体商標登録出願を行う場合、その出願時に上記加入自由の原則が定款に定められている必要があります。なお、当該定款に規定される加入自由の原則は、事業計画に記載するか、又は定款の写しを添付することにより証明する必要があります。

提出書類