商標登録insideNews: Drone Racing League Trademark Suit Flies Toward Trial | bloomberglaw.com

A trademark dispute between two drone racing businesses will go forward because there’s a thin but plausible claim of customer confusion, a federal judge ruled Nov. 26.Both the Drone Racing League Inc., and DR1 LLC are “similarly engaged in the business of conducting and promoting drone races,” the U.S. District Court for the Southern District of New York said. DRL says DR1’s logo is too similar to its own registered trademark and has caused actual marketplace confusion.

情報源: Drone Racing League Trademark Suit Flies Toward Trial

The 2017 Season is Here | Drone Racing League, 1:00

DR1 EuroSport promo, 0:45

商標登録insideNews: 10月から海外解禁 雑貨や玩具など 類似商標登録相次ぐ中国、法的措置に時間も – 熊本日日新聞 | This kiji is

くまモン関連商品について、海外企業も有料でイラストを利用できる制度が10月から全面解禁された。県には300件超の利用申請や問い合わせが寄せられているものの、許可件数は、アジアの4カ国・地域の15件にとどまっている。関心の高い中国で第三者による類似の商標登録が相次ぎ、法的な対抗措置に手間取っていることが影響しているという。

情報源: 10月から海外解禁 雑貨や玩具など 類似商標登録相次ぐ中国、法的措置に時間も – 熊本日日新聞 | This kiji is

くまモングッズも 上海で「くまカフェ」オープン(17/01/23)、1:01

商標登録insideNews: 「みやぎサーモン押し寿司」好評受け今年も販売 GI登録の養殖ギンザケ使用 – 仙台経済新聞

宮城県産養殖ギンザケブランド「みやぎサーモン」を使った駅弁「みやぎサーモン押し寿司(ずし)」が現在、JR仙台駅で販売されている。1976(昭和51)年に宮城県で始まったギンザケの養殖。県内では現在、石巻市・女川町・南三陸町で行われており、国内生産量の90%以上を占める。中でも「みやぎサーモン」は、宮城県産米を飼料原料とし、水揚げの際に「活(い)け締め」「神経締め」と呼ばれる鮮度維持のための処理を施す生食用ギンザケの最高級ブランド。昨年5月、地域の農林水産物をブランドとして保護する国の地理的表示保護制度(GI)に宮城県第1号として登録された。

情報源: 「みやぎサーモン押し寿司」好評受け今年も販売 GI登録の養殖ギンザケ使用 – 仙台経済新聞

02H29 5月みやぎ水産の日インフォマーシャル、1:00

商標登録insideNews: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 – Intellectual Property – Canada | Mondaq

Canada: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 Last Updated: November 26 2018 Article by Michelle Nelles and Kevin TuohyTorys LLP Nearly five years after receiving royal assent, amendments to the Trademarks Act will come into force on June 17, 2019. The federal government made the announcement through publishing the new Trademark Regulations in the Canada Gazette II on November 14.1

情報源: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 – Intellectual Property – Canada

Trademarks Regulations: SOR/2018-227

商標登録insideNews: 大分:整備中「祝祭広場」に待った 阪急阪神が商標登録 – 毎日新聞

 大分市が旧パルコ跡地に整備する予定の広場について「祝祭広場」と呼称していることについて「待った」がかかった。百貨店を運営する「阪急阪神百貨店」(大阪市北区)が「祝祭広場」という名称を商標登録していることから、使用中止を求める申し入れをしたためだ。市は使用を続けたい意向を伝え、両者は協議中。同社が無

情報源: 大分:整備中「祝祭広場」に待った 阪急阪神が商標登録 – 毎日新聞

登録番号 第5562650号
登録日 平成25年(2013)3月1日
出願番号 商願2012-76879
出願日 平成24年(2012)9月24日
存続期間満了日 平成35年(2023)3月1日
商標 祝祭広場 (標準文字)
権利者 株式会社 阪急阪神百貨店
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】 【類似群コード】
41 美術品の展示,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,スポーツの興行の企画・運営又は開催,お祭りを主とする催事の企画・運営又は開催,くじ引き興行の企画・運営又は開催,ゲームショーの企画・運営又は開催,キャラクターショーに関する興行の企画・運営又は開催,デザインに関する展示会の企画・運営又は開催,デザインコンテストの企画・運営又は開催,ファッションショーの企画・運営又は開催,フォトコンテストの企画・運営又は開催,フラワーアレンジメントに関する展示会の企画・運営,フリーマーケット興行の企画・運営又は開催,食に関するイベントの企画・運営又は開催,料理に関するコンテストの企画・運営及び開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供

“祝祭広場のクリスマスマーケット” performed by H ZETTRIO 【Official MV】、4:19

商標登録insideNews: 「Pepper」が立体商標に ソフトバンクロボティクスが発表 | ロボスタ

ソフトバンクロボティクスグループ株式会社は、11月22日、人型ロボット「Pepper」の形状が、特許庁により立体商標として登録されたことを発表した。「立体商標」とは、1996年に導入された制度で、商品やサービスの出どころを特定する立体的な形状を「商標」として登録し、保護するもの。同社は立体商標として登録されたことについて、「ロボットそのものの外観だけで、ソフトバンクロボティクスグループの人型ロボットであると広く一般的に認識されることが認められたことを意味します」と述べている。

情報源: 「Pepper」が立体商標に ソフトバンクロボティクスが発表 | ロボスタ

登録番号 第6081795号
登録日 平成30年(2018)9月14日
出願番号 商願2018-57860
出願日 平成30年(2018)5月1日
先願権発生日 平成28年(2016)12月14日
存続期間満了日 平成40年(2028)9月14日
権利者 ソフトバンクロボティクスグループ株式会社
区分数 2 (第9類、第28類)

商標登録第6081795号
商標登録第6081795号

Pepper Maker で広瀬すずに告白!?、2:06

商標登録insideNews: 【生かせ!知財ビジネス】JPDS、海外商標情報サービスを来年1月開始 – SankeiBiz(サンケイビズ)

日本パテントデータサービス(JPDS、東京都港区)は2019年1月、国内知財サービス会社としては初めて、海外商標情報の検索サービスを開始する。 国内商標情報の検索サービスとして、今年1月に開始した「Brand Mark Search」(ブランド・マーク・サーチ)の追加オプションとして提供する。米国商標情報を手始めに、19年6月末までに欧州連合商標情報(EUTM)、世界知的所有権機構(WIPO)のマドリッド協定議定書に基づく出願商標情報などを順次追加していく。ユーザーから要望の多い中国商標情報は現在、追加を検討している。

情報源: 【生かせ!知財ビジネス】JPDS、海外商標情報サービスを来年1月開始 – SankeiBiz(サンケイビズ)

商標登録insideNews: 三井生命から「三井」剥奪!? 「三井商号商標保全会」って | デイリー新潮

東京・日本橋は、三越や三井本館など、三井グループのビルがたち並ぶ街である。ところが、とある三井系の「組織」は、電話帳にも載っていなければ看板も出ていない。三井グループの広報を担当する「三井広報委員会」に教えてもらった電話番号にかけてみると、ようやく担当者が出た。「我々のことは一般には公表していません。ですからスタッフが何人いるとか、どこのビルの何階にあるとも教えられません。会社組織ではないし、社団法人や財団法人でもありません」 その名前は「三井商号商標保全会」(以下、保全会)という。

情報源: 三井生命から「三井」剥奪!? 「三井商号商標保全会」って | デイリー新潮

商標登録insideNews: Ford goes for Puma – again | GoAuto

Puma trademark registration could point to badge for Ford’s Baby Bronco. FORD appears to be preparing to resurrect the Puma badge, lodging a fresh global trademark application under that name for a future model that conceivably could be the upcoming compact SUV dubbed – in the absence of any official name – the Baby Bronco.

情報源: Ford goes for Puma – again | GoAuto

商標登録insideNews: Mexico to use the list of terms from the harmonised database in TMclass | EUIPO

As of 12 November 2018, the Mexican Institute of Industrial Property (IMPI) will use the list of goods and services from the harmonised database (HDB) in TMclass and IMPI’s online tool ClasNiza.

情報源: Mexico to use the list of terms from the harmonised database in TMclass