米国商標実務: Sec.15の宣誓書

§15の宣誓書とは

米国の商標法では、§15の不可争性(incontestability)の宣誓書を提出することができます。この§15の宣誓書を提出することで、商標登録の有効性を争うことができなくなり、例えばハウスマークなどの重要性の高い商標については、宣誓書により権利の安定化を図ることができます。

lincoln
Lincoln Statue

§15の宣誓書を提出できる要件

§15の宣誓書の提出には、次のような要件が必要です。1)商標の所有権や商標登録の権利を失効させる最終決定がだされていないこと、2)そのような手続が係属していないこと、3)登録の日の後、どこかの5年間継続的且つ連続的に使用し、その5年の期間から1年以内であること、4)商標が普通名称化していないことの4要件になります。使用ベースの出願の場合には、登録の際に使用宣誓書を提出することから、丁度、5年目6年目の§8の使用宣誓書の提出時に、使用が継続していれば自動的に3)の継続使用の要件が満たされることになります。§8の使用宣誓書は提出が必須ですが、§15の不可争性の宣誓書は任意ですので、提出することもでき、提出しなくても良い書類です。また、§15の宣誓書は主登録の商標に対して提出することができ、補助登録(Supplemental Register)の商標は対象とはなりません。

§15の宣誓書の提出期限、提出回数、必要書類

§15の宣誓書の提出には、3)の要件が満たされていれば、特に期限はありません。また、§15の宣誓書は1回提出すれば登録が続く限り効果があり、使用宣誓書のように更新の度に提出が必要となるものではありません。また、§15の宣誓書に添付する証拠書類などはありません。

§15の宣誓書の効果

§15の宣誓書によって不可争性を獲得すれば何が何でも争えなくなというものでもなく、無敵(invincible)というにはほど遠い感じですが、メリットもあります。 1)商標が記述的に過ぎない(descriptiveness)という理由の無効審判と、2)商標が先に使用されていたことを理由とする取消審判に対しては、効果があります。例えば、先にアメリカで権利を取得していた場合に、類似の範囲の商標を第3者が出願し、その第3者に拒絶理由が打たれた場合には、同意(consent)を求めてくることもありますが、並行して先使用による取消(Petition for cancellation)もかけてくることがあり、その答弁書の提出だけでも数十万円ぐらいかかる場合があり、答弁しなければDefault Judgmentで取消となります。§15の宣誓書がでていれば、このような紛争に巻き込まれることはなくなります。商標が普通名称化した、使用していない或いは放棄している、公序良俗違反、他国の国旗当である、虚偽により登録を受けているなどの理由であれば、§15の宣誓書によって不可争性を獲得していても取消可能です。§14に規定するTTABの取消審判に対しては、5年の除斥期間の規定があり、§15の宣誓書はいらないようにも考えられますが、§14の除斥はTTABだけで連邦裁判所の手続には効果がいのですが、§15の宣誓書は連邦裁判所に対しても効力があります。

§15の宣誓書のデメリット

一般に、§15の宣誓書によって不可争性を獲得する場合には、全ての指定商品・指定役務に5年間継続的且つ連続的に使用していることを宣誓することになりますが、一部の商品について継続的な使用が虚偽だった場合には、虚偽に基づく手続で登録が取り消されるおそれもあります(Medinol, Mister Leonard)。なお、このようなリスクを避けるためには、商品の一部だけの§15の宣言も可能です。

§15の宣誓書の提出費用

§15の宣誓書は$200 per classになります。

米国商標におけるコンセント(同意)書の取り扱い

同意書の取り扱い

米国での商標登録出願に対して、米国審査官(examining attorney)が既に登録されている商標を挙げて、拒絶理由を通知してくることがあり、これに対しては、1)競合すると認定されている指定商品・指定役務を削除する補正をする。2)競合すると認定された商標登録を取消すための審判を請求する。3)意見書を提出して非類似であることを主張する。同意書は、意見書を提出して非類似であることを主張するための証拠として用いられます。審査官が同意書を提出するようにと示唆することはありません。

言葉だけの同意書(naked agreement)は重視されない

同意書が既登録商標権者が出願者の商標登録に同意するもので、混同が生じないということを単に述べているに過ぎない場合は、約因がない同意として重視されることはないとされています。従いまして、審査官が競合するとの主張を覆すには、一般大衆を混同することがないを当事者間で同意から導かれることを示すことになります。例えば、既登録商標権者と出願者の商標を付した商品が、出願者により販売されているという事実とライセンス契約は、混同を生じないとするには十分でないと判断されています(In re Wacker Neuson SE)。

米国審査官のルール

米国審査官は、当事者の適格な同意書には実質的に配慮すべきとされています。即ち、当事者が信じ得る同意をし、他に混同を生じてるという要因もない場合には、審査官は混同が生じるという判断ができないとされています。

同時使用合意書(concurrent use agreement)は同意書(consent agreement)とは異なる

同時使用合意書(concurrent use agreement)は、同意書とは異なっています。同時使用合意書は、登録の地理的な割り当てを定めた合意書です。

TMEP 1207.01(d)(viii) Consent Agreements
The term “consent agreement” generally refers to an agreement between parties in which one party (e.g., a prior registrant) consents to the registration of a mark by the other party (e.g., an applicant for registration of the same mark or a similar mark), or in which each party consents to the registration of an identical or similar mark by the other party.
An applicant may submit a consent agreement in an attempt to overcome a refusal of registration under §2(d) of the Act, or in anticipation of a refusal to register. However, an examining attorney may not solicit a consent agreement.
A consent agreement may take a number of different forms and arise under a variety of circumstances, but, when present, it is “but one factor to be taken into account with all of the other relevant circumstances bearing on the likelihood of confusion referred to in §2(d).” In re N.A.D. Inc., 754 F.2d 996, 224 USPQ 969, 971 (Fed. Cir. 1985).
“Naked” consent agreements (i.e., agreements that contain little more than a prior registrant’s consent to registration of an applied-for mark and possibly a mere statement that source confusion is believed to be unlikely) are typically considered to be less persuasive than agreements that detail the particular reasons why the relevant parties believe no likelihood of confusion exists and specify the arrangements undertaken by the parties to avoid confusing the public. See In re E.I. du Pont de Nemours & Co., 476 F.2d 1357, 1362, 177 USPQ 563, 568 (C.C.P.A 1973) (noting that “[i]n considering agreements, a naked ‘consent’ may carry little weight,” but “[t]he weight to be given more detailed agreements . . . should be substantial”); see also In re Donnay Int’l, S.A., 31 USPQ2d 1953, 1956 (TTAB 1994) (“[T]he more information that is in the consent agreement as to why the parties believe confusion to be unlikely, and the more evidentiary support for such conclusions in the facts of record or in the way of undertakings by the parties, the more we can assume that the consent is based on a reasoned assessment of the marketplace, and consequently the more weight the consent will be accorded.”); In re Permagrain Prods., Inc., 223 USPQ 147 (TTAB 1984) (finding a consent agreement submitted by applicant did not alter the conclusion that confusion was likely, because the agreement was “naked” in that it merely indicated that each party would recognize, and refrain from interfering with, the other’s use of their respective marks and that the applicant would not advertise or promote its mark without its company name, but the agreement did not restrict the markets or potential customers for their goods in such a way as to avoid confusion);cf. In re Wacker Neuson SE, 97 USPQ2d 1408 (TTAB 2010) (finding an otherwise “thin consent” to be viable and reversing a §2(d) refusal, in view of the relationship of the parties, the provisions of a licensing agreement executed by the parties, and the fact that the goods and services offered under both parties’ marks were manufactured and sold by applicant).
If a consent agreement makes representations about both parties’ beliefs regarding the likelihood of confusion and/or indicates that both parties have agreed to undertake certain actions to avoid confusion, then it should be signed by both parties, or by individuals with legal authority to bind the respective parties. In some instances, however, a consent document might be signed only by the registrant, because only the registrant has provided its consent, agreed to take certain actions, or made representations as to the likelihood of confusion. The absence of applicant’s signature on the document in such cases does not necessarily render the document unacceptable, but, like any other consent document, its persuasive value should be determined in light of all other evidence in the record. See, e.g., Donnay Int’l, 31 USPQ2d at 1956-57 (finding that a consent letter signed only by the registrant and consisting merely of registrant’s consent to applicant’s registration and use of the applied-for mark was entitled to limited weight, but nonetheless concluding that it served to “tip the scales” in favor of reversing the §2(d) refusal, especially in view of the minimal evidence supporting the conclusion that confusion was likely); In re Palm Beach Inc., 225 USPQ 785, 787-88 (TTAB 1985) (concluding there was no reasonable likelihood of confusion as to applicant’s and registrant’s marks, based on, inter alia, the different nature of the parties’ goods, two consent letters signed only by owners of the cited registration, and an affidavit of an officer of applicant’s subsidiary indicating that actual confusion had not occurred during the more than 45 years of the marks’ coexistence and that future likelihood of confusion was believed to be unlikely).
In the In re E. I. du Pont de Nemours & Co. decision, the Court of Customs and Patent Appeals stated as follows:
[W]hen those most familiar with use in the marketplace and most interested in precluding confusion enter agreements designed to avoid it, the scales of evidence are clearly tilted. It is at least difficult to maintain a subjective view that confusion will occur when those directly concerned say it won’t. A mere assumption that confusion is likely will rarely prevail against uncontroverted evidence from those on the firing line that it is not.
476 F.2d at 1363, 177 USPQ at 568.
Accordingly, the Court of Appeals for the Federal Circuit has indicated that consent agreements should be given great weight, and that the USPTO should not substitute its judgment concerning likelihood of confusion for the judgment of the real parties in interest without good reason, that is, unless the other relevant factors clearly dictate a finding of likelihood of confusion. See In re Four Seasons Hotels Ltd., 987 F.2d 1565, 26 USPQ2d 1071 (Fed. Cir. 1993); In re N.A.D. Inc., 754 F.2d 996, 224 USPQ 969 (Fed. Cir. 1985); see also du Pont, 476 F.2d at 1362-63, 177 USPQ at 568; cf. In re Mastic Inc., 829 F.2d 1114, 4 USPQ2d 1292 (Fed. Cir. 1987) (affirming TTAB’s holding that applicant’s mark was barred by §2(d), because the provided consent to register was essentially a “naked” consent and all other relevant factors weighed in favor of a conclusion that confusion was likely).
Thus, examining attorneys should give substantial weight to a proper consent agreement. When an applicant and registrant have entered into a credible consent agreement and, on balance, the other factors do not dictate a finding of likelihood of confusion, an examining attorney should not interpose his or her own judgment that confusion is likely.
A consent agreement is not the same as a “concurrent use” agreement. The term “concurrent use” is a term of art that refers to a geographical restriction on the registration. See TMEP §1207.04 regarding concurrent use.

フィンランド特許登録庁(PRH) – Changes to trademark fees on 1 May 2017

フィンランド特許登録庁は2017年5月1日付けで、料金表を改訂しています。

The Ministry of Economic Affairs and Employment has approved the Patent and Registration Office’s (PRH) proposal for changes to some of its fees. The changes also apply to trademark fees: some will rise and some will fall.

Examples of new fees

Fees valid from 1 May 2017 (current fee in brackets):

商標登録出願/ trademark application
紙出願/ paper application 275 euros (250 euros)
電子出願/ online application 225 euros (215 euros)
2区分以上の区分ごとの割り増し料 class fee for each class beyond the first 100 euros (80 euros)
更新登録/ renewal of registration
紙/on paper 275 euros (300 euros)
電子/online 225 euros (275 euros)
2区分以上の区分ごとの割り増し料 class fee for each class beyond the first 100 euros (125 euros)
異議申立/ filing an opposition against a registration 275 euros (215 euros)

Please note that the online service is only available in Finnish and in Swedish.

情報源: PRH – Changes to trademark fees on 1 May 2017

CIPO (Canadian Intellectual Property Office) カナダ知的財産庁 商標関連料金表

カナダ知的財産庁 料金表(CIPO’s Fee Schedule)

カナダ国内商標出願等に際し、カナダ知的財産庁に支払う政府費用(Official fees)は次のとおりです。[2017.5.18] ca_courthouse

 項目  CAドル
 商標出願  250
 異議申立(公告から2月)  750
 指定商品、指定役務の拡張  450
 商標権の移転  100
 更新登録  350
 略式失効手続の通知  400
 期間延長申請  125
 登録証の発行  50
 不登録標章等の申請  500
 地理的表示の異議申立(公告から3月以内)  1000

商標登録insideNews: 中国商標局 4月1日から商標登録出願料金等を半額に値下げ

中国商標局(CTMO)は2017年4月1日から商標登録出願料を値下げすると発表しています。今回の値下げで、中国商標局の出願費用などのオフィシャルフィーは半額に減額されています。

2017年4月1日以降の新料金表
关于调整商标注册收费标准的公告(中国語)

商標登録newsletter: シンガポール知的財産庁(IPOS) 特許商標関連政府費用等を変更

シンガポール知的財産庁(IPOS) は、2017年4月1日施行で、特許、商標の出願料の減額や更新料を増額し、一部の費用は無料となっています。主な、変更点は、商標登録の出願料は事前採用された商品役務の一覧から指定商品、指定役務を選択する場合に$240 SGD (per class of goods or services)[従前は$341]に減額、更新登録は$380 SGD (per class of goods or services)[従前は$250]に増額、期間後の更新は$560 SGD、回復は$610 SGDに変更されます。個人代表の同意書の提出と、国内商標登録を国際登録に置き換える手続は無料となります。

シンガポール知的財産庁(IPOS) Circular No. 1/2017, dated 3 February 2017

商標登録newsletter: インド 新商標規定2017

インド知的財産庁(Intellectual Property India)は、今年(2017年)の新規定として次のような改正点を含むルールを3月6日に公表し、同時に発効させております。

1.個人、小企業、起業会社は商標出願費用の低減措置

新商標規定2017の下では、商標登録の出願人が、個人、小企業、起業者に該当する場合には、低い出願料で出願をすることができます。小企業とは、物の生産企業の場合、工場や設備の投資額が約17,400万円(INR 100,000,000)以下、役務を提供する企業の場合、設備投資額が約8,700万円(INR 50,000,000)以下の企業です。外国企業でも上記要件を満たせば、低減措置を受けることができます。起業会社は5年以内にインドに設立または登記され、技術や知的財産でサポートされた新製品や新役務を提供する企業、情報関連企業で、いずれの年度の売上高も約43,680万円(INR 250,000,000)を超えない企業です。

2.使用宣誓書の提出義務付け

商標出願よりも前の日の、商標の使用を申請する場合には、出願人はその使用の宣誓書を使用についての証拠書類と共に提出する必要があります。

3. 早期審査が可能に

商標出願の出願人は早期審査について請求することができ、個人、小企業、起業会社は約34,600円(INR 20,000)、それ以外は約69,200円(INR 40,000)を支払うことで早期審査に係属します。早期審査は出願日から3か月で審査するものとしていますが、商標登録局はその数を制限できるとしています。

4.著名商標の出願

料金約174,000円(INR 100,000)を支払うことで、著名商標かどうかを決める出願をすることができ、その場合には、必要な証拠書類を提出します。商標登録局は30日以内の期日を以て公衆に異議があるかないかを問うこともできます。商標が著名商標と認定されれば、その旨が公報に発効され、著名商標の一覧に加えられることになります。商標登録局は間違いで或いは不注意で著名商標として登録された商標を一覧表から除くこともできますが、当事者への聴聞をしたのちとなります。

5.音商標のファイル

音商標については、MP3フォーマットで30秒以内の音声ファイルを提出することが必要となり、またその表記についての画像表現も必要となります。

6.異議手続の改正

商標登録局のウエブサイトにアップロードされた異議申立の通知の写しをもとに出願人が答弁書の写しを提出した場合には、異議申立の通知の送達の要件が免除されます。また、異議申立手続での宣誓書による証拠の提出についての制限を延ばすことはできなくなります。もし出願人が宣誓書による証拠や先に提出した反論に依存する主張を提出できない場合には、出願は放棄されたものと見做されます。従前の規則では、法定期間内に相手から宣誓書による証拠が提出されない場合に、出願放棄とされていました。異議手続での聴聞の延期は少なくとも聴聞日の3日前まで決められるものとされます。各延期はそれぞれ30日以内とされ、双方当事者は最大2回までとされます。異議手続で、異議申立の通知を提出する前に異議申立人が出願人に十分な通知を与えていた場合であってかつ出願人が異議申立てに対処していない場合には、商標局は出願人に17,300円(INR 10,000)の費用を負担させることができます。同様に、出願人が反論した後に、異議申立人が異議申立てに対処していない場合には商標局は異議申立人に17,300円(INR 10,000)の費用を負担させることができます。

7.登録商標の更新

従前は、商標登録の更新手続は、存続期間満了の6ヶ月前からでしたが、改正後は1年前から可能になっています。

8.様式の変更

全ての様式が変更となっています。

9.手数料の値上げ

出願に関する全ての料金がほぼ倍額に変更となり、紙出願は10%電子出願よりも高くなります。

10. 聴聞をビデオ会議で行う

新規則では、聴聞をビデオ会議若しくはその他の音声―映像会議手段で行うことが可能です。

New Trade Mark Rule 2017 modified

ウイーン分類のカテゴリー(大分類)

Vienna Classification’s Categories

図形商標の分類の世界標準であるウイーン分類は全部で29の大分類(カテゴリ)に分けられています。

01 CELESTIAL BODIES, NATURAL PHENOMENA, GEOGRAPHICAL MAPS  天体、自然現象、地理的地図
このカテゴリには、雲、星、月、太陽、惑星、星座など、空に現れるオブジェクトが含まれます。さらに、虹、雷、雪片などの気象条件に関連するデザインがここにあります。国と大陸の地図も01です。
02 HUMAN BEINGS  人間
このカテゴリには、従業員の活動や服装方法に関係なく、男性、女性、および子供の表現が含まれます。このカテゴリには、人間の体形、似顔絵の形のもの、人体の棒状のものなどがあります。
03 ANIMALS  動物
このカテゴリには、神話動物以外のほとんどの動物が含まれます。動物には、哺乳類、鳥類、キウイ、キウイ鳥類、魚類、爬虫類、昆虫が含まれます。先史時代の動物、人間の属性を持つ動物の定型化された動物も、カテゴリー03でコード化されています。
04 SUPERNATURAL, FABULOUS, FANTASTIC OR UNIDENTIFIABLE BEINGS 超自然的存在、神話的または伝説的存在、幻想的存在または識別不可能な存在
このカテゴリには、悪魔、天使、レプラコーン、魔女、スーパーヒーローなどの存在が含まれます。人間の一部であり、ユニコーンやペガサスのような動物や神話動物の一部であるデザインがこのカテゴリに含まれます。人間または動物を表す植物、物体または幾何学的図形もカテゴリ04にある。
05 PLANTS 植物
このカテゴリには、花、樹木、葉、野菜、果物など、ほぼすべてのタイプの植物が含まれます。また、植物から作られた装飾もこのカテゴリーに含まれています。
06 LANDSCAPES 風景
このカテゴリには、山、湖、滝、ビーチ、森林、島が含まれます。また、スカイラインや通りの風景などの砂漠の風景や都市景観は、カテゴリ06に分類されます。
07 CONSTRUCTIONS, STRUCTURES FOR ADVERTISEMENTS, GATES OR BARRIERS 住居、建物、門、障害物、構造物および建材
このカテゴリには、人間によって建てられたほぼすべての構造が含まれます。イグルーやかまくらなどから高層ビルまでのすべての住居は07のカテゴリーになります。建物の内装と外装の部分と、レンガ、木材、コンダクターブロックなどの建材がこのカテゴリにあります。
08 FOODSTUFFS 食品
このカテゴリーには、食肉、乳製品、サンドイッチ、焼き菓子などの食用品が含まれます。果物や野菜は含まれていません。
09 TEXTILES, CLOTHING, SEWING ACCESSORIES, HEADWEAR, FOOTWEAR 布帛、衣類、帽子、靴および縫製アクセサリー
このカテゴリには、タオル、カーテン、シート、カーペットなどの衣料品および繊維製品のすべてのタイプが含まれます。また、ジッパー、模様、ミシンなどの縫製品は09で見つけることができます。
10 TOBACCO, SMOKERS’ REQUISITES, MATCHES, TRAVEL GOODS, FANS, TOILET ARTICLES たばこ、喫煙者の必要品; 旅行用品、団扇、トイレ用品; 錠剤、カプセルまたは粉末を 含む医療機器および装置
このカテゴリーには、ほとんどのタバコ製品および医療機器、ならびに錠剤またはカプセル形態の製品が含まれる。このカテゴリには、かみそり、歯ブラシ、メイクアップ製品などの美容用品があります。カテゴリー10には、電動ではない団扇、杖、傘もあります。
11 HOUSEHOLD UTENSILS 家庭用品
このカテゴリには、刃物、調理器具、飲料用品、電気式または非電装式の台所用品を含む、家庭用台所で見つかるほとんどの品目が含まれます。鉄、箒、プランジャーなどの家庭用品はカテゴリー11に分類されています。
12 FURNITURE, SANITARY INSTALLATIONS 家具および配管備品
このカテゴリには、家具およびオフィス家具のすべてのタイプが含まれます。シンク、バスタブ、トイレなどの配管器具はカテゴリ12にあります。
13 LIGHTING, WIRELESS VALVES, HEATING, COOKING OR REFRIGERATING EQUIPMENT, WASHING MACHINES, DRYING EQUIPMENT 照明、調理、加熱、冷却または冷凍設備
このカテゴリーには、松明(たいまつ)、キャンドル、テーブルランプ、フラッシュバルブなどの照明器具が含まれます。ストーブ、冷蔵庫、トースター、エアコンもカテゴリ13に入っています。
14 IRONMONGERY, TOOLS, LADDERS ハードウェア、工具およびはしご; 非電動農業用具; キーとロック
このカテゴリには、すべてのタイプのハードウェア、電動工具、ハンドツールが含まれます。カテゴリ14には、ケーブル、ワイヤー、バルブ、ハンマー、ロック、キーがあります。さらに、ピッチフォーク、プラウ、レーキなどの電動でない農工具もここにあります。
15 MACHINERY, MOTORS, ENGINES 工業用農業、家庭用および事務用機械を含む機械およびその部品; 電気機器
このカテゴリーには、発電機、コンベヤベルト、掃除機、自動販売機など、あらゆる種類の機械が含まれます。コンピューター、コピー機、レジスターなどのオフィス機器はカテゴリ15にあります。ホイールとベアリングもこのカテゴリーに含まれています。
16 TELECOMMUNICATIONS, SOUND RECORDING OR REPRODUCTION, COMPUTERS, PHOTOGRAPHY, CINEMATOGRAPHY, OPTICS 電気通信、録音または再生機器; 写真、撮影、光学機器
このカテゴリには、アンテナ、電話、マイク、テーププレーヤー、ラジオ、テレビなどの通信および音楽、放送産業の商品が含まれます。眼鏡や望遠鏡などのカメラや光学機器などの撮影用品は、カテゴリー16に分類されています。
17 HOROLOGICAL INSTRUMENTS, JEWELRY, WEIGHTS AND MEASURES 占星術用具および部品; 宝石; 重みと測量具
このカテゴリには、時間とすべての宝石アイテムを測定するすべての商品が含まれます。さらに、Scales of Justiceのようなスケールがここにあります。定規、温度計、ガイガーカウンターなどの他の測定機器はカテゴリー17にあります。
18 TRANSPORT, EQUIPMENT FOR ANIMALS 輸送; 動物用機器; 交通標識
このカテゴリには、動物、人間、またはモーターによって駆動されるかどうかにかかわらず、あらゆるタイプの陸上、水上および航空機が含まれます。鞍やひも、馬蹄などの動物用具がここにあります。停止標識、道路標識およびブイを含む交通標識はカテゴリー18にある。
19 CONTAINERS AND PACKING, REPRESENTATIONS OF MISCELLANEOUS PRODUCTS 手荷物、容器およびボトル
このカテゴリには、手荷物、樽、ボトル、箱、棺、篭などを保管するために使用される商品が含まれます。ビーカーや試験管などの実験室用の容器はカテゴリー19にあります。
20 WRITING, DRAWING OR PAINTING MATERIALS, OFFICE REQUISITES, STATIONERY AND BOOKSELLERS’ GOODS 書類、絵画、絵画、書類、事務用資料、文房具、本
このカテゴリには、鉛筆、筆記用紙、ラベル、郵便切手などの文房具店にあるほとんどのアイテムが含まれます。書籍、雑誌、新聞もカテゴリー20にあります。
21 GAMES, TOYS, SPORTING ARTICLES, ROUNDABOUTS ゲーム、玩具、スポーツ用品
このカテゴリには、サイコロ、人形、ボール、おもちゃのフープ、スイングなどのスポーツ用品やおもちゃのすべてのタイプが含まれます。回転木馬や遊園地の乗り物もカテゴリ21に入っています。
22 MUSICAL INSTRUMENTS AND THEIR ACCESSORIES, MUSIC ACCESSORIES, BELLS, PICTURES, SCULPTURES 楽器とその付属品; ベル; 彫刻
このカテゴリには、ギター、バグパイプ、ホイッスル、チューニングフォークなどのあらゆる楽器が含まれます。ベル、スレイ・ベル、リバティー・ベルなどがここにあります。カテゴリ22には、人間または動物の彫像のあらゆるタイプがあります。
23 ARMS, AMMUNITION, ARMOUR 武器、弾薬、鎧
このカテゴリには、武器、銃器、弾薬、花火やダイナマイトなどの爆発物が含まれます。鎧のスーツはカテゴリ23にもあります。
24 HERALDRY, COINS, EMBLEMS, SYMBOLS 紋章、旗、冠、十字架、矢、記号
このカテゴリには、単語や図の有無にかかわらず、盾、紋章、印章が含まれます。コイン、メダル、賞品リボンはカテゴリ24にあります。王冠、十字架、矢印はここで分類されています。アメリカの旗を含むバナーや旗がこのカテゴリに含まれています。最後に、ドル記号、セント記号、ポンド記号、円記号、ユーロ記号、パーセント記号、句読点、ユニバーサル禁止記号などの記号はカテゴリー24にあります。
25 ORNAMENTAL MOTIFS, SURFACES OR BACKGROUNDS WITH ORNAMENTS 装飾フレームワーク、サーフェス、または装飾品付きの背景
このカテゴリには、写真、装飾的な枠、チェッカーボードや木目のような背景のフレームが含まれます。繰り返しの数字、単語、文字からなるデザインはカテゴリ25にあります。
26 GEOMETRICAL FIGURES AND SOLIDS 幾何学図形と立体図
このカテゴリには、円、三角形、長方形、長方形、多角形、楕円形、ダイヤモンド、四角形、四辺形、線、角、山形、球、立方体、プリズムなどの幾何学的図形が含まれます。それはすべてのカテゴリの中で最大です。
27 FORMS OF WRITING, NUMERALS 執筆の形式
このカテゴリには、人間、動物、植物または物体を形成するような方法で配置された文字、数字、または句読記号を含むデザインが含まれます。逆に、プラント、人間、幾何学的図形、またはオブジェクトのデザインが、文字、数字または句読記号を形成するように構成されている場合、それらはカテゴリ27にあります。
28 INSCRIPTIONS IN VARIOUS CHARACTERS さまざまな文字の表記
このカテゴリには、非ラテン文字を含むデザインが含まれます。アラビア語、中国語、日本語、ヘブライ語、ギリシャ語の碑文がこのカテゴリに含まれています。
29 COLOURS その他
このカテゴリには、色のみで構成されるマークが含まれます。カラーマークのコードは、単一色または複数の色が要求されているかどうか、および色がオブジェクト全体またはオブジェクトの一部のみに使用されているかどうかによって、分けられます。カテゴリ29には、句読点や文字の一部として機能する目立たないデザイン要素も含まれています。

ウイーン分類の解説

商標登録insideNews: Australian Trade Mark Search launching at Pause Fest 2017 | IP Australia

We’re launching our new Australian Trade Mark Search tool this Friday 10 February at Pause Fest 2017, an event for creative, tech and business to immerse in new ideas and fresh tech.

情報源: Australian Trade Mark Search launching at Pause Fest 2017 | IP Australia

オーストラリア知的財産庁(IP Australia)は従前のATMOSSに替えて新しいAustralian Trade Mark Search toolを2017年2月10日Pause Fest 2017というイベントで発表し、運用開始しています。特徴的なところは、サーチ対象の図形ファイルをアップロードすると、その図形内容に沿った商標をデータベースの中から抽出して表示することが可能です。また、レスポンシブ対応と思われますので、携帯やタブレット端末での商標調査も可能です。