商標登録insideNews: 新検索ツールMadrid Monitorのベータ版 | 経済産業省 特許庁

新検索ツールMadrid Monitorの利用により、マドリッド・システム(マドプロ)に登録された国際登録商標に関する情報が、より簡易に検索できるようになります。新検索ツールMadrid Monitor (外部サイトへリンク)は、現在アクセス可能なROMARIN、 WIPO Gazette of International Marks、Madrid E-Alert、及びReal-Time Statusの機能及び情報を一つに統合したアプリケーションです。

Try the New Madrid Monitor Search Tool
Try the New Madrid Monitor Search Tool
Madrid Monitor BETA
Madrid Monitor BETA

最新のマドリッドモニターで国際登録商標を検索

商標登録insideNews: 知財ランクで米国順位落とす Blog – World Trademark Review

ちなみに日本も商標分野で4ランク落として19位とされ、意匠は14位のランク付けとなっております。 ランク付けは、Taylor Wessing launches 5th GIPI reportからの情報で、5つの知的財産権分野、特許、商標、著作権、意匠、データ保護(不正競争防止法)での、権利取得、権利悪用、権利行使、攻撃について評価したものです。

Taylor Wessing launches 5th GIPI report、2:18

情報源: United States plummets down IP rankings table; cost and enforcement frustrations cited – Blog – World Trademark Review

商標登録insideNews: 中国最初の音商標登録:China to Approve Its First Sound Trademark

日本と同様に、中国でも音商標(声音商标)の登録が進んでいます。中国国際ラジオ局(China Radio International)の放送番組の開始音楽(出願番号:14503615)が工商行政管理総局・商標局より認可され、注册公告日期(登録公告日)を2016年5月14日として登録されています。

中国最初の音商標の商標公報
中国最初の音商標の商標公報

情報源: China to Approve Its First Sound Trademark

無料データベースでの商標登録の検索🔍

公共で無料のデータベースで商標登録を検索する方法 A.日本で登録されている商標を検索する。 1.特許庁での商標調査(JP) a.J-platpatによる商標調査 【提供】特許庁(Japan Patent Office) …

商標登録insideNews: トヨタ、「スープラ」を欧州でも商標登録…新型スポーツカーか | レスポンス(Response.jp)

WIPOのGLOBAL BRAND DATABASEで”SUPRA”を入力してみると、確かに今月の6月3日に、ニュージーランド(NZ)、フィリピン(PH)、ブルネイ(BN)で”SUPRA”を出願し、欧州連合(EM)、オーストラリア(AU)、スイス(CH)で”TOYOTA SUPRA”を出願しています。SUPRAの復活が予定されているのは、確かなように思います。

WIPO GLOBAL BRAND DATABASE ”SUPRA"
WIPO GLOBAL BRAND DATABASE ”SUPRA”

トヨタ自動車が2002年、生産と販売を終了したスポーツカー、『スープラ』。欧州の最新の商標登録データから、スープラ復活の可能性が現実味を帯びてきた。

情報源: トヨタ、「スープラ」を欧州でも商標登録…新型スポーツカーか | レスポンス(Response.jp)

商標登録insideNews: トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性 無断ロゴ使用で | ロイター

今月23日にイギリスでEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票が行われることになっています。もしイギリスが欧州連合を脱退することが生じた場合には、欧州連合の出願には英国が含まれなくなる可能性が高くなり、イギリスと欧州連合の両方で保護が必要な場合は、それぞれ別個に出願することになることが予想されます。そんな中での、トヨタロゴの無断使用についてのNewsという内容です。

情報源: トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性 無断ロゴ使用で | ロイター

商標権に基づく請求の訴額算定基準

商標権に基づく請求の訴額 訴額とは、訴訟物について原告が訴えで主張する利益を金銭に見積もった額のことを言います。訴訟の提起の際には、訴状に所定の印紙を貼る必要があり、また、必要な郵券も予納することが求められます。商標権に …

商標登録insideNews: 日本企業の商標出願数は落ち込みが予想され、既存の権利の活用に集中 Blog – World Trademark Review

ブログは、主に特許庁の平成27年知的財産活動調査 結果の概要について、コメントしたものです。この結果の概要では、商標の出願件数については、「卸売・小売業」が多く、2014 年から2015 年にかけては増加する業種が多いものの、2016 年にかけて「輸送用機械製造業」以外のすべての業種で減少する見通しとしています。地域別商標出願割合については、国内が54.2%であるのに対し、アジアが26.9%、米国が3.7%、欧州が3.5%と、海外出願のうちアジアが6割近くを占めています。業種別にみると、「個人・その他」、「教育・TLO・公的研究機関・公務」、「建設業」などで国内出願の割合が高く、「輸送用機械製造業」で外国出願の割合が高いとなっています。

Filings expected to plummet as Japanese companies streamline portfolios and focus on utilisation of existing rights – Blog – World Trademark Review

情報源: Filings expected to plummet as Japanese companies streamline portfolios and focus on utilisation of existing rights – Blog – World Trademark Review

欧州製薬団体連合会(EFPIA) 商標_動画(リンク)

European Federation of Pharmaceutical Industries and Associations (EFPIA)の動画, 研究や調査に莫大な費用と時間がかかる製薬についての知的財産の重要性を説明しています。
1. EFPIA – About us、0:46

2.Intellectual Property & the Pharma Industry – Introducing Marty the Medicine、2:13

3.What does Anti-Counterfeiting Mean for the Pharmaceutical Industry?、2:15

欧州製薬団体連合会(EFPIA)のWebsite